人が溢れている駅

朝、仕事に行く途中に新宿駅を通ります。ホームには人が溢れ、エスカレーターを待つ人、階段を降りようとする人の長蛇の列がこれから来る電車に乗ろうとする人と交錯し、危険な様子をよく目にするたびに思うんです。

「私は新宿で乗り換える必要がなくてよかった」と。<ー乗り換えを毎朝がんばっていらっしゃる皆様、ごめんなさい。

私が学生時代に同じように乗っていた中央線、混んではいましたがこれほどん混んでいた覚えはありません。ましてや、携帯を見たり、音楽を聴きながら自分のペースで歩いている人も多いのでこれまた混雑に拍車をかけているのかも。

あちらこちらに高層マンションが立ち並び、郊外へ、郊外へと通勤圏が伸びていくのをよしとする時代は終わったのかもしれませんね。というのは人を運ぶ電車のcapacityをすでに超えているから。

武蔵境から通学している中2の女の子が言っていました。大きいマンションが駅前にできてから電車がすごく混むようになったと。

箱物を作れば良いという時代から本当に作って良いのか? 少し制限をしたほうが良いのではないか、という時代に突入していると思います。あの新宿の光景は残念ながら人間らしい生活とは思えませんもの。

国会議員の方々にもぜひ、混雑のピークに毎日、電車に乗って新宿駅で乗り換え、予定された時間に目的地に着く、というスケジュールを組んで1ヶ月くらいやっていただきたいですね。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

広告