帽子のゴム編み部分はなかなかむずかしい

アメリカから持ってきた編み針を見つけてからすでに3つ帽子が編み上がりました。

帽子というと最初の部分はだいたいゴム編みですよね。2x2のゴム編みもあれば1x1のゴム編みもある。中には2x1というちょっと変則的なゴム編みもありますよね。

私が好きなのは1x1のゴム編み。そして、表編みはねじり表編みにします。こうすることでできあがりがかなりしっかりするんです。どうも2x2は心もとないゆるさがあります。伸びてしまうのは好ましくありません。もちろん本体部分を編む針より2号くらい細い糸でゴム編みは編みますよ。

簡単な帽子の編み方のおさらいです。作り目はそうですね、かぶる人の頭の大きさ、毛糸の太さによりますが、並太くらいなら100、110,120くらいかしら? もっと細いのであれば90とか96とか。できるだけ約数が多い数字を選んでくださいね。理由は頭のてっぺん部分で減らし目を均等にするためです。

例えば92なんて数字を選んでしまうと約数が2、4、23となります。これはあまり良くない数字達なのです。

もっとも、すごくとんがり帽子を作りたい場合はいいんですよ。そうではなくて一般的な形の帽子を編むのであれば、そうですね、例えば100目で例をあげましょう。

100目でお好きなメリヤスをそうですね7センチくらいにしておきましょうか。これも好みでもっと長くしたいとか、折り曲げたいとか好みがあります。私はだいたい7センチから8センチ。

ゴム編みが終わったら2号くらい太い糸に変えてメリヤス編み。これを最初の作り目からそうですね20センチくらい編みます。そして、減らし目に進みます。

100目だと10x10なので8目編んで次の2目で2目一度の減らし目をします。8+2で10目。10目のブロックが10個できました。1段で10目減らせます。次の段は増減なしで表編み。

その次の段は7目編んで次の2目で2目一度。さっきは10目のブロックでしたが、2目一度で1目減っているので9目しかありません。だから7+2

そんな感じで10目まで減らしてあとは糸を通してキュッと引っ張って終わり。ほら、簡単。

IMG_0937

これは、作り目110目。減らし方は少し違います。そうそう、パターンの名前を忘れてはいけません。これはBankhead 。Ravelryで無料でダウンロードできますよ。今度、この帽子の作り方の1日講習会でもしましょうか。いかがですか?

今回私が使った毛糸はYanagiyarnの恋する毛糸。とても使いやすい糸です。これ、お手頃ですし、いいですよ。糸は柔らかいし、よりもかたすぎず柔らかすぎず、私は好きです。

広告

それではカウルを編みましょう

Orchid Cowl の編み方です。糸の太さによって横幅、長さはそれぞれで調整してくださいね。デザイナーの方のゲージは4.5ミリの針で24目10センチです。6の倍数+両側につけたいガーター編みの目数です。

まずはレースのパターンをここに書いておきます。 (全部で8段です)

1段目:1目すべり目、表2目、目数リング、*かけ目1目、表1目、かけ目1目、左上2目一度、表1目、左上2目一度*これを繰り返し、最後の3目の前に目数リングをおいて、3目表編み。

2段目: 1目すべり目、表2目、ずっと裏編み、表3目。

3段目:1目すべり目、表2目、*かけ目1目、表3目、かけ目1目、右上3目一度*これを繰り返し、3目表編み。

4段目: 1目すべり目、表2目、ずっと裏編み、表3目。

5段目: 1目すべり目、表2目、*左上2目一度、表1目、左上2目一度、かけ目1目、表1目,かけ目1目*これも繰り返し、最後の3目を表編み。

6段目: 1目すべり目、表2目、ずっと裏編み、表3目。

7段目: 1目すべり目、表2目、*左上3目一度、かけ目1目、表3目、かけ目1目、* これを繰り返し、最後の3目を表編み

8段目: 1目すべり目、表2目、ずっと裏編み、表3目。

ここからが作り方です。 かぎ針で作る作り目で48目。(右、左、両側に3目ずつのガーター編みが含まれています)

レースのパターン8段を9回繰り返します。

メリヤス編みを11段。(最初の1目はすべり目にしてください)

ガーター編みを5段。(最初の1目はすべり目、そして最後の3目は表編み

メリヤス編みを11段。(最初の1目はすべり目にしてください)

ガーター編みを5段。(最初の1目はすべり目、そして最後の3目は表編み

メリヤス編みを11段。(最初の1目はすべり目にしてください)

ガーター編みを5段。(最初の1目はすべり目、そして最後の3目は表編み

メリヤス編みを10段。

レースのパターン、8段を5回繰り返します。

メリヤス編みを11段。(最初の1目はすべり目にしてください)

ガーター編みを5段。(最初の1目はすべり目、そして最後の3目は表編み

メリヤス編みを11段。(最初の1目はすべり目にしてください)

ガーター編みを5段。(最初の1目はすべり目、そして最後の3目は表編み

メリヤス編みを11段。(最初の1目はすべり目にしてください)

ガーター編みを5段。(最初の1目はすべり目、そして最後の3目は表編み

メリヤス編みを10段。

レースのパターン、8段を3回繰り返します。

メリヤス編みを11段。(最初の1目はすべり目にしてください)

ガーター編みを5段。(最初の1目はすべり目、そして最後の3目は表編み

メリヤス編みを11段。(最初の1目はすべり目にしてください)

ガーター編みを5段。(最初の1目はすべり目、そして最後の3目は表編み

メリヤス編みを11段。(最初の1目はすべり目にしてください)

ガーター編みを5段。(最初の1目はすべり目、そして最後の3目は表編み

メリヤス編みを10段。

糸は切らずに目を他の糸に通して、ブロックします。かわいたら、他の目に通した目と、かぎ針で作った作り目を針に戻して、はいでください。

ガーター編みの部分で最後の3目は表編み、という部分が余分な気がするのですが、とりあえずパターンにそう書いてあるのでここにも入れてあります。

逆にメリヤス編みの部分ですが、裏編みをするときには最初の3目、最後の3目を表編みにしました。そうすることで両側のガーター編みが保たれますからね。目数リングの外は常にガーター編み、と覚えておくといいかもしれません。

昨日も書きましたが、このパターンはレース編み8段をどれだけ繰り返すか、また、メリヤス編み、ガーター編みをどれだけ入れるかで全く表情が変わります。好みに合わせて作るのがよいのではないでしょうか。私は旅先で編み始めたので、かぎ針での作り目ができませんでした。はぐときにつれないように気をつけました。

私はそろそろMultnomah が終わります。何を考えていたのか表編みで編まなくてはいけないのに裏編みを編んでみたり、その逆をしてみたりと思っていた以上に時間がかかっています。あと2段、間違えないように編んで終わります。そう、模様を10回繰り返すのはやめました。サイズが大きくなり過ぎてしまいますので。大きいショールは好きなのですが、3角形のショールのあまり大きいのは好きではないんです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

Multnomah メリヤスで編んだときの模様編み部分

メリヤス編みは裏、表がありますし、このパターンでは1段おきに4段増える段、2段増える段がありますから、そこを上手に考えないとメリヤス編みで模様編みへの移行が?となってしまいます。

ガーター編みで227目になった後に、もう1段編んで229目にしますよね。そして、次の段がまるで表側かのように編まれていきます。(4段繰り返しで表編みが3段ある側)もっとも、模様だってどちらを表と考えるかで、このままガーター編みの編み方に従っていってもいいんです。このあたりは柔軟にいきましょう。どちらが正しいということはないと私は思っています。

もし、なんとなく気になる方のために、こんな方法はいかがでえしょう? というごまかし方(笑)を紹介します。

一つはこの229段にする段を全く無視して次の段にいきます。そして、ガーター編みでは「表1目、kfb、表1目、目数リングの所の、二つ目の表1目を省略して目数リングを入れてしまいます。だって、227目しかないのですから、足りない2目をどこかで調整しなくてはなりませんから。そして、同じように最後の部分でも、目数リングを入るのを最後から2目だけ目を残した部分で入れるんです。そしてkfb、表1目」これで足りなかった2目をなんとかできました。

また、それをし忘れてしまった方、解きたくないわぁと思ったら、3段目の模様編みの所で、*左上2目一度3回。。する所の一番最初の目を表1目で編んで、次の4目を左上2目一度2回します。ここで使った目数は5目。本来なら6目の所5目でしょう? 1目少なくできました。同じように一番最後の左上2目一度を普通の表1目で編めば、目数はつじつまが合うんです。

え〜? 左上2目一度を3回しなくてはいけないのに、最初の目は表編みでいいの〜? と思われる方もいらっしゃるでしょう。そう思われる方は最初の方法でぜひなさってください。ただ、編んでいるときはきになる表1目ですが、編み終わって身にまとうようになったらもう忘れてしまうような小さいことだと思うんです。誰も気が付きません。もし「あなた、ここ目数が足りなかったでしょう?」なんて目がきく人がいたとしても、笑って「そうなのよ。上手にごまかしたつもりなんだけれど、わかってしまいました?」とやりすごしましょう。

でも、どうしてもそういう間違いがあるときになってならない方は早めになおしましょう。そうしないと、あとあと後悔します。あくまでもここの部分は個人個人の気持ちの問題ですから、自分が納得できる方法をとるのがなんといっても一番ですよ。

そうそう、それから、中心の部分もガーター編みでいってもいいし、そこの部分だけメリヤス編みにしてみるのもいいと思います。何れにしても、フリーで私たちにパターンの使用を許可してくださっているデザイナーの方に「ありがとう!」を忘れないようにしましょうね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

Multnomah 模様の部分

メリヤス編みでこれを編んでいてちょっと問題が起きました。それをどう解消するか今、検討中です。とりあえず、パターン通り、ガーター編みできた場合の模様編みの部分を説明します。

227目、針にかかっていますか?

ここで、繰り返して2段の最初の段を目数リングをはずしながらもう一度編みます。こんぐらがるといけないので、その段はこう編んでくださいね。

表1目、kfb、ずっと表編み。最後の目の1目前でkfb。そして表一目。です。ここで229目になりました。

さて、ここから、いわゆるFeather and Fan Border が始まります。(今まで表のつもりで編んできた面がここから裏かな? と思われます)

1段目: 表1目、kfb、表1目、目数リングを入れます。中心5目の1目前まで編んだら、目数リングを入れて、表1目、かけ目、表5目、かけ目、表1目、目数リングを入れて、最後の3目まで表編み、目数リング、表1目、kfb、表1目

2段目: 表1目、kfb、最初の目数リングまで表編み、2番目の目数リングまで裏編み、3番目の目数リングまで表編み、そして4番目の目数リングまで裏編み、最後の目の2目前まで表編みで編んできて、kfb、表1目。

3段目: 表1目、kfb、最初の目数リングまで表編み、*左上2目一度を3回、(かけ目、表1目)を6回、左上2目一度を3回*これを2番目の目数リングまで繰り返します。中心の目の前まで表編み、かけ目、表5目、かけ目、3番目の目数リングまで表編み、*左上2目一度を3回、(かけ目、表1目)を6回、左上2目一度を3回* を4番目の目数リングまで繰り返し、最後の目の2目前まで表編みで編んできて、kfb、表1目。

4段目: 表1目、kfb、ずっと表で最後の2目まで編んで、kfb、表1目

1段目から4段目を10回繰り返します。

繰り返し5回目の3段目で、端にもう一組、*左上2目一度を3回、(かけ目、表1目)を6回、左上2目一度を3回*を入れることができます。このときは、右から表1目、kfb、表1目、目数リングを入れて、*左上2目一度を3回、(かけ目、表1目)を6回、左上2目一度を3回*を始めてください。最後の部分も対称になるように編みます。

このようにして編み続け、くり返し10回目(最後のくり返し)の1段目で(今まであった目数リングをはずしながら)、また、表1目、kfb、表1目、目数リングをいれ、中心の目1目前まで表で編み、目数リング、表1目、かけ目、表5目、かけ目、表1目、目数リング、最後の3目まで表編み、目数リング、表1目、kfb、表1目でこの段を終わります。

今、針についているのは最後につけた目数リングだけになります。3段目では、1番目と2番目の目数リングの間、そして、3番目と4番目の目数リングの間を*左上2目一度を3回、(かけ目、表1目)を6回、左上2目一度を3回*のくり返しで編みます。

目を伏せるときはきつくなりすぎないように気をつけてくださいね。

と、こんな感じでできあがります。私はメリヤス編みで挑戦しているので、このFeather and Fan に移るときにちょっとした問題が起きたんです。ガーター編みのショールは裏表がありませんので裏と表を変えようと思えば変えられますが、メリヤス編みではそうはいきません。さて、どのようにごまかしましょうね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

毛糸を上手に選んで簡単なショールをステキに

Ravelryでパターンを見ても今ひとつと思っていたのが、友人が編んだ作品を見て、「あら、ステキじゃない」ということが多々あります。

今日のトピックはそこです。パターンの写真に惑わされると、残念なことになるんですよ。写真がよすぎても、逆でも自分で描いていたものとかけ離れたものができ兼ねませんから。

紹介するパターンは無料パターンで、しかも基本中の基本。。。でもないかな。でも、このパターンを使って編みあがるショールは非対称の三角形。基本的な形ですから、これは毛糸の選び方によってできあがりがかなり違います。

パターンの名前は Kwoosh . デザイナーはKat Mcab 編み方はシンプル

3目作り目します

1段目: 全て表編み
2段目: 最初の目をkfb。最後の2目まで表編みして、最後の2目で左上2目一度。(目数は変わりません)
3段目: 最後の目まで図とお表編み。最後の目でkfb (1目増えました)

2段目と3段目を繰り返して編みます。伏せ目に必要な長さを残すまで編み続けるもよし、自分が欲しいサイズに達したらそこでやめるもよし。これだけです。簡単でしょう? ガーター編みですから裏編みがありません。ぜひ編んでみてくださいな。

私も、編み始めたいところなんですが、今、ガーター編みのショールをせっせと編んでいるのでそれにめどがつかないとこちらに手が出せません。今、頭に思い浮かべている糸は、グラデーションの糸か、もしくは少しラメが入っている糸。あまり細い糸でキチキチ編まないほうがいいかもしれませんね。なんて、まだ自分で編んでいないのでいい加減なことを言ってはいけません。明日にでも少し編み始められるといいんですけれどね。とりあえず、今編んでいるショールを頑張ります。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

ソックスの目をわける

ソックスは輪に編みますし、輪針にのせるほど目数も大きくないので、4本針、5本針、輪針を2本使って編むことになります。私は輪針は4本。目数を3本で分けて、残りの一本で編む方法を学びました。輪針5本だと、目数を4本に分けて、最後の1本を編むことに使うんです。

昨日のソックス、IMG_2113

私は4本針、友人は5本針。もう一人の友人はマジックループとそれぞれが自分になれた方法でソックスを編みます。

今日は別のソックスを編み始めました。ピンクのソックスに比べて毛糸が細いので、作り目を64目にして針も0号を選びました。

ソックスは足の甲側とかかと側と二つに分けて考えて良いと思います。だから、針4本で編むというのは理にかなっているんです。3本針だと目の移動がありますから。しかし、4本であることから逆に面倒臭いことも出てきます。ちょっとみてください。

IMG_2116

針に番号を入れてみましたがわかりますか? 最初の4分の1の目が載っている針が1番。次の4分の1が2番、というように4番まで番号をつけます。1番と2番がかかと側、そして3番と4番が甲側。かかとの後ろ、heel flap を編むときは1番と2番の針にかかっている目だけが活躍し、3番と4番さんはお休みです。1番2番を使って表側は(すべり目、表1目)の繰り返し、そして裏側は最初の1目をすべり目したら後は全部裏編みで編みます。

IMG_2121

とこうなるのですが、かかとの目が半分ずつ2本の針にかかっているのが私はイヤでこれを1本にまとめてしまいます。そう、だから3本針の方が私は好きなんです。

IMG_2120

このように1番と2番の目を合同にした針一本だと、かかとの丸みを出すための引き返し編みもずっと楽です(と私は思います)

かかとの丸みが出来上がってます。ここの目に使っている針は1本。

かかとの丸みが出来上がってます。ここの目に使っている針は1本。

糸の色が違って見えますが、同じ糸なんです。

さて、今度はフラップの横の目を拾いながら編むので、5本針で編んでいる場合には、今度は1番、2番にかかっている目を表編み、2番の針でフラップの横の目を拾い、そのまま3番、4番の針にかかっている目を表編み、別の針でフラップの反対側の横の目を拾って1番の針にかかっている目を編んでこれで1周終わりとなるんです。最初に1番さんの目を編んでいるから、1周と+なのですが、その辺は細かいことは言わないことにしましょう。

これでかかとの減らし目をしながら編んでいくということになるのですが、ここでは、甲の部分を2つに分けるとこれまた真ん中に線が出来かねない、という理由で私はここを編むときには甲の部分の目は1本の針にのせてしまいます。

IMG_2123

5本針(編み目がかかっている針は4本)だと、作った目数を4で割って、その答えがそれぞれの針にかかります。そして、前述しましたように、半分ずつの目がかかとと甲になりますから、最初の半分がかかと、次の半分が甲、と決まります。それに比べて4本針(編み目がかかっている針は3本)は、最初のふくらはぎの下の方の部分を編むときには3分の1に分けて目をかけますが、かかとのフラップの部分は引き返し編みをするフラップの編み目がすべて1本の針にかかり(全体の目数の半分)、残りは2本の針に半分ずつかけます。逆に、フラップが編み終わり、フラップの横の目を拾いながらまた輪にして編むときには今度はかかとの目数半分と拾った目が1本のはり、そして甲の部分の編み目が1本の針、そしてまた、拾った目とかかとの目の半分が1本の目にかかります。

どれを選ぶかは個人個人の好み。どれでなくてはいけないということもないし、どれが絶対に優れているというわけでもありません。編みやすい方法でいいと思いますよ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

Tailwind 最後の詰めです

あっという間に日本にいる時間が終わり、家に戻って参りました。成田空港でベンチに座ったら「もう立てない」 こんなに疲れているとは思いませんでした。寄る年波には勝てません。。。

さて、遅くなりましたがTailwindの際gの詰めの部分の説明です。

裏の段を編み終えたら伏せ目の始まり。

まず、2目を表編み。次の2目をkfb。

まず、こちら側から次の2目の向こう側に右の針を入れます

まず、こちら側から次の2目の向こう側に右の針を入れます

ここで表編みをします。1目減りました。

ここで表編みをします。1目減りました。

今、右の針にある3目を左の針に移します。

また、さっきやったように、*2目を表編み。次の2目をkfb。 また、右針の3目を左の針に移す。* *の間を繰り返す。

3目残ったら、2目表編みで編んで右側の目を右上2目一度のように左側の目の上にかぶせます。右の針にある1目を左に移し、2目表編みで編んで右側の目をまた、左側の目の上にかぶせます。これで左の針には1目もなくなり、右の針の上に1目。糸を切って引っ張って始末して終わりです。

ボケちゃいましたが、こういう端になります

ボケちゃいましたが、こういう端になります

これで、あっという間に目の始末が終わりました。i-cord でする始末の仕方です。

プレゼントのために小さめのTailwindを3つ編みました。それぞれの色、ストライプの段数を増やさずに編んだんです。また、最後の1枚は少し色の組み合わせも変えてみたり、ストライプの太さも一部分変えました。

IMG_2102

このように、色、段の幅、いろいろなことを自分の好きなように変えて本体のサイズをもちろん、デザインも変えて目先が違うTailwindを作って楽しんでくださいね。残り糸を使っても編めますから余った毛糸を減らすこともできて嬉しいですよ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村