この季節には少し厚めのショールがいいですね

寒い日が続いています。太陽が外に出ているとそれでも良いのですが曇りとか、雨が降っていると寒さが身にしみますよね。

外を歩く人を見ると厚めのショール、特に今年はチェックのショールをまとっている人を多く目にします。チェックもステキですが、手編みの厚めのショールも良いのではないでしょうか?

日本の方は長方形のショールが多いですね。あまり三角形のショールを身につけているhとはあまり見かけません。これはなぜなのだろう? 三日月型のショールもなかなか良いと思うのですよ。

太い糸でざくっと編むのもそれはそれで暖かく見えます。そして、細い糸で大きめに編むと首のまわりの馴染みがいいように思います。そして、糸の素材。これがまた暖かさに差をつけてくれます。

先日、デパートでカーディガンを見ていました。1枚、ウール96%、カシミア4%というのがあって、カシミア4%がカーディガンにどれだけ違いを生ませるのか興味を持ったんです。売り子さんにお尋ねしましたが、ちゃんとした返事は返ってきませんでした。

カシミアが入っているだけでなんとなーく暖かい気はしますよね。

日本に戻ってきてどの毛糸を使うか、これは悩みどころ。アメリカに住んでいた時は欲しい時にはお気に入りの毛糸屋さんに出かけていけばそれで良かったのに、今はそうはいきません。

ついついけちってしまいそうです。

広告

毛糸とパターンの相性

あるパターンがこちらでいうフィンガリングの太さの糸を使うことを勧めているとします。そうか、フィンガリングか、とゴソゴソとクローゼットを探し、気に入った色を見つけ、さて、編み出したものの、「あれ? 何か違う」と思われたこと、ありません? 思っているような張りが出なかった、もしくはその逆で、体を包んで欲しいのに、ひどく自己主張が強い毛糸だったりとか、そうなると、そのまま編み続けるかどうか悩みます。

昨日記事にした、糸なのですが、レースの太さなんですね。レースにありがちなのです亜g、柔らかすぎてふにゃふにゃしてしまうんです。編み時が柔らかいのは肌触りも良くて大好きです。しかし、カーディガンとなると、私は少し張りがあって形を保てるとまでは言わないにしても、いわゆるボディーがあるものであってほしんです。そこで、数時間を費やしたものの、すぐにほどきました。

この糸は、ショールにするのが一番! 柔らかくて、ドレープして、暖かくて。そう、カーディガンではなくてショールに変身です。

太さもさることながら、その糸に何が含まれているかというのもここでは重要です。それから「捻り」です。カシミアなどはどちらかというと直線的な伸びを感じます。柔らかいアルパカは体を包んでくれますが、柔軟性には欠けています。コットンはウールのような伸縮性はほとんど感じられませんよね。リネンは張りが出ます。その分、編むときに手が辛い時もあります。

ソックスはナイロンなどを含むと強さ、伸縮性が出ます。モヘアもだいたいナイロンが含まれますが、その割合によって触り心地が全く違うものになるんですよ。’

「捻り」は3ply、2plyというplyの部分ですね。2plyは、2本の糸を縒ってあります。そのより方が強いか弱いかで編みあがりの感触も全く変わります。

昨日選んだパターンをもしレースの太さで編むなら撚りが強い糸を選んだ方が型崩れがしないのでしょう。

色がきれいでついつい手を選んでしまう毛糸たちですが、彼らにもそれぞれ個性、主張があるので、その辺と上手く付き合いながら素敵なものを編みましょうね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

今日は基本のガーター編みについてちょっと

ガーター編みというのは表も裏もどちらでもとにかく表編みを編むことを言います。

表編みだけですから楽チンなんです。私、裏編みは表編みに比べてスピードが落ちるので表編みだけって大好き、と言いたいとこですが…

しかし、どうも私はガーター編みが得意ではないようです。というのは、目があまりそろわないんですよ。メリヤス編みに比べてどうも、「楽チン」であることが逆効果を引き起こすようです。緊張感もなく、ただタラタラ編んでいると手の感覚も鈍くなるというか、頭も働いていないのでしょうね。よく見るとところどころでやけに目が大きくなっていることに気がつきげんなりします。

これはいけない、と編むときの強さを一定にする(私はボールからの糸を左手に絡ませます。そのときに小指に一巻きしてゆるくならないようにするなどように気をつけています。そのせいか、少しは良くなっているようですが、気をぬくとまた、ドーンとゆるい目があらわれます。

ガーター編みってさわるとプクプクして気持ちがいいですよね。

たとえばガーター編みで10段、それからメリヤス編みで10段編んでその長さを比べますね。するとガーター編みの方が(伸ばさない限り)短いんです。だから、同じ幅で50センチのものを作るとガーター編みの方がメリヤス編みに比べてより多くの毛糸が必要となり、重くもなってしまいます。丈が出ない分、厚みが出てプクプクするんですね。このあたりを考えて自分が作ろうとしているものにガーター編みがふさわしいかどうかを考えるのも大切だと思います。

せっかく編んだセーターが重すぎて肩がこる、なんてことになったらイヤですから。
また、伸縮性にかける糸はフワフワ感が出にくいかもしれません。たとえば、アルパカ、カシミア、それからコットンなどは。しかし、これも好みですからね。

太い糸でふんわりとガーター編みをしたスカーフなどは逆にいいかもしれませんね。モヘアとかで。フワフワ感がたっぷりになりそう。

ガーター編み、表編みだね、というのに侮れません。

ポチッと一押しお願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

高級ウールが大好きな猫

友人の家に糸紡ぎに行ってきました。紡いだのはRomney という羊の種類。まだ、数回しか紡いだことがないので、糸紡ぎ機を購入していません。それで、持っている友人の家で紡がせてもらっているんです。

IMG_0418

なかなか上手に紡げません。手と足、それに目と頭が同時に働かないといけない糸紡ぎは手強いんです。何かを作れる毛糸を紡げるまでにはとても時間がかかりそうですが、がんばります。

そこのお家にいる猫が、ウール好き。横にアクリルや他の毛糸が転がっていてもまったく見向きをしないのに、アルパカ、カシミアなどの高級な糸であればあるほどそれで遊びたがるんですって。匂い、手の感触でわかるのでしょうね。

IMG_0409

持っているだけのファイバーを持って行ったので、私が荷物を降ろすかおろさないかのうちに彼はやってきました。エルビーという名前です。しばらく遠巻きにしていたけれど、我慢ができなかったのでしょう。バッグの中に鼻を突っ込み始めました。糸を紡ぎだしたら糸をアタックせずにはいられずに友人に叱られていたんですよ。「フン」と行ってしまったエルビー

IMG_0415

ふわふわしているエルビーの毛も糸にしたらとっても気持ちが良さそう。

買ってきたセーターなどが本当にカシミアかどうか、彼にチェックしてもらうのっていいかもしれません。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

同じ毛糸なのに細くなってきているような

私だけが思っているのかもしれませんが,なんか,同じ毛糸でも1年前に買ったものと最近買ったものを比べると最近のものの方が細いような...だから編み上がるものが薄い感じがするんです。

と,友人に言うと,彼女も実はそう感じていたとか...それぞれの毛糸の太さによって細い順にlace, fingering, sports, DK, Aran… と別れているのですが,その境目がとっても曖昧になってきていると彼女はさらに言います。確かに、DKトラベルに書かれているのにやけに細い毛糸を多く見かけるんです。DKだって10センチ22目くらい編めてしまうのですからかなり細いですよね。fingeringがだいたい24目でしょう? ほとんど変わりません。この間に入るsportsはこのかんかくで行くと10センチ23目編めることになりますね。(笑) これくらいの差って編む人の手のゆるさによったら出ないくらいの差ではないですか。想像するに,昔はもう少しはっきりと差があったのにここに来て糸が細くなってきているから違いがあってないようなものになってしまっているのかと。

今、sports weightの糸でカーディガンを編んでいます。でも,とても真冬に着れるとは思えない薄さ。春先を待ってのデビューになりそうです。真冬に着たいと思えるセーターを編むためには日本で毛糸を買い込むしかないかも.こちらで買える太い糸は撚りがあまいものが多いのでこれまたあまりあたたかそうなセーターはでき上がりません。Lopiの糸ならここで手に入りますし,ざっくりしたものが編めるのでこれも候補の一つ。

あとは糸の種類ですね。アルパカの毛糸は身体をやさしく包み込んでくれるようなあたたかさがあるのでそれほど太い糸である必要はありません。でもね,こちらで売っているとってもお手軽価格のカシミヤのセーターは日にかざすとセーターの向こう側が透けて見えるんです。これじゃ,もし,本当にカシミヤを使っているとしてもあまり暖かいとは思えませんよね。

質が良いものをほんの少しだけ手に入れる。そういう生活に憧れます。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

映画を見ているとつい気になるセーターたち...

ショッピングをしているときももちろんですが,映画を見ているときにはストーリーもさることながらつい、セーター,ショール類に目が行ってしまいます。形、色、素材など,気になって気になって仕方がありません。

去年は、「スープオペラ」を見てミシンに向いました。ルイちゃんが着ているワンピースやスカートを作りたくて生地を買い込みいくつも作りました。

そして,今年の気になる映画。テレビジャパンで少し前に放送された、「すえ、まい、さわ」(これであっているのかちょっと疑問)

柴咲コウさんが演じている「すえちゃん」が着ている黄色いカーディガンがどうしても編みたい! ごくごく普通のカーディガンの形で丈はちょっと短め。そして茶色いポケットがついています。素材はとても軽そうな糸。アルパカ? カシミア? 毛足はあまり長くなさそうなのでモヘアとかアンゴラではなさそうです。ポケットは茶色でなくていいから別の色にするのはとってもよいアイデアかも.と自分の頭の中でいろいろとイメージがモクモクとわいていきます。考えているだけで楽しい! でも,本当に編めたらもっともっと嬉しい!

ふだんはブルー系が好きなのですが今年の秋は黄色に目がいきそうな気配です。でも、なかなか「これ!」という黄色に巡り会えないのも事実です。一口に「黄色」といってもいろいろなシェードがあるのでオンラインで買うのは冒険に近いというもの。やはり自分の目で見て素材感も確かめて買いたい...ま,今,「毛糸は買ってはいけない令」が発令されているのであれやこれや考えるだけで毛糸屋さんに足を踏み込むことは控えているときなので、悩み続けます,というより楽しみを膨らましていくことにします。また,あの映画を見て研究しようっと。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

主人、長男、次男、足型をとる!

「足型をとる」ではなくて「足型をなぞって測る」の方が正しいかしら?

要するにそれぞれに白い紙の上に立ってもらって足のまわりをなぞったんです。そうすると、親指の先からかかとの後まで足の一番長い部分の長さが測れます。それから、足の甲の部分のまわりを測り、必要ないかもしれないけれど、と思いながらも親指の付け根から小指の付け根までを一周するとどれくらいかしら? とテープを回しました。こうすると、かなりフィットしたソックスが編めるのではないかと思ったんです。

そして、忘れちゃいけない、と思い、ソックスの長さを25センチとしてかかとから25センチ上にいったふくらはぎのちょっとしたのところの太さも測りました。もし、そこがすごく太かったら目数を調整しなくてはなりませんから。まぁ、3人ともスポーツをしているので太いことは想像していましたが、なぜか主人が一番太い。どうしてなのだろう? 長男はばんば馬のような足をしていたはずなのに微妙に主人より細いんですよ。今だって、毎日5キロ近く出勤のときに歩いているというのに。

足の裏の形も、3人3様です。主人と長男はべた足。そして次男は私似で土踏まずがかなり高いので足型が細くとれました。

足型をとってしまったので3人、密かにソックスを期待しているかしら? 前に編んだソックスはずるずる落ちてくる、と言われてしまったので今回はそういうことがないように綿密に目数を計算して編むことにします。主人のソックスが落ちてこなかったのはふくらはぎが太いことが理由だったのかもしれません。いろいろと謎がとけていきます。

使う毛糸はソックス用によく見られるナイロンなどの混紡でもよいのですが、ちょっとぜいたくしてアルパカ100%の毛糸もいいかも。それとももっともっと贅沢してカシミアの毛糸? いや、手で洗おうなんて思うはずがないからやっぱり混紡かな。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ