藍染の糸を買ってきた

旅行の楽しみはその土地、その土地の名産、名品を見てまわること。作っているところを見学させて頂いたらなおのこと楽しい。

今回行ってきたのは、盛岡手づくり村。盛岡からバスで約30分の場所にある、幾つかの工房が並ぶ場所です。

染め屋、たきうらさんで中を少し見せていただき、購入してきたのがこの糸。家に帰って重さを測ってみたら約109グラムありました。藍で染めた糸でとってもきれいなんですよ。

IMG_3346

色はもっともっと深みがある濃い群青色です。なかなか正しい色をスクリーン上で表せないのが残念なこと。色はとても美しいのですが、さて、このかせをボールに巻くのに約1日かかりました。ウールに慣れている私はコットンはあまり好きではないことも原因の一つなのでしょうが、まず、糸同士がくっつきあうこと。そして、カセの中でこんぐらがっていたこと、が大きな原因であちらで糸をくぐらせ、こちらで糸をほぐしながらの作業でよっぽど途中でやめようかと思ったものの、「もったいない」。最後は私が投げ出した糸のかたまりを主人がせっせとほどいてくれてきれいな一つのボールになったのが夜の11時。翌朝は肩こりで頭が重かったんです。もし、次回購入することがあったら、お願いしてあちらで巻いてもらおうと思います。

そして、編み始めたのが、アームバンド。太陽の下を歩く時につけようかなと。UVカットはおそらくしないでしょうがないより良いだろうというくらいの気持ちです。

IMG_3349

ただ、あまり編みやすい糸ではないのでできるだけ早く終わらせてウールに戻ろうと思っています。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

広告

「用の美」

原田マハさんの「リーチ先生」を読みました。

その一部にこんな文章がありました。

『すると、濱田は、正直に言うけどな。。。と前置きしてから本音を語った。「いままで、陶芸は、書画とか油絵とか彫刻に比べると、どうしても劣るっていうか、芸術として隠したみたいな、そんな感じだっただろう?」柳宗悦は、「用の美」というけれど、「用」がある、つまり機能があって使われるものは、結局「道具」のようなもので、「芸術」ではない。そんな風潮は、どうしたってある。中略。芸術の方が工芸よりも上位だとか、芸術が工芸を支配するとか、そういうことじゃない。芸術も、工芸も、等しく価値がある。等しく美しい。等しく、人間の手による、人間のためのものだ。』

工芸と編み物を一緒くたにしてはいけないかしら? と思いつつ、同じ手作業でも編み物というと「おばあちゃんの手仕事」のようなイメージがつきものですよね。人の手によるものに変わりないのに、なんだか、古臭いような、野暮ったいという印象を与えがち。絵を描いたり彫刻などは確かにゼロから作者の感性で作り上げるもので、その作品の範囲は限りがないものですが編み物はそうはいかないかもしれません。それに、身につける、ということで「用」がどーんと先に立ってしまうのでしょう。

一度、人間が持ってしまったイメージはそう簡単に払拭できませんし、まぁ、作ったもので誰かが喜んでくれればいいかな、と思うのですが、この文章は常々私が考えていたことを見事に言ってのけてくださっていたので引用させていただきました。この本、とってもおもしろく、一気読みでした。

IMG_3323

何が芸術で崇高でというのも人間が決めていることですものね。

ソックス、片方ができあがったので写真を撮りました。もう片方、せっせと編みます。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ひまわりのようなソックス

毎日暑くて暑くて大変ですね。日本の夏がこんなにすごいものとは噂には聞いていましたが驚いています。

なんて言いながらソックスを編んでいるのですよ。ま、どんなに暑くても必ず秋、そして冬は来ますからね。そして、どうせならと超ド派手な色のソックスにしました。

IMG_3308

使っている糸はWollmeise のPure。ナイロンが入っていないので丈夫さには少し心配もありますが、ま、いいでしょう。この糸はとても撚りが強いのでふわふわしていません。だから、その分耐久性はあるのではないかなぁと思っています。

よりが強い分、よってある糸の間に針が入ってしまったりはしないので編みやすいと言ったら編みやすいです。それに、洗濯機で洗えますからね。

パターンはCookie A がデザインしたHedera。すかし編みが入ったなかなか可愛らしいソックスができあがりそうです。色がひまわりみたいだし。

IMG_3314

かかとが終わり、今はただぐるぐると輪っかに編んでいます。ソックスのように輪で編むものは途中でなかなかやめられないんです。ついつい編み進んでしまい時間を忘れてしまいます。

自分が何かを作り出すという時間は大好きです。形ができ上がってくるのを見るのは本当に楽しいですから。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

Tailwind 続きです。

さて、皆様は編み始められましたでしょうか?

私、昨日の記事で間違えた数字をかいたようです。ごめんなさい。時差ボケの頭で書いた、という言い訳でお許しください。2番の色で20段なんです。そして3番の色とのストライプの20段。ストライプの部分はまず2番で2段、

もし、昨日の部分を編まれた方はこんな形になっていらっしゃると思います。

image

私の2番は紫がかった色。そして3番はオフホワイトです。ストライプの数を数えたら12あるので、数字を少し変えて始めたようです。

言葉で書くよりもテーブルっぽくした方がわかりやすいのではと思いましたので、こんな感じで始めます。

2番の糸で20段、そして2番、3番の糸で20段編み終わったところですね。ほどかれたかた、ごめんなさい。お許しください。ストライプの部分は、2番の色のストライプが5本見えてますか?

次です。

1)3番の糸で20段(24段)、1番、3番の糸のストライプを24段。1番、3番の色が6本ずつ見えていると思います。( )ないの数字はこれまた私が行った変更です。細長すぎるショールよりも少し深さが欲しかったんです。

image

この写真で、色の変わり方がわかっていただけるのでは、と願っております。

2)1番の糸で24段(28段)、それから2番、1番の糸でストライプを28段。それぞれの色が7本ずつ見えているはずです。

image

3)2番の糸で28段(32段)、3番、1番でストライプを32段。

image

私が選んだ3番の糸はもう少し単色だったらよかったんですが、少し白がかったところが多めで2番の糸とぼけてしまっている部分があるのが残念です。今日はここまでということにいたします。今日は、間違えていないと思うのですが、まだ日本に来て3日目なのでちょっと不安です。自分が今また編んでいるものと比較しているのでおそらく大丈夫だと思うのですが。。。

何か、ご質問、おかしいなぁ、と思われるところがございましたら、ぜひご連絡くださいませね。

ポチッと一押しお願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

ほめられるのでつい…

先日作ったtailwind, サイズがちょうどよくてついつい首にひょいっと巻いて買い物に出かけて行ってしまうのですが、いく先々で

「ステキなスカーフね」
「色がいいわ。ステキ」

と声をかけてもらっています。そうなると嬉しくてついつい

「ステキでしょう? 私も気に入っているスカーフなのよ」とずうずうしい返事をしてしまうんです。そして、家に帰ってくると、「やっぱりもう一つ作ろうかしら?」と他のものを編んでいるにもかかわらず編みたくなる気持ちがウズウズしてきます。

そして、やっぱり始めてしまいました。

使っている糸はやはりmadelinetosh merino light. 使い慣れているものでついつい手が伸びます。色は前回のtailwind で使って残っている紫の糸、それから、ずっと前に何かを作ろうと思ったらしくてボールに巻いてあった、calligraphy, 3色目は、昨日の記事にしたlepidoptra です。この組み合わせ、すごく気に入りそうです。一色で編むより、色を組み合わせると変化があるので楽しくなるんです。もっとも実際に編んでみたら想像していた感じとまったく異なってほどいてしまうこともないわけではありません。

IMG_1829

糸というのはボールを隣り合わせにしていた印象と、実際に編んでストライプになった時の印象ってすごく違うんですよ。驚かされます。

幾つかの色を組み合わせてこのtailwind 作ってみようと思います。プレゼントにするにもとても良いサイズですし。違う色で編むとまるで違うパターンを編んでいるようにも思えるのではないかしら?

今回は、この紫がどれくらい残っているかが一つの問題点。40gあったんです。これでどこまで編めるか、ちょっとドキドキものです。

IMG_1828

いろいろな意味でたのしめそうです。

ポチッと一押しお願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

毛糸をお譲りします

近いうちに日本に行くので、またよろしかったら毛糸をお譲りしますね。私の大好きな色たちです。よろしかったらメールでご連絡くださいませ。

madelinetosh merino light は1かせ2400円+送料300円でお願いいたします。2かせあるもので2かせともご購入希望の方は送料が500円になります。この糸は420ヤード(384メートル)100%スーパーウォッシュメリノウールです。ショール、カウル、手袋といろいろなものが編めます。細めです。

Madelinetosh DK 色は William Morris。これは225ヤード(206メートル)です。merino light よりも少しだけ太いです。これも100%スーパーウォッシュ。帽子などを編むのに最適です。1かせ2200円。送料が300円となります。

madelinetosh DK 色はWilliam Morris

madelinetosh DK
色はWilliam Morris

Dream in Color smooshy with cashmere これは1玉3000円+送料300円です。400ヤード(360メートル)。70%メリノウール、20%カシミア、10%ナイロンという合成です。太さはmadelinetosh merino light と同じくらいですね。

Freia Ombre, Sport weight  この糸は太さが幾つかありますが、これはスポーツウェイトです。217ヤード(200メートル)。1玉、2800円。1たまの場合は送料300円。2たまの場合は送料500円となります。写真でもわかると思うのですが、いわゆるカラーチェンジングヤーンと言われる、色が徐々に変わる糸です。

別れを惜しんでいるところです。糸には愛着があるもので。。。 

個人的にメールを頂けたら、ご返事を差し上げます。日本に着いたら振込先などをお伝えしたいと思います。そう、カラーチェンジングヤーンがもう少しお譲りできるかもしれません。ちょっと、不明なのでまた分かりましたら続編ということで書きますね。よろしくお願いいたします。

ポチッと一押しお願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

マイナス20度にはやっぱりアイスランディックセーター

気温が低い日が続いています。半端ない寒さなのですよ。気温はそれほどではなくても風がピューッと吹くと体感気温はマイナス20度。これは身にこたえます。もちろんコートを着てスカーフを巻き、手袋、帽子、ブーツと雪だるまのようになって歩きました。

今日のような日にはやはりアイスランディックのセーターに限ります。糸も、Lopiのものを使って。

一人散歩に出た主人からテキストが入りました。

「あまり寒くないよ」

そりゃそうでしょう。だって、彼はAlfonso Lopiで編んだ丸ヨークのセーターを着て出て行ったのですから。

IMG_1807

ちょっと重かったようですが防寒性は抜群。さらに、私が紡いだ糸を使って編んだマフラーも首に巻いていきました。

IMG_1808

こんな寒さの中ホームレスの人たちがハイウェイの下などにいるのがとても気になりました。凍死してしまう温度です。こういう季節には州政府などがシェルターを作り、そこで夜を過ごせるようにするのですが、彼らはそこまでたどり着けるのか、宿泊者のためのベッドの数は足りるのか、などと心配になってしまいます。どういう理由でホームレスになったのかはまったくわかりませんが、街のあちらこちらで見かける彼らの姿。見ている私たちは無神経にならないように心がけなくてはなりませんよね。

ポチッと一押しお願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村