身体のサイズを測りました

着るものを編むためには自分の身体のサイズをしっかり知ることが大切です。パターンでS、M、Lなどとはい書いてあるものの、人間の身体なんてそういうサイズに身体のどこもかしこも合うようにできているとは思えませんから。

いったいどんな数字が出るのだろうとちょっとドキドキでした。数字はウソをつきませんからね。ウェスト、バスト、ヒップはもちろん、首回り、アームホール、腕の付け根から腕の付け根まで、首の後ろのグリグリから腕を45度くらいあげたときの手のひらのグリグリまで、二の腕の周囲、肘周りの周囲、手首の周囲などなどいろいろ測ってみました。

そして考えました。さて、これをどう編み物に使うか。最近のパターンには、製図とともに測った数字も書いてあるのでそれと比較してみようと思います。腕が長いこと、肩周りが太いことは前から感じていたのですが、改めて数字がはっきり言ってくれました。他のところはこのサイズでもいいけれど、この腕周りのところは一つ上のサイズにしたほうが自分にフィット感がよいものが編めるよと。

また、バストからウェスト(ウエストなんていう言葉を使うのもおこがましいようなサイズの差です)の数字の減り方を見て、もし、ウェストのあたりを少し絞りたかったら糸の太さ、ゲージからどれくらいの割合で目数を減らしていけばよいのか計算できます。同じように肩の部分から手首までの減らし目も同じように割り出せますよね。

できるだけ正確な数字を出すためにも、どなたかと一緒に測ることをおすすめします。クリスマスで次男が家に帰ってきてくれているので、主人のサイズを私が測り、次男が書記を務めてくれました。次男のサイズを測るときには主人が書記。それに、テープが曲がっているとか、ずれているとか、いろいろな意見ももらえます。最後には3人分のサイズをチャートにして数字に大きい誤差がないかもチェック。今度日本に行ったときに長南のサイズも測ろうと思います。こうしておけばプレゼントに何かを編みたいときの参考になります。

あ、頭まわりも測ったおこうっと。帽子を編むときにいいかも。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広告

February Lady Sweaterとネックレス

3月になってしまいましたが、February Lady Sweaterが出来上がり、今日ニコニコとお披露目してきました。

色がとてもピンクっぽく写っていますが、もっとえんじに近いです

色がとてもピンクっぽく写っていますが、もっとえんじに近いです

とても着やすくてお気に入りのカーディガンになりそうです。少し細めの糸で編んでみるのも面白いかもしれません。パピーのブリテッシュエロイカは大好きな毛糸です。ただ、マフィンの毛を掃除機のように集めてくれるのが頭痛の種。1本1本取ったと思ったのにちょっと後にはまたマフィンの毛がついているんですもの。

春らしい明るさが太陽の光から感じられ、元気になってきました。そこで、このカーディガン似合うようなネックレスを作ろうと急に思い立ち、昔集めたビーズの箱をゴソゴソ。目が悪くなってきているのでビーズから遠ざかっていましたが、シンプルなネックレスくらいならまだ作れそうです。

IMG_0615

もう少し上手に写真を撮れるといいんですよね。そうそう、イヤリングも作りました。

しつこいようですが、このカーディガンはいろいろな変形ができます。友人は袖を7部袖にしました。そして、腕にピッタリした感じに編み上げた人も。しかし、これまた腕の太さによってパターン通りに編んでいても全く違って見えますからね。これが恐ろしい。友人のフィット感が好きだからといってそのように編んだからといって自分にそのフィット感が出るとは限りません。むずかしいですね。本当に。

春ですもの。少しおしゃれをして外出することにします。さて、どこに行こうか。。。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

手編みのソックスは見た目があまり良くありません

やっと少し編めました。最初のゴム編みの部分が終わって、今、表6目、裏2目のゴム編みを編んでいます。模様編みにしたら素敵なのはわかっているけれど、フィット感から言ったら何といってもゴム編みなんですよ。ズルズル落ちてくる心配もないし、伸縮性もあります。

実用的なのですが、ただ、見た目があまり良くないのが悩みどころ。

ブロックする板に入れて写真を撮ればそれは、素敵に見えますよ。でも、ブロックの板は申し訳ありませんがプレゼントしません。だって、決してお安くないのですもの。

今までに手編みのソックスを履いてその心地よさを知っている方なら良いのですが、初めてプレゼントされる方はちょっと不細工な手編みのソックスを見て、

「なんじゃ、これ。」と思われるかもしれないですよねぇ。

家族、親しい友人なら良いけれど、目上の方だと失礼かしら? でも、年齢を考えると(失礼!)アルパカのソックスは暖かくて最高のプレゼントだと私は思うんですよ。どうしよう。編みあがるまで悩んでもいいんですが、早く仕上げてお送りしたいので、もしソックスをやめるのであれば代替案を考えなくてはならないんですよ。マフラーという手もあるんですが、その方が無難かなぁ。あ〜、どうしよう!?

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

足のサイズを測ります。

「足」と一口に言っても微妙に形がちがうのかしら? スポーツ選手の足、デスクワークの人の足、また,同じ人だとしても朝起きたときと夕方ではきっとサイズが違うでしょうしね。

我が家にはルーズリーフ3枚に男どもの足のサイズがしっかり書いてあります。足型とともに。前述しましたが,次男の

「ママのソックスはゆるゆるだよ」という一言にムッとして。ゆるゆるで下がってしまうのは困りますが,母などは「血流が悪くなるからゆるめの方がいいわ」などと申しますのでこれまたむずかしい。

まず,床からどれくらいの長さのソックスにしたいかを測りました。

まず,床からどれくらいの長さのソックスにしたいかを測りました。

この長さは我が家の3人、ほとんど同じです。よっぽど短いショートソックスを編むときなどをのぞけばそれほど大切な数字ではないと思います。毛糸が足りなくなっても困りますし。

ソックスの一番上が来る場所の足の外周を測ります

ソックスの一番上が来る場所の足の外周を測ります

これを測るときにはメジャーをあまりきつくしめないようにしてくださいね。かといって余裕を持たせる必要もありません。

ちょっと見にくいですがかかとが床についている場所から斜めの長さを測ります。

ちょっと見にくいですがかかとが床についている場所から斜めの長さを測ります。

ここがそれほど深くない人にはかかとのフラットの部分を短くしたりまた逆にしたり調整します。模様編みでどうしても必要な目数より少し多く作り目して編み始めたときにはここをパターン通りにすると深すぎてしまったりするんです。

指の付け根の部分の一番幅が広い場所を測ります。

指の付け根の部分の一番幅が広い場所を測ります。

手編みの場合はそれほど目数を増やしたり減らしたりしないのでここまで本当に測ることが必要かどうかと思われるかもしれませんが,ぜひ測ってみてください.意外と近い数字が出ておもしろいんです。もし,かけ離れていたらまた,考えて数字を少し調整する必要が出てきますよね。おかげさまで我が家の男性陣ではそういうことはありませんでした。

かかとのうしろから親指の先までを測ります

かかとのうしろから親指の先までを測ります

これでソックスの足の部分の編む長さを決めます。人間の足は親指が小指よりも長いのですが,手編みのソックスの足先は左右対称のものがほとんどです。だいたい,長さの1インチ(2.5センチ)くらい前から減らし目を始めます。

さらに私は紙の上に立ってもらって足の輪郭をトレースします。

photo 4

これは実際に編んでいるときに編んでいるものを乗せてみたりしてとっても便利に使えますよ。何度も使ってくちゃくちゃになってきているので今度,パウチしておこうかしら,なんて思っています。(笑)

これが主人の足型です。我が家の息子たちが生まれたときの足型はありますが,こんなことで主人の足型を手に入れるとは思ってもいませんでした。

これが主人の足型です。我が家の息子たちが生まれたときの足型はありますが,こんなことで主人の足型を手に入れるとは思ってもいませんでした。

右と左の足が同じ大きさという人はほとんどいないようですから右と左を測らなくてはいけないようです。かといって両方の目数を変えて編もうなんてちょっとめんどうくさいので私はしていません。いい加減な性格がここに出ています。

これから寒くなるのでソックスに挑戦してみてくださいね。いろいろなレースパターンのソックスなどステキなものもありますよ。でも,やっぱりフィット感がよいのはゴム編みです。これは,いくつも編んだ経験からの言葉です。でもね,そうはいってもときどきレースのパターンのソックス、編みたくなっちゃうんですよねぇ。そんなときはセルフストライプの毛糸とかでごまかしています。ソックスをはく目的は足を冷たくしないため。その目的が果たせていたら少々目数が合わなくてもいいじゃないですか。ね。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

バースデーボーイにソックスを

今日、3月28日は長男の誕生日。最近思うんですが、お誕生日というのはもしかしたら、生んでくれた親に対して「ありがとう」を言う日ではないかと...自分が親になったから(かなり年月はたっていますが)そう考えるのでしょうかねぇ?

プレゼントは何にしようと悩みますがこれといったものが浮かびません。要するに、いろいろモノを持ちすぎているから何をプレゼントしたらよいのかわからないんです。もちろん彼には欲しいものがあるのでしょうが、じゃぁ、どれくらい欲しいかとなると、「うーん」という返事が返ってきそうです。

ソックスを編みましょうか。そうしましょう。と一人ごちました。

ソックスだってたくさん持っているんですよ。でも、あって困るものじゃないだろうから...

しかし、今から編むのでは今日の誕生日には間に合いません。困った。

来週末に遊びにくるのでその日までに編めるかしら? 男の人って足が大きいから時間がかかるんですよねぇ。シンプルなパターンにしようっと。ゴム編みの方が足にフィット感があるから一番上は2目ゴム編み、それを1センチくらい編んだら4目表、2目裏にしようかしら? ということは60目作り目、もしくは細めの毛糸なら66目、おっと、66目では4の倍数ではないからダメです。4と6の公倍数じゃなくちゃ。次は72目。 それは大きすぎるかも。仕方ない。60目でいける太さの毛糸にしようっと。

もし、それがダメなら、2目ゴム編みをずっと足の甲の部分まで続けてしまう、という手もあります。それなら、60目でも、64目でも、68目でも大丈夫ですから。ただね、最初の2目ゴム編みの表はねじり編みにしたいんです。その方がずり落ちる心配が亡くなりますから。あ〜、どうしよう? やっぱり60目でいける毛糸を探そうっと。ダメなら、買いに行こう.毛糸屋さんに行くよい口実ができました。

でも、お誕生日の今日、何のプレゼントもないとつまらないので、とってもむずかしいという幾何の問題をいくつか送りました。きっと、かなりの時間、楽しめると思います。私も楽しみます。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ