フィンガレスミトン完成です!

昨日編み始めたフィンガレスミトンが完成しました。

img_7476

この写真で見ると色が単に逆になっているようですが、近くで見るとそうではないのですよ。微妙な色が違ってそれがおもしろい。

この糸は編んでいてもすべりすぎず、くっつきすぎず本当に編みやすかった!

失敗は一つ。手袋の手首の部分、そして指先の部分には1目ゴム編みを入れたのですが、親指には入れるのをやめた、というか考えもせずに奇数で親指部分を編んでしまったので1目ゴム編みにするわけにいかずメリヤスで編んでそのままとじてしまいました。

1目増やすか減らしても良かったのですが、そうすると針を小さくしなくてはならないし、得意の「ま、いいか」で、メリヤス編みのままでいきました。

糸の始末もしたしこれからおみかんを食べようっと。ブロッキングは明日のお楽しみ。もっと柔らかくて使いやすいものになりそうです。

 

中が見えないので、色

私より高齢の方にちょっと首のまわりにまけるマフラーを作ろうと思い、糸を手にしました。

段染めの糸を選んだのは良いのですが、段染めですからボールの中の方が見えなかったんです。外側の色を見ながら、おそらくこういう色だろうという検討をつけて買いました。そして編み上がったらこんな感じになり、最初は良かったのですが、途中で、「え〜!」

まずは最初の写真をごらんください

IMG_0933

いいでしょう? ほんわかとして高齢の方にも抵抗なく使っていただけるかな、という色たち。編み進むとこんな色たちが顔を出しました。

IMG_0934

嫌いな色たちではありませんが、急に明るい派手な色の出現に戸惑いながら、先に進みます。

IMG_0936

ま、アクセントカラーといえばアクセントカラーですが、そうはいっても両端の柔らかい色たちに比べると中央部の色はどちらかというとラインマーカーっぽい色。うーん、これってあり? という気持ちです。思っていた方にプレゼントしようかどうか悩みちゅう。

そうそう、編み方はすごく簡単ですよ。私は33目作り目しました。これは、どれくらいの幅にしたいかとか、糸の太さによって調整してください。

1段目は表編みでずっといきます。

2段目は表1目、裏1目を繰り返し、最後を表1目で終わります。

この2段の繰り返し。broken rib という言葉が確か使われています。ゴム編みほど柔らかくありませんが、メリヤスよりも立体感が出ます。帽子にも使える編み目ですから使ってみてくださいね。

今日は東京は寒いのでしっかり首回りを暖かくしないといけません。

帽子とカウル

帽子をかぶっている人たち、増えましたね。毛糸の帽子あり、フェルト地のような帽子もありと見ていてとても楽しいんです。

女性の場合、髪の毛がつぶれて’hat hair’になるのが嫌でかぶらない方もたくさんいらっしゃると思います。

母もそうだったのですが、年を重ねるにつれてどうも頭が寒くなってきたらしく「帽子が欲しい」というので、たまたま持っていた糸で編みました。頭の大きさ、形はほんとうにさまざまで深さとかとても困ります。一番フィットするであろうと思われる2x2のゴム編みを選びました。少し長めに編んでおいたので、このように耳の部分を2重にしてカバーできます。

img_3953

とても暖かいようで、しかも近所にお買い物に行くとみなさまから「いい帽子ね」とか「似合っているわね」と声をかけられてそれもまた嬉しいらしい。。。

ついでに彼女が巻いているカウルについて一言。これはアルパカ100%の糸で編んだとても暖かい物です。カウルの形はしていますが、幅を広くしてあるので、少し広げて肩にかけると肩をすっぽり覆ってくれてとても暖かいんです。家にいるときはそうやって肩を暖め、そとにでるときはこのようにショールピンなどで首元をとめればオーケー。

img_3952

もう少し大きいショールピンがあるといいかも。ブローチなどないかしら、と探したけれど、髪留めはたくさんあってもブローチは最近する人が減っているのか見つけられませんでした。

img_3979

池袋のla droguerie で見つけたピン。つい材料を買い込んで作ってしまいました。さくらんぼが可愛いんです。そう、気に入ったものがなかったら作るしかありません。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

 

帽子が必要。。。でも

今まで住んでいたところはどこに行くにも車。スーパーへ車で行って、そのまま郵便局、銀行も車、スタバに行くのも車。1日に何度乗り降りしたことか。だから、それほど傘も、帽子もレインコートも必要ではありませんでした。しかし、都会に引っ越して徒歩でいろいろなところに行けるとなるとどうしても雨具が必要となってきます。

少しくらいの雨なら傘より帽子の方がいいわ、と思い幾つか帽子を編みました。毛糸の太さも変えて。しかし、どうもしっくりこないんです。

もともと帽子が似合わないのは覚悟の上。でもね、ゴム編みの部分がなんとなーくゆるい気がしたり、深く編みすぎてトンガリ帽子になってしまったり、浅すぎて通学帽を頭の上にちょんと乗せてるちびまるこちゃんのお友達、永沢君みたいだったり。いくつ編んだら自分が納得する帽子が編めるのでしょうね。

サイズがどうも上手くない帽子はチャリティに行きます。ちゃんと質の良い毛糸で編んでいますし、頭のサイズは人それぞれだと信じてますから必ずどなたかの頭をこの冬、暖かくできるのではないかと期待の気持ちでいっぱいです。

さて、この自分の頭、どうしてくれよう。この間ね、毛糸屋さんで見た帽子が可愛くてかぶってみたら、なんとぴったり合うではないですか。「これほしい〜」と言ってはみたものの、「それはお店のディスプレーだからダメ!」とすげなく断られてしまいました。「あなた、編めるんだから自分で編みなさい」とパターンの名前は教えてくれましたが。

使う毛糸、針の号数、深さをどれくらいにするかなどで本当に感触が違ってくるのが帽子です。帽子を自分で作るのではなくてお店に買いに行ってもそういう経験ありませんか? 形はステキなのに、自分がかぶってみるとどうもね〜、もしくは、もう少し大きかったらよかったのに。とかね。ものが小さいだけに細かいところがきになるのか、それともやはり人の頭は形、サイズが千差万別なのでしょうかねぇ。

と、この間編んだ帽子を編んでこれを書いていたら頭痛がしてきました。「あれ?私って帽子かぶると頭痛くなるんだった。忘れてた」なんともまぁ、間抜けな話でした。

そうそう、私が編んだ帽子のパターンは Barley, Baa-bie-hat, Bankhead, Graham です。私が気に入った帽子はAviator hat. でも、耳のフラップはつけていませんでしたよ。それぞれフリーパターンです。ぜひご覧になってください。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

浅はかな考えながら帽子完成!

手のひらがつりそうになりながらの帽子、編み上がりました。

IMG_3048

風船を中に入れて乾かしています。このようにすると模様もきれいに出て乾いてくれるんです。コツは風船を小さく膨らませて、帽子をかぶせ、さらに風船を膨らますこと。最初に風船を大きくしてしまうとゴム編みの部分を伸ばしてしまう可能性がありますからお気をつけください。

パターンの名前はHarmione Hearts Ron というハリーポッターの中でHarmione がかぶっていた帽子を見てデザインされたパターンのようです。フリーパターンですよ。

パターンの使われている糸よりも少し太い糸を使ったので、作り目を減らしました。11目のレースパターンの繰り返しで、パターンは132目の所私は121目で始めたんです。まぁ、浅はかな考えでした。

支障その1: 121目という奇数にしてしまったためにゴム編みの数が合わなくなってしまいました。1目ゴムなので、仕方がなく最後だけ表2目。魔、これもデジアンと思えばなんてことはないでしょうと、いい加減な発想です。

支障その2:頭頂部の減らし目ですが、レースパターンが11目繰り返しなのに、減らすときには22目の繰り返し。パターン通りに編めば132目ですから11目パターンが12回繰り返しますから、22目なら6回の繰り返しになるところ、私は11目パターンが11個。これは困った。でも、22目で2目減らすのなら、11目で1目減らしてもそこまで変なことにはならないだろう、とこれまた私らしいかなりおおざっぱな気持ちで減らしていったら、きれいに減りました。デザイナーさんの考えていた頭頂部とはちょっと違ったデザインになりましたが仕方がないでしょう。

いやぁ、パターンは最後まできちんと読んでから編み始めなくてはならないといつもいつも思っているのに気が緩むとこういうことになるんですよね。失敗から学べばいいものを失敗をまた繰り返す。。。

フィンガレミットも片方は編み上がりました。これは少し長さを調節しただけであとはほとんどパターン通り。4本針で編んだので手のひらも痛くならずにへみました。明日写真を撮ります。もう片方も編まなくては。早めに仕上げてチャリティが行われるレストランに持っていきます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

旅の空でソックスを編む

昨日、少し編み始めたソックスを持って飛行機に乗りました。爪先から始めて目を増やし、60目までになりました。そこから表編みをしたものの、何かつまらない。これではまったくおもしろくない。かといって昨日も書きましたがしつこい模様編みをしても目立たない、これは困ったと飛行機の中で思案にくれます。

そうだ、縄編みを入れよう。と思い立ったまではよかったんです。右と左の両方に入れて見たものの、数段編んでから、あ、でもかかとになる部分にも模様を入れてしまったわ。これじゃダメだ。さて、どうしよう、とまた途方にくれること数分。すると知らないうちにウトウト。だって、今朝4時起きだったんですもの。眠かったんです。

image

目が覚めて、また考えました。飛行機の中の明かりでもほどいて目を拾うのはあまり得策ではない。このまま編んで行って、縄編みはそこまでにしてあとはゴム編みにするか、縄編みをずらして始めてみようとこれまたいい加減な対処法を思いつきそのまま編んでいます。

いったいどういうことになるのやら見当はつきません。でも、ちゃんと履けるソックスになることだけは請け合います。ソックスですから当初の目的を果たしておけばそれでいいだろう、という開き直りが入りました。こんな感じにできてます。

image

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

すみませ〜ん、その帽子、見せてくださ〜い。

外を歩いているときに、「あら、あのスカーフ素敵だわ。手編みかしら」と思うことありません? 今、私が住んでいる場所は「遠隔地」と言われるところですから移動は車。だから、電車の中、街を歩いているときに他の人が来ているものを見る楽しみはありません。車で移動のせいか、女性はヨガパンツ、男性はジーンズがほとんどです。そしてスポーツコート。見ていてちっともおもしろくない!

昔、モヘアのストールを巻いているときに声をかけられ「何目、作り目したか覚えてる?」と聞かれたことはあります。そんなこと、覚えてませんよ。でも、「大きいサイズがステキ」と言ってもらったら悪い気はしませんよね。

友人はスーパーの中で人を呼び止めました。

「すみませ〜ん。その帽子、見せてくださ〜い」と。

帽子を手に取った友人は目数、段数を数え、パターンを頭に入れ、家に戻ってさっそく編んだと言います。決して複雑なパターンではありませんでした。彼女は頭が小さい友人に編んだので作り目は確か56目。輪にして最初の5、6段をメリヤス編み。クルッとその部分がカールしますよね。続いて2x2のゴム編み。
メリヤス編みだとついそのままメリヤス編みでいってしまいそうですが、ここでゴム編みが入るとは恐ろしい! ゴム編みを約10センチ編んだら、減らし目に入ります。減らし目の仕方は帽子の形の好みで最後の最後にガーッと減らし目をする人もいれば、徐々に減らし目をする人もいますので、これはみなさんにお任せします。

できあがりはなかなかのもの。かわいい! よろしかったらおためしくださいね。

しかし、驚いただろうなぁ。帽子をかぶっていた人は。一体何が始まったのだろうとおもったのではないかしら? やはり、これくらいの覚悟というか度胸がないといけませんね。手編みかな? というものを着ている人を見かけtら「それ編んだの?」とは声をかけますが、さすがに身体(頭)から脱いでもらって目数は数えませんものね。

ポチッと一押しお願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

端の目を編まなくてはいけないとき

マフラーなどを編むときには端がスムースになるようにと、最初の目は編まずにすべり目をしますよね。ついつい、他のものを編んでいるときにもすべり目をしてしまって「あ、まずい」と思うときはこんなとき。

カーディガンの前たてなど、目を拾ってそこからゴム編みを編むときなどがそれです。きちんと編んでおかないと拾える目数が少なくなって前たてがまっすぐにならずに縮んでしまいかねません。一段ごとしっかり編んでおくと、目を拾うときに例えば3目から2目(2目拾って次の目は飛ばしてまた2目続けて編む)とか、4目から3目(同じように3目続けて拾って、一目飛ばしてまた3目拾う0ときに間違いありません。

前たてに限らず、例えば肩の部分を横に編んでサイドから目を拾って見頃を編むときも同じです。このときも、肩の部分を編むときにちゃんと最初の目を編まないと拾わなくてはいけない目の数がうまく合わずにイヤ〜な気分になりますからね。

もっとも、端の目をすべり目してしまい、拾いたい目の数がどうにも合わない、足りない、というときには1目内側を拾えば問題は解決します。ただ、そこの部分がちょっと分厚くなってしまいます。

そう、今、編んでいるLemongrass ですが、サイドの部分が割れていてそこから目を拾って2目ゴム編みをするんですよ。しかし、いつものクセが出て最初の目をすべり目してしまいました。途中で気が付いて直しましたが後の祭り。前述したように1目内側を拾ってことなきを得ましたがそこが分厚い。。。イヤになってしまいますよ。

腹いせにクッキーを焼きました。アメリカのサイズに比べると体積として10分の一くらいのサイズです。表面積が小さいだけではなく厚みもうすいですからね。だから、ついつい口に放り込んでしまって。。。結局食べている量は決して少なくないかも。

IMG_1342

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

自分で紡いだ糸、編んでほどいて編んで

自分で糸を紡ぐようになって2、3ヶ月がたちました。まだまだスムースな糸ができない、というよりほど遠い糸ばかり出来上がります。同じ太さのものができないのはもちろん、途中で切れたりファイバーの固まりが途中にできてしまったり、強くよりをかけすぎて豚の尻尾のようにクルンクルンしたりと大変です。

しかし、こういう糸が出来上がるのは初心者のうちだけよ、という友人たちの励ましを真に受けて(?)何かを作ろうと決めました。ベテランになると細い糸はできるようになっても太い糸はこれまた別の練習が必要とか。

IMG_0900

ちゃんと紡げていないためにファイバーのままの部分があるんですよ。ま、仕方がありません。2本でよっているのでさらに糸が太くなってます。いわゆる2plyです。思い切って13号(8ミリ)のジャンボ針で編み出しました。

せっかくの記念の糸です。長く使えるものを作りたい、なんて欲を出してパターンを決めて編み出してみたものの、気に入らない。ほどいてまた別のパターンを考えて編んで気に入らない。糸が太いからレースパターンは今ひとつだし,なわ編みを入れようとしてもかなり分厚くなるし、編んでほどいての繰り返し。

IMG_0898

結局これかなぁ、と編んでいるのが、両側に6目の一目ゴム編みを入れ、10目のゴム編み、真ん中に3目のゴム編み、そして10目のゴム編み、というもの。どうしてもなわ編みを入れたかったんです。太い糸を生産しているために長さがとれません。首のまわりにまけるくらいの長さが出来上がるかどうかが次のハードルです。

IMG_0897

どうしても短かったらブローチなりピンでとめて使おうかな。

5年やっている友人は3本よっても私が今編んでいる糸よりもずっと細いんですよ。「いいわね」というと「5年やってるから」という返事が必ず帰ってきます。そう、練習と経験ですね。ネットで調べたり本を見たところで自分でやってみないと上達はしませんから。さて、またがんばるか。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

ケーブルの帽子をチャリティーのために編んでいます

長男の猫、ゆずはシェルターからきました。そのシェルターで秋に動物たちのために大きい催し物があると聞いたので、これは、と思い帽子を編み始めました。何も模様がない帽子でもいいかなと思いつつ少しケーブルを入れることにしました。

IMG_0062

幾つかの帽子のパターを見ていると太めの糸で編んでいるものが多いんですね。しかし、クローゼットの中を見ても太い糸はあまりありません。lace, fingering の糸はたくさんあって、DKが少し。それ以上太い糸はほとんどゼロ。編み始めたいとは前に帽子を編んだ糸の残りです。かなり太い糸なので5ミリの針で編んでいます。

IMG_0420

2x2のゴム編みの部分は針のサイズを一つ落とせばよかったと後悔です。ゆるすぎるのも嫌だし、かといってきつすぎてもこまります。作り目は96にしました。約数が多いので便利なんですよ。縄編みを入れるので数字を組み合わせなくてはなりませんからね。

まだまだ時間があるので、もうすこしがんばってあみます。太い糸をわざわざ買うのも気がひけるので、持っている糸を2本どりで編んでもいいかな、とも思ってます。同じ糸を2本引っ張ってもいいし、メリノウールにモヘアを足してもいいかしら。と楽しくいろいろ想像していましたが、いや、とにかく手入れが簡単な糸を選ばなくては、と現実に戻ってきました。コットンでもいいかな。

帽子を選んだのはすぐに編みあがるから。また、動物たちのマットも編んであげよう。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村