アメリカ兵士が着る羊毛はアメリカ産

第2次世界大戦の折に、アメリカは自国の軍需産業、そして祖国のために戦う兵士の命を守るために、兵隊服の服(上着から下着まで)、絹を含む製品、ウールなどを全てアメリカ国内産のものを使用することが決められました。

今でも世界各地に兵士を送っているアメリカです、いまだにこの規制は続き、数年前にさらに厳しくされました。羊をアメリカで育て羊毛を刈り取り、毛糸にしてそこから必要なものを製品化していくわけです。

現在アメリカのウール製品の多くはニュージランドの羊さんたちのものでそれが一旦、中国に送られそこで製品となりアメリカに入ってくるそうですが、規制の強化とともに、何もそんなに遠くから輸送することせずにこの際、最初から最後までアメリカでやろうではないかという動きがあるようです。

広い国土ですから場所はどこにでも(そうでもないか)ありますが、政府からの補助金、もしくは企業などからの寄付がないとなかなか始められない大事業だと思いますが、それでも、前進しつつあるみたいです。Brooklyn Tweed は良い例ですね。あ、彼らは軍需品とは全く関係ありませんので、念のため。でも、アメリカで育った羊をアメリカで毛糸にしているという点は同じです。

いろいろな毛糸のラベルを見ると、made in Peru, made in U.S.A と書いてありますが、全てをペルー、もしくはアメリカで全ての工程がなされているとは限らないんです。どうもその辺がよくわからないのですが。。。 どこまでラベルに規制があり、あとは生産者側がどこまで正直かですから。

気にし出したらきりがありません。別にどこ産の毛糸だから使わない、とかいうこともありません。ただ、興味があるんですよ。どこの産業なのだろう?輸送費、人件費などどれだけ上乗せされているのだろう、生産者のもとに、きちんとお金が入っているのだろうかなんてね。

難しいことはこれくらいにしましょう。今年の冬は暖冬で厚いセーターを着る機会があまりありませんでしたが来週から本格的な寒さがやってくるようです。寒いのは嫌いですが、セーターが活躍するのは嬉しい、と矛盾した気持ちでいます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広告

Take time to save time

「急がば回れ」と言ったところでしょうか? これはカーディガンなど、「着るものを作る時には必ずスワッチをしなさいよ」という時に聞く言葉です。スワッチが嫌いな私は耳にタコができるくらいこの言葉を浴びせられています。(笑)

ちなみに、スワッチというのは、編もうとしている糸でパターンが指定しているサイズの針を使い20センチx20センチくらいの正方形を編むんです。内側は指定されたパターンで、そして周りはガーター編みにします。そうしないと丸まってしまいちゃんと目数が数えられませんから。編み上がったらぬるま湯につけてしばらく置きます。たいていウール100%の糸はリラックスして正方形が大きくなります。

IMG_0272

ついインチキして長さを短めに編んでしまうクセがあります。「長さはなんとでもなるじゃない」とまぁ、いい加減な性格が表れます。

この糸で編もうかなと考えているパターンによると1211ヤード必要なんです。でも、糸は1200ヤードしかありません。この足りない11ヤード、困ったものです。だから余計にスワッチなんかに糸を使いたくない! という駄々っ子のような私を見て、

「スワッチを伏せ止めしなければいいのよ。針にかかっている目に別の糸を通して水につければ、そのままほどいて本体を編む時に使えるわよ」

なるほど。

IMG_0273

糸に通しました。このままぬるま湯につけてきます。もちろん糸は切っていません。必要ならこれをほどいて使うんです。考えてみれば、当然ですよね。スワッチをそのまま保存する必要はないわけだし。

ということで今、洗面所でぬるま湯に浮かんでいます。ウール100%なので、水分が吸収されるのに20分はかかると思われますので、気長に待ちます。それをしっかり乾かして、あとは10センチ四方の目数と段数を数えるだけ。出てきた数とパターンの数字を比較して、同じならそのままそのサイズの針でパターン通りに編み始めます。

もし、それほどの差はないけれど、少し大きくしたかったら針のサイズを大きくしますし、小さくしたかったらその逆でいきます。細かい計算をすることもできないわけではありませんが、それをするよりも一サイズ上を編んだり、下を編んだり、または糸の太さを変えたりといろいろ悩み考え、編み始めるわけです。そう、時間がかかります。下準備に。でも、ここに時間をかけないとあとですごーく公開することになるんですよね。

だから、Take time to save time です。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

つい、裏返しにしてしまうんですよ。

あちらこちらのお店で手編みっぽいスカーフや帽子をたくさん売っています。どれどれ、と手に取りついつい裏返しにしてしまう私。いったい、どういう風に組み立てられているのだろう? どういう毛糸を使っているのだろう? さて、原産国はどこだろうなんてね。ちょっと感じ悪いかも。

今日も、素敵な編み込みの帽子を見つけました。裏にはフリースの生地がしっかりと縫い付けられているので風が通り抜けることもなく暖かそう。編み込みの色も、オフホワイト、薄いブルーに紺色と私好みの色。でもね、自分で編めちゃうと思うとかう気になれないところがつらい。だって、買えばすぐにかぶれるけれど、自分で作るとなると毛糸屋さんに行って色を選んでパターンを考えて(さがして)編み始めなくてはならないからどんなに早くても1週間はかかります。

ただ、自分のサイズに編めるし、色だって好きにできるしさらに、ローカルなお店で毛糸を買えばそのお店だってきっと頑張れるだろうし、と色々と考え込んでしまう私。

これは編み物に限ったことではありません。昔、ビーズにはまったことがある私はお店で売っているいろいろなイヤリングとかネックレスを見ても価格に驚き買うことができません。だって、自分で作ればもっともっとお手軽に作れるのですもの。

と思うことはたくさんあるけれど、なかなか実行に移せないのも私。というよりも、一つのものを作り始めて終わることには作り始めたところに思っていたものとは別の作品を作りたくて仕方がなくなるものだから「作って〜」というものが列を作ってしまうんです。

今回もシカゴで素敵なウールものをたくさん見ました。ただ「これは作りたい!」というものにはまだ出会っていないなぁ。「ステキ」と思うのと「絶対に作りたい」と思うのは全く別のものですから。

応援の一押し、ポチッとお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

合成繊維よりもウールの方が涼しい?

日本にはいわゆるサマーウールと呼ばれるものが存在しますよね。ウールとシルクが混紡の糸なので,サマーウールといいながらもウール100%ではありません。

編み物をする私たちとしては糸に何が入っているかはかなり貴重な情報なので,シルクが入っている糸はウールとは呼ばずに「シルクとウール」ときちんと(?)説明すると思います。

親しい友人が細いとはいえないウール100%の糸で夏のトップを編んでいます。それを見たもう一人が

「ウールって夏には暑くない?」

聞かれた人は

「あまり感じたことないわ。合成繊維よりもずっと涼しいと思うわよ。合成繊維って肌にベトってつくじゃない。それがあまり私は好きじゃないから」

うーん,どうかなぁ。ウールを暑い夏に着るのはちょっとためらいがあるけれど,編み方によったら動物(?)の毛の方が人間がこねくり回して作った製品よりも肌にはやさしいのかも。特に冷房の中と暑い外を行き来するとしたら呼吸できる分,ウールの方がいいのかもしれませんね。

そしてサマーウールのように少しでもシルクとかリネンが入っていたら更に肌触りがよくなるのでしょう。でも,やっぱりリネン、シルクかなぁ。お手入れはちょっと手間がかかりますし,編むのもウールよりも滑りがよくない分大変ですが,涼しいのは確か。次から次へと編みたいパターンがどんどん増えていきます。(笑)

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

野呂栄作さんの「きらら」編んでみました

「世界の編み物」で、野呂栄作さんの「きらら」で編んだ、レッグウォーマーを見つけました。それがあまりに可愛いので、また病気が出て「きらら」を購入。さっそく編んでみました。

色はあいも変わらず可愛いですし、糸の太さもそれほど太くないのでレッグウォーマーにはぴったり、と思ったのですが。。。

この毛糸、表示を見るとウール54%、コットン29%、絹10%、アンゴラ10%なんです。さすがコットンが29%入っているだけあって、ひもを編んでいるような感触があります。それに、コットンがある分、伸縮性に欠けているようです。だから、レッグウォーマーのように、足首のところがある程度しまっていないと、なんかだらしない感じになるかも。とはいっても、まだ編みとちゅうですから、実際に身につけてみないとまだ何ともいえません。これは、途中経過の様子です。

コーヒーカップみたいですね

コーヒーカップみたいですね

ただ単にまっすぐ編んでいくのではなく、少し編んだら目を休めて、同じ目数を作って数段編んでから、一緒にしてまた編んでいく、というちょっとおもしろい作り方なので、これは、なかなかステキなレッグウォーマーができそうです。

数年前に、「くれよん」でレッグウォーマーを編んだときに、太すぎてなんだかごわごわしてしまった記憶があるんですよ。とても暖かかったので、シカゴの冬にはばっちりでしたけれど、もう少し、おしゃれなレッグウォーマーにしたかったので、このパターンは嬉しいです。別の毛糸を使ってみようと思います。

重なっているところ、わかりにくいですね。。

重なっているところ、わかりにくいですね。。

がんばって編み続けます。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

無臭の防虫剤を買って帰らなくちゃ。

日本から持って帰りたいものはたくさんあります。

本でしょ.お味噌に、だし昆布、梅干し、かつお節、和菓子はもちろん、お茶などなど、食べるものはいくらでも考えられるのですが、さらに私にとって大切なのが無臭の防虫剤なんです。

毛糸に虫がついたら大変! マフィちゃんだってちゃんとフィラリアの薬を飲んでいますし、お通じの中に虫がいないかだって検査をしています。<ーあまり関係ない? 毛糸に虫がついたら他の毛糸をチェックし、全部、虫干しをしなくてはならないんですって。間違ってもそんな面倒くさいことはしたくありません。

アメリカの防虫剤は、昔のナフタリンの強ーい臭いがするんです。少なくとも私が行くスーパーではそういったたぐいのものしか売っていません。ま、家の中に暖房が入っていますし、暑がりの人が多い国ですから、ウールのセーターよりコットンのセーターが幅を利かせています。だからかなぁ。防虫剤に種類なんてありません。だから、日本に来たときにがんばってたくさん、無臭の防虫剤を買って帰るんです。自衛策ですよ。

今回買った毛糸にも、少しだけ、防虫剤を入れておきました。まずないと思うのですが、古い日本家屋の実家です。もしやして、虫がその辺にいないとも限りません。つい、疑ってしまうこの悪い癖。

もし、お友だちがアメリカにいて、その人へのお土産、何にしようかしらなんて悩んだとき、無臭の防虫剤、意外と喜ばれるかもしれませんよ。一応、聞いてみた方がいいかもしれないけれど。。。 

そうそう、我が家の地下には「檜の部屋」なんてものがああります.部屋と言ったってすごくせまいクローゼットみたいなものですけれどね。薄っぺらい檜が貼ってあって、微妙に檜の香りがします。おそらく、虫除けのためにその部屋を作ったのだと思います。この「檜の部屋」は、やはり虫が多い地方の家には珍しくないんですって。驚きました。一応、冬のコートとかそこに収納していますけれど、どうなのでしょう? 本当に虫がつかないかどうかは1年過ごしてみないとわかりませんね。

そうそう、この間、スーパーでぬか床を見つけました。あれ、買って帰りたい。。。 スースケースがすごく重くなりそう。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

せまい部屋でジャズを聴きながら編み物。

実家の一室を与えられ(?)パソコンから流れてくるジャズを聴きながら久しぶりにゆっくりと編み物をしています。これが、また何とも幸せなんです。曲は’Too Young to Go Steady’ by John Coltrane.

「ジャズなんとどこでも聞けるし、編み物だってどこだってできるでしょ。」と思われがちですが、それがそうでもない。いえ、もちろんできるんですよ。でも、楽しみ方は全然違います。

アメリカの家は一般的にベッドルームをのぞいてはドアもなくしきりもありません。キッチン、ファミリールーム、リビングルーム、ダイニングルームが並ぶ1階はすべて見通しが良い空間です。ファミリールームにいたって、ダイニングの窓を通して外を通る車も見えますし、キッチンの方で水を飲んでいるマフィンの様子だって伺えます。これはこれで良いのですが、ただ、広すぎて落ち着かないときもあるんです。冬など、肌寒い。。。 これは、狭い空間で育った日本人ならではの感性なのかも。

それに比べて実家の1室は見事な日本の部屋。雨戸を閉め、窓、しょうじをしめて、ドアを閉じてしまったら、そこは自分だけの本のちっぽけな空間です。居心地が良いというか、落ち着くというか、こじんまりとした私の好きな空間の出来上がり。そこで、自分の好きな音楽を聴くと他の雑音も視界も入ってきませんから、自分の世界にはまり込むことができるんです。アメリカの家ではこうはいきません。ワンルームマンションも悪くないかも、と思いましたが、私の毛糸の在庫がしまえそうにないので、こんな夢は一瞬にして消えました。

今、編んでいるのは、ソックスです。早く編み上げなくてはと思いながら他のショールを立て続けに編んでいたのでずっとお預けになっていたもの。かせで見たときにはステキな色だったのに、編んでみたら模様がいまいち。困ったぞ。

あとで、熱いコーヒーを持ってこよう。他は何もいらない(なんていうと主人がひねそうなので)のではなくて、主人がいてくれれば何も言うことはありません。ただね、主人がいるとテレビがつくので。。。

寒い日本家屋の中で毛糸のソックスはとっても役立っています。アクリルやらボア系やらいろいろ廉価でソックスが売られているようですが、手編みのウールのソックスに勝てるものはありません。ちょっとお洗濯は大変かも.手洗いの方が長持ちしますからね。でも、大切にしたいものは心を込めて扱いたい、と言う気持ちは忘れたくないでしょう? 皆さん、毛糸のすばらしさを世間に知らしめましょうよ。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村