Multnomah メリヤスで編んだときの模様編み部分

メリヤス編みは裏、表がありますし、このパターンでは1段おきに4段増える段、2段増える段がありますから、そこを上手に考えないとメリヤス編みで模様編みへの移行が?となってしまいます。

ガーター編みで227目になった後に、もう1段編んで229目にしますよね。そして、次の段がまるで表側かのように編まれていきます。(4段繰り返しで表編みが3段ある側)もっとも、模様だってどちらを表と考えるかで、このままガーター編みの編み方に従っていってもいいんです。このあたりは柔軟にいきましょう。どちらが正しいということはないと私は思っています。

もし、なんとなく気になる方のために、こんな方法はいかがでえしょう? というごまかし方(笑)を紹介します。

一つはこの229段にする段を全く無視して次の段にいきます。そして、ガーター編みでは「表1目、kfb、表1目、目数リングの所の、二つ目の表1目を省略して目数リングを入れてしまいます。だって、227目しかないのですから、足りない2目をどこかで調整しなくてはなりませんから。そして、同じように最後の部分でも、目数リングを入るのを最後から2目だけ目を残した部分で入れるんです。そしてkfb、表1目」これで足りなかった2目をなんとかできました。

また、それをし忘れてしまった方、解きたくないわぁと思ったら、3段目の模様編みの所で、*左上2目一度3回。。する所の一番最初の目を表1目で編んで、次の4目を左上2目一度2回します。ここで使った目数は5目。本来なら6目の所5目でしょう? 1目少なくできました。同じように一番最後の左上2目一度を普通の表1目で編めば、目数はつじつまが合うんです。

え〜? 左上2目一度を3回しなくてはいけないのに、最初の目は表編みでいいの〜? と思われる方もいらっしゃるでしょう。そう思われる方は最初の方法でぜひなさってください。ただ、編んでいるときはきになる表1目ですが、編み終わって身にまとうようになったらもう忘れてしまうような小さいことだと思うんです。誰も気が付きません。もし「あなた、ここ目数が足りなかったでしょう?」なんて目がきく人がいたとしても、笑って「そうなのよ。上手にごまかしたつもりなんだけれど、わかってしまいました?」とやりすごしましょう。

でも、どうしてもそういう間違いがあるときになってならない方は早めになおしましょう。そうしないと、あとあと後悔します。あくまでもここの部分は個人個人の気持ちの問題ですから、自分が納得できる方法をとるのがなんといっても一番ですよ。

そうそう、それから、中心の部分もガーター編みでいってもいいし、そこの部分だけメリヤス編みにしてみるのもいいと思います。何れにしても、フリーで私たちにパターンの使用を許可してくださっているデザイナーの方に「ありがとう!」を忘れないようにしましょうね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

広告

Multnomah をメリヤス編みで

昨日の記事で紹介したMultnomahというパターンを少し変えて編んでみました。パターン通りに編み始めたものの、もし、糸が太いのであればガーター編みではなくてメリヤス編みの方が良いのではないかと思い、それも編み始めてみたんです。

ガーター編みは裏表があんまり関係ないのが嬉しいですが、最後に模様編みがつくのでこの利点はあまり生かされなくなります。そして、ふわふわして暖かいと言う嬉しい編み目なのですがあまり糸が太いとゴワゴワしかねません。

mNDD9

これがガーター編み。そう、使った糸は野呂栄作さんのシルクガーデンライトです。ずっと前に買って何を作ろうかと悩んでいたまま手がつかなかった糸です。このような段染め糸でも素敵なMultnomahができあがります。

そして、メリヤス編みがこれです。

A7qpj

作り目の数も編み方もいっしょ。ただ、ガーター編みのときはどちらの面でも表編みでしたからkfbができました。しかしメリヤス編みとなるとそうはいきません。裏編みでpfbをしなくてはなりません。そして、昨日追記しましたが、端の目がきつくなりがちなので編み出しの1目の次にかけ目をして、次の段でその目に来たらそれを落とすと目のきつさがそれほど感じないようにできるんです。それなら、とpfbをやめて、パターンを少し変えました。

1目編んだらkfbを1目編んだらかけめ、そしてそのまま表編み、最後の目の前でかけ目して最後の目を1目編みます。これでkfbを2回したことと同じで2目増やせました。裏側も同じです。裏1目編んだらかけ目、最後の目の前まで編んでかけ目、そして裏1目。こうすることで端の部分がスムースになったように思えます。

また、メリヤス編みにするとガーター編みよりも長さが出ます。目数が同じところで比較してみました。

nuYDV

下にあるのがメリヤス編み、上がガーター編みです。同じ段数編んだところなのですが、少しだけメリヤス編みの方が長くなっているでしょう?

このパターンは本当にいろいろと自分が好きなように変えられます。中心の5目だけをガーターにすることもできますし、5目ではなくて3目にしたったOKなパターンです。それというのも基本となるパターンをデザイナーの方がフリーで私たちと共有してくれているからなんですよね。本当にありがたいです。

と、長くなってしまったので模様の部分と私が編んだカウルは明日にします。写真は撮りました。そう、写真といえば、フロントヤードにいたシカの写真も見てくださいね。

IMG_2939

5人(頭?)家族でした。まだ白いブチが沢山ある子鹿、そして写真のようにしっかりとツノが生えているお父さんの写真が撮れました。芝生に生えている雑草をモリモリ食べてくれていたのには感謝でした。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

自分の好みに編み直し

昨日作ったカーディガンが気に入らなかったので、今日、ほどいて編み直しにかかりました。気に入らなかった理由はまず、ガーター編みがきれいではなかったこと、次に、出来上がったものがブヨブヨしていたこと。

ガーター編みは簡単なだけについつい気を許し、ときどき糸がゆるんだり、編み目がそろわないことが時としてあります。気をつけて編まないとダメなんですよね。ブヨブヨしているのは針を小さくして解決させます。

また、ブヨブヨしているのは模様にも原因がありそうですから、模様も変えました。結局、あちらこちらかなり手を入れてカーディガンではなくてプルオーバーにしました。でも、赤ちゃんはえてして頭が大きいので、上の部分にだけボタンを3つつけてオープニングを大きくすることに。

IMG_2672

比較のために、昨日の写真もまた載せます。

FullSizeRender 2

模様の部分が今日の方が平らに見えませんか? 昨日の模様は右上2目一度、左上2目一度を使った7目、4段で一模様でした。今日の模様は3目一度を使い、10目、8段かな? で一模様なんです。7目の中に減らし目が二つ入ってくるものと、10目の中に減らし目が一回だけのもので見た目に差が出ます

模様を大きくしてみましょう。

IMG_2673

今回の方がずっときれいなものに仕上がりました。袖の部分のあきが小さすぎて、またほどいて作り目を増やしたり、あるはずの目数がなかったりと、決して楽な道のりではありませんでしたが(笑)、とにかく完成にこぎつけそうです。

どんなパターンも一度編んでみると、ここはこうするのが良いかもとか、私はこっちの方が好き、といろいろ手を加えられます。思っていたことも実際にやってみたら、「あれ?」と驚きもします。やはりパターンの中にはデザイナーさんの苦労が詰まっているのですね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

ガーター編みとストライプ

何にでも流行りすたりがあります。なんといっても今現在は、ガーター編み、そしてストライプのショールが大流行のようです。形は三日月の形か、もしくは対象ではない三角形。同じようなショールのパターンがたくさん出ているのでどこがどう違うのだろう? と思ってみたり、これはあのパターンをいろいろな色の毛糸で編んでいるだけではない? なんて勘ぐったりしてしまいます。

かくいう私も、ガーター編みとストライプのショールに魅せられて次から次へと編みました。いえ、編んでいます、の方が正しいですね。

今でこそいろいろなデザイナーが同じようなパターンを売り出していますが、なんといってもその先駆けになったのはVeera Valimaki ではないでしょうか? 彼女のColor Affection は一世を風靡したと言っても過言ではないかも。あれは人気がありましたね。2011年ですから、発表されたのは。また、Secret of Change も見ていただくとわかると思いますが今、出ているデザインの基本形ではないかしら? と驚くような。

私もColor Affection.2枚編みました。そのうち1枚だけ手元に残ってます。ちょっと長すぎるかなぁ。どうやって巻こうかしら? と悩む一枚です。

次から次へといろいろなパターン、デザイナーさんが出てくるので、あれよあれよと言う間にちょっと昔のデザイナーが目の届かないところに行ってしまいますね。

それにしてもガーター編みとストライプのショールのパターン、いつまでこの人気が続くのでしょうね。もっとも、自分が気に入っていれば流行りなんて関係ないですから。

前にも載せましたが、最近編んだストライプ、ガーター編みのショールたちです。

IMG_2512

IMG_2393

IMG_0554

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

手編みのショールで始まる会話

飛行機の中のフライトアテンダントの方に声をかけられました。

「素敵なショールね」と。冷房がきつい飛行機の中で手編みのショールは欠かせません。

道を歩いていても声をかけられます。

「そのショールいいわ。パターンの名前、教えてくれる?」
パターンの名前だけではなくてデザイナーの方の話へと話はつきません。

今日は、普段行けない毛糸屋さんに行ったのですが、そこでは、私のショールのデザイナーの別のショールをしていた人と意気投合。一緒に写真まで撮ってしまいました。

image

このショール、私も今、作りかけなんです。早く仕上げなくては。Melanie Berg のショールばかりになりそう。

別の毛糸屋さんですごく気に入ったカーディガンのサンプルがありました。来てみたら軽いし最高に好きな形。毛糸を買おうかどうしようかすごく迷って結局買わずに店を出ました。理由ですか? 金額もはりますし、今編んでいるものが他にもたくさんあります。そして、オンラインで毛糸を買えば少し安く買えるんですよ。でもね、そんなことをしていたらお店がどんどんつぶれていきます。つぶれていったあとで文句を言ったって後の祭り。原因は私たち消費者側にもあるのですから。

実際の店舗が消えたら、色を手にとって見ることもできないし、サンプルをトライすることだってできなくなります。それに、パターンや糸の相談ができなくなったら寂しいですよ。

だから、あのカーディガンを編むなら、あのお店で毛糸を買おうと決めました。後は、時間的に余裕があるかどうかですね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

パターンについていろいろ

先週の編み物会で、ある人が「この間、あなたが編んだ犬用のセーターのパターン、もらえない?」 

「もらえない??」 と思いながらも、いくつか編んでいたので「どのセーター?」と聞くと

「どれでもいいんだけど」 という返事。

「探してみるね」くらいにおさえておきました。すると今日会うなり、

「持ってきてくれた?」

私が編んだパターンの幾つかはお金を払って買ったものですから、それをコピーして渡すわけにはいきません。パターンが欲しいと言ってきた人が親しい人でも、それはしません。というか、親しい人たちはそういうことは言いません。パターンの名前はもちろん交換しますが、有料のパターンの交換に関しては皆、とても律儀なんですよ。デザイナーの人たちにとってとても失礼ですからね。彼らだってデザインして、間違いがないか何回かテスト編みをしているのですから時間がかかっています。それに対しての費用ですから、パターンが欲しかったらそれは自分で買うしかないんですよね。

ですから今日のその人にも、Ravelry で見られる無料パターンの名前を書いて持って行きました。不満そうで、「コピーはないの?」

「ごめん、私はiPadでパターンを見ているから、プリントアウトはないのよ。」これは事実。本当に編みたいのであれば、無料パターンですし、プリントアウトをするくらいはできる人なんです。

私が今日、赤ちゃん用の帽子を編んでいたら、それを見た別の人が「そのパターン、ないの? 欲しいわ」これは糸を買った時にもらった無料のパターンを私は使っていました。別に複雑でもなんでもないパターン。だから、

「72目作り目して、輪にして、編みたい深さまで編んだら、three-needle bind off すればいいのよ。それに72目ででなくてもいいと思う。糸の太さ、作りたい子供の年齢に応じてサイズは自由に変えられるわよ」 と説明したんですけれどねぇ。今頃文句言ってるかも。ま、いいか。

そうそう、473目作り目したショールが出来上がりました。今、ブロックして大きいテーブルの上にピンで抑えているところなので、乾いたら写真を撮りますね。なかなかステキ、💕とニヤニヤしているんですよ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

3色使いのショールができてきました。

だんだんできてきました。3色使いのショール。形としては鈍角三角形。三日月に近いけれど、やはり三角形です。

端が伸びるのを防ぐために、そこをアイコードという方法で処理していきます。3色ですからどの色を使うかとても楽しみであり苦しくもあります。悩むんですもの。

IMG_1801

1色使いのところ、ストライプのところとあります。使い残しなのですが、ほんの少し使っただけ、という糸を出してきました。

パターンの名前は先日にも書きましたが、Tailwind です。ガーター編みですから簡単です。目数が増えてくるとなかなか進まなくなりつまらなくなるんですが、色が変わるところに来るとなかなか楽しい。

もう少しで終わるところまで来ています。がんばって終わらせなくては。

何色か使ったショールのパターンは数多く出されています。デザイナーの人が使った色がたまたま自分の好みにあったらきっと「編みたい!」と思うだろうし、色使いによっては目にも止まらないかもしれません。でも、全く無視していたパターンなのに、誰か他の人の作品を見て「あら、すてき!」となると編みたくて仕方がなくなるんです。私のこの2色を見て、「いまひとつね」と思う方もたくさんいらっしゃると思います。それでも、このパターンを検索して、他の人の色使いも見てみてください。きっと印象がかわるはず。他の人が編み上げたものを見るのも楽しみの一つですからね。

ポチッと一押しお願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村