穴があいてしまいました

あら! きつく糸を引っ張ったつもりなのに穴が開いてる。いやだわぁ。あとでこれは閉じるしかないですね。次に編む時にはどうしたら良いのか少し考えて編んでみます。

img_0859

真ん中に穴が開いているの、見えますでしょう? ていねいにかかとの部分を作ってきたつもりなのに残念!

ソックスというのは本当に簡単なようで難しく、糸選びにも悩みます。いろいろな糸を使ってみたいという気持ちはあるものの、すると編んでいる途中で「あれ?」とか「ソックス用の糸とは書いてあるけれど針をいつもより太くすればよかった」などいろいろな意見が頭の中に浮かんでくるんです。

この糸もソックス用の糸であるにかかわらず少し太め。グリップはよいので編みやすいことは編みやすい。それはこの糸のよいところ。しかし、ほんの少しなのですが太いんですよ。そこで、出来上がってきているソックスは固め。針が細すぎた感があります。かといって今更編みなおすのは絶対に嫌なので突き進みます。

img_0858

今回のかかとはショートロー。つま先から編むソックスはかかとをどうやって編もうかとこれまた悩みます。いろいろ試すのですが、これまた糸の違いによって出来上がり感も異なります。奥が深いんですよね。

ちなみにショートローはこんな感じになります。

img_0860

横から見るとこのように立ち上がってくれます。もちろんこの半分がかかと側の半分であるからなのですが。最後のゴム編みの部分に使うであろう糸を残してひたすら編みます。

Just Enough Ruffles Scarf 完成!

Just Enough Ruffles Scarfが編み上がりました。使った毛糸は Madelinetosh Tosh Merino で色は Volgaです。藍色、紫色、白などが混ざったとっても不可思議な色ですてきです。

photo

short rows を繰り返して作るショールですから長さ、幅など上手に調節できそうですよ。ブロックしてみたら少し長すぎたかしら? たこの足みたいかしら? などと思ったのですが、首の周りに2回巻いてみたらそんな気持ちは吹っ飛びました。

「とってもすてき!」と自画自賛。太い糸で編みましたし、あっという間にできあがりました。最後のフリルの部分の伏せ目が数が多くて気分が悪くなりそうでしたが、終わりが見えてくるとそんなことも気になりませんよ。

そして、ちょっと、このショールピンに注目してくださいね。自然の木目が出ていて気に入ったので衝動買いです。友人とシカゴのNinaに昨日行ったときに買いました。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

イヤだ、毛糸は足りないし、目数があわない!

Caireen 調子良く編んできたんですけれどね、最後の方になり、「あ〜、毛糸が危ない.足りないかも」と不安になっていたら、あと2段、というところで毛糸がなくなってしまいました。似たような毛糸で最後の段を編んで、伏せ目してもいいのですが、小さいところが気になる性格なもので悩み中です。

しかもですよ、ショートローを調子こいて編んできたのに、終わるはずの段で終わらない... ま、これは適当にごまかせるので良いのですが。あと2段よけいに編めば普通に終われると思うので。

しかし足りない毛糸はどうしてくれよう。数段のために1玉買うのもしゃくにさわるし。「わぁ!!!」と叫んで走りたい気分です。

と書きながらRavelryもチラチラ見ていたら、友人からメッセージが入ってきました。私が編み終えたテストニットの6段目で目数が合わないとか。

「私がが間違えたのか、6段目で中心に来るはずの目がずれるのよ。チャートが間違っているのか悩んでいたけれど、あなたはどうだった?」 

私は6段目はまったく問題がなかったのでそのように返事を打ちました。いやぁ、みんな、暑さにやられているのかしら? 明日からは涼しくなるそうだから、きっと調子よく針が動くでしょう。それにしても足りない毛糸どうしてくれよう!

ということで、Caireen の編み方の続き、ちょっとお待ちください。最後、どうして間違えたのかなぁ。あ、そうだ、編んだことがある友人に私も聞いてみようっと。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

短いソックスの作り方ー次は減らし目

さて,30段,かかとが編めましたか?編み終わると,こんな感じになります。

かかとになる部分だけ,長く編めました

私が今,参考にしているパターンが,少し複雑なことをしていますが,ここは,とりあえず,従っていきます。もう1段,最初の目をすべり目して,あとは普通に表目で編みます。裏返しにして,今度は裏編みを16目編んでください。そして次の2つの目を2目一度。それから,つぎの1目,裏編みをします。

表に返してください。(この段は途中までしか編んでいませんが,それでいいんです。アメリカでは,この、最後まで編まずに,行ったり来たりする編み方ををshort rows と読んでいます。)今,編んだ段ですが,最後の1目と,次の目の間に隙き間ができているの,わかります?

醜いですが,左の針の右端の目と,となりの目の間にすきまがあるの,わかります?

今度は,表編みで,隙き間の1目前まで表編みで編みます。(最初の目はすべり目です)そして,隙き間の一つ前と,一つあとの目を二ついっしょに左上二目一度です。そして,もう1目編んで,また,ひっくり返します。二目一度で隙き間を閉じるような感じですね。

今度は裏編み。また,最初の目を滑り召して,また,裏編みで,隙き間の一目前まで編みます。同じように,隙き間の一つ前と一つあとの目を二目一度して,次の目も裏編みをして,また,ひっくり返します。

これをくり返していくと,隙き間がない編み目が18目,針に残ります。どうですか? ここの説明はなかなかわかりにくいので,もし,わからなかったら,コメントしてください。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村