タグの不思議。British Made?

日本ブログ村の方は本当に迅速に問題を解決してくださいます。冒頭でお礼を申し上げたいと思います。「ありがとうございます」と。

さて、商品を見るときについ、原産国そして生産国を見る癖が付いています。昨日、ハリスツィードのとってもかわいいバッグを見つけました。チェックの。ウールの温かみがあって「あ、これいいな」と思いタグを見ると、「?」

「Dyed and woven in Scotland (スコットランドで染め、紡がれたもの」 なぜか、「made in Scotland」ではありません。「え〜、わかりづらい」どこで作られたものか書いていないじゃない!」と店員さんの冷たい視線にもめげずにひっくり返したけれどわからない。ふと、横にあった同じ柄の手袋を見るとありました。なんと、生産国は全く違う国! ようするに、スコットランドでは縫製はされていないということなんでしょうね。

「や〜めた」 一気に急に買う気が失せました。どうせなら “made in Scotland” がほしかったなぁ。

また、別のお店ではとっても素敵なレッグウォーマー、マフラーを見つけました。どちらもていねいな縄編みがはいっています。お値段はなかなかのもの。(わたしにとってです。日本で普段生活なさっていらっしゃる方々から見たら普通の値段かもしれないんですが) よーく見ると、これはイギリスの羊毛を使ってイギリスで生産されているらしい。あくまでも「らしい」です。

だって、”Made in England” “Made in Great Britain” とも書いていないでただ”British Made” わからん! これはどういうことなのでしょう。なんだかインチキくさい、と感じるのは私だけでしょうか?

そういえば、”made in U.S.A”なるセーターを見つけて大感激。だって、アメリカに住んでいて”made in U.S.A”のセーターなんて滅多に見ないんですもの。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

広告

む、あのハリポが着ているあのセーターいいなぁ.

先日、最後のハリポを見に行ってもので、またハリポづいてしまった私.ハリポを最初から見てやるぞ! とわけがわからないかけ声とともにDVDをつけています.何度も見ているので、真剣に未る必要はない、と言いながら夢中になっている自分が恥ずかしい.

7巻の最初の映画でハリポが着ているグレーのセーターがひどく気になっています.毛糸はおそらくツィードだろうと思われます.少し大きめのゴム編みの編み目でヘンリーネック.そして首のところにいくつかボタンがついている、これといって変哲がないセーターなのですが、DVDを見るたびに気になるんですよ.

質が良い毛糸で編みたいセーターの一つです.この他にも、チャコールグレーのフィッシャーマンセーターも上手に着こなしています.

ハリポが着ている場面を一生懸命思い出してみると、多分、horcrux のロケットをこわそうとしている時だと思います.

ツィードのオーソドックスなセーターは飽きが来ませんし、どのような場面にもふさわしいセーターです.カジュアルにも着れますし、少しフォーマルな雰囲気もかもし出せるし、それに、編み目もプレインな毛糸より目立たない嬉しさはありますよね.

今年の秋はあのセーターから編み始めようかな.セーターとなると毛糸の数もたくさん必要だし、時間もかかるし、いい加減な気持ちでは始められません.覚悟を決めなくては



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村