帽子とカウル

帽子をかぶっている人たち、増えましたね。毛糸の帽子あり、フェルト地のような帽子もありと見ていてとても楽しいんです。

女性の場合、髪の毛がつぶれて’hat hair’になるのが嫌でかぶらない方もたくさんいらっしゃると思います。

母もそうだったのですが、年を重ねるにつれてどうも頭が寒くなってきたらしく「帽子が欲しい」というので、たまたま持っていた糸で編みました。頭の大きさ、形はほんとうにさまざまで深さとかとても困ります。一番フィットするであろうと思われる2x2のゴム編みを選びました。少し長めに編んでおいたので、このように耳の部分を2重にしてカバーできます。

img_3953

とても暖かいようで、しかも近所にお買い物に行くとみなさまから「いい帽子ね」とか「似合っているわね」と声をかけられてそれもまた嬉しいらしい。。。

ついでに彼女が巻いているカウルについて一言。これはアルパカ100%の糸で編んだとても暖かい物です。カウルの形はしていますが、幅を広くしてあるので、少し広げて肩にかけると肩をすっぽり覆ってくれてとても暖かいんです。家にいるときはそうやって肩を暖め、そとにでるときはこのようにショールピンなどで首元をとめればオーケー。

img_3952

もう少し大きいショールピンがあるといいかも。ブローチなどないかしら、と探したけれど、髪留めはたくさんあってもブローチは最近する人が減っているのか見つけられませんでした。

img_3979

池袋のla droguerie で見つけたピン。つい材料を買い込んで作ってしまいました。さくらんぼが可愛いんです。そう、気に入ったものがなかったら作るしかありません。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

 

ボタン屋さん、見ーつけた!

探していたボタン、買えました。素敵なボタン屋さんを見つけたから。まずは、そのお店からご紹介です。

IMG_2761

IMG_2762

棚にはたくさんボタンが並んでいて目が次から次へと移ってしまいます。買うボタンは3種類。白いカーディガン、そして野呂栄作さんの糸で編んだベスト、それから今編んでるオレンジというか赤のプルオーバーのボタン。決められません。

IMG_2764

IMG_2766

目はほとんど関係ないボタンにひかれていきます。これじゃダメだ、とお店の人にそれぞれの写真を見せて選ぶのを手伝ってもらいました。

野呂栄作さんのベストはこれ。まだ、付いていないんですがとりあえず写真のためにのせてみました。

FullSizeRender 3

ボタンと一口に言ってもお値段は本当にピンからキリ。9個欲しかったのであまりお高いのは困る旨を伝えたら、これはプラスチックでお手軽価格だけれど、きれいなのよ、とすすめていただいたものです。

そして、プルオーバーはこれ。

FullSizeRender 2

これは、自分で選びました。必要なサイズのボタンを全部出してもらって一つ一つ見比べると微妙に色が違うんですよ。似たような色を9個、これかなぁと決めました。そうそう、このパターンはLemongrass by Joji です。ずっと編みたかったもの。始められて嬉しいんです。

白いカーディガンのボタンはつけてからお披露目します。なんといってもまだカーディガンがしっかり乾いていないもので。

このお店はボタンだけではなくリボンも売っていて、オーナーの女性がリボンでブローチなども作っています。

IMG_2769

IMG_2767

IMG_2770

きれいでしょう? と言っても日本にはこういうお店はたくさんあるかもしれませんね。アメリカだとなかなか。。。 

シカゴにあるSoutacheというお店です。またお気に入りのお店が一つ増えました。気に入ったリボンを見つけてショールピンを作ってもらうのもいいかしらと思ってます。

IMG_2771

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

過去に編んだカーディガンの検証

数年前に編んだ tea leaves cardiganです。まだまだRavelry を知ってまもなくだったし、カーディガンを編むのだってやっとこさという時期でした。アメリカの毛糸についての知識もほとんどなく、この毛糸が持つ色に恋い焦がれて編みました。

IMG_1959

毛糸はMadelinetosh Merino DK です。しかし、スーパーウォッシュなので、水を通すと伸びるんですよ。それもわからず編んだものですから、前で閉じることができなくなったんです。

IMG_1958

前で閉じると首回りがひどくあいてしまいます。それでショールピンを使って片側でとめました。実は、片側にボタンホールはついているんですよ。でも、間違ってもボタンで止めるわけにはいきません。だらしなくなりますから。でも、私、ショールピンが上手にとめらえなくて。

IMG_1960

ガラスのピンです。間違って落としたら割れてしまいますが、光に当たった時の微妙な色の変化に惹かれて、長男に数年間のクリスマスにおねだりをしました。

今、私がこのパターンを作ろうとしたら、いろいろ手を加えてもう少し前身頃を広くするだろうなと思います。上手にできるかどうかわかりませんが。ただ、それを考えるだけの意欲、経験は積みました。そして、選ぶ毛糸もおそらく違うでしょう。もし、同じ糸で編むとしたらサイズだけではなくあちらこちらで手を加えるだろうなぁ。一番きにするところはおそらく襟ぐり、この糸、大好きですから、使うことはやめられないですしね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

Just Enough Ruffles Scarf 完成!

Just Enough Ruffles Scarfが編み上がりました。使った毛糸は Madelinetosh Tosh Merino で色は Volgaです。藍色、紫色、白などが混ざったとっても不可思議な色ですてきです。

photo

short rows を繰り返して作るショールですから長さ、幅など上手に調節できそうですよ。ブロックしてみたら少し長すぎたかしら? たこの足みたいかしら? などと思ったのですが、首の周りに2回巻いてみたらそんな気持ちは吹っ飛びました。

「とってもすてき!」と自画自賛。太い糸で編みましたし、あっという間にできあがりました。最後のフリルの部分の伏せ目が数が多くて気分が悪くなりそうでしたが、終わりが見えてくるとそんなことも気になりませんよ。

そして、ちょっと、このショールピンに注目してくださいね。自然の木目が出ていて気に入ったので衝動買いです。友人とシカゴのNinaに昨日行ったときに買いました。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

Tea Leaves Cardigan

やっと写真を撮りました。編むのは早いのですが、写真を撮ってそれをアップロードするのが遅いようです。困り者ですね。

前をピンで留めました

前をピンで留めました

毛糸は私の好きなmadelinetosh merino DK 色はmorning dove。使ったのは全部で6玉かな? ヨークの部分がちょっと多いいことと気に入ったボタンが見つからなかったこと、そして色がぴったりだったのでショールピンを使いました。

何年か前のクリスマスに長男からプレゼントされたものです

何年か前のクリスマスに長男からプレゼントされたものです

この間、日本に行ったときにステキなボタンを買ってきたのでつけようか、それともこのままピンを使うか悩みます。せっかくのプレゼントなので使いたいのですが、ピンの棒をなくしてしまいそうで心配だし、というところです。プレゼントと言っても、「これがいい」と私がお願いしました。

後ろから見るとこんな感じです。

後ろから見るとこんな感じです。

段染めの毛糸ではないのに、色の濃淡が出てとても気に入っています。やはり、着れるものを作れると嬉しいですね。

話は全然違いますが、芝生にこんな人いえ、動物がいました。グラウンドホグというのですが、日本語では何というのでしょう? モグラの種類のような大ネズミのようなよくわかりません。

IMG_0277

芝生をもぐもぐ食べています。丸っとしたお尻がとっても可愛いんですよ。

IMG_0278

音を察知してきりっとした表情(?)でまわりを見回しています。 

今、編んでいるのはショール。写真を撮るのに時間がかからないように努力をします。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ