ボタン屋さん、見ーつけた!

探していたボタン、買えました。素敵なボタン屋さんを見つけたから。まずは、そのお店からご紹介です。

IMG_2761

IMG_2762

棚にはたくさんボタンが並んでいて目が次から次へと移ってしまいます。買うボタンは3種類。白いカーディガン、そして野呂栄作さんの糸で編んだベスト、それから今編んでるオレンジというか赤のプルオーバーのボタン。決められません。

IMG_2764

IMG_2766

目はほとんど関係ないボタンにひかれていきます。これじゃダメだ、とお店の人にそれぞれの写真を見せて選ぶのを手伝ってもらいました。

野呂栄作さんのベストはこれ。まだ、付いていないんですがとりあえず写真のためにのせてみました。

FullSizeRender 3

ボタンと一口に言ってもお値段は本当にピンからキリ。9個欲しかったのであまりお高いのは困る旨を伝えたら、これはプラスチックでお手軽価格だけれど、きれいなのよ、とすすめていただいたものです。

そして、プルオーバーはこれ。

FullSizeRender 2

これは、自分で選びました。必要なサイズのボタンを全部出してもらって一つ一つ見比べると微妙に色が違うんですよ。似たような色を9個、これかなぁと決めました。そうそう、このパターンはLemongrass by Joji です。ずっと編みたかったもの。始められて嬉しいんです。

白いカーディガンのボタンはつけてからお披露目します。なんといってもまだカーディガンがしっかり乾いていないもので。

このお店はボタンだけではなくリボンも売っていて、オーナーの女性がリボンでブローチなども作っています。

IMG_2769

IMG_2767

IMG_2770

きれいでしょう? と言っても日本にはこういうお店はたくさんあるかもしれませんね。アメリカだとなかなか。。。 

シカゴにあるSoutacheというお店です。またお気に入りのお店が一つ増えました。気に入ったリボンを見つけてショールピンを作ってもらうのもいいかしらと思ってます。

IMG_2771

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広告

プロジェクトバッグ、たくさん!

いくつものプロジェクトを抱えていると数種類のバッグが必要になります。カーディガンを編んでいる時には大きめのバッグが欲しくなりますし、ソックスの時には小さくてそして針が出ないようなものが欲しいですね。特に私はソックスは4本針で編むのもので。

可愛い生地をひっくり返しては作り始めたら調子が出てしまったんです。面白がって作ったこと、作ったこと。

ほんの一部です

ほんの一部です

友達がね,Stitches MidWestで可愛らしいバッグを買ってたんです。見せてもらったらその縫製のひどいこと。よくこれで売り物として並べると驚きました。外側の生地は人の目を引くためにとても可愛い柄を使っているものの、裏側の縫製はガタガタ。さらに、どうしようもないような白い生地。こんなものでお金を取るなんて! と一人で憤慨しました。私のバッグのほうがずっといいわ。

可愛い生地でしょう?

可愛い生地でしょう?

本当は両方からひもを引っ張りたかったのですが、外に使っている羊の生地に向きがあったために横で折ることになり、片側だけのひもになりました。そしてひもをどうしようかと悩んだ挙句、生地がギリギリだったためにリボンを利用。この羊の生地、かわいいでしょう? 内側の生地は毛糸のボールたちですよ。

IMG_0657

縫いあわせの部分がきちんと合うようにするのにちょっと苦労しましたが、なんとかなりました。

IMG_0658

いくつかは友人へのプレゼント、数個は私が使って、それから残りはまた何かの機会のお礼とかに使おうと思ってます。

このようなバッグに入れておくとお出かけする時にもすぐに持って出られます。また、編みかけのものがその辺にダラダラあるよりも、可愛い生地のバッグならインテリアとしても飾れて便利です。我が家の場合はマフィちゃんの毛から守るためにもなくてはならない必需品になりつつあります。生地の組み合わせを考えるのもこれまた楽しい。

IMG_0660

今朝もバッグを一つ持ってデッキに出ました。これ、丈を長くしすぎて後悔気味なのですが、長い針もすっぽり入るのでこれはこれでいいかな、と。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

あら、可愛いレッグウォーマー

銀座を歩いているときに見かけたレッグウォーマー。ちょっと高齢の女性がつけていたもの。

おしゃれなその人はアーガイルのカーディガンにタイトのスカート。ローファーにソックスかな? レッグウォーマーで隠れていたからわからないけれど、そのレッグウォーマーがなんとも素敵! よっぽど声をかけて写真を撮らせてもらおうかと思ったけれど、「うーん、ここは日本だ」という自制の気持ちが働きました。

あのね、おそらく素材はモヘアとウールで、色がグレーとオフホワイトの絡み糸。ちょっとホワホワしている毛並みが柔らかそうでつい撫でたくなるような触感が見るだけで伝わってきました。(これってまるで変態みたいですよね) あ〜、やっぱり写真撮ってくればよかった。すごく後悔。1目ゴム編みだったと思うのですが記憶ですからかなりあやふや。

とても素敵なレッグウォーマーだったのですが、たった一つだけ私注文があったんです。丈が短い! スカートとレッグウォーマーの間に10センチくらいの隙間ができていて寒そう。。。その人は全然、寒くなかったかもしれないんですけれどね。

手編みかしら? と思いながらじっと見ていると(ますます変態)一番上に小さいおリボンが付いていることを発見! 「む、おぬしなかなかやるな〜」 という感じ。スカートの下に隠れてしまったらあのおリボンは確かに見えない。だからあの丈で良いのかも。

ブツブツ言いながら歩いているうちに三越のライオンに到着し彼女の姿は見失いました。ライオンのしっぽにつかまっているね、という友達との約束でしたから。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ