個性なしの街たち

アメリカ国内を旅行するときにいつも思っていたこと。

「どこにいっても同じ店しかない」

たとえば、マクドナルド、ウェンディーズ、タコベル、といったファーストフードをはじめとして、Thank God It’s Friday(TGIF)などのいわゆるファミリーレストラン、ドラッグストアー、スーパーと右を見ても左を見ても同じような店ばかり。

その地その地での特色がある店がなくて面白くないと常々思っていたんです。日本には商店街やら地元の特産の店とかあるのに、と考えていたけれど、実は日本でもアメリカと同じようなことが起こっていることを日本に戻ってきて愕然! 旅行していると本当に思います。

なんだか、大型スーパー、全国展開の衣料品店(どことは言いません)、ドラッグストアもそう、どこにいっても同じサイン、看板ばかりで地元ならではの店が次から次へと姿を消しているんですよね。

増えているのがシャッター街。スーパーへ行けば低価格でなんでも揃うので便利なのでしょうが、逆にこういうこと言えません? たとえば、道路に面して並んでいる商店街に色々なお店が並んでいたら、何もわざわざ大型ビルの中に入ってエスカレーター、エレベーターを使って上に上がらなくても、さっと歩道からお店に入って用を済ませて出てこれるって。

吉祥寺にも本屋さんはたくさんあります。しかし、その大部分がビルの上の方の階にあるんですよ。本を買うためだけなのに、大型店舗に入り、上に上がり、用を済ませたらまた一生懸命下に降りて、自分が行きたい方向に出口がないから逆方向に歩いて外に出て、とかなり無駄な歩数を踏んでいます。ま、運動になるといえば運動になりますけれどね。

だから、できるだけ、地元のお店で買い物をするようにしています。八百屋さん、花屋さん、そして、本屋さんも。残念ながら吉祥寺には豆腐屋さんがないので、駅ビルとかに入っているお店を使うしかありません。大型スーパーはほとんど使いません。その地域の個性を奪う店は避けたいんです。これは、アメリカに住んでいるときから一緒。スーパーで買い物をしないとアメリカでは生活はできませんでしたが、出来るだけ地域に根付いたスーパーを利用し、全国展開の大型の有名なスーパー立ちには足を踏み入れませんでした。

日本が持っている素晴らしいものがなくなり、画一化された店しか無くなる日はそう遠くはないのでしょうが、私一人でも抵抗しようかな、と思っています。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

広告

毛糸中毒症候群

皆さんは旅行に行く時、編み物を持って行きますか? 私は少なくとも一つは持参します。できるだけ小さいものを。飛行機で移動する時は針は竹のものしかもちません。金属を持っていて取り上げられたら損害ですから。

途中で編むものがなくなるのが怖くて三つも四つも持って行く友人がいます。どう考えたって旅行中に何かを編み上げるのは無理なのに、ないと不安だそうです。だいたい、旅行先で毛糸屋を見つけたら必ず入るのだからなくなる心配はないだろうにと思います。でも、不安なものは不安なのでしょう。

病院での待ち時間はもちろん、空港へ誰かを迎えに行く時だって、レストランに行く時だって編み物の袋を離さない人たち、少なくないようです。

手元に毛糸がないと手が震えるんじゃないの、なんていう冗談も飛び出るくらい皆、毛糸中毒症候群なんですよ。

アメリカは車で長い距離を移動することは日常茶飯事です。ハイウェイの横にはどこでも見られるファーストフードの看板が。そのなかに、Cracker Barrel というこれまた全国チェーンのレストランがあるんです。ここはファーストフードではなく、一応座席に座って食事ができるレストラン。併設してその地域のお土産なども売っています。特徴は店の外に揺り椅子が並んでいること。レストランが混んでいて順番待ちをする時にここに座っている人もいますし、長い間運転してきた疲れを座って癒す人もいるようです。

私の友人、編む毛糸がなくなってしまい、車から糸紡ぎ機を下ろし、この揺り椅子に座って糸を紡いで毛糸を寄ったそうです。なんという根性でしょう。私も見てみたかったなその姿。毛糸がないと長い道中、手がもぞもぞするのがたまらなかったのかもしれませんね。これもまたアメリカの光景なのでしょう。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

今日の編み物会はお弁当持ち

今日は、図書館で編み物会がありました。もちろん、図書館は食べ物を持ち込んではいけないのですが、小さい集会室のような場所の中でだけオーケーが出ます。そこで11:0から2:00前までの編み物会でした。

お弁当といったってみんなとても軽いランチです。ほとんどがサンドイッチかな。ピーナッツバターとバナナをはさんできた人。ハム数枚とレタスをはさんできた人、私はキュウリと、トマト、それにアボカドのサンドイッチを大急ぎで朝作っていきました。他には、スーパーで来る途中でサラダを買ってきた人もいますし、クラッカーとベイビーキャロット、レタス、ぶどうにおリンゴ、という人もいました。

編み物会のたびに外食をするのは気が引けたり、経済的にあまりよろしくないという意見も少なくなく、たまにはこのように自分でランチをパックしてくる集まりが入るのはありがたいようです。

アメリカは外食などお安いイメージを持っている方も少なくないと思われますが、それは行く場所によってまったく異なる話になります。マクドナルドなどのファーストフードは激安です。しかし、そこよりちょっと上のカウンターでサンドイッチ、スープ、サラダなどを頼んで自分でとりにいったり、持ってきてくれる場所では飲み物を入れたら10ドルはくだりません。(すごく大きい飲み物が来ます)  さらに、別に対したところではなくてもシットダウンのレストランではチップを含めたら15ドル近くになります。

日本にもいろいろなランチがありますが、年金生活をしている人たちにとって毎週15ドルを払うのは夫に心苦しかったり、その価値を見いだせないのではないでしょうかね。その辺りはお金のあるなしに関係ないように思います。使い方はそれぞれですからね。

あまりおいしくもない食事に15ドルを支払うのは嬉しいことではないですが、そうはいっても皆で集まれるのですから文句を言っている場合ではありません。

今日、編み始めたパターンの最初のセットアップの段がひどくわかりにくい説明で紙の上に書いていたら隣にすわっていた一人が

「どれどれ」と見てくれましたが、彼女も「うーん。ちょっと、いっしょにその図で目数を数えてみよう」と二人で頭をつきあわせて数えていたら、数年前に同じパターンを編んだことがある別の女性が

「私も最初の段、苦労したのよ。でも、覚えていないから、ごめん、力になれないわ」

なんとか数えて中心の目を軸に対象にすることができてホッとしました。そこを通過できたらあとは簡単。ステキな三角ショールができそうです。パターンノ名前はEliza’s Afternoon Shawl

これを黒の毛糸で編んだものを先週見せてもらい、「編みたい」と思ってしまったんです。本当は私も黒でぜひ編みたいところですが、これから春に向いますし、マフィちゃんの毛がとても目立つので、黒はあきらめました。使っている毛糸は前に巻いてあったMadelinetosh Merino Lightで色は Blue Ginghamです。とっても簡単なショールですので、よろしかったら編んでみてください。

セットアップの段の説明はおまかせください。(友人のように私も忘れてしまうかしら?)

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ