hope chest

おかげさまでマフィちゃん、だいぶよくなりました。まだ、いつものマフィンではありませんが、動きが自然になってきたのでホッとしています。彼女の存在の大きさを改めて感じてしまいました。ご心配かけました。ありがとうございます。

さて、子供、孫が結婚すると、編み物会の人たちの多くはhope chestのプロジェクトを始めます。赤ちゃんが生まれた時のためにブランケット、カーディガン、帽子、ソックス、ケープなどをピンク、水色の両方で編みためてチェストの中にしまっておくんです。おそらく、「編んでいるからね」なんてプレッシャーになる言葉は出さないと思います。黄色を選んで編んでいる人もいますね。

ピンク、水色と両方だと片方がムダになりそうですが、必ずと言って良いほどどこかで出番はあるはずだと思います。次の子供達を愛情たっぷりに待ち構える女性達の姿が見られますよね。外で働く女性が増えてて仕事をする時間もなくなってきている時代ですから逆にこういう人たちのことが気になるのかもしれません。

私は同じような感覚でプレゼントチェストを作ってあります。あまりエキセントリックな色を避けてショール、カウル、手袋、帽子などを編みためて、何かの時のプレゼントにするんです。そうはいっても、差し上げる相手とプレゼントチェストの中身がどうもしっくりこなくて新しく編むこともたくさんあります。また、行き先が突然変更になり、慌ててもう一枚編まなくちゃと大急ぎで作り目をすることもないわけではないんです。クリスマス時期などにはこれがとても活躍します。郵便を配達してくれる女性にフィンガレスミットをポストの中に入れておいたら、手書きでていねいなお礼のカードをいただきました。とても嬉しかったですよ。

友人には行きつけの歯医者さんの受付の女性達全員にスカーフを編む人もいるんです。私もマフィちゃんの獣医さんのオフィスの人たち同じようなことをしたいのですが、何人もの獣医さんがいるオフィスなのでちょっとむずかしいかな。でも、マフィンの担当をお願いしている獣医さんの助手についてくれる人にはスカーフをプレゼントします。色を選ぶのは難しいです。私服でいる姿を見たことがありませんから。

ということで、今日も一枚子のプレゼントチェストに一枚加わりました。シンプルであまり手が込んでいないパターンを選んでいます。今日加わったのは、Martina Behm のHitchhikerです。彼女の、Lintilla, Hitchhiker, Trillion は何枚編んだことか。Lintillaは一枚も手元に残っていません。

バレンタインデーが来ますね。また、プレゼントチェストの在庫が少なくなりそうです。

ポチッと一押しお願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広告

どこでも編み物をする85歳。

心臓の調子が悪くて検査を受けていた85歳の友人は大好きな水泳ができずに丘の上で(?)バイクをこぐようにお医者さんに言われました。テレビを見る人、音楽を聴く人、雑誌を読む人など、いますよね。バイクといったってちょっと後ろにもたれて優雅にこぐあのバイクですから。

面白いテレビはやっていないし、音楽を聴く気にもなれないしと退屈する彼女はバイクをこぎながら編み物をしてみることにしたそうです。すると何の問題もなく編めたそうですよ。バイクと編み物、なんかピンと来ません。85歳の白髪の彼女が両手で編み物針を動かしながらバイクをこいでいる姿、一度見た見たいなぁ。

しかもです、いろいろ試したみたい。赤ちゃん用のブランケットは大きすぎて膝が絡まるからダメ。帽子はサイズ的には良いけれど頭頂部の減らし目になると間違えやすいのがミソ。それに4本針はどうもよろしくないと。2目ゴム編みのストールは悪くない。とまあ、教えてくれるんですが、バイクに乗りながら編みたいかどうかわかりません。

「なるほど!」と思うことがありました。この写真、見てください。友人が昔から持っているという編み物を入れる巾着

IMG_0636

金具が付いているの見えます? 私これは単なる飾りだと思ってました。違うんです。このフックでジーンズなどのベルト通しに引っ掛けるんですよ。なんかそんな話を聞いたことがあるような気もしますがピンと来ませんでした。そこに毛糸やら入れて外出すれば、どこかで誰かを待っている時にそこから出してすぐ編むんですよ。すごいでしょう? この根性。

別の友人はその昔、選挙で投票の順番を立って並んで待っている時に同じように腰にぶら下げている袋から編み物を出して針を動かしていたら次の日の新聞にすっかり写真が載ってしまったんですって。今では、待ち時間があったら多くの人は携帯をポケットから出してフェイスブックをチェックですかね。

私もフックをかける耳をつけた編み物を入れる巾着を作りました。あとはフックを買いに行くだけです。マフィちゃんと一緒に撮りました。

IMG_0912

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

アンゴラが大好き

アンゴラの毛糸の手触りが大好きで見かけると,つい買ってしまいます。お洗濯するとあの柔らかさが少しずつなくなっていくのは悲しいですがそれでもアンゴラの毛糸は大好き。

Stitches Midwestで買った Bijou Spun のSeraphim はアンゴラ95%。その割にはフワフワしてないので水通しをしてもそれほど感触は変わらないのではないかなと期待しています。糸を買ったときにいただいたカウルのパターンを編んでいます。パターンの名前はFir Tree Cowl。とってもシンプルなパターンですし,アンゴラ毛糸の良さを出すにはぴったり。

photo 2

「黒い糸で編むのは目が疲れるからやめた方が良い」とよく言われるのですが,でも黒は好きな色ですからやめられません。ただ,困るのがマフィちゃんの毛がくっつくとすごく目立つこと。彼女の毛はとってもとってもしつこくくっついてきます。あんなに毛が抜けてもはげないのだからマフィちゃんはたいしたものです。

アンゴラウサギと私とどちらが大事なの?

アンゴラウサギと私とどちらが大事なの?

と,このカウルを編んでいるときにまた別のアンゴラの毛糸に出会ってしまいました。50ヤードしかない糸なので買うのにとっても悩みました。だって4玉しかなかったし,端の始末もめんどうくさいし..と。でもね,こっちのアンゴラの毛糸フワフワしていてとっても気持ちがいいんです。やわらかくて手の中に包み込むとホンワカと暖かみが伝わってくる感じ。いやぁ,これは買わないのはこの毛糸に失礼だ!と変な理由をくっつけて私の毛糸たちの仲間入りを果たしたのでした。

photo 3

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

今日は編み物ではなくお料理の話です

実は昨日近くの農場に野菜をたくさん買ってきたので,今日はその野菜,果物を使っていろいろ作りました。

とてもきれいなズッキーニでしょう?

とてもきれいなズッキーニでしょう?

ズッキーニは足が速いので今日中にズッキーニブレッドを作ろうと,まず,ズッキーニとレーズンの入ったズッキーニブレッドを焼きました。それでもまだズッキーニが3本残ってしまったので今度はレーズンではなくブルーベリーを入れることにして冷蔵庫に。レシピにはブルーベリー1パイントと書いてあります。どうして,カップで表示してくれないのかしら、とブツブツ言いながらカップを見ると2カップのところに1パイントと表示が。「ふーん」と思いながらブルーベリーを混ぜてズッキーニブルーベリーブレッドの完成。

焼く前なのであまりおいしそうではないですね...

焼く前なのであまりおいしそうではないですね...

桃が入ったマフィンです。サワークリームを1カップ使っています。これがなかなかおいしかったので,つい1つつまんでしまいました。だから太るんですよね。ちょっとした味見のはずがついつい一つ丸っと食べてしまうから。桃がデレッとしてしまうと食べたときに桃がぐちゃっとしてあまりおいしくないときもあるのですが,今日の桃はしっかり形をとどめ食べると甘酸っぱさが口の中ではじけてとってもおいしんですよ。

photo 3

焼き上がったブレッドの方はスライスしてひとつひとつラップして更に保存用バッグに入れて冷凍庫にしまいました。朝ごはん用です。マフィンも3個だけ残して小分けにして冷凍庫に。食べたくなったらちょっと前にカウンターに出しておけばすぐに解凍できます。ズッキーニブルーベリーブレッドブレッドが2本、レーズンが入ったブレッドが2本。そしてマフィンを2バッチも作ってしまったのでとっても食べきれる量ではないんですよ。

他にもいろいろ作ったのですがそれはまた別のときに...

こんなことばかりしていたので今日はまったく編み物ができませんでした。これから少しゆっくりと針を持とうと思います。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ