クリスマスツリーのような柄になりました

編み始めたソックスがまるでクリスマスツリーのように見えるんです。見てください!

IMG_0947

どうも色がきれいに写せません。くやしい! でも、なんとなく、夜空に浮かぶクリスマスツリーのように見えませんか? たまたまなんです。編んでいるとワクワクします。ただ、とてもクリスマスプレゼントには間に合いそうにありません。たとえ編みあがっても、プレゼント先は海の向こう側。もう少し早く編み始めれば良かったと後悔。

とはいえ後悔先に立たず、提灯持ちは後ろに立たずというやつでそんなことを考えずに編み続けます。

反対側もみてくださいね。

IMG_0946

 

こちらの方が白が強すぎるようです。でも、目の前にするときれいなんですよ。手染めの糸はどういう色が出てくるかわからないので楽しめます。

サイズが普段私が編んでいるサイズよりも大きいので時間がかかっています。かかとを編んでからどれくらいの長さのソックスになるかまだわかりませんが、それはそれで楽しみです。

広告

クリスマスプレゼントは何?

クリスマスまであと10日。家々の飾りつけがとてもきれいで夜、車を走らせるのが楽しみです。

ところが、クリスマスのレーザーの飾りつけを盗み、高額な値段をつけて売ってお金儲けをする人がいるかと思うと、玄関先に置かれた宅配便を盗んで歩く泥棒など、悪いことをする人たちのニュースがあとをたちません。近所であまり見かけない車、人を見かけたら声をかける、また数日間でも家を留守にするときにはご近所に声をかけていく、外の電気が暗くなったらつくようにするなど、防犯対策が欠かせないのが現実です。

先日、シカゴにはたくさんのホームレスの方がいました。ここ数日間はものすごい暖冬でまるで春のような気温でしたからまだよいのでしょうが、これが普段のシカゴの気温だったら凍死してしまいます。少し、帽子とか手袋、編んでくればよかったと思ったけれどときすでに遅し。

実は日本のホームレスの方たちのために帽子、マフラー、手袋などを作り知り合いに郵便局が混む前にと2週間くらい前に送ったんです。すると、その方がクリスマスに間に合ったほうが良いからと、この忙しい師走にわざわざホームレスの方たちを助ける団体まで届けてくださったというメールがさっき届きました。

「クリスマスのプレゼントになります。よかった」という言葉が添えられていました。でも、これもホームレスの方たちのために支援をしている人を知っているからできたことです。そういう方を知らなかったらどうしたら良いか方法が見つからず何もできていなかったかもしれません。

今、私たちは何一つ不自由なく、と言って良い生活をしています。別に欲しいものもありません。あ、毛糸は欲しいです。それと本と、美味しいコーヒー。クリスマスだからといって特別に何を主人にお願いすることもないでしょう。そんな私にできることはまわりを見回すことなんですよね。そして、何ができるかを考える。一人の力なんてちっぽけなんですが、でも、一人がたくさん集まれば大きな力になります。

息子たちにもクリスマスに何をプレゼントしようか悩みます。まわりの皆はお金かギフトカードにすると言っています。好みも変わってくるし、必要なものは一体なんだろう? と考えて行き着くとこがお金というあまりに恵まれた生活をしているのですよね。しかし、あと、10日。どうしよう? 

クリスマス前には家族全員がお互いに欲しいもののリストを送ります。そしてまわりのものたちが、「じゃ、これは私が」「これは僕が買うからいいよ」などと裏工作が始まるんですよ。私もこれから欲しいもののリスト、と言っても本のリストですが、を作って送ろうと思います。家族全員が健康でいられることの感謝を込めて。

皆さんの大切な人々へのクリスマスプレゼントは何ですか?

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

太い糸、それほど暖かくない?

ソックスを編むのが好きな友人がいます。いえ、好きだったと書かなくてはいけません。ソックスを編みすぎて引き出しの中がソックスだらけになり今は、編むことを止めているからです。

この間、とても暖かそうなソックスをはいていた彼女に、

「あら、暖かそう。いつもと違う?」 と聞いたら

「少し太い糸で編んでみたのよ。太い糸の方が暖かいかしらと思って。でもね、細い糸と比べて思ったより暖かくないのよね。糸が太いから早く編めたのだけどね」

そんなものなのでしょうかね。モコモコした方が暖かそうには見えるから私太い糸で編んだもの好きなんですよ。それからモヘアも入っていてフワフワしていたらもう最高。今も、ちょっと太めの糸とモヘアの2本どりでセーターを編んでいますが、膝の上がとても暖かくて。出来上がるのが楽しみ。と言いながら太めの糸で編んだセーターの中に太めの体が入るとどうなるのだろうとかなり不安。サンクスギビングの前に旅行をしていたのでそのときから食べ始め、今だに食べ続けているものですからどんどん健康優良児のように成長しています。困った。クリスマスに突っ込む前に超ダイエットをしなくてはならないかも。

話がずれました。太い糸、細い糸と一言で言って暖かさは語れません。糸の素材が大切。アルパカ、カシミアなどの糸は触っているだけでほんわかと温かみが伝わってくるから細い糸でも保温性が高いのでしょうね。そうはいってもカシミアならどれでも暖かいというのでしょうかねぇ。こちらで売っているカシミア100%のセーターとかって日にかざすと向こう側が透き通って見えますからね、あれじゃ、暖かいとはどうも考えられません。それとどれだけ目を細かく編むかというのも関係します。ふわっと大きい針で編むと柔らかくて素敵ですが風通しが良すぎるのは困ります。ショールなら2重に巻いたりすれば保温性がアップするでしょうがセーターでは寒いかも。

あと、思うのですが動物たちのどこの部分の毛なのかということも影響するのではないかなぁと。

今編んでいるセーターはまるで真夏の太陽のような色。(笑) 写真を撮りましたが、輪針で編んでいるせいか丸いだけでよく見えないのでここにはのせません。その代わりというわけではありませんが、シカゴのクリスマスの様子の写真をのせますね。

IMG_1297

IMG_1293

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

ボタン選びに悩む夜

完成したカーディガンとベスト。どちらもボタンが必要なのに、ボタンがたくさん入った缶の中には気に入ったボタンがひとつもありません。

ベストはこれ。

IMG_1286

野呂栄作さんの「胡蝶蘭」3カセでギリギリ編めました。パターンはその昔に日本の本からコピーをとってファイルに入っていたのでどのパターンか不明なんです。週末にでも本をあさって調べます。少しだけ丈を長くしました。糸が段染めでいろいろな色が入っているであまり複雑なパターンはどうかなと思っても、なんだかなわ編みが編みたくてこれにしたんです。クリスマスプレゼントやらチャリティーのものやらいろいろ編まなくてはいけなくて忙しいのに、こういうときになぜか、複雑なものに手を出したくなります。

もう一つのカーディガンはこれです。

FullSizeRender-2

極太の糸とモヘアで編んでいるのでブロックした後なかなか乾きません。いったい何日かかるのだろう? 完璧に乾いたら端糸の始末をしてボタンをつけるにも、つけたいボタンがないのは困る! これは、ボタン探しの旅に出なくてはダメだわ。色と材質。どちらも気にいるボタンというのはそうありません。日本にいたら、la droguerie に飛んで行ってボタンをみつけるのに。オンラインだと感触とか重みがわからないのであまり買いません。

ボタン一つで見た感じが120%変わりますから、お気に入りのカーディガンのためには遠くまで出かけて行きますよ。ボタンホールの数を数えておかなくては。それから大きさも。余分に一つか二つ多く買ってこようと思ってもお値段によってついケチってしまったりしてね。いけません。

さて、これから衝動編みはやめて、クリスマスのプレゼントに戻ります。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

クリスマス。大切な人へのプレゼントにぴったりのスカーフ

裏編みがあるとどうしても編むスピードが落ちます。チャリティーに送るためにできるだけ早く編みたいと、表編みだけのスカーフがないかしら、と探していたところ、見つけました。Purl Sohoの No-Purl Ribbed Scarfです。フリーパターンですから、よろしかったら見てみてくださいね。

IMG_1205

表編みだけなのだけれど、ゴム編みのように見えません? 作り方はいたって簡単。でも、注意を払っていないとまちがえて、「あれ、模様が変」となりかねませんからそこは気をつけてくださいね。

Purl Soho のサイトに行くととてもていねいなパターンが出ていますから、ご参照ください。でも、ちらっと説明しますね。

作り目は4の倍数+3。私は39目にしました。糸は日本でいう並太より少し太いので、アメリカの7号で編んでいます。

1段目:表目3目、*糸を裏編みをするかのように針のこちらがに持ってきながら、裏編みをするように次の1目をすべり目、表3目* ※の間を繰り返します。

2段目:表目1目*糸を裏編みをするかのように針のこちらがに持ってきながら、裏編みをするように次の1目をすべり目、表3目* ※の間を繰り返す。
    糸を裏編みをするかのように針のこちらがに持ってきながら、裏編みをするように次の1目をすべり目、表1目。

この2段を繰り返し、2段目で終わらせてください。あとは伏せるだけ。

IMG_1206

こういう目が編みあがっていきます。裏と表では*の間が2目ずつずれています。次の写真を見ていただけるとわかると思いますが、表目が大きく浮かび上がっていますよね。この目の両側2目、そしてこの表目と3目が、パターンでいう「表目3目」なんです。ということは、表でも裏でもこの大きい表目は表を3目編むときの2番目にきていなくてはいけない、ということになります。これがずれていたら間違っている証拠。

IMG_1207

クリスマスまで約1ヶ月。今からでも遅くありません。太めの糸を選んだらあっという間に編めますよ。寒い冬を温かい気持ちで迎えられますように。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

年に一度の毛糸交換会が近づいてきました

クリスマスが近づき、「ホリデーランチ」が来週あります。それぞれ毛糸を持ち寄って交換会をするんです。持ってくる毛糸にはルールがあります。

1)400メートルくらいはあるもの。というか、ショールを一枚編めるであろう長さのもの。
2)アクリルを含む糸はダメ。
3)外から見て特徴がないように真っ白の紙で包み、それ以外はステッカーなどなにもつけないこと。

私がこのグループに参加してから4回目となりますが、私が参加する前、その後にもいろいろ人々が言いたいことがあったようです。

私が知らない時代(?)には、一人の人が、ずーっと押入れの中に入っていたであろう粗悪な毛糸を持ってきてもらった人は使いようがなかったとか、これは私が入ってからですが、かなり細い糸を持ってきた人がいて、それに当たった人は文句たらたら。こんな細い糸なんか欲しくない! と後でこっそりでしたがおかんむりだったんです。細い糸でも他の糸と2本取りにしたら素敵なものが出来上がるかもしれないのにね。

私はいつもどういう毛糸を持っていくか悩みます。みんなが好みそうな色にしたほうがいいかしら? でも、少し面白い色の糸の方がいいかしら? 素材はどうしよう? と。このためにわざわざ買う人たちの話を聞いていると、家にある糸はどんなに良い質のものでも避けた方がいいのかしら、と消極的になったりして。

先日、こんな意見が出ました。

「ね、他の人がもらったのと交換できるルールにしない? 」すると
「一度だけ取り替えられるというのもいいんじゃない?」

しかし、そうすると人気がある糸を持ってきた人と誰も欲しくない糸を持ってきた人の気持ちにかなりの差が出てしまいます。それはどうするのだろう? 好みが違うからいいのかしら? 普段自分が買わないような糸に出会える楽しみもあるはずなのに、と思いながらも、欲しくない糸が回ってきたらやっぱりいやかな?

自分にどういう糸が回ってきたか思い出してみました。最初の年にはWollmeise のブルーグリーンのPureが来て、確か、半円形のショールをつくりました。次の年にはDream in Color のClassy 、そして去年はなんだったけな? あまり好きな糸でなかった記憶はあるけれどよく覚えてない。。。

奇抜なものをもらうのもこれまた楽しいというのが交換会。そうでもない?
さて、今年私が何を用意したかというと、一応内緒にします。日本人の人はいないし、仲間に日本語が読める人はいないけれど、とりあえず木曜日まではね。今ではオンラインでいくらでも買えますが、とりあえずこの近辺の毛糸屋さんでは手に入らない糸を選びました。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

カウルか帽子。1目ゴム編みで悩む

昨日写真で載せた野呂栄作さんの糸で作ったやけに大きい帽子、けっきょくほどいたんです。頭のサイズはいろいろだと思いながらもブカブかの帽子はかぶっていて気分が悪そう、とバーっとほどきました。最近、よくほどいているのであまり気にならなくなりました。

1目ゴム編みで編み始めたら野呂栄作さんの糸の美しさに目をひかれ編み続けてしまったんです。

IMG_0858

午後3時くらいになると低く沈んでいく太陽がキラキラしてとてもきれいなんです。その太陽の光と野呂栄作さんの糸が見事に融合して美しい…

まっすぐ編んでいたのでこのままカウルにしてもいいかしら? それとも帽子? どうしよう? 悩みに悩んでやっぱり帽子。

一目ゴム編みで編んでいくと減らし目のときに1目ゴムがくずれて困ります。80目作り目なので (again?) 10目ずつ8つのグループに分けました。8目編んで2目一度。8目編むので裏編で終わります。2目一度を表編みですると、次の目も表。ここで表が3目続きます。でも、それはムシ。2目一度はとにかく表編みで続けます。それ以外の目は1目ゴム編みをくずさずに編むんです。すると目がそれほどガタガタにならずに編み終えることができます。

クリスマスに向けてラッピングペーパーを使わないで良いように幾つかエコバッグのようなものも縫いました。

IMG_0857

量販店に押されて専門店がどんどん消えていきます。生地類を扱うお店にJo-Anne というお店があるんです。確かにお値段はお安い。セールもたくさんありますしね。しかし売っている生地を専門店で売っている生地と比べるとペラペラしています。キルト専門店の生地と比べるからペラペラ感じるのかもしれませんが。つい安いお店に足を運びがちになりますが、なぜ安いのか? を考えると少し足が遠のきそうです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村