チャートに勝つものはない!

アメリカに来てからずっと編み物をしませんでした。だって、その時はまだまだチャートがこの国には普及していませんでしたから、1段1段の説明を追っていかなくてはならず、さらには訳がわからない略語がたくさん飛び出してくるものだから、あきらめていました。

少しずつチャートが人々の中に広がり始め、そして、少しずつ略語がわかるようになってからこちらのパターンで編み物をするようになったと思います。

そう入っても、やはりチャートに勝つものはありません。

1段ごとの説明がないにしても、言葉による説明だけだと、どういう風に出来上がっていくのかは全部読んで、「あ、こういうことね」とわからないといったいどうなっているのやらとにかく五里霧中。

そこで、とにかくチャートとまでいかずとも図にしてから編み始めるんです。

たとえば、10段ゴム編み、20段メリヤス編み、減らし目1段、またメリヤス20段、減らし目の段を1段、メリヤスを25段、それから袖の減らし目、というときにはどうやって減らしていくのかを図にするんです。これをすることで、編みながら、もう少し減らしを多くしたほうがいいかも、というときにはメリヤス20段を15段にして、減らし目を3回にすることも前もって計画が立てられますからね。

図にして目の前にどういう形で編んでいくのかがはっきりわかると、どうしてそういう編み方をするかという理由が納得できるんです。それがなくてただ単に、言われた通りに編んでいるだけでは不安がつきまとってしまって。。。

それにしても、どうしてチャートを苦手とするのだろう? これくらいわかりやすいものはないのに、と思うけれど、これはおそらく「慣れ」の問題なのでしょうね。私が、懇切丁寧な編み方の説明になれなかったのと同じで。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ

広告

Nurmilintu の編み方

IMG_2859

Nurminlintu 編み上がりました。自分で編んでみると、じゃ、編み方をポストしようかしらということになるんです。

まず、作り目を4目します。

最初の2段ですが、

1段目: 表1目、kfb、表2目
2段目: 表1目、左上2目一度、kfb、表1目

次の2段をガーターの段として繰り返します。

1段目: 表1目、kfb、最後の3目まで表編み、左上2目一度、表1目。
2段目: 2目残るまで表編み、kfb、表1目。

この2段で1目だけ増えます。

ガーターの段2段を繰り返して79目になるまでがんばります。

次はレースのセクションです。これはチャートを見てくださいね。1段から18段まで編んで(9目増えます)88目になります。

また、ガーターの2段を106目になるまで繰り返します。106−88=18 2段で1目増えるので、36段編んでください。2段を18回繰り返すとも言えます。

またレースのセクションです。18段編んでください。9目増えるので115目となります。

ガーターセクション。133目めがけて編みます。133−115=18。これまた36段ということです。

そしてレースセクション。9目増えて142目。

私は450ヤードある糸を使ってこのあとガーターセクションを1回繰り返せるかな、というだけしか残っていなかったので、142目になったときに伏せ目にいきました。

1目伏せます。knitted cast on をここでします。普通に表編みを編んで、左の針から目を落としません。右の針にかかっている糸をそのまま左の針にもどします。これで1目増えました。これをもう1度繰り返し、全部で2目増やします。そしたら5目伏せます。2目作って5目伏せる。これを繰り返して終わりです。

あとは水通しをして模様がきれいに出るように引っ張り気味に形を整えます。

IMG_2860

私が編んでいて気をつけたこと。

1)ガーター段の時、もどってくるときはずっと表編みなので油断をしがちなのですが、最後の目の前でkfbを忘れないようにしてください。これを忘れてると目数が合わなくなります。表側は模様なので緊張して編んでいるので2つ目の目でするkfbを忘れることはまずないように思います。

2)レース編みの段ですが、9目のリピートなのでそこに目数リングをつけておくと便利です。リングとリングの間は必ず9目ですから。

3)レースのチャートを編んでいるときに、この目数リングの位置をずらさなくてはならないときが2度あります。そのとき前もって余分のリングを一つ準備しておいてください。というのはチャートを見ていただくとわかるように、リピートの最初がずるっと右に動くので新しいリングが一つ必要になります。目数リングの前で掛け目をすることが多いのでその掛け目をなくさないようにするのも大切です。

これくらいを気をつければそれほど複雑なパターンではないとおもいます。太い糸で編んでもいいでしょう。ただ、そのときには必要ないとの長さが変わるので気をつけてくださいね。糸がたくさんあるようなら、さらにガーターの繰り返しとか、レース編みを増やしてもいいと思いますよ。

もう少し深さがあるショールの方が私は好きなのですが、この形のショール、多いですね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

さて、Nurmilintu 編み進みます

旅行中は、これといって他のものが編めないので、編み始めたものだけをひたすら編み続けます。先日記事にした、Nurmilintu を今日もまた編みました。しかも車の中だったので、レースの部分は前もって編んでおいてガーター部分を編めるように用意しておいたんです。

ガーター編みなら両端で増やしたり減らしてもそれほどの間違えを起こすとは思えません。車が揺れて目を落とささないようにと、それだけは注意を払いました。

そして、次のレース編みの部分まで到達しました。今のところ目数もあってます。ガーターの部分で目数が狂うことはほとんど考えられません。次のレースを編めば、その先に少しだけガーターの段を編んで伏せ目をして終わりとなるようです。家に戻ってきたので次は何を編もうか、少しショールとは違うものが編みたいなぁと考えているところです。

帽子? ソックス? 考えているのは楽しいです。

Nurmilintuは決して難しいパターンではありません。レースの部分だけちょっと注意して編めばステキなショールができあがります。ガーター編みであるから裏編みもありません。レースの部分もチャートになっているので1行1行を読む必要もないので、チャートに慣れている私たちには嬉しいパターンですよ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

日本語のパターン? 見せて

ケーブルの帽子を編んでいます。パターンは日本の本に出ていたもの。目ざとく見つけた友人は、

「何編んでるの? 帽子? パターンは何?」
「これ。日本語だけどね」
「見せて、見せて」とあちらこちらから手が伸びます。

日本の編み物の本はチャートが出ていますから、ケーブルをどこに入れるかなど一目瞭然。1目ゴム編みから本体に移る時にはどこで増やし目をするかなど、とてもていねいに書かれているから編んでいるほうはチャートに従うだけ。というのはチャートに慣れている私たちだから言えることかもしれません。

編みこんでいるアメリカ人、そしてドイツ人の友人はチャートを見て、「あ、これなら私も編める」「どれどれ、本当だ。わかりやすいね」

そうですよ。日本語がわからなくても記号を見れば帽子ですから想像がつきます。もし、右上2目一度が左上2目一度になったところでずっとそのルールに従えばなんとかなっちゃいますもの。

しかし、それ以外の人たちは尻込み。しっかりチャートを見ることもなく「私にはムリ」「チャートは読めない」という反応。

チャートはそれを見ただけで、例えば20段あとがどうなるかわかりますから私は好きなんです。一行一行書かれているこちらのパターンは数段先までは読んでも、全部を読む気にならなくて。最近ではschematics(丈、袖などの長さが書かれている図です)が付いているパターンが増えてきているのでそれを見ると全体像がつかめます。どういう形かを見れると、何かを間違えた時に「ちょっと違うみたい?」と気づけます。

でも、1行1行の説明に慣れている人たちの中にはチャートに拒否反応を持つ人も少なくありません。慣れ親しんでいるものから離れて(離れる必要もないか)新しいものに挑戦するのは決して簡単なことではありません。私にとって4本針とマジックループの関係みたいです。輪に編む時はいまだに私は4本針の方が心地いいんです。

そんな話をしながら編んでいたら「あ、間違えた!」 そう、なわ編みを始めなくてはいけないところを無視してずっと表編みで編んでしまいました。20段くらいも。「間違えたから、もうやめる。家に帰ってからほどくから」とブツブツいうとまわりは大爆笑。さっきほどいて目を拾ってまた編み出しました。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

チャートと説明が一致しないのは珍しくない

私たち日本人はチャートを見ながら編むのが当たり前になっていますよね。本屋さんで編み物の本を買って開けばすぐに図が目に飛び込んできます。しかし、アメリカではチャートではなく1段、1段、言葉で説明されるのが主流でした。私も最初の頃はこれがわからなくてしばらく編み物から遠ざかっていました。

最近ではチャートも紹介され、利用する人の数は増加しています。だからと言って誰もがチャートを読めるわけでもありません。慣れ親しんでいる私から見ると「どうしてわからないのだろう?」と疑問に持ってしまいます。

ただ、恐ろしいのが、説明とチャートが一致していないことが決して少なくないこと。デザインをし始めた人(限らないかもしれませんが)のパターンの中には説明がよくわからなくて、それじゃ、チャートを見てみようとすると、「え?」これ、一致していないじゃない、ということ多々あります。どちらを信じるか、これが問題なんですけれどね。

ほとんどチャートを見て編んだことがない友人が別の友人から「こわがってるんじゃないわよ」との一言に奮起してチャートで書かれたパターンに挑戦。しかし、途中でわけがわからなくなりました。「怖がってるんじゃないわよ」と言った彼女に相談して、チャートを見てもらったら、間違いが発見され、結局彼女は1段1段の説明の文章とにらめっこしながらちょっと大きめの三角ショールを編む羽目になりました。

「どうしてこういうことが起きるのよ!」と怒る彼女に周りで編んでいる数人が

「よくあることよ。そんなに驚く必要はないわ」と涼しい顔。

「ウェブ上に乗せる前に誰かがチェックしたりしないのかしら?」

「全員がしているとは限らないわよ。誰かが間違えを見つけたらデザイナーに連絡するでしょうし」とこれまたつれない返事。

「編んでいるもののみにもなってよ!」 

多くの人が通過した怒りの爆発でした。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

編み物をしていると年を取らない? 本当?

83歳の方が高校の同窓会に行ってきました。卒業65ですよ。すごいなんてもんじゃない。彼女は出席していた人の中で自分が一番若かったと自画自賛。「私は全然変わっていないってみんなに言われたの」と上機嫌。

まわりの人が間の手を入れます。

「編み物をしていると若いのよ。」
「指を動かしているから脳に刺激が行っているもの」
「こうやっておしゃべりしながら頭を使って編み物をするのだから年を取らないわよ」

とまぁ,好きなことを次から次へと話す彼女たちの顔は輝いていました。

確かに,指先は使っていますし,パターンを読んだりチャートを目で追ったり考えながら編みますから脳もきっと活発に動いていることでしょう。さらに、おしゃべりをしながら編んでいたら脳の老化は遅くなるだろうし...しかもパターンブックを見ながら

「ディナーにはおっていくショールのパターンどれにしよう?」
「このカーディガンを着たい」
「何色が自分に一番似合うかしら?」

とファッションにだってまだまだ興味があるのですもの。若くいられる秘訣をたくさんクリアーしていると思いません?
きれいな色のショールをおしゃれにまとっている彼女たちのさりげない姿はとってもきれい。後続の私たちが老けている場合ではない,といつも考えさせられます。90歳の声を聞いてもしゃんとして編み物をしている人もいるのですから,その人たちを見習うというか,負けていられないですよ。がんばらなくちゃ。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

イヤだ、毛糸は足りないし、目数があわない!

Caireen 調子良く編んできたんですけれどね、最後の方になり、「あ〜、毛糸が危ない.足りないかも」と不安になっていたら、あと2段、というところで毛糸がなくなってしまいました。似たような毛糸で最後の段を編んで、伏せ目してもいいのですが、小さいところが気になる性格なもので悩み中です。

しかもですよ、ショートローを調子こいて編んできたのに、終わるはずの段で終わらない... ま、これは適当にごまかせるので良いのですが。あと2段よけいに編めば普通に終われると思うので。

しかし足りない毛糸はどうしてくれよう。数段のために1玉買うのもしゃくにさわるし。「わぁ!!!」と叫んで走りたい気分です。

と書きながらRavelryもチラチラ見ていたら、友人からメッセージが入ってきました。私が編み終えたテストニットの6段目で目数が合わないとか。

「私がが間違えたのか、6段目で中心に来るはずの目がずれるのよ。チャートが間違っているのか悩んでいたけれど、あなたはどうだった?」 

私は6段目はまったく問題がなかったのでそのように返事を打ちました。いやぁ、みんな、暑さにやられているのかしら? 明日からは涼しくなるそうだから、きっと調子よく針が動くでしょう。それにしても足りない毛糸どうしてくれよう!

ということで、Caireen の編み方の続き、ちょっとお待ちください。最後、どうして間違えたのかなぁ。あ、そうだ、編んだことがある友人に私も聞いてみようっと。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ