Nurmilintu の編み方

IMG_2859

Nurminlintu 編み上がりました。自分で編んでみると、じゃ、編み方をポストしようかしらということになるんです。

まず、作り目を4目します。

最初の2段ですが、

1段目: 表1目、kfb、表2目
2段目: 表1目、左上2目一度、kfb、表1目

次の2段をガーターの段として繰り返します。

1段目: 表1目、kfb、最後の3目まで表編み、左上2目一度、表1目。
2段目: 2目残るまで表編み、kfb、表1目。

この2段で1目だけ増えます。

ガーターの段2段を繰り返して79目になるまでがんばります。

次はレースのセクションです。これはチャートを見てくださいね。1段から18段まで編んで(9目増えます)88目になります。

また、ガーターの2段を106目になるまで繰り返します。106−88=18 2段で1目増えるので、36段編んでください。2段を18回繰り返すとも言えます。

またレースのセクションです。18段編んでください。9目増えるので115目となります。

ガーターセクション。133目めがけて編みます。133−115=18。これまた36段ということです。

そしてレースセクション。9目増えて142目。

私は450ヤードある糸を使ってこのあとガーターセクションを1回繰り返せるかな、というだけしか残っていなかったので、142目になったときに伏せ目にいきました。

1目伏せます。knitted cast on をここでします。普通に表編みを編んで、左の針から目を落としません。右の針にかかっている糸をそのまま左の針にもどします。これで1目増えました。これをもう1度繰り返し、全部で2目増やします。そしたら5目伏せます。2目作って5目伏せる。これを繰り返して終わりです。

あとは水通しをして模様がきれいに出るように引っ張り気味に形を整えます。

IMG_2860

私が編んでいて気をつけたこと。

1)ガーター段の時、もどってくるときはずっと表編みなので油断をしがちなのですが、最後の目の前でkfbを忘れないようにしてください。これを忘れてると目数が合わなくなります。表側は模様なので緊張して編んでいるので2つ目の目でするkfbを忘れることはまずないように思います。

2)レース編みの段ですが、9目のリピートなのでそこに目数リングをつけておくと便利です。リングとリングの間は必ず9目ですから。

3)レースのチャートを編んでいるときに、この目数リングの位置をずらさなくてはならないときが2度あります。そのとき前もって余分のリングを一つ準備しておいてください。というのはチャートを見ていただくとわかるように、リピートの最初がずるっと右に動くので新しいリングが一つ必要になります。目数リングの前で掛け目をすることが多いのでその掛け目をなくさないようにするのも大切です。

これくらいを気をつければそれほど複雑なパターンではないとおもいます。太い糸で編んでもいいでしょう。ただ、そのときには必要ないとの長さが変わるので気をつけてくださいね。糸がたくさんあるようなら、さらにガーターの繰り返しとか、レース編みを増やしてもいいと思いますよ。

もう少し深さがあるショールの方が私は好きなのですが、この形のショール、多いですね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

広告

さて、Nurmilintu 編み進みます

旅行中は、これといって他のものが編めないので、編み始めたものだけをひたすら編み続けます。先日記事にした、Nurmilintu を今日もまた編みました。しかも車の中だったので、レースの部分は前もって編んでおいてガーター部分を編めるように用意しておいたんです。

ガーター編みなら両端で増やしたり減らしてもそれほどの間違えを起こすとは思えません。車が揺れて目を落とささないようにと、それだけは注意を払いました。

そして、次のレース編みの部分まで到達しました。今のところ目数もあってます。ガーターの部分で目数が狂うことはほとんど考えられません。次のレースを編めば、その先に少しだけガーターの段を編んで伏せ目をして終わりとなるようです。家に戻ってきたので次は何を編もうか、少しショールとは違うものが編みたいなぁと考えているところです。

帽子? ソックス? 考えているのは楽しいです。

Nurmilintuは決して難しいパターンではありません。レースの部分だけちょっと注意して編めばステキなショールができあがります。ガーター編みであるから裏編みもありません。レースの部分もチャートになっているので1行1行を読む必要もないので、チャートに慣れている私たちには嬉しいパターンですよ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

Airplane knitting

別に飛行機を編むのではありません。アメリカでは旅行というとどうしても飛行機を利用することが多くなります。なんといっても広い国ですから。乗っている時間だけではなく待ち時間、乗り換えの時間などなど飛行機に乗るときには余計な時間がどうしても出てきます。その時のために持っているのがairplane knitting. 

飛行機に乗るときだけではなく、病院で診察を待つ間、銀行で順番を待つ間、何でもいいんです。暇な時間がありそうな時にのためにハンドバッグなり、小袋に入れて持ち歩きたい簡単な編み物の総称というか、勝手に名前をつけたというか。。。

チャリティーのための帽子を必ずバッグに忍ばせている人もいます。
ソックスを一つとは言わず二つ、三つと小袋に分けて持っている人もいます。

いずれにしてもあまり複雑なパターンのものはいけません。決して集中して編める時間ではありませんから。

今回の旅行に私が持っていったものは単なるメリヤス編みで作るカーディガンのようなもの。少し目の増減はあるもののそれくらいはなんとか覚えられるだろうと。

IMG_0200

この黄色、気に入ってます。レースの糸なので少し時間がかかりそうですが、とにかく単純なパターンなのであちらこちらに持ち歩いれいればそのうちにできるであろうと気長に考えているところです。

飛行機といえばスムースに飛んでいるときはいいですが、乱気流に入ったら目が見づらくて編めなかったり針がちゃんとしたところに入れられずに嫌な気になったりします。今日も、こんな雲の中を飛びました。

IMG_0248

上から見ているととてもきれいなのに中に入るとガタガタと機体が揺れます。とにかく小さい飛行機なのでよけいかもあしれません。それでも、編まないことには出来上がりませんから頑張るしかないんです。

チリも積もれば山となる。かな?

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

色が増えるともっとステキ

この間から編んでいたサンプラーのカウル(スカーフになるかもしれませんが)の色がまた増えました。これがまた楽しい!

とっても気に入ってしまいました。まだまだ先は長いのですが。

とっても気に入ってしまいました。まだまだ先は長いのですが。

段染めなのでシンプルに表編みだけにしようと思っていたピンクの部分も、だんだんに飽きてきてしまい、模様を入れました。模様の名前はHorseshoe.

IMG_0358

そして、次は2段ごとのストライプ。同じような色なのであまり目立たないかもしれません。強いコントラストの2色でしようかと最初は思ったんです。でも、なんとなくこの2色になってしまいました。残りの長さもほとんど変わらなかったのでどちらもムダにしなくてよかったと思います。

単色のラベンダーは’Imagine When’を作った残り。もう一つの段染めはうーん、何を編んだのだったかしら? 覚えていません。

IMG_0359

そして、今編んでいるのがこれ。近所のアルパカ農場で買ってきた糸です。おそらく農場の人が紡いだと思えるような太さのバラバラが気にならないこともないんですが、それはそれでこの糸の面白さとも言えるでしょう。模様の名前はFir Cone いくつかカセを買ってきてあってボールに巻いてあったのを見つけたので使いました。

IMG_0360

この辺りでカウルにするかショールにするか決めなくてはいけません。今はカウルに傾いているんです。2重に巻けるくらいの長さがあるカウル。それなら1重で胸の前に垂らしてもこの色使いなら面白いと思いません? この次にどの色を持ってくるかも悩みどころ。いや、悩んじゃいけない。目をつむってバスケットの中に手を入れるんだった。そうはいっても、好みの色とか組み合わせが頭の中をかすめて100%チャレンジするというのはむずかしそうです。

レースのパターンの本を1冊持っているとこのように色々なパターンを組み合わせたり楽しめますよ。

応援の一押し、ポチッとお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

Promise Me、ビーズを編み込んだショールを編みました

ビーズを使ったとってもステキなショールパターンがたくさんありますが,今までに一度も挑戦したことがありませんでした。今回、Susanna ICのミステリーショールで初めての経験をし,それに触発されてビーズを使ったショールを一枚編み上げました。

使った糸はレースでPosh Yarn。この糸もものすごく昔に買いました。使った長さは約700ヤード。パターンノ名前は’Promise Me’ by Boo Knits.

IMG_2854

ビーズはその昔にアクセサリーを作ったときに買ってあったもの.だから10年以上も昔のビーズです。何度私たちといっしょに引っ越したことやら。やっと日の目を見れてきっと喜んでいるでしょう。

日本製のビーズが好評でミユキのビーズをみんな,探し求めています。このショールを編んだ糸だと8番なるビーズがよいそうですが、私は日本で買ったものなので「丸大」です。(なんかハムみたいですね)

IMG_2855

このショールを編むために買ったのではないので最後でビーズが足りなくなりそうになりました。だから,最後の段で使ったのは別のビーズ。似通っているので近くで見ないとわかりません(と自分では思っています)

IMG_2856

このパターンは自分が作りたいように変更がしやすいので,途中のパターンを1回多く,くり返しました。その分少し長さが出てしまったようです。

IMG_2857

とっても気に入っているので何かに引っ掛けないようにするのに骨を折ります。自分では気がつかないうちに出っ張っているものに引っ掛けて糸が切れたりニューッと伸びてしまい困ったことが少なからずありますので気をつけています。

ちょっとエレガントすぎる気もしないわけではありませんが,あまり気にするのやめようと思ったりして。今日は,近くのワインヤードにランチに行ったのではおっていきました。ブラウスが良くなかったなぁ。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

手はかぶれず顔がはれたので編み物には支障がありません

先週の木曜日に気を抜いて草むしりをしたときに,どうもpoison ivy にさわってしまったらしく,まずは首のまわり,それから顔の左半分が赤く腫れ上がってかゆくてたまりませんでした。そのうちに左目のまぶたもふくれあがってきて半分目がとじた状態...

草をさわったのは手のはずなのになぜか手はほとんどかぶれず顔だけ。おかげで編み物は問題なく続けられています。

数年前にも同じ経験をしているので,オーツが入った石けんで顔を荒いおとなしくしています。あまりかゆくなったら氷で顔を冷やしています。暖かいタオルを当てた方が血行が良くなり直りが早いとも聞きますが,そんなことしたらかゆくてかゆくて我慢できません。

そんなかゆさを吹き飛ばすためには「これ、編みたいぞ!」と思えるパターンを編むしかないですよね。

Insouciantはかなり進んでいます。もう少しで前と後ろに分けるところに到達します。そろそろ同時に何かショールでも編みたいなぁと思うここ2、3日。かゆみを感じないくらい少し難しいパターンがいいかも、と本やファイルをひっくり返したり,Ravelryをうらうらしたりしています。

ショールの条件は少しレースが入っているもの。三日月型であること。500メートルから600メートルで編めるもの.そして,暑い季節ですから細めの糸で多くの人が編んでいるものです。

さて,いくつかあがっている候補はSnow Angel by Boo Knits. Cascata by Susanna IC. そしてこれは三角形なのですが、La Cumparsita by Marnie MacLean. さて,どれにしよう...と悩むのもまた楽しい。こんなことをしているときに誰かがまたステキなショールを編み上げたのを見たりしたら気持ちは移っていくのですからねぇ。さて、どうなることやら

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ