ゲージと選ぶ毛糸

セーターなど、首から入って袖を通してお腹を隠してという目的がある衣類はちゃんとゲージをとってスワッチをしないと「やっとできたぁ〜」という達成感から一挙に「え〜、これ、ゆるすぎる」「小さすぎる」「丈が短い」などなど、落胆のどん底へと転がりこむ可能性が大です。

しかし、ショール、カウルなど、まぁ、少し大きくてもなんとかなるわ、という類のものはそこまでゲージにこだわる必要はないと思ってます。

たとえば、ショールのパターンのゲージがサイズ4の針で10センチ20目としますよね。自分が持っている糸はサイズ4で10センチ22目のゲージとなってしまった。さて、どうしよう? と悩みます。ショールですから、そこまでゲージにこだわることはありません。針を1サイズ上にしてサイズ5で編むと20目になるかもしれませんから、これは一つの解決法です。

ここでですね、パターンの写真を見たり、他の人の作品をパラパラ観察して「自分はもう少しふんわり感があるショールの方がいいかしら?」と思うかもしれないですよね。こうなるとますます針のサイズを一つ上にしたくなります。

逆に、他の人たちの出来上がりのショールが「うーん、ゆるゆるしていて私の好みじゃないわ」と思ったら、ゲージ22目でも、もしかしたらサイズ4のままで続行するのがいいかもしれません。

ゲージのゆるさだけならいいんです。さらに、「ドレープがあるショールにしたいわ」となると、これまた違ってきます。たちかにゆるめに編んだ方がふんわり感は出ます。でも、ふんわりしているからドレープ感があるとは限りません。ゆるく編めば重さで引っ張られるでしょうが、それとドレープ感、肩を優しく包んでくれる感触とは同じではありません。

ゲージがぴったりだったたとしても、自分が想像している出来上がり感を出してくれるのはやはり毛糸の素材なんですよ。アルパカはとてもきれいなドレープを見せてくれます。ウール100%でも、紡ぎ方、羊さんの種類によっては出来上がりの質感は驚くほど異なります。モヘアもやわらかいですが、ドレープしてくれるかというとこれも微妙です。モヘアの柔らかさはたまらなく好きですが、意外と主張があるモヘアもいるのでこれまた注意なんですよ。そして、主張がつい良いモヘアも他の糸と2本で編むと急にホワーンとなるようになったりともう、驚きの連続です。

大切な時間、お金、労力を使って楽しみたい趣味です。毛糸を選ぶときにはよーく考えて飛びつかないようにお互いに気をつけましょうね(笑)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

広告

ゲージが違うとこんなに違う

チャリティーのために帽子を編みました。誰に贈るというわけでもなかったのでゲージも計りませんでした。一つの糸は1インチで5目、もう一つは1インチで6目。この写真をみてください。

img_3905

この二つの帽子、大きさはとっても異なります。しかし、左側の帽子は作り目を76目。そして、右側のピンクの帽子は72目の作り目なんです。針の大きさも糸の太さに合わせて微妙に変えています。

これを見るだけてゲージを知るためにスワッチをすることの大切さが身にしみます。

だって、同じくらいの数で編み始めても、スワッチが1インチ(約2.5センチ)で1目違うと10インチあめば10目分増えたり減ったりするのですからね。

糸がギリギリしかないな、と思う時、そして早く編み始めたいというワクワク感がスワッチをしなくてもいいかな、という気持ちにしがちですが、そうときでも頑張ってスワッチしてくださいね。

ギリギリっぽいときには、スワッチを編み終わったときに目を伏せても糸を切らずに、最後の目に編み物用に小さい安全ピンを付けてぬるま湯につけてあげれば、水分の中に入るのは編んだ部分だけ。そして、もし糸が最後の方がどうしても必要だったらスワッチした部分をほどいて使えばいいんですよ。それでも足りなかったら。。。さて、それは困りますね。だから私は多めに買うようにしています。

さて、ピンクの帽子は赤ちゃん用、ストライプの帽子は子供用かな? 来月にまたチャリティーのために編み物会があるので、それまで少し編みためます。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

 

 

簡単なカウルのパターン、これ、有料?

Ravelry もかなり飽和状態ではないかと思うこの頃です。似たようなパターンがちらほらあちらこちらで見え隠れしています。こんなにどこでもあるようなカウルのパターンを有料にするなんて!と驚いたりね。

シンプルなパターンでも使う毛糸を変えるだけですごく目新しく見えることも少なくありません。

たとえばです。輪編みにするカウルを例にとりましょう。メリヤス編みを端に持ってくると丸まってしまいます。それが可愛いことももちろんあります。でも、それが好ましくない人はガーターで数段を始めたり、かのこ編みにしたりします。次に数段をメリヤス編み、また数段をガーター編み、この繰り返しをするのは別にパターンとして書くことなくしてもなんとなーく誰でもしてみようと思いますよね。

そこで、使う毛糸を2種類に変えてみる、たとえば一つをモヘアにしてもう一つを太めの糸にする、すると表情があるカウルが出来上がります。また、一つの糸を単色で、もう一つの糸を段染めの糸、もしくは、少しツィードっぽい糸を使うだけでほら、ものすごく見た目が変わります。

このようなパターンも、値段がつけられて売られているのを見ると「ふーん」という気になってしまうんです。

そりゃね、ゲージやら、どれくらいの長さにするから何目作り目するとか、ちょっとかわった伏せ目をするとか、付け足せることは幾つかあります。しかし、自分が使いたいゲージを測って、次に作りたいカウルの円周を決めれば自ずから作り目の数は決まります。数目の差は誤差の範囲でいいでしょう。

糸が足りなくなるかもしれないから、このパターンを使った人はどの糸をどれくらい使ったのかは確かに参考になりますね。途中で糸がなくなったときのドキドキ感はスリルがありすぎます。時として最後が急に目がきつくなっていたりして自分でも笑ってしまいます。ただ、それは他のフリーパターンを参考にすると大体の予測をつけることはできるんです。

それに、一つ編んでみて「これが絶対」という毛糸もサイズもありません。「あら、これもよかったわ」「この糸の太さならこの長さの方がいいかも」「私の身長に、このカウルは短すぎる」など、それぞれの好みに合わせて調整できるのがこれまた楽しいんですからね。

それにしても、「こんな単純なパターン、そして他のデザイナーさんのパターンに酷似しているパターンにお金を払うのはちょっと」と思ってしまうパターンが増えてきているかな、と思います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

スワッチの大切さを目の当たりに。。。

知り合いの女性がとても素敵なプルオーバーを着ていたので「とてもステキ。似合っている」というと、苦笑して

「間違いだらけなのよ、これ。」という返事。別の女性が

「私はすごくいいと思うから、間違ったなんて言わなければいいのに」

そう、私の不振な顔に気がついたのか、

「実は、スワッチをしないで編み始めちゃったの。太い糸だしザクザク編めるから楽しくて編み始めたら、全然ゲージがあってなかったの。だから、ほら、だぶだぶ」

そのダブダブさが私はすごく好きなのに、と思いながら、「私はそのゆるさがステキだと思うな」と言ったのですが、彼女はさらに続けて

「ところがね、袖が長すぎて手が隠れちゃったの。どうしようと思って編み物の先生みたいなところに持って行ったらザクザクと袖を切ってね、そこから少し編み足して長さを調整したのよ」

「え〜」ザクザク切るなんて心臓に良くないですよ。

スワッチというものを一応ご説明しますね。例えば、ある糸を使ってセーターを編もうとするとします。パターンにはゲージが出てますよね。それに20目で10センチと書いてあったとします。指定された針の号数を使って編んでも必ずしも20目で10センチになるとは限りません。22目の人もいるだろうし、18目の人もいると思います。22目の人だと、例えば100目作り目してゲージでは50センチになるところ、22目では100➗22x10=45.4。ほら、45センチにしかなりません。18目の人だと55センチちょっとにもなってしまうでしょう? これでは出来上がりのサイズに狂いが生じます。これを防ぐために、20センチ四方くらいの四角を編むんです。最初の6段くらいガーターでそして両側にガーター編みを4目ずつくらいつけて後はメリヤス編み、そして最後の6段くらいもガーター編みにして編みます。編んだらぬるま湯につけて十分に水分が通ったらタオルで挟んで水を切り、干します。しっかり乾いてから10センチになん目あるか数えるんです。

22目編めてしまった人は針を1号太くしたり、18目の人は針を細くして調整したりします。

なかなか面倒臭いのでつい怠けがちな私ですが、今日の彼女の話を聞いていたら、やっぱりスワッチを甘くみてはいけないなぁと思ったのでした。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

糸が足りない!

糸をできるだけ残さないようにというパターンを編んでいましたが、あちゃ〜、私は糸が足りなくなりました。足りなくなる可能性があるからゲージをきちんと調べてと言うことでしたが私はさぼりました。それが原因というわけでもないと思うんです。だって、足りなかったのは最後の80目ほど。ゲージがそれほど関係しない数字だと自分で勝手に考えてます。

IMG_2760

使い残した同じMadelinetosh Merino Light のボールを探し出してきてなんとか誤魔化せないかとちょっと編んでみました。

IMG_2761

ちょっと目には同じように見えます。しかし、編んでみるとかなりシェイドが違うんです。ほんの一部だからなんとかならないか、と妥協したい気持ちはやまやまなのですが、ちょっとムリ。明日、手持ちの糸をひっくり返して探してみます。どうしてこういうことになったのかしら! とちょっとプリプリしているんです。

実はね、糸が足りないことに気がついたのは飛行機の中。夏休みなので家族連れがたくさん乗ってました。まだ赤ちゃんも数人。気圧の変化でつらかったのでしょう。金切り声で泣いているんですよ。あちらこちらで。最初は全然気になりませんでした。しかし、糸が足りないことに気がついた途端にイライラしてしまいました(笑) いけない、いけない、と自分をなだめて編み物を袋にしまいました。

お母さんやお父さんたちもいっしょうけんめいあやしているだろうに、疲れてしまうだろうな、と思う反面、お隣に座っている人も気の毒だな、と正直に言いますと思いました。やはり数時間のあいだ、耳元で泣かれたら疲れてしまいますもの。広い国ですからね、飛行機での移動しか手段がない人たちは本当に大変です。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

編み物は頭も活性化すると信じてます

編み物はは指先を動かします。また、まっすぐに長方形のマフラーを編むにしても、どういうスティッチを使うかを考えたり、模様と目数、また段数に注意をはらわないとできあがったときに「?」と思う可能性も大きいです。そう、集中力が要求されるんですよね。

これがまた、三角形とか、半円、三日月型などとなると、あちらこちらで目数を増やしたり減らしたりと気が抜けません。もっとも、目数などに注意をするあまり、ついつい肩をいからしてしまい肩こりなんてことにもなりませんからそこは気をつけなくてはいけません。

さらにです、模様編みで例えば12目の繰り返し、なんてなると、少し模様を記憶できればいちいちパターンを見なくてすみますよね。ほら、記憶力もここで鍛えられます。ちゃんと正しい目数もないと模様がずれてしまいますよ。

編むときに大切なのがゲージ。例えば、編みたいパターンが20目で10センチとして、自分のゲージが22目あったら、それが何センチになるかは基礎的な比の問題となります。電卓を叩くのもいいですが、昔のように筆算をするのもちょっと楽しいかも。

編み物はまるで時間つぶしではないですが、単なる手慰みものと考えられがちですが、そういう印象を変えていかなくてはなりませんよ。ちゃんとしたアートだと思いませんか?

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

サイズを調整しなくてはならない時

どうしても編みたいパターンがあるのに、ゲージがどうも合わない、という時がありませんか?

いったいどうしたら、このゲージがこの針で出るのだろう? とすごく不思議に思ったこともあります。

ゲージが合わない時に一番簡単な解決方法は針のサイズを変えることですよね。例えば、10センチで10目としたいのに、12目編めてしまうなら、針を一つ太くすれば10目になるかもしれません。逆に10センチで8目しか編めなかったら針を細くして10センチで編める目数が増えるように調整することも可能です。

手がゆるい人、きつい人がありますから、必ずしもパターンに書かれている針の号数が使えるとは思わない方がいいです。

また、デザイナーさんが書いているサイズが自分に合わない時。もう少し小さいサイズに編みたかったら、これまた針のサイズを細くして編めば希望のサイズになることが予測されます。でも、人間の体は丸みを帯びていますから、すべてを同じような比で小さくしたり大きくしたりして大丈夫か? というとそこは体の部位によって微調整が必要になりますよね。編みながら長さやら幅やらを細かに測りながら編んでいくことが大切です。バランスもありますし。

ショップで素敵なショールを見つけて、家に戻ってパターンを買って編んでみても、どうも、ショップで見たようなショールに出来上がらない、なんていう経験もあります。そう、そのショップではパターンとは違うサイズの針で編んでいたんですよ。「最初からそう言ってよ」と言いたくなりました。

針ではなくて毛糸の太さを変えることもオーケーです。パターンではDKを使っているけれど、自分はフィンガリングの糸が使いたいなあと思うのならいつも自分が編むサイズよりも一サイズ上を選ぶとちょうどいいかもしれません。逆に、太い糸を使う時にはh下のサイズ。ただ、糸の太さを変える時には使う糸の長さも変わりますから、糸が十分にあるかなども考えてくださいね。

いろいろ試してもどうしてもゲージが合わない時はあきらめるしかない。。。ですね。自分が考えているサイズに出来上がらないだろうなぁと思いながら編んでもいいのですが、それじゃ楽しめないかな? まぁ、どこまで「こういう着方がしたい」というイメージに固執するかという部分もありますね。

まぁ、編み物は伸び縮みもしますし、水を通して少し伸ばしたり、あまり伸びないように干したりと微調整は可能です。友達で、袖が短いからといって引っ張っていたら袖の先がビロビロに伸びてしまった人もいます。これはちょっと悲しい。でも、彼女が引っ張りたくなる気持ちもわかっていたからなぁ。。。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村