赤いスカーフ

別に赤ずきんちゃんになろうというのではありません。ソックス、フィンガレスミットと続いたので、そろそろショールかスカーフを作ろうと思い、毛糸の箱を一つ開けました。狙っていた糸が入っている箱は4箱積まれた一番下。でも、長さが欲しいために、その糸を使いたい。と、腰が痛いのも我慢して箱を動かしました。

なんとなく赤いスカーフが作りたくて選んで作り始めたのがこれ。といっても、まったく映えないスカーフです。

img_7477

パターンはClapotis 糸はWollmeise のPure。久しぶりに編むClapotis なのでちょっと楽しみです。感がてみればこれはとても古いパターン。最初はよくわからなくて苦労したのを覚えています。これなら春先に首に巻くのにちょうどよい気がします。幅をどれくらいにしようかを決めなくては。細すぎるのも嫌だし、かといって太すぎると春先には暑苦しくなりますよね。

幅を決めたらあとは糸を使い切るまで編み続けます、と言いたいけれど、最後に減らし目の部分があるのでそのあたりを計算しながら編まなくては。

広告

首にしっかりまけます

私はカウルもスカーフも大好きです。

しかし、カウルは短すぎても長すぎても首に風があたって「うー、寒い」となるときがあります。

また、スカーフは風に飛ばされることもないわけではないし、これも何かのはずみに落としてしまったり、とどちらかというとこれらは母の意見なのですが。。。

そこで、前にプレゼントしたのが、こんな感じの首巻き(?) まだ、編み途中なのですが、

IMG_7443

真ん中の部分がゴム編みになっているのわかります? ここに逆側の端を通すんです。

持ち上げてみると、ほら、

IMG_7444

ほら、ここを通ります。もう片方の先っぽを入れてキュッとひっぱるとなかなか暖かい。

ただ、編むときには注意が必要で、首回りをどれくらいにするか悩まないとこれまた長すぎて首周りが寒かったり、短すぎて首がしまりそうになったり。編む私は気を使います。でも、ちょうどいい長さにできあがればとっても喜んでもらえるプレゼントになります。

プレーンなガーター編みでもいいですが、これはちょっとオシャレにレースっぽい編み方です。早々、パターンの名前を忘れずに書かなくては。

Loopy Lace Scarf by Katie Harris. フリーパターンです。

こんな小さいのどうする?

先日、編んでいた赤い小さいスカーフができあがりました。小さい、というか、こんなに小さいのは私はとてもショールとは呼べません。

半分以上は私の責任なんですけれどね。

旅先に持ってくる毛糸をまちがえてしまい仕方なく(?)このパターンを選んだこと。そして、家ではないので、太い針を持ち合わせていなかったという二つの理由があるんです。パターンでは5.5ミリの針をすすめていますが私は4ミリしか持っていなかったんです。だから大きくなりませんでした。

小柄な方ならきっと可愛らしく見えるでしょう。しかし、私はダメです。スカーフというか肩の上にチョンとのっているピンクの何か、としか見られないと思います。とりあえずパターン通りに編んで見たのでもし同じパターンを編もうと思ったら少し手を加えることになるでしょう。スカーフというと首の周りに巻くというイメージありません? そういう形でもないんですよね。

image

さて、どうしましょう、このショール。そう、パターンの名前はCurved Shoulder Scarfです。フリーパターンですよ。

昨日ポストしたNurmillintu、2つ目のレースパターンに入りました。たくさん目数リングをぶら下げながら編んでます。すべりやすくときどき、ブツブツ言いながら針をすすめています。でも、シルクなので光沢がありきれいです。思っていたよりもサイズが大きめなので嬉しい!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

教えていただいたリストウォーマー

編み物会に来ていただいた方たちの作品はどれもステキなものばかりでした。その中の一つ、リストウォーマーの作り方を教えていただきました。
たしか、デザイナーは林 ことみさん。親指で出る穴もなく、筒状に編んでいくので簡単なのですが、編み時が可愛い!

IMG_2108

どれも残り毛糸。色を組み合わせるのも楽しみでした。コントラストが強い色を選んだ方が、面白いものができあがりそうです。

IMG_2106

三つも作ってしまいました。使った糸は日本では合太くらいでしょうか? 実は、日本にいる間にも1ペア編んだのですが、糸が細かったこと、サイズをきちんと計らなかったことなどから、使えないものができてしまったんです。細すぎました。水を通した後に右に左に伸ばしてみましたが、手を入れるときつい!ダメだ、と諦めました。「これ、どうしよう?」 と思いながら実家に置いてきました。

私に教えてくださった方はもっともっとたくさん作っていらっしゃいましたよ。お揃いのスカーフもつくってらして、これはグッドアイデア。

編み地は決して難しい編み方ではありません。ただ、ちょっと気を許すと色を変えるのを忘れたり、編み方を変えるのをうっかりしかねませんのでご注意を。でも、こんなミスするの私くらいかも?

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

ほめられるのでつい…

先日作ったtailwind, サイズがちょうどよくてついつい首にひょいっと巻いて買い物に出かけて行ってしまうのですが、いく先々で

「ステキなスカーフね」
「色がいいわ。ステキ」

と声をかけてもらっています。そうなると嬉しくてついつい

「ステキでしょう? 私も気に入っているスカーフなのよ」とずうずうしい返事をしてしまうんです。そして、家に帰ってくると、「やっぱりもう一つ作ろうかしら?」と他のものを編んでいるにもかかわらず編みたくなる気持ちがウズウズしてきます。

そして、やっぱり始めてしまいました。

使っている糸はやはりmadelinetosh merino light. 使い慣れているものでついつい手が伸びます。色は前回のtailwind で使って残っている紫の糸、それから、ずっと前に何かを作ろうと思ったらしくてボールに巻いてあった、calligraphy, 3色目は、昨日の記事にしたlepidoptra です。この組み合わせ、すごく気に入りそうです。一色で編むより、色を組み合わせると変化があるので楽しくなるんです。もっとも実際に編んでみたら想像していた感じとまったく異なってほどいてしまうこともないわけではありません。

IMG_1829

糸というのはボールを隣り合わせにしていた印象と、実際に編んでストライプになった時の印象ってすごく違うんですよ。驚かされます。

幾つかの色を組み合わせてこのtailwind 作ってみようと思います。プレゼントにするにもとても良いサイズですし。違う色で編むとまるで違うパターンを編んでいるようにも思えるのではないかしら?

今回は、この紫がどれくらい残っているかが一つの問題点。40gあったんです。これでどこまで編めるか、ちょっとドキドキものです。

IMG_1828

いろいろな意味でたのしめそうです。

ポチッと一押しお願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

クリスマス。大切な人へのプレゼントにぴったりのスカーフ

裏編みがあるとどうしても編むスピードが落ちます。チャリティーに送るためにできるだけ早く編みたいと、表編みだけのスカーフがないかしら、と探していたところ、見つけました。Purl Sohoの No-Purl Ribbed Scarfです。フリーパターンですから、よろしかったら見てみてくださいね。

IMG_1205

表編みだけなのだけれど、ゴム編みのように見えません? 作り方はいたって簡単。でも、注意を払っていないとまちがえて、「あれ、模様が変」となりかねませんからそこは気をつけてくださいね。

Purl Soho のサイトに行くととてもていねいなパターンが出ていますから、ご参照ください。でも、ちらっと説明しますね。

作り目は4の倍数+3。私は39目にしました。糸は日本でいう並太より少し太いので、アメリカの7号で編んでいます。

1段目:表目3目、*糸を裏編みをするかのように針のこちらがに持ってきながら、裏編みをするように次の1目をすべり目、表3目* ※の間を繰り返します。

2段目:表目1目*糸を裏編みをするかのように針のこちらがに持ってきながら、裏編みをするように次の1目をすべり目、表3目* ※の間を繰り返す。
    糸を裏編みをするかのように針のこちらがに持ってきながら、裏編みをするように次の1目をすべり目、表1目。

この2段を繰り返し、2段目で終わらせてください。あとは伏せるだけ。

IMG_1206

こういう目が編みあがっていきます。裏と表では*の間が2目ずつずれています。次の写真を見ていただけるとわかると思いますが、表目が大きく浮かび上がっていますよね。この目の両側2目、そしてこの表目と3目が、パターンでいう「表目3目」なんです。ということは、表でも裏でもこの大きい表目は表を3目編むときの2番目にきていなくてはいけない、ということになります。これがずれていたら間違っている証拠。

IMG_1207

クリスマスまで約1ヶ月。今からでも遅くありません。太めの糸を選んだらあっという間に編めますよ。寒い冬を温かい気持ちで迎えられますように。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

ピンク&ピンクのスカーフ兼カウル

なかなか写真が撮れずにいたピンクのカーディガンにおそろのピンクのカウル。

IMG_5123

黒いシャツが今一つ合わないのですが、旅行中なのでこれは仕方がありません。輪になるようにつけたボタンをはめているのでカウルとして身につけた写真がこれです。。

IMG_5124

カウルは好きですが、長さを上手に作らないと首の部分をしっかりカバーできなくて寒い思いをしかねません。そこで、とボタンをつけたんです。そして、ボタンを外して首のところでゆわくとこんな感じ。

IMG_5128

もう少し長くすればよかったと思っても後悔先に立たず。でも、結び目を動かすとこれまた雰囲気が変わります。そして、暖かい〜。

IMG_5130

先日のポストのように残り毛糸で編んだスカーフ兼カウルです。これはカーディガンとほとんど同じスティッチパターンを使っているので、ちゃんとしたおそろです。もちろん、別々に使ってもオーケー。

IMG_5127

あまりのピンクで目が痛くなりましたね。(笑) とても綺麗なピンクなので年を構わず着ています。これも手染めの糸なので2つのボールを2段ずつ交互に編みました。まだ糸が余っていますが、さすがに帽子を一緒に着るとしつこくなりすぎなのでまだ編んでいません。

そして、このカウル兼スカーフは輪で編んでいるので編み地が2重になり暖かさ倍増です。編むのも楽でした。毛糸はやはり多めに買うのが正しいのかもしれません。これからの季節、自分で使わなくてもプレゼントとして編むことだってできるのですから。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村