世界一美しいスタバ?

富山県富山市環水公園にあるスタバが世界一美しいと言われているそうです。

たまたま富山におりましたので足を運んでみました。スタバから見える風景が美しい?

「いや、どうかしら?」 という印象。前にはビルがあり、それほどではありません。

IMG_2612

と思いながらコーヒーを飲み、スコーンを食べました。スコーンはチョコレートオレンジ。これはなかなかの一品でした。

IMG_2609

 

一息ついてから外に出てスタバを見つめると、「あら、きれい」 スタバ、そのものの姿がとてもステキ。

IMG_2611

「世界一」かどうかはわかりませんが、美しい。季節、時間帯によってその美しさはきっとくほど違う姿を見せてくれると思いました。

比べるものではありませんよね。そこでどうやって時間を過ごすかはその人その人。私はとてもゆっくりした時間を楽しむことができました。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

広告

日常を忘れる旅

たくさんの旅行客を見るたびに(自分のその中の一人なのですが)いったい、人が旅行する目的は何なのだろうと考えてしまいます。

私は編み物がとても好きなのでその地方で育てられている羊の毛から作られた毛糸を探すのが一番の楽しみですし、本屋さんをのぞくのも大好き。おいしいものを食べるのも旅の魅力の一つですが、これは歳を重ねるにつれて少しずつ後退しています。

シアトルのスタバ、パイクプレースマーケットでセルフィーを取りフェイスブックなどにのせ、携帯で次に行く場所への行き方を調べてまたセルフィーというのも一つの旅の目的なのでしょうね。ただ、混雑した場所で立ち止まり画面をチェックして突然歩き出す人々は歩行者の交通渋滞をまねいています。

最近ではぼーっとしながら日常を忘れる旅に出ることが多くなりました。ホテルの部屋で外を見ながら読書して、散歩に出たついでにおいしいコーヒーを飲む時間はとても貴重です。

そして、空、海の色の移り変わりを見るのがとても好き。絵心があってささっとスケッチブックに描けたらどんなに良いでしょう?

IMG_7028

 

 

本と毛糸とコーヒーと

今日は、本屋さんに行ってきました。編み物も大好きですが読書も欠かせません。

ナショナルチェーンの本屋さんですら姿を消しているアメリカです。今ではBarns and Nobleくらいしか残っていないんです。どんどん本屋さんが店を閉じているのは手芸屋さんがなくなっているのと同じくらいではないかしら。

Barns and Noble も大好きなのですが、数少ない地方でがんばっている個人の本屋さんはそこで働くスタッフのオススメとか、読んでおきたい本のコーナーなどとちょっと一味違う本と出会えるので機会があれば本屋さんに足を運びます。その地方で染められている毛糸を探すのと同じような感覚かもしれませんね。

今日もそんな本屋さんに行ってきました。カフェも併設されていて美味しいコーヒーを飲みながらゆっくり本を読むことができます。とても貴重な時間ですよね。そんな場所ではぜひ携帯電話は音を消していただきたい。

考えてみたら、美味しいコーヒーを飲みながら編み物をしたり、本を読む、これはとても幸せなひと時ですよね。好きな音楽が流れていたらいうことはないですが、公の場所で自分の好みの音楽が流れている可能性はあまり高くありません。

また、編み物関係の本は値がはるせいか、オンラインで買う人が多いのでしょう。お店にはあまり並んでいることはありません。でも、今日1冊、素敵な本を見つけてしまいました。Yarnitecture というタイトルの本です。作者はJillian Moreno。去年の春にカンサスであったPlyAway で彼女のクラスを撮りました。とってもリラックスした彼女のイージーゴーイングな性格を象徴したようなクラスでした。この本、欲しいなぁ、と思いながら今買うと重くなるかしら? となどと悩んで結局買わずに帰ってきました。少し悩もうと思います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

お茶を一杯いかがですか?

実家にいると、これといってすることもなく、編み物をしながら「じゃ、お茶でも飲む?」と母と向かい合います。コーヒーの、日本茶、ハーブティーそのときの気分によって変えますが、「ほっと一息」の時間がたくさんあるんです。茶菓は家にあるクッキーだったり、チョコレートだったり、買ってきたケーキだったり。ということでたくさん食べてしまうんですよね。

ちょっと具合が悪い父(本人は重病人のように行動していますが)のまわりをまるでコマネズミのように世話をしながら動き回る母なので、「ほっと一息」の時間はひどく大切なのではないだろうかと、スカートのお腹まわりがきつくなりつつあるのを気にしながらも、「今だけ」と思い、膨張させ放題。「お茶飲む?」という言葉にさそわれて母もテーブルにつきます。あ〜、アメリカに帰ったら大ダイエットだ。

だけど、あつい飲み物を目の前に座ると、なぜか気持ちもリラックスしますね。どうしてなのだろう。日本で昔からある「10時と3時のおやつ」この習慣はぜひなくさないでいただきたいものです。うふう。

お茶を飲みながら四方山話(ご近所のうわさ話などでちょっとうんざいするんですが)に耳を傾むけ、編み物も進みます。しかしです、話半分のつもりがついつい、聞いていると目数を数えるのを間違えたり、段数を数え間違えたりするんですよ。注意していたはずなのに、なぜかおかしい。。。 そんなソックスができ上がってしまいました。

2、3段長さが違うんです。2、3段というとたいした長さではないようなんですが、両足重ねるとはっきりわかるの。「いやぁ、はいてしまえばわからないかぁ」という気持ちと、「気になる!」という気持ちが戦います。仕方がない、自分のソックスにするか。もしくは主人に家の中ではいてもらいましょう。暖かいことは間違いないんですもの。だって、アルパカ100%ですよ。

朝ご飯を食べたばかりなのに、もう、お茶をしています。洗濯物の第1回を干したので、ほっと一息。茶菓は無印良品の「オーナメントビスケット」小さい小袋を見つけて買ってみたんです。これがなかなかおいしい。150円でおつりがきたような。。。形もかわいいし、もし、よろしかったらお試しください。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村