防空壕の中で習った編み物

昨日、たまたま82歳の女性とご一緒する機会がありました。お話しするうちに、彼女も編み物が大好きということで意気投合。いろいろなお話しをするうちに、彼女が編み物をするきっかけについて伺ったのですが、それが、第2時世界大戦の時だっとおっしゃるのです。

サイレンが鳴り響き、防空壕に駆け込んだ時、暗い中で習ったのが編み物だったそうです。

じっと空爆が過ぎるのを待つ間、強い気持ちを押さえる意味もあったのでしょうし、まだまだ若い女の子達のほんの一瞬の楽しみだったのかもしれませんね。その姿を想像するだけでもドキドキしてしまいます。だって、死と隣り合わせなのですもの。

彼女曰く、それから子育てやらなんやらで忙しい日が続いたけれど、それも終わって時間がたっぷり余っている今は編み物に夢中。毎日毎日、編み針を動かしているそうです。

防空壕の中ではおもにミトンを編んだけれど、今ではベストです。ご主人は着てくれないけれど来てくれるというお友達に差し上げているそうですよ。

そして、今は、洋裁に興味があって誰か教えてくれる人いないかしら? とやる気満々の82歳でした。やりたいことがある姿は何歳になっても美しい。

広告

帽子のようですが

IMG_0916

この写真で見ると帽子のように見えますが、実は子供用のベストというかちょっと、寒い時にはおれるものです。

パターンの名前はEntrechat のDK版です。以外と簡単でなかなかかわいい。

使っている毛糸は柳家さんのメリパカです。色はシャドウブルー。私の好きなブルーです。

固めに撚られていて糸の太さが均一なものに慣れている私には「え?」という感覚が最初はありました。

太いところ、細いところがあり、よりが甘いので編み始めは手が慣れておらず凸凹してしまいましたが、だんだん編み続けるうちに気にならなくなりました。

カウルなどは糸が均一の太さでなくてもそれはそれで面白くなりますが、子供用の小さいものではどうかな? という私の不安も、編んだものを見てなくなりました。

そして、感触は柔らかく、ちょっとフェルトされたようにも感じます。とてもお手頃な毛糸だと思います。

そうそう、表から見るとこんな感じです。

IMG_0917

あ、私、パターン通りには編んでいません。増やし目をする場所がありますが、そこまでタック感が欲しくなかったので、増やし目は少なくしました。

今日中には編みあがると思います。ボタン、買いに行かなくては。

細い糸でカーディガンをあんでます。

冬の間は太めの糸ばかりでしたが、春の日差しを見ると細い糸が気になりだします。しかし、作り目の数からして太い目に比べたらずっと多いのですから、二の足を踏みがちな私。

しかし、細い糸のカーディガンは便利この上ありませんから、細々と始めることに。

選んだバターンは私の好きなJoji Locatelli の Ecuador。図を見るとそれほど難しそうではないけれど、説明文を読んでみるとちょっと言葉足らずかしら? と思うところがあり、自分の想像に任せながら編み進むしかなさそうです。おそらく、こうであろう、という推測はありますが、もしかしたら思い込みかもしれませんしね。そうなると細い糸ですから損害はなかなか大きい。

ぎちぎちに編むのではないので、ゲージは10センチで22目。

作り方がとてもおもしろいんです。無料パターンではないのであまりここで紹介するわけにはいきません。パターンではベスト、もしくは半袖のどちらかを選べるようです。半袖が選べるということは五分袖にもできるということかな、とこれまた勝手に想像しています。

カーディガンといってもすそにフレアーがあるので時間がかかりそうです。かといって他のものを始めるとかかる時間は倍以上になるだろうし、でも、編み物会に持って行って編みたい代物かというとうーん、まだそこまで調子が出ていません。

あ、明日、編み物会だ。どれを持って行こうかしら? やっぱり、何かソックスでも編み始めないとダメかも。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

ボタン屋さん、見ーつけた!

探していたボタン、買えました。素敵なボタン屋さんを見つけたから。まずは、そのお店からご紹介です。

IMG_2761

IMG_2762

棚にはたくさんボタンが並んでいて目が次から次へと移ってしまいます。買うボタンは3種類。白いカーディガン、そして野呂栄作さんの糸で編んだベスト、それから今編んでるオレンジというか赤のプルオーバーのボタン。決められません。

IMG_2764

IMG_2766

目はほとんど関係ないボタンにひかれていきます。これじゃダメだ、とお店の人にそれぞれの写真を見せて選ぶのを手伝ってもらいました。

野呂栄作さんのベストはこれ。まだ、付いていないんですがとりあえず写真のためにのせてみました。

FullSizeRender 3

ボタンと一口に言ってもお値段は本当にピンからキリ。9個欲しかったのであまりお高いのは困る旨を伝えたら、これはプラスチックでお手軽価格だけれど、きれいなのよ、とすすめていただいたものです。

そして、プルオーバーはこれ。

FullSizeRender 2

これは、自分で選びました。必要なサイズのボタンを全部出してもらって一つ一つ見比べると微妙に色が違うんですよ。似たような色を9個、これかなぁと決めました。そうそう、このパターンはLemongrass by Joji です。ずっと編みたかったもの。始められて嬉しいんです。

白いカーディガンのボタンはつけてからお披露目します。なんといってもまだカーディガンがしっかり乾いていないもので。

このお店はボタンだけではなくリボンも売っていて、オーナーの女性がリボンでブローチなども作っています。

IMG_2769

IMG_2767

IMG_2770

きれいでしょう? と言っても日本にはこういうお店はたくさんあるかもしれませんね。アメリカだとなかなか。。。 

シカゴにあるSoutacheというお店です。またお気に入りのお店が一つ増えました。気に入ったリボンを見つけてショールピンを作ってもらうのもいいかしらと思ってます。

IMG_2771

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

ボタン選びに悩む夜

完成したカーディガンとベスト。どちらもボタンが必要なのに、ボタンがたくさん入った缶の中には気に入ったボタンがひとつもありません。

ベストはこれ。

IMG_1286

野呂栄作さんの「胡蝶蘭」3カセでギリギリ編めました。パターンはその昔に日本の本からコピーをとってファイルに入っていたのでどのパターンか不明なんです。週末にでも本をあさって調べます。少しだけ丈を長くしました。糸が段染めでいろいろな色が入っているであまり複雑なパターンはどうかなと思っても、なんだかなわ編みが編みたくてこれにしたんです。クリスマスプレゼントやらチャリティーのものやらいろいろ編まなくてはいけなくて忙しいのに、こういうときになぜか、複雑なものに手を出したくなります。

もう一つのカーディガンはこれです。

FullSizeRender-2

極太の糸とモヘアで編んでいるのでブロックした後なかなか乾きません。いったい何日かかるのだろう? 完璧に乾いたら端糸の始末をしてボタンをつけるにも、つけたいボタンがないのは困る! これは、ボタン探しの旅に出なくてはダメだわ。色と材質。どちらも気にいるボタンというのはそうありません。日本にいたら、la droguerie に飛んで行ってボタンをみつけるのに。オンラインだと感触とか重みがわからないのであまり買いません。

ボタン一つで見た感じが120%変わりますから、お気に入りのカーディガンのためには遠くまで出かけて行きますよ。ボタンホールの数を数えておかなくては。それから大きさも。余分に一つか二つ多く買ってこようと思ってもお値段によってついケチってしまったりしてね。いけません。

さて、これから衝動編みはやめて、クリスマスのプレゼントに戻ります。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

1971年のパターンは35セント

「昔、こんなのが流行ったのよねぇ。私、オフィスに着ていったのを覚えているわ。」と古めかしいパターンを持ってきた彼女。
写真を撮り損なったので、ちょっとさがしてみましたが、こんな感じ。

かぎ針編みのベストのパターン

値段を見ると、何と35セント。発売された年はというと1971年。ワォッ、という感じ。そうか、その年に彼女はもう働いていたのね。エーと、私は、と自分のそのときの年齢を数えてしまいました。

流行はまわるといいます。自分の親の時代に流行ったものがリバイバルになりまたファッショナブルなものとしてとらえられること少なくありません。しかし、あのベストはどうかなぁ。Stephen Westが目につけて似たようなパターンを作ったらきっと皆が作りたくなるかも。

彼女がいうにはそのときの毛糸と言ったら原色しかなかったとか。アクリル100%の緑、黄色、赤(まるで信号)、黒、青、白、とにかく原色の絵の具の色のようだったそうです。日本だってきっとそうだったのでしょうねぇ。

そうかと思えば、別の女性は1074年に編んだと言う真っ赤な丈の長いコートを着てきました。もう40年も前に編んだというのに型くずれもなくとってもステキ.写真を撮れば良かったとあとで思うのはいつものこと。

「25ドルで毛糸を買って編んだの」と言っていましたが、あの形のコートを作ろうとしたら、きっと今では200ドルかかるのではないかなぁ。大切に着て、しまっているそうです。

ものが増え、いろいろなものがすぐに手に入るような今では考えられないでしょうが、質の良いものを長く着れるのって嬉しいですよね。それにしてもいろいろなものが流行るものですねぇ。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

こんなカーディガンもあるんです。

さすがにセーターを編むと疲れます。編む分量が多いのはもちろん、サイズが関わってきますからね。

編み終わったセーターはぬるま湯のお風呂に入り、今、セータードライヤーの上でゆっくりお休みをしています。何と言う待遇!

そこで、今回はその前に編んだちょっとおもしろい編み方のカーディガンの紹介です。編み物グループの人2人が編んでいろいろアドバイスしてくれました。

セーターをハンガーにかけるのは大嫌いなのですが...

セーターをハンガーにかけるのは大嫌いなのですが…

使った毛糸は野呂栄作さんの「胡蝶蘭」ローマ字で書くとKochoran 私にはどうしてもKorochan = ころちゃん に見えていたんです。どうしてかわかりませんが。とても小さく作ったので私に身体には合いません、ということで仕方なくハンガーにかけました。

毛足がほわほわしているので色がとても微妙にブレンドしています

毛足がほわほわしているので色がとても微妙にブレンドしています

このカーディガンの元になったパターンの名前は”My Antonia Vest” ベストのパターンだったのですが、冬は長袖の方が絶対好きな私は袖を編みつけてカーディガンにしてみました。友人の一人は襟をVネックにしたベスト、ボタンも何も付けずに羽織る感じ。もう一人はクルーネックで一番上だけにボタンをつけていました。それぞれの好みで形を変えられるのも嬉しいですね。

縄編みが見えます?

縄編みが見えます?

これは裾の部分を横に編みます。自分のウェストなりにまわしてみてサイズがちょうど良いところでやめます。そして、それを横にしてそこから目をひろって今度は縦に編むんです。袖下で前見頃、後ろ見頃に分けて自分のサイズの丈まで編み続けます。肩をはいで、私は輪にしてそこから袖を編み出しました。はがなくていいので時間が稼げます。襟ぐり、そしてボタンを付ける部分を編みたして出来上り。

横に編んだところは表編みと縄編みを組み合わさっています。そして、上の部分はかのこ編みの変形にしました。ちょっとステキなカーディガンになったのでニコニコです。

胡蝶蘭はもう製造中止なんですね。数年前に買ってあった毛糸で、どのパターンを編もうかとても悩んだ毛糸なので気に入ったものが出来上りきっと毛糸も喜んでくれていると思います。3かせ残っているのでカーディガンとマッチするスカーフを編んでもいい頭と考慮中。でも、それ以外にすませなくてはいけないことがたくさんたまってしまったのでそっちをがんばります。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ