転んだ時のために編み込みの帽子

あけましておめでとうございます。時が経つのがどんどん早くなっていくような気がするのはそれだけ歳をとったせいでしょうか? そうはいっても走り続けないと、止まってしまうとまた走り始められないような気がして、それが怖くて走っています。いえ、実際に走っているわけではなくていろいろなことをがんばる、という意味で。

編み込みの帽子を編み終わりました。糸のチョイスがあまり良くなかったのが残念。濃い色はMadelinetosh DK そして、グレーが昔からある糸なので名前は不明。この糸はおそらくウールではありません。カシミア、アルパカ、そんなところでしょうか? というのは伸縮性に欠けているんです。だから編んでいて「編み直そうか」「これではかぶった時の柔らかさに欠けるのではないか」と悩みましたが、とりあえず完成。

サイズは子供用。転んでも編み込みにしておけば頭にかかるショックが少なくてすむかしらとこのパターンを選びました。パターンの名前はHerringbone Hat by Anne Mizoguchi フリーパターンですよ。逃す手はありません。

IMG_5856

そして裏側は

IMG_5857

がんばりました。裏にもきれいに模様が出ているでしょう?このように伸縮性がない糸はブロックしてもあまりサイズに変化はありませんがとりあえずぬるま湯につけて乾かしました。明日、郵便で友人に送ります。最近編んだものは殆ど手元に残しません。

今年もまだまだ編んでいきます。でも、それだけではなくてちょっと考えていることなどもポストしていこうと思うんです。だって、日本が心配だから。21年ぶりにアメリカから戻って日本の変動ぶりに大ショック。カルチャーショック、というよりも「大丈夫?」感が強いんです。だから、それも書いていこうかなと。

今年もよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

首にしっかりまけます

私はカウルもスカーフも大好きです。

しかし、カウルは短すぎても長すぎても首に風があたって「うー、寒い」となるときがあります。

また、スカーフは風に飛ばされることもないわけではないし、これも何かのはずみに落としてしまったり、とどちらかというとこれらは母の意見なのですが。。。

そこで、前にプレゼントしたのが、こんな感じの首巻き(?) まだ、編み途中なのですが、

IMG_7443

真ん中の部分がゴム編みになっているのわかります? ここに逆側の端を通すんです。

持ち上げてみると、ほら、

IMG_7444

ほら、ここを通ります。もう片方の先っぽを入れてキュッとひっぱるとなかなか暖かい。

ただ、編むときには注意が必要で、首回りをどれくらいにするか悩まないとこれまた長すぎて首周りが寒かったり、短すぎて首がしまりそうになったり。編む私は気を使います。でも、ちょうどいい長さにできあがればとっても喜んでもらえるプレゼントになります。

プレーンなガーター編みでもいいですが、これはちょっとオシャレにレースっぽい編み方です。早々、パターンの名前を忘れずに書かなくては。

Loopy Lace Scarf by Katie Harris. フリーパターンです。

残り毛糸でもこんなステキな帽子が

今日はサンクスギビング。感謝の気持ちを表す日でもあります。自分に与えられたものすべてに「ありがとう」の気持ちを忘れないように、そしておこがましい言い方になってしまいますが、少しでもまわりの人たちにできることを考えようという気持ちを大切にしたいと思っています。「ありがとう」の気持ちを人から人へ伝えていけばもっと住みやすい世の中になるのでしょうね。

先日、バーで出会った青年のための帽子が編み上がりました。実はすでに一つ編みあがっているのですが、よーく考えてみると主人のアイスランディックセーターをうらやましがっていたので、これはやはりアイスランディックの毛糸で編んであげようと思いつき、残り毛糸をかき集め編みました。「残り毛糸」というと失礼な響きがあるかと感じたりもします。でも、毛糸というのは何かをつくあった時にきちんとボールを使い切れることはほとんど不可能に近く、どうしても残ってしまう糸たちも大切にしまってあるので、そういうことは考えないようにしています。毛糸たちだって捨てられることなく目的を果たせるのだからきっと喜んでいることでしょう。

調子に乗って4つも編んでしまいました。一つは主人のものとなります。

img_3624

太い針で編むのですが私は手が緩いので5ミリの針で編みました。、そう、ゴム編みの部分はもう一つ小さいサイズの針で。頭頂部の減らし目を隙間ができないようにときつめに編んだので手が痛くなりました。

img_3625

グレーの糸が無くなってしまったので模様の時に使ったもう一つの色で頭頂部を編んでみました。ザクザクと編めるのは嬉しいですね。雨の日の犬の散歩にもすごく活躍しそうです。

img_3628

img_3627

img_3626

編んだ帽子のパターンはですね、Winter’s Coming  フリーパターンです。なんの変哲もない帽子ですが、模様がかわいいのと、それほど複雑ではないのがミソでした。

彼の希望のように耳の部分が折り曲がっていませんが、太い毛糸なので逆に2重になるとその部分がひどく分厚くなりそうなのでやめました。

主人から彼に「バーに置いておくから取りに来てね」と連絡してもらおうと思います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

帽子が必要。。。でも

今まで住んでいたところはどこに行くにも車。スーパーへ車で行って、そのまま郵便局、銀行も車、スタバに行くのも車。1日に何度乗り降りしたことか。だから、それほど傘も、帽子もレインコートも必要ではありませんでした。しかし、都会に引っ越して徒歩でいろいろなところに行けるとなるとどうしても雨具が必要となってきます。

少しくらいの雨なら傘より帽子の方がいいわ、と思い幾つか帽子を編みました。毛糸の太さも変えて。しかし、どうもしっくりこないんです。

もともと帽子が似合わないのは覚悟の上。でもね、ゴム編みの部分がなんとなーくゆるい気がしたり、深く編みすぎてトンガリ帽子になってしまったり、浅すぎて通学帽を頭の上にちょんと乗せてるちびまるこちゃんのお友達、永沢君みたいだったり。いくつ編んだら自分が納得する帽子が編めるのでしょうね。

サイズがどうも上手くない帽子はチャリティに行きます。ちゃんと質の良い毛糸で編んでいますし、頭のサイズは人それぞれだと信じてますから必ずどなたかの頭をこの冬、暖かくできるのではないかと期待の気持ちでいっぱいです。

さて、この自分の頭、どうしてくれよう。この間ね、毛糸屋さんで見た帽子が可愛くてかぶってみたら、なんとぴったり合うではないですか。「これほしい〜」と言ってはみたものの、「それはお店のディスプレーだからダメ!」とすげなく断られてしまいました。「あなた、編めるんだから自分で編みなさい」とパターンの名前は教えてくれましたが。

使う毛糸、針の号数、深さをどれくらいにするかなどで本当に感触が違ってくるのが帽子です。帽子を自分で作るのではなくてお店に買いに行ってもそういう経験ありませんか? 形はステキなのに、自分がかぶってみるとどうもね〜、もしくは、もう少し大きかったらよかったのに。とかね。ものが小さいだけに細かいところがきになるのか、それともやはり人の頭は形、サイズが千差万別なのでしょうかねぇ。

と、この間編んだ帽子を編んでこれを書いていたら頭痛がしてきました。「あれ?私って帽子かぶると頭痛くなるんだった。忘れてた」なんともまぁ、間抜けな話でした。

そうそう、私が編んだ帽子のパターンは Barley, Baa-bie-hat, Bankhead, Graham です。私が気に入った帽子はAviator hat. でも、耳のフラップはつけていませんでしたよ。それぞれフリーパターンです。ぜひご覧になってください。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

Jacob の糸は少しチクチクします

Jacobというのは羊の種類です。クルッと巻いている角が生えている羊です。昔からいる種類の羊でアメリカに渡ってきたのは1900年前半と言います。

Jacobの毛はとても暖かいのですがちょっと肌触りがチクチクするのが難点。帽子にする方が良かったかもしれません。ただ、1カセの長さがそれほどなかったため、帽子を作るには2カセ必要でした。帽子に2カセ使うのはチトもったいないとケチったためにカウルとなりました。自分が帽子をあまりかぶらないのでよけいにそう思ったのでしょう。

でもね、このカウル、なかなかステキにできたので喜んでます。

img_3583

暖かいように高めに編みました。そしてチクチクした時のためにと輪に編まないでボタンを付けました。そうすると一番上のボタンを外して首に巻くこともできますからね。

img_3584

ちょっと折ってみました。おそらくこの糸は染められていない糸だと思います。Jacob はもう少し薄いグレー、オフホワイト、そしてこの濃いめのグレーの糸がほとんどです。この糸は友人の友達の農場で育てられている羊さんの毛からいただきました。2カセあります。1カセ使って、もう1カセはJacobの糸が好きな友人へのプレゼントにしようと思ってます。長さが200メートルないのが残念。せめて220メートルあると帽子もあめたんですけれどね。

そうそう、パターンの名前を忘れてはいけません。Chestnut Cowlといいます。デザイナーは Maia Perezさん。フリーパターンですからもしよろしかったら編んでくださいね。

これに勢い込んで、自分で紡いだJacobの糸で大きめのカウルを編むことにしました。これ、乾かすの大変だろうなぁ。かなり前に紡いだので糸が太いんですよ。かといって使わないのはもったいないですものね。また、ご報告しますね。いろいろな羊さんの毛を拝借するのは楽しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

自分で作る編み物キット

旅行する時には必ず編み物を持っていきます。何か編んでいないと指が落ち着きません。そのうちに指がブルブルしてくるのではないかと心配です。

キャンピングカーでご主人とあちらこちらに旅行している友人がいます。彼女が先日こう言いました。

「自分のための編み物キットを作ったの」

「?」というと

「編みたいパターンと毛糸、それから針、メモを入れてジップロックに入れると自分用のキットができあがるのよ。出発する前にキットを2、3個作って持っていくと一つに飽きても別のが編めるし、近くに毛糸屋さんがなくてもあわてなくてすむでしょう?」

「なるほど!」と言っても今までも似たようなことはしてきたはず。それでは何が違うか。キットとしてひとまとめにして袋に入れておけば針を使いまわしたりパターンを入れたフォルダーが何処かに行ってしまったとかという事件は起きないところが大違い。

それを聞いていたもう一人の友人が、

「そうなのよ。私も明日から旅行に行くのだけれど、手軽に編めるものが今ないからどうしようと思っていたの。家に帰ったらそこそこシンプルなパターンを探して毛糸を巻いて針もすべてまとめて何かの袋に入れて行こうっと。手元に編み物がないと不安よね」

みんな考えていることは同じなんですね。旅先ですからあまり複雑なもの、大きいものは持ち歩きたくないから、簡単で小さいものがいいですね。

簡単で小さいもので思い出しました。フィンガレミットを編んだこと。

かわいいんですよ。これがまた。なんて自画自賛。

img_3057

使った毛糸は Knitted Wit パターンは Emilee Dee Mitts これもフリーパターンです。違った太さ2種の数字ももらえます。DKの糸を使ったので少ない方の数字を使いました。袖口の長さは自分で調整できますし、指がどれくらい隠れるかも自分の好みに合わせられるのがいいですね。また、この毛糸は発色がとてもきれい。(日本で使うのはもしかしたらためらわれるかもしれないくらいのはっきりとした色合いです)

違った色でも編み始めてしまいました。

img_3059

別々の色のミトンをはめるのも実はかわいいかもしれませんよ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

浅はかな考えながら帽子完成!

手のひらがつりそうになりながらの帽子、編み上がりました。

IMG_3048

風船を中に入れて乾かしています。このようにすると模様もきれいに出て乾いてくれるんです。コツは風船を小さく膨らませて、帽子をかぶせ、さらに風船を膨らますこと。最初に風船を大きくしてしまうとゴム編みの部分を伸ばしてしまう可能性がありますからお気をつけください。

パターンの名前はHarmione Hearts Ron というハリーポッターの中でHarmione がかぶっていた帽子を見てデザインされたパターンのようです。フリーパターンですよ。

パターンの使われている糸よりも少し太い糸を使ったので、作り目を減らしました。11目のレースパターンの繰り返しで、パターンは132目の所私は121目で始めたんです。まぁ、浅はかな考えでした。

支障その1: 121目という奇数にしてしまったためにゴム編みの数が合わなくなってしまいました。1目ゴムなので、仕方がなく最後だけ表2目。魔、これもデジアンと思えばなんてことはないでしょうと、いい加減な発想です。

支障その2:頭頂部の減らし目ですが、レースパターンが11目繰り返しなのに、減らすときには22目の繰り返し。パターン通りに編めば132目ですから11目パターンが12回繰り返しますから、22目なら6回の繰り返しになるところ、私は11目パターンが11個。これは困った。でも、22目で2目減らすのなら、11目で1目減らしてもそこまで変なことにはならないだろう、とこれまた私らしいかなりおおざっぱな気持ちで減らしていったら、きれいに減りました。デザイナーさんの考えていた頭頂部とはちょっと違ったデザインになりましたが仕方がないでしょう。

いやぁ、パターンは最後まできちんと読んでから編み始めなくてはならないといつもいつも思っているのに気が緩むとこういうことになるんですよね。失敗から学べばいいものを失敗をまた繰り返す。。。

フィンガレミットも片方は編み上がりました。これは少し長さを調節しただけであとはほとんどパターン通り。4本針で編んだので手のひらも痛くならずにへみました。明日写真を撮ります。もう片方も編まなくては。早めに仕上げてチャリティが行われるレストランに持っていきます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村