糸にストレスをかけないために

日本では「かせ」であまり糸を見かけませんが、こちらではかえって「かせ」の糸を多く見るようです。「かせ」の糸はボールに巻くことから始めなくてはなりませんがここで幾つか注意があります。

スイフターとよばれる雨傘のような仕組みのものに糸をかけてボールワインダーでボールに巻きますが、この時にどうしても糸が引っ張られてしまうので、編み始める直前までボールにしないほうが良いようです。少し引っ張られてもワインダーからボールを外すと毛糸がリラックスするのを手で感じられます。でも、それも糸が少し伸びるのは避けられないみたい。

また、スイフターは雨傘のようなものがクルクルと回転してワインダーに糸を届けるわけですが、このスイフターがクルクル潤滑に回らないと、ボールワインダーに巻かれていく糸がスイフターの糸を引っ張るような感じになり、これまたストレスがかかってしまいます。糸は伸縮性があるので元に戻る力もあります。そうはいっても伸びきって細くなってしまった糸が元の柔らかさを取り戻すのはなかなか。。。

そして、ストレスとは少し違いますが、滑りやすい糸はスイフターを使わないで使う直前に手でボールに巻くことをおすすめします。滑りやすい糸をボールに巻くと使っている間に糸が滑ってこんぐらがってしまうんです。モヘアなど、こんぐらがると簡単にほどけなくて悲しくなるでしょう? 

友人に、糸は自分の手でしかボールにしないという頑固な人がいます。その気持ちもわからないではないですが、500メートル近くある糸を自分の手で巻くなんてちょっとムリ! それでも彼女はがんばります。他の友人はご主人がいつでも手伝ってくれるから私はスイフターもボールワインダーもいらないと豪語しています。

かくいう私はどうも糸が伸びきているような気がして気になって仕方がなかったんです。スイフターが木でできているので、木と木が触れるところの摩擦が強くて糸が引っ張られているのではないかという結論に達して新しいものを購入しました。まだ、様子見の段階です。

せっかく動物たちがくれた柔らかくて暖かい毛糸ですからそれを取り扱う私たちも心しなくてはいけませんよね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広告

野呂栄作さんの「きらら」編んでみました

「世界の編み物」で、野呂栄作さんの「きらら」で編んだ、レッグウォーマーを見つけました。それがあまりに可愛いので、また病気が出て「きらら」を購入。さっそく編んでみました。

色はあいも変わらず可愛いですし、糸の太さもそれほど太くないのでレッグウォーマーにはぴったり、と思ったのですが。。。

この毛糸、表示を見るとウール54%、コットン29%、絹10%、アンゴラ10%なんです。さすがコットンが29%入っているだけあって、ひもを編んでいるような感触があります。それに、コットンがある分、伸縮性に欠けているようです。だから、レッグウォーマーのように、足首のところがある程度しまっていないと、なんかだらしない感じになるかも。とはいっても、まだ編みとちゅうですから、実際に身につけてみないとまだ何ともいえません。これは、途中経過の様子です。

コーヒーカップみたいですね

コーヒーカップみたいですね

ただ単にまっすぐ編んでいくのではなく、少し編んだら目を休めて、同じ目数を作って数段編んでから、一緒にしてまた編んでいく、というちょっとおもしろい作り方なので、これは、なかなかステキなレッグウォーマーができそうです。

数年前に、「くれよん」でレッグウォーマーを編んだときに、太すぎてなんだかごわごわしてしまった記憶があるんですよ。とても暖かかったので、シカゴの冬にはばっちりでしたけれど、もう少し、おしゃれなレッグウォーマーにしたかったので、このパターンは嬉しいです。別の毛糸を使ってみようと思います。

重なっているところ、わかりにくいですね。。

重なっているところ、わかりにくいですね。。

がんばって編み続けます。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村