太い糸にご注意を

昨日出来上がったカウルの柔らかさにひどく満足した私は、同じような糸が残っていたことを思い出して編み始めました。ステキなクリスマスプレゼントになるなって。作り目も同じ80目で。昨日編んだ糸は、ベビーアルパカとシルクの混紡。そして、今日編み出したいとはメリノウール100%の糸とキッドモヘアの細い糸の2本どりです。

編んでいる時に、ふと思ったんです。「重い」って。黒いカウルを編んでいた時は全く感じなかったので、あら、黒いカウルより大きく編んでしまったかしら? と思って比べたら全然小さい。ありゃりゃ。これ重いわ。さて、どうしましょう? プレゼントの行き先は30歳ちょっとの背が高い女性。175センチくらいあるので、このように大きいカウルは似合うだろうし、まだまだ若いから重さも負担にならないかな? 

同じくらいの大きさまで編み上がりました。img_3634

水通しして乾くのに時間がかかりそうなカウルですが、それをしないわけにはいきません。念のため、大きさを比べてみましょう。

img_3637

ほとんど同じ。糸は白い糸の方が心持ち太いかな? でも、違っても「心持ち」くらいだと思うんですよ。しかし、重さを測ったらこれまた驚き!

黒いカウルは106グラム。そして白いカウルは166グラム。60グラムも重いんです。

そう、見た目は同じでも、使われている糸によって風合いはまったくかわりますし、身につけた時の感触、重さもこのように違うので、お気をつけ下さいね。こんな思いカウルは高齢の方には間違っても差し上げられません。若い友人へのプレゼントでよかった、ちょっとホッとしています。’

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

広告