黒いカウルはうーん。

カウルをプレゼントするのに、何色が好きか聞いたらグレー、黒が良いと言われました。たまたま黒のカウルを編み終えてそのまましまってあったのがあるのでそれにしようかしら、と思いつき、出してみたところ、黒いカウルというのは糸、パターンによってはお葬式を連想させてしまうことに気がつきました。

もっとも、私の考えすぎかもしれませんが、ためらいもあり、これはやめ。ということで別の糸を巻かなくてはならないんですよ。でも、巻く機械をつけられる机がなくてさぁ、どうしよう。横着せずに手で巻きますかねぇ。

と思い悩んでいたところ(?)でまた、思い出したのが別の辛子色のショール。これは編んで、ブロックしなくてはと思いながらもいつもの怠け癖が出てそのままになっているもの。辛子色は私好みの色とはいえ、その方が好きかどうかはわからない。。。 とても小柄な素敵な女性なので何色でも似合いそうなのですが、好みでないと逆に押し付けになりかねないし。。

いや、思い切って差し上げてみようかしら。明日ブロックしようっと。お天気も良いみたいだから寒いといはいえ乾くだろうし。

あ、ブロックするピン、どこに入っているだろう? やっぱり毛糸の箱はあけてちゃんとどこに何が入っているかを把握しないといけませんね。できたら、ショールの写真を明日、撮ります。

広告

今日は一の酉

御酉様に行ってきました。閑散としていて少し寂しい境内でしたが、それでも時折、大きい熊手が売れたようで三三七拍子の音が聞こえてきました。

ハロウィーンは騒ぐけれど、酉の市は来ないのかしら? なんてこだわっても仕方がありませんね。両方を楽しんでいらっしゃる方も少なくないと信じたいです。

IMG_0212

 

行ったのは5時前だったので早すぎたのかもしれません。神様に手を合わせてブラブラと屋台を眺め、ちょっとしたリラックスした気持ちになれたかな。

そして、今日、11月1日は「本の日」というので本屋さんにも足を運び、先月から気になっていた本を購入しました。次は食い気。

たい焼き屋さんの前に長い列ができていたにもかかわらずしっかり並んでたい焼きを手に入れた満足がいく一日でした。

今年は二の酉、三の酉まである年ですから、ぜひ、御酉様に足を運んでみてくださいませ。私は小さいころからの思い出がたくさんあるので御酉様は欠かせません。

夕方は肌寒いので手編みのカウルをしっかり首に巻いてお出かけしました。

首にしっかりまけます

私はカウルもスカーフも大好きです。

しかし、カウルは短すぎても長すぎても首に風があたって「うー、寒い」となるときがあります。

また、スカーフは風に飛ばされることもないわけではないし、これも何かのはずみに落としてしまったり、とどちらかというとこれらは母の意見なのですが。。。

そこで、前にプレゼントしたのが、こんな感じの首巻き(?) まだ、編み途中なのですが、

IMG_7443

真ん中の部分がゴム編みになっているのわかります? ここに逆側の端を通すんです。

持ち上げてみると、ほら、

IMG_7444

ほら、ここを通ります。もう片方の先っぽを入れてキュッとひっぱるとなかなか暖かい。

ただ、編むときには注意が必要で、首回りをどれくらいにするか悩まないとこれまた長すぎて首周りが寒かったり、短すぎて首がしまりそうになったり。編む私は気を使います。でも、ちょうどいい長さにできあがればとっても喜んでもらえるプレゼントになります。

プレーンなガーター編みでもいいですが、これはちょっとオシャレにレースっぽい編み方です。早々、パターンの名前を忘れずに書かなくては。

Loopy Lace Scarf by Katie Harris. フリーパターンです。

帽子とカウル

帽子をかぶっている人たち、増えましたね。毛糸の帽子あり、フェルト地のような帽子もありと見ていてとても楽しいんです。

女性の場合、髪の毛がつぶれて’hat hair’になるのが嫌でかぶらない方もたくさんいらっしゃると思います。

母もそうだったのですが、年を重ねるにつれてどうも頭が寒くなってきたらしく「帽子が欲しい」というので、たまたま持っていた糸で編みました。頭の大きさ、形はほんとうにさまざまで深さとかとても困ります。一番フィットするであろうと思われる2x2のゴム編みを選びました。少し長めに編んでおいたので、このように耳の部分を2重にしてカバーできます。

img_3953

とても暖かいようで、しかも近所にお買い物に行くとみなさまから「いい帽子ね」とか「似合っているわね」と声をかけられてそれもまた嬉しいらしい。。。

ついでに彼女が巻いているカウルについて一言。これはアルパカ100%の糸で編んだとても暖かい物です。カウルの形はしていますが、幅を広くしてあるので、少し広げて肩にかけると肩をすっぽり覆ってくれてとても暖かいんです。家にいるときはそうやって肩を暖め、そとにでるときはこのようにショールピンなどで首元をとめればオーケー。

img_3952

もう少し大きいショールピンがあるといいかも。ブローチなどないかしら、と探したけれど、髪留めはたくさんあってもブローチは最近する人が減っているのか見つけられませんでした。

img_3979

池袋のla droguerie で見つけたピン。つい材料を買い込んで作ってしまいました。さくらんぼが可愛いんです。そう、気に入ったものがなかったら作るしかありません。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

 

簡単なカウルのパターン、これ、有料?

Ravelry もかなり飽和状態ではないかと思うこの頃です。似たようなパターンがちらほらあちらこちらで見え隠れしています。こんなにどこでもあるようなカウルのパターンを有料にするなんて!と驚いたりね。

シンプルなパターンでも使う毛糸を変えるだけですごく目新しく見えることも少なくありません。

たとえばです。輪編みにするカウルを例にとりましょう。メリヤス編みを端に持ってくると丸まってしまいます。それが可愛いことももちろんあります。でも、それが好ましくない人はガーターで数段を始めたり、かのこ編みにしたりします。次に数段をメリヤス編み、また数段をガーター編み、この繰り返しをするのは別にパターンとして書くことなくしてもなんとなーく誰でもしてみようと思いますよね。

そこで、使う毛糸を2種類に変えてみる、たとえば一つをモヘアにしてもう一つを太めの糸にする、すると表情があるカウルが出来上がります。また、一つの糸を単色で、もう一つの糸を段染めの糸、もしくは、少しツィードっぽい糸を使うだけでほら、ものすごく見た目が変わります。

このようなパターンも、値段がつけられて売られているのを見ると「ふーん」という気になってしまうんです。

そりゃね、ゲージやら、どれくらいの長さにするから何目作り目するとか、ちょっとかわった伏せ目をするとか、付け足せることは幾つかあります。しかし、自分が使いたいゲージを測って、次に作りたいカウルの円周を決めれば自ずから作り目の数は決まります。数目の差は誤差の範囲でいいでしょう。

糸が足りなくなるかもしれないから、このパターンを使った人はどの糸をどれくらい使ったのかは確かに参考になりますね。途中で糸がなくなったときのドキドキ感はスリルがありすぎます。時として最後が急に目がきつくなっていたりして自分でも笑ってしまいます。ただ、それは他のフリーパターンを参考にすると大体の予測をつけることはできるんです。

それに、一つ編んでみて「これが絶対」という毛糸もサイズもありません。「あら、これもよかったわ」「この糸の太さならこの長さの方がいいかも」「私の身長に、このカウルは短すぎる」など、それぞれの好みに合わせて調整できるのがこれまた楽しいんですからね。

それにしても、「こんな単純なパターン、そして他のデザイナーさんのパターンに酷似しているパターンにお金を払うのはちょっと」と思ってしまうパターンが増えてきているかな、と思います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

体の大きさによってサイズを変える

どうしてもアメリカのパターンを使うことが多くなります。しかし、体が大きいアメリカ人のためのワンサイズのものを日本人の体型に合わそうとするのはなかなか難しいんです。アメリカ人だって体型はさまざまですからね。苦労している人、少なくないとは思います。

糸を細くしたり、針を小さい号数で編むのが一番の方法です。それで大抵の場合、ごまかしてきたものの、今回編んでみた Outlier というパターンは少し手こずりました。というのは日本人の中でも小柄の人のために編んでいるからなんです。そして、このOutlier、すごく太い糸を使い、ザクザク編みます。ゆるゆる編むとダラダラと体の前で伸びてしまいそう。さらに、肩幅がない人が着たらこう、ひどくバランスが悪くまるで借り物のポンチョになりかねません。

うーん、と悩み、とにかく細い糸と針、しかし、細すぎたらこのパターンの魅力が失われます。パターンでは10センチ10目という毛糸を使っているので、私は10センチ14目の糸を選び、針も9ミリから5ミリに落としました。

体をまとう部分は目数は変更せずに編み続け、しかし、片側がやけに短くなりそうだったので、その部分の段数を増やし、さらに、首の周りに近づくにつれて細すぎないように減らし目も調整しました。最終的に出来上がったものは、今乾かしているところ。水気がまだまだ取れていないのであまり綺麗な写真ではありませんが。。。

img_3639

横半分に折ると、台形になり、首の周りが28センチ、(もう少し細くしてもよかったかな) 台形の高さにあたる部分が22センチ、そして足にあたる部分が40センチとなりました。小柄な人にはちょうど良いくらいのサイズに収まったのでホッとしました。

img_3640

もう少し良い写真だと良かったんですけれどね。水から出したばかりなので。。ごめんなさい。

写真をRavelry で見ていただくとわかりますが、非常にアンバランスな素敵なポンチョというか、カウルというかなんですよね。とにかく、一つ作ってみることで構成が理解できたので、また、少し形を変えながら同じものを編んでみようと思います。糸の太さをもう少し太くしてこれまた全然違う雰囲気になりそうです。色も変えてみよう。

片側の肩が寒くなりそうなので、長い部分を体の前に持ってきた方がいいのかしらとか、着方もこれまた悩みますよね。作った友人は、寒い朝とかにとても便利なのよ、と言っていましたから、片方の肩がそんなに寒いとか、ないのかもしれませんね。私は寒がりなのでそう思うのかなぁ。

あまり太い糸がないんですよ。2本引っ張るという手もある、とか色々と考えて楽しんでいます。

そうそう、このパターンガーター編み、メリヤス編み、引き返し編みが練習できるパターンかもしれませんよ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

太い糸にご注意を

昨日出来上がったカウルの柔らかさにひどく満足した私は、同じような糸が残っていたことを思い出して編み始めました。ステキなクリスマスプレゼントになるなって。作り目も同じ80目で。昨日編んだ糸は、ベビーアルパカとシルクの混紡。そして、今日編み出したいとはメリノウール100%の糸とキッドモヘアの細い糸の2本どりです。

編んでいる時に、ふと思ったんです。「重い」って。黒いカウルを編んでいた時は全く感じなかったので、あら、黒いカウルより大きく編んでしまったかしら? と思って比べたら全然小さい。ありゃりゃ。これ重いわ。さて、どうしましょう? プレゼントの行き先は30歳ちょっとの背が高い女性。175センチくらいあるので、このように大きいカウルは似合うだろうし、まだまだ若いから重さも負担にならないかな? 

同じくらいの大きさまで編み上がりました。img_3634

水通しして乾くのに時間がかかりそうなカウルですが、それをしないわけにはいきません。念のため、大きさを比べてみましょう。

img_3637

ほとんど同じ。糸は白い糸の方が心持ち太いかな? でも、違っても「心持ち」くらいだと思うんですよ。しかし、重さを測ったらこれまた驚き!

黒いカウルは106グラム。そして白いカウルは166グラム。60グラムも重いんです。

そう、見た目は同じでも、使われている糸によって風合いはまったくかわりますし、身につけた時の感触、重さもこのように違うので、お気をつけ下さいね。こんな思いカウルは高齢の方には間違っても差し上げられません。若い友人へのプレゼントでよかった、ちょっとホッとしています。’

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村