メジャーを持って右往左往

「Featherweight cardigan というHannah Fettigのデザインのカーディガンを編むのよ」と友人が嬉しそうにスワッチを編んでいました。

彼女は一昨年のクリスマスに胆管癌が発見され、手術、抗がん剤治療などを経て元気に復帰して来たんです。しばらくは編み物会に来てもあまり編む気力も出ずに少しおしゃべりして帰ったりしていましたが、今はすっかり回復してカーディガンにまで挑戦するようになりました。本当に良かった。

パターンを見ながらどのサイズを編もうかといろいろ考え込む彼女を見ながら、「じゃ、サイズ、測ってみようか」と立ち上がったのがもう一人の友人と私。

「さて、肩幅は、と」肩の骨をグリグリしたり、肩甲骨をゴリゴリしたり。

測った数字とパターンに出ている数字があまりにずれているものだから、「あれ、違うところを測っていたのかしら。じゃ、こっち?」

とまた、グリグリ。

肩の幅、腕まわり、脇の下から希望するすそまでの長さ、バストなどなどを混み合うカフェの中で測ってしまいました。あ、洋服は着たままですよ。もちろん。

測った数字を基にしてどのサイズを編むかというところになって、これがまた人間の体の面白いところで、ある部位はサイズMで良いけれど、別の部位はLの方がいい、他の部位はMとLの中間、とますます彼女は考え込んでしまいました。

でも、このパターンは前をボタンでとじないオープンカーディガンなので、そこまでサイズを気にしなくては良いのではないかという意見と、トップダウンだから編みながら試着して調整していけばいいのではないか、という意見が取り入れられ、とりあえずMで編むことに決定したのでありました。意欲を見せる彼女を見ていると一緒にいる私たちも本当に嬉しくなります。

「編み物会」と一口に言ってしまいますが、人それぞれにいろいろなことが起きます。嬉しいことは分かち合い、辛い時には励まし、応援しあい、笑ったり、愚痴ったり、私たちの人生の1ページのような気がします。(ちょっと大げさかしら?)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広告

毛糸ギリギリ、胸はドキドキ

ずっと作りたかったLemongrass 完成しました。糸が足りるか足りないかドキドキものだったんですが、なんとか完成にこぎつけました。他のものを作ろうと買った糸なのでこういうことが起きました。(あ、これは昨日の記事のプルオーバーとは違います)

普通のトップダウンプルオーバーなら、首の部分から編んできて、袖と体に分けてから、先に袖を編んで残りの糸で体部分を編めば、糸を無駄にしないで長くできます。しかし、このパターンはそうはいかないんです。

IMG_1557

なぜか、というと写真を見ていただければわかるのですが、サイドが割れていますよね。そこがミソなんです。脇の下から輪ではなく後ろ身頃、前身頃と分けて編みます。ゴム編みで縁取りをして、それから目をピックアップして袖を編むので袖が最後のパーツとなってしまい、袖を編むのに使うであろう糸を残しておきながら身頃のたけをギリギリまで長くします。しかし、ゴム編みで余分に必要になる長さも考慮に入れなくてはいけません、ということで悩んで糸の重さを計りながらの挑戦でした。

IMG_1556

モヘアと並太くらいの糸を2本どりで編みました。だから暖かい。糸を触るとふわふわしています。

IMG_1547

Joji Locatelli さんのパターンはよく説明もされていて大好きです。もう少し長くしたかったなぁ。そうそう、ボタンも、あと一つずつ両脇につけなくてはなりません。このボタンも探しました。でも、探した甲斐があったとはこのこと。色がすごく気に入っています。

外に着ていくととても目立つ色です。でも、アメリカでは全く気になりません。きっと、日本でも気にしにしないだろうなぁ、私は。それより、まわりの人から「すごい色ね」とか「派手な色ね」と言われそうですが、ま、いいでしょう。人は人、自分は自分です。糸を見たときに「これだ!」と思ってしまいましたから。年齢を重ねると着る色を自分でどうしても限定してしまいがちですが、気に入った色であり、似合っているならどんな色を着てもいいのに。

ここのところ、プルオーバー、カーディガンに目がいきます。冬だからですかね。きっと春が見えてきたら小物に惹かれるのでしょうがそれまでは大物を頑張って編み続けます。暖かいのが一番。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

毛糸が足りなくなりそうで

編みたいパターンが決まっていて毛糸を買うときはいつも少し多めに買います。でも、いつもいつも考えていたパターンを編むことはなく心変わりがあるとたくさんあまったり足りなくなったりするのが世の常(大げさ)なんですよ。

今、編んでいるLemongrass の糸は購入時に大きめのストールを作るつもりだったので1000ヤードしか買いませんでした。Lemongrass も1000ヤードで足りるようになっていますが不安。。。 

普通のプルオーバー、しかもトップダウンなら見頃を最後まで編む前に袖、えりぐりを編み、最後に見頃の長さを調整しながら編むことも可能です。というより、私はだいたいこのようにして編むことの方が多いです。こうすることで袖を編んでいる途中で「糸が足りない〜!」と叫ぶことを防げます。毛糸が多くあまりそうなら長くしてみるのもおもしろいし、もしギリギリだとしても最後まで糸を使うことができますからね。

しかし、Lemongrass はそうはいかない厄介なパターンです。袖を先に編みたくても不可能。先を読んで少しパターンを変えればよかった! と今更後悔しても後悔先に立たず。あ〜ぁ。

IMG_1327

Cornice というプルオーバーは糸が足りるかどうか不安だったのでNina(シカゴの毛糸屋さん)に連絡して糸を取っておいてもらいました。これで一安心、とまた編み始めたんです。しかしLemongrassは手染めの糸なのでそれが不可能らしい。。。うーん。しかしもう少し編み進めてみなくてはわからない。足りるかもしれないし、足りないかもしれない。

こちらの毛糸屋さんではそのお店で購入したもので、カセのままだったら返品ができます。誰もが余分に買うことを前提に考えているからでしょう。多めに買っておいて足りなかったら返せばいい。とこれはなかなかありがたい習慣です。一旦ボールに巻いてしまったら例え使っていなくてもダメですよ。日本のボールに比べて1カセは毛糸の長さが長いことが多いのでお値段も張ってしまいます。プラス1カセをどうするかはなかなかの悩みどこ。

そうですよ。もっと多く買っておけばよかった。あのときにちょっとケチったからいけない。ダメだ。やっぱりもう一カセ買うべきだった。愚痴っても仕方ないですね。後悔先に立たず。提灯持ちは後に立たず。(笑)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

久しぶりのセットインスリーブのカーディガン

ここのところ、つい楽なものですからトップダウンのヨークカーディガン、もしくはラグランスリーブのものばかり編んできました。トップダウンだと肩の部分を編んでそれから見頃と袖を分けますから、袖と見頃をはぐ手間が省けますよね。しかし、なかなか体のフィット感がベストのものを作れません。まだまだ修行が足りないということでしょうか(笑)

特に、今回編んだカーディガンは太い糸を使っているので「はぎ目」が少ない方がいいんです。となると、トップダウンの方に軍配があがります。

しかし、あえてセットインスリーブのパターンを選びました。とにかく昔ながらのごくごく普通のカーディガン、パターンの書き方もちょっと古臭くて友人の助けも借りました。やっと編み上がり、これから糸の始末をしなくてはなりません。あ、そうだ、それからボタンも買ってこなくちゃ。

さっき、はおってみたところ、とっても肩の部分のフィット感がいいんです。セットインスリーブの方がもしかしたら人間の体型に近いのかしらと思ってみたり、たまたまパターン、サイズが私に合っていたのかしら? トップダウンだって必ず着心地がいいパターンにであるはずなどなどいろいろ考えさせられます。

それに、「はぐ」という動作がある分、型崩れがしにくいのは事実かもしれませんね。袖を編んでいる段数と見頃のアームホール部分の段数はにらめっこさせて編みました。そうすることで長さにズレが出ることを最小限に防げるだろうと思って。パターン通りに編んでいたら心配はないのですが、ちょっとだけアームホールを深くしたので。

いやぁ、この分厚いカーディガンを水につけて糸をリラックスさせてというのはなかなか大変なことになりそう。しかも、しっかり乾かすためにはどこにひろげよう? どれくらい時間がかかるのだろう? 何と言っても白いカーディガンだからシミなどつけないように気をつけて扱わなくては。

さっきボタンも付いていないまま試着してみたらすごく気に入ったので同じパターンを糸を細くして編めたらいいな。がんばって数字の調整をしようかしら? セットインスリーブをイヤがらずにまた編もう。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村