この季節には少し厚めのショールがいいですね

寒い日が続いています。太陽が外に出ているとそれでも良いのですが曇りとか、雨が降っていると寒さが身にしみますよね。

外を歩く人を見ると厚めのショール、特に今年はチェックのショールをまとっている人を多く目にします。チェックもステキですが、手編みの厚めのショールも良いのではないでしょうか?

日本の方は長方形のショールが多いですね。あまり三角形のショールを身につけているhとはあまり見かけません。これはなぜなのだろう? 三日月型のショールもなかなか良いと思うのですよ。

太い糸でざくっと編むのもそれはそれで暖かく見えます。そして、細い糸で大きめに編むと首のまわりの馴染みがいいように思います。そして、糸の素材。これがまた暖かさに差をつけてくれます。

先日、デパートでカーディガンを見ていました。1枚、ウール96%、カシミア4%というのがあって、カシミア4%がカーディガンにどれだけ違いを生ませるのか興味を持ったんです。売り子さんにお尋ねしましたが、ちゃんとした返事は返ってきませんでした。

カシミアが入っているだけでなんとなーく暖かい気はしますよね。

日本に戻ってきてどの毛糸を使うか、これは悩みどころ。アメリカに住んでいた時は欲しい時にはお気に入りの毛糸屋さんに出かけていけばそれで良かったのに、今はそうはいきません。

ついついけちってしまいそうです。

アンバランスなカーディガン

子供用の Tea Leavesというカーディガンを編もうと思い毛糸を選びに行きました。RowanのCreative Linenという糸を使ってみようかな、と手に取りましたが、ちょっと太そう。

「これ、DKというよりもWorstedじゃない?」と聞くと、

「DK扱いなんだけれど、細めのWorstedかもね」と言うので、物は試しと思い編み始めて見たものの、やっぱり太い。針の号数を少し落としたのでゲージはほとんど同じに持っていけましたがそれでも、糸は太い。うーん、どうしよう、と悩みながらも編み上げたら、すごくバランスが悪いカーディガンになって自分でも苦笑というか驚きます。

プレゼント用に編んでいたけれど、とても人様にお渡しできる代物ではない。さて、どうしよう。水通しもしたしほどくのは嫌だから、これはチャリティーかな。ちゃんとできているんですよ。ただ、形がどうも。。。 色も気に入っていたのになぁ。悔しい。少し細い糸でもう一度編むことにしましょう。

IMG_4674

もう少し丈を長くすればよかったのかもしれませんね。反省。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ

思い出の「間違い」

ワインのティスティングルームであったフロリダに住む女性との会話です。

彼女はワインを片手に編み物をしていました。わけないか。編み物は片手ではできないから。ともかく、ワインを飲みながら生まれてくるお孫さんのためにカーディガンを編んでいたんです。トップダウンですから首回りから初めてボタンダウンも編み出す私好みのシンプルなパターン。

しばらくして気がついたのは、2目ゴム編みがいつ間にか数段メリヤス編みになっていること。あらら、まだ酔っ払っているわけじゃないのに、と睨みをきかせながら編み物袋にしまったところに私がお店に入って行ったようです。

私はアルコールは飲みませんから、ただ、それまで飲んでいた主人を迎えに行っただけなんですけれどね。夕食をどこかで食べようかと思って。

このカップルの男性と立ち話をしていた主人が私に「彼女も編み物をするんだよ」というところから話が始まります。前書きが長くてごめんなさい。

彼女は私に間違えてしまったカーディガンを見せながら、

「これなのよ。いやでしょう?」 というから
「そこだけほどいてかぎ針で目を拾えば?」 と私。
「私もそう思ったのよ。でもね、主人が「君、それはほどいちゃダメだよ。この島への旅行の思い出にすればいい。これから生まれてくる孫がこのカーディガンを着た時に、その間違えたところを見て、今回の旅行の時に編んでいたんだな、あのワインを飲んでいたな、と思い出せたら素敵じゃないか」と言うのよ。だから、ほどくのやめようか悩んでいるの」

なんて素敵なご主人様。思いついて言いました。

「その間違いをパターンにしてしまえばいいのよ。ゴム編みとメリヤス編みを交互に編んだら、それはそれでパターンとして成り立つもの」

「それいいかも」という話に始まり孫の写真を見せ合い、犬の写真も見せ合い、立ち話が延々と続くのでした。

それにしてもご主人様の提案はグッドアイデア! 拍手を送りたいです。「思い出」の一つとしてとっておけますものね。ナイスなご夫婦でした。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ

やりかけのもの

何かを作り始めたのはいいけれど、思ったよりむずかしい、他に作りたいものができた、急に忙しくなったなどなどの理由からなんとなくやりかけになっているもの、ありませんか?

私は編みかけのものを小さい巾着袋に入れてかけてあるのですが、だんだんにその数がふえてきたものだから、かけてあるスタンドが倒れそうになっていることに気がつきました。これはいけない! そう思い、一つ一つ中身をチェック。そして、リストを作りました。

そのリストには種類、例えば、ショール、カーディガン、などのコラム、そして、どこまで編んだのか、これから何をすれば終わるのか、のコラム、そして、どの順番で終わらせるかのコラムを作りました。
そして、もう、どこまで編んだのかわからないとか、編みたくない、というものは大きい袋に入れて近いうちに全部ほどいて毛糸の状態に戻そうと思っています。そうすれば、帽子とか、手袋とか小さいものがたくさん編めますものね。

さて、完成させたい1番の地位を勝ち取ったのはセーター。トップダウンのセーターで、あと5センチくらい編めば、裾が終わり、それから両袖を編みます。毛糸もちゃんと一緒に入っているので、すぐに取りかかれます。

2番目は今、編み始めてしまった三日月型のショール。これのいいところはあまり複雑なパターンではないので、編み物会に持って行けることと糸が太めなこと

3番目は3角形のグレーっぽいショール、これがなかなか手強い。間違っても誰かとおしゃべりをしながら編める代物ではありません。むずかしいというより、注意を払わなくてはいけないパターンなんです。そして間違えたらなおすのが大変そう。半分まで進んでいます。糸も細いしなぁ

4番目はこれまたショール。オレンジ系のとてもキレイな色の糸を使っているので、早く終わらせたい! それなのになぜ4位なのか。3位と4位が入れ替わる可能性があります。これは三日月型で、最初はメリヤス編み、そしてエッジに模様編みが入ります。未だにメリヤス編みの部分。先は長い。。。

5番目はこれまたショール。こうやって書くと、やたらにショールを編み始めていることに気がつきます。これは反省しなくては。2色使いのストライプ、そしてレースパターンというか、オープンな部分があるパターンです。大きめのショールなのでこれはなかなか終わらないだろうな。始めたばっかりだし。

と、ここまで書いて、別のところに置いてあったカーディガンを発見! 糸が冬糸なので、どうしようかなぁ。ほどきたくはない。絶対に編み終えたい。さて、順番を上の方に持ってくるか、それとも、がんばって早く上の方の順位の「やりかけ」を終わらせてこのカーディガンに取りかかるか。これはむずかしい。だって、そんなこと言っているうちに、別に編みたいものが出てくるのは明らかなのですもの。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
<a href="//handmade.blogmura.com/knitting/ranking.html?p_cid=00804201"

ボタンを選ぶのが楽しい

ベビー用のカーディガンを編みあげました。次はボタン選びと勇んでデパートへ。今、東京にいるので西武デパートの la droguerieで楽しくボタン選び。それにしてもお値段もまちまちであっと驚くものもありました。

ベビー用というとついついかわいい飛行機やらクマさんやらを選んでしまいがちな私。でも、ボタンをはめる時に毛糸に引っかかることを思い出して、「いけない、いけない、もっとシンプルな形にしよう」と選んだのがこのボタンたち。うつ伏せに寝る場合もあるでしょうから、平らなものを選ぶのも重要なポイントです。

image

一応ボタンは3つ必要なパターンなのですが、一つは余分にと4つ買いました。それぞれ同じ種類のものを使っても、もしくは一つずつ違うボタンを4つ使ってもかわいいかも、と想像力は膨らみます。

そして、ボタンをつけたカーディガンがこれです。

image

糸が段染めで一つ間違えるとうるさくなる糸なのでボタンは一色のものを3つ使いました。なかなかよろしい、と自分で満足。ボタン付けは得意ではないけれど、今回は上手にできたかな?

image

編み地が凸凹しているので真っ直ぐにはなりません。<ー言い訳

小物ひとつで表情が全く変わりますね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

湖のブルーの色のカーディガンを編みたい〜

オレゴン州、ポートランドから車で約4時間弱のところにあるクレーターレーク、そのブルーに魅せられてカーディガンが編みたくなりました。

まずは色を見てくださいね。

IMG_0169

写真に撮ってしまうと、私の手腕が足りないのか青の美しさがなかなか出てくれません。この日は天気も良く、湖の色は真っ青で場所によってターコイズ、あるところでは群青色と引き込まれそうな美しさでした。

そんな色の毛糸を探してみましたが、そう簡単には「これだ!」という糸には出会えませんでした。

IMG_0178

でも、写真を見ているとますますブルーの糸が欲しくなるんです。色だけではありません。触った感触はもちろん、編み上がったときの光沢とか、柔らかさももちろん満足したいんですよね。

そして、パターンを選ぶのもこれまた一筋縄では行きそうにありません。きっとあれやこれやと見ながら悩むと思います。でも、自然の中にある色の美しさに少しでも近い色の糸に出会えたらものすごく幸せになりそうです。だって、思い出も作るもののの中に編みこんでいけるのですから。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

自分の好みに編み直し

昨日作ったカーディガンが気に入らなかったので、今日、ほどいて編み直しにかかりました。気に入らなかった理由はまず、ガーター編みがきれいではなかったこと、次に、出来上がったものがブヨブヨしていたこと。

ガーター編みは簡単なだけについつい気を許し、ときどき糸がゆるんだり、編み目がそろわないことが時としてあります。気をつけて編まないとダメなんですよね。ブヨブヨしているのは針を小さくして解決させます。

また、ブヨブヨしているのは模様にも原因がありそうですから、模様も変えました。結局、あちらこちらかなり手を入れてカーディガンではなくてプルオーバーにしました。でも、赤ちゃんはえてして頭が大きいので、上の部分にだけボタンを3つつけてオープニングを大きくすることに。

IMG_2672

比較のために、昨日の写真もまた載せます。

FullSizeRender 2

模様の部分が今日の方が平らに見えませんか? 昨日の模様は右上2目一度、左上2目一度を使った7目、4段で一模様でした。今日の模様は3目一度を使い、10目、8段かな? で一模様なんです。7目の中に減らし目が二つ入ってくるものと、10目の中に減らし目が一回だけのもので見た目に差が出ます

模様を大きくしてみましょう。

IMG_2673

今回の方がずっときれいなものに仕上がりました。袖の部分のあきが小さすぎて、またほどいて作り目を増やしたり、あるはずの目数がなかったりと、決して楽な道のりではありませんでしたが(笑)、とにかく完成にこぎつけそうです。

どんなパターンも一度編んでみると、ここはこうするのが良いかもとか、私はこっちの方が好き、といろいろ手を加えられます。思っていたことも実際にやってみたら、「あれ?」と驚きもします。やはりパターンの中にはデザイナーさんの苦労が詰まっているのですね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

手編みのショールで始まる会話

飛行機の中のフライトアテンダントの方に声をかけられました。

「素敵なショールね」と。冷房がきつい飛行機の中で手編みのショールは欠かせません。

道を歩いていても声をかけられます。

「そのショールいいわ。パターンの名前、教えてくれる?」
パターンの名前だけではなくてデザイナーの方の話へと話はつきません。

今日は、普段行けない毛糸屋さんに行ったのですが、そこでは、私のショールのデザイナーの別のショールをしていた人と意気投合。一緒に写真まで撮ってしまいました。

image

このショール、私も今、作りかけなんです。早く仕上げなくては。Melanie Berg のショールばかりになりそう。

別の毛糸屋さんですごく気に入ったカーディガンのサンプルがありました。来てみたら軽いし最高に好きな形。毛糸を買おうかどうしようかすごく迷って結局買わずに店を出ました。理由ですか? 金額もはりますし、今編んでいるものが他にもたくさんあります。そして、オンラインで毛糸を買えば少し安く買えるんですよ。でもね、そんなことをしていたらお店がどんどんつぶれていきます。つぶれていったあとで文句を言ったって後の祭り。原因は私たち消費者側にもあるのですから。

実際の店舗が消えたら、色を手にとって見ることもできないし、サンプルをトライすることだってできなくなります。それに、パターンや糸の相談ができなくなったら寂しいですよ。

だから、あのカーディガンを編むなら、あのお店で毛糸を買おうと決めました。後は、時間的に余裕があるかどうかですね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

何度もほどいて出来上がったカーディガン

きれいなピンクだったのでなかなかパターンが決められなくていたのですが、編み始めることにしました。しかし、編み始めてはほどき、とそれを3度繰り返しました。間違えたのではなくてパターンが気に入らなかったんです。ほどいたままのボールでおくにはもったいない。

そこで決めたのが Sunnyside by Tanis Lavaliee. 大人用のパターンは有料ですが、子供用は無料だったので前から気に入っていましたしこれを何度目かの正直で編み始めました。さすがに無料パターンだけ(?)あって、細かいところの説明は省かれています。とはいえ基本的なことはきちんと書かれているのでもちろんきちんと編みあげることはできるんです。

これも順調に編み始めるまで何度も何度も間違えてほどいたんです。「もう、ダメかなぁ、この糸、縁がないのかしら?」とまで思いました。かといって気に入っていた糸を投げ捨てるのも気が引けます。がんばりました。

体の部分を編んで、裾の部分にきました。2種類の裾の編み方が出ていたんです。一つはガーター編み。もう一つは途中で「かけ目、2目一度」を繰り返し、その部分で折り曲げて仕上げる方法。私は後者を選びました。

IMG_2427

ちょっとかわいらしいエッジになりました。しかし、丸まってしまったんですよ。

IMG_2428

端っこがまるまって上に上がってしまいました。

IMG_2430

あっという間に全体がまくれあがるように上向きにカールしているの、わかります? 水通しをしたらもしかしたら平らになるかもしれない、とも考えました。でも「もしかしたら」ですからな。乾いたらまたカールしてしまうかもしれない。袖口のところを編みながら、このまるまった裾を横目で眺めて考えました。裾の部分も袖口も同じ始末をしたいですからね。両方まくれ上がったのではどちらもやり直さなくてはならなくなってしまいます。

袖口はガーター編みにして体の裾の部分をほどきました。いったい何回目だろう、ほどいたの? と思いながら忍耐強く、忍耐強くていねいにほどいていきました。ガーター編みをして目の始末をして、「できたぁ〜。あとはボタンをつけるだけ」と喜び勇んでぬるま湯にひたしました。そして、写真を撮りました。見てください。

IMG_2432

少し暗いですね。サイズのためにiPhoneをおいてみました。こんなに小さいカーディガンなのに、編んではほどいて、を繰り返したので時間がかかってしまいました。でも、出来上がりが可愛いからいいかな。残った糸を使ってソックスも編もうかな。

そうそう、毛糸はBlue Moon Fiberの Socks that Rock light weightです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

毛糸とパターンの相性

あるパターンがこちらでいうフィンガリングの太さの糸を使うことを勧めているとします。そうか、フィンガリングか、とゴソゴソとクローゼットを探し、気に入った色を見つけ、さて、編み出したものの、「あれ? 何か違う」と思われたこと、ありません? 思っているような張りが出なかった、もしくはその逆で、体を包んで欲しいのに、ひどく自己主張が強い毛糸だったりとか、そうなると、そのまま編み続けるかどうか悩みます。

昨日記事にした、糸なのですが、レースの太さなんですね。レースにありがちなのです亜g、柔らかすぎてふにゃふにゃしてしまうんです。編み時が柔らかいのは肌触りも良くて大好きです。しかし、カーディガンとなると、私は少し張りがあって形を保てるとまでは言わないにしても、いわゆるボディーがあるものであってほしんです。そこで、数時間を費やしたものの、すぐにほどきました。

この糸は、ショールにするのが一番! 柔らかくて、ドレープして、暖かくて。そう、カーディガンではなくてショールに変身です。

太さもさることながら、その糸に何が含まれているかというのもここでは重要です。それから「捻り」です。カシミアなどはどちらかというと直線的な伸びを感じます。柔らかいアルパカは体を包んでくれますが、柔軟性には欠けています。コットンはウールのような伸縮性はほとんど感じられませんよね。リネンは張りが出ます。その分、編むときに手が辛い時もあります。

ソックスはナイロンなどを含むと強さ、伸縮性が出ます。モヘアもだいたいナイロンが含まれますが、その割合によって触り心地が全く違うものになるんですよ。’

「捻り」は3ply、2plyというplyの部分ですね。2plyは、2本の糸を縒ってあります。そのより方が強いか弱いかで編みあがりの感触も全く変わります。

昨日選んだパターンをもしレースの太さで編むなら撚りが強い糸を選んだ方が型崩れがしないのでしょう。

色がきれいでついつい手を選んでしまう毛糸たちですが、彼らにもそれぞれ個性、主張があるので、その辺と上手く付き合いながら素敵なものを編みましょうね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村