この季節には少し厚めのショールがいいですね

寒い日が続いています。太陽が外に出ているとそれでも良いのですが曇りとか、雨が降っていると寒さが身にしみますよね。

外を歩く人を見ると厚めのショール、特に今年はチェックのショールをまとっている人を多く目にします。チェックもステキですが、手編みの厚めのショールも良いのではないでしょうか?

日本の方は長方形のショールが多いですね。あまり三角形のショールを身につけているhとはあまり見かけません。これはなぜなのだろう? 三日月型のショールもなかなか良いと思うのですよ。

太い糸でざくっと編むのもそれはそれで暖かく見えます。そして、細い糸で大きめに編むと首のまわりの馴染みがいいように思います。そして、糸の素材。これがまた暖かさに差をつけてくれます。

先日、デパートでカーディガンを見ていました。1枚、ウール96%、カシミア4%というのがあって、カシミア4%がカーディガンにどれだけ違いを生ませるのか興味を持ったんです。売り子さんにお尋ねしましたが、ちゃんとした返事は返ってきませんでした。

カシミアが入っているだけでなんとなーく暖かい気はしますよね。

日本に戻ってきてどの毛糸を使うか、これは悩みどころ。アメリカに住んでいた時は欲しい時にはお気に入りの毛糸屋さんに出かけていけばそれで良かったのに、今はそうはいきません。

ついついけちってしまいそうです。

広告

「国産の糸」ですか?

ある毛糸屋さんでの話。私が見ていたら店員の方が近づいてきて「この毛糸は国産なんですよ。」というではありませんか。まぁ、なんと珍しい、と糸を手に取りながら、

「日本の羊の羊毛ですか?」 と問いかけると彼女は口ごもりながら

「いえ、そうではなくて、染めとか加工は日本で行われています。」

「ということは、糸は輸入ですか? どこの羊ですか?」 と私もしつこいなぁ、と自分で思いながら聞くと、

「それはわかりません」 <ー ちょっと嫌そうでしたね。店員さん。

それじゃ、国産じゃないじゃない、国内加工でしょう、と言いたい言葉は飲み込んで、ニコニコと、「ちょっと考えます」と店を後にしました。

素敵な糸たちだったんですよ。色もきれいだったし。でも、「国産」と声をけるのであれば、その辺の説明をきちんとできるような人をおいておいてほしかったなぁ、というのが私の希望でした。

日本で育っている羊から取れているウールはほとんどゼロに近いのではないでしょうかね。あの糸がたとえば、日本のどこどこで育っている羊の毛です。と言われたら私は喜んで買っただろうなぁ。

ま、仕方がありません。商売として成り立たないのでしょうから。

そうそう、この間思い込み激しく編み始めたフィンガレスミットが出来上がったので見てくださいね。

img_4011

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

チャリティの毛糸への考えの相違

新しい土地に住むと新しいことを学び、そういう考えもあったのかと気がつき、なるほどと納得するなどいろいろ刺激的な日を送ることができます。

今までではチャリティの帽子を編むとなると、出来るだけアクリルの毛糸を使うようにと言われました。それがどんなチャリティであってもです。なぜかというと、彼女たちの言葉ですよ、

「どうせ、洗濯機に投げ込むのだからウールで編んだら縮んでしまうでしょう? だからアクリルの毛糸で編むの」
「チャリティのために編むのだから高価な糸を使う必要はないと思うわ」 などなど。

さて、今日また新しい土地でチャリティの帽子を編む話が持ち上がりました(先日記事にしたものとは全く別のものです) 年に2回,ガンのために苦しんでいる人たちのために帽子を持っていくそうなのですよ。今までのことがあったので私は聞きました。

「毛糸はアクリルの方がいいのかしら?」 すると矢のような返事があちらこちらから帰ってきました。

「絶対アクリルなんてダメ。それでなくても苦しんでいる人たちにアクリルの帽子なんてかぶせられないわ」<ーなるほど
「アクリルの糸はごわごわして皮膚に優しくないの。だから、ウールで編んでくれる? そして心が明るくなる色ね」<ーもちろんです。

私としてはウールの糸の方が自分の手が楽なのでそれでチャリティのものを編めるのならば両手を挙げて喜んで編みます。今までそこがネックでなかなかチャリティのための編み物が進まなかったのですから。さらに、続くには

「たとえウールでも質が悪い糸は避けてね」<ーふ〜ん、そこまで言うか。

慌てて私は言いました。
「いや、今までのチャリティニッティングはアクリルで編むように言われたから」

私の言葉が皆の耳に入ったかどうかわかりません。ま、それはいいのですが、おもしろいですよね。意見が違うのを聞くと両方に「なるほどね」と言わせることもありますし、「え?」と思うこともないわけではありません。どちらが正しい、どちらが間違っているというのではなくて双方の意見を聞くという経験を持てているのは嬉しいことだと思います。

さらに、新しいことを一つ。

「抗がん剤治療で毛が抜けている患者さんがたくさんいるから、帽子は小さめに編んでね。私たちは気がつかないけれど毛がなくなると頭のサイズがずっと小さくなるのよ」 

これは考えもしませんでした。今までいくつものチャリティのために帽子を編みました。ガンの患者さんのためにも編みましたが、こういうことを言われたのは初めて。でも、納得です。これからは小さめの帽子を、そして見ているだけで嬉しくなるようなパターンを選ぼうと思います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

急にソックスが編みたくて

ときどき「ソックスが編みたい!」と突然にソックス熱がムクムクと出てきます。なぜなのでしょう?

ソックスを編む糸は本当にたくさんあります。いろいろな色が混ざっているもの、編んでいるうちに不思議、不思議、ストライプが出てくるもの、色の混ざり方が少しかたよっているものだから、編んでいるうちに一つの色の塊がドーンと出てしまうものなど、本当にいろいろです。また、素材も様々なものがあります。やはりソックスですから摩擦にも強い素材がいいですよね。それでナイロン混紡などが多く見られます。また、ソックス用の糸で大切なのは洗濯機で回せること。頻繁に洗いたいソックスなのでそのたびに手洗いは避けたいかも。それにぜひ暖かく足を包んでくれる糸がやはり嬉しい。となるとウール? アルパカ? カシミア混紡? 考えているだけで楽しくなります

今回私は昔買った Madelinetosh sock yarn を引っ張り出しました。この糸でソックスを編むと私の手がゆるいのか、ずるずるしたソックスになってしまうのでちょっと敬遠していました。でも、経験を積んできたので(?)少しはこのズルズル感がないソックスを作れるのではないかという淡い期待とともに作り目を始めました。

他のソックスの糸に比べると微妙に太いような気がするんです。それとも糸が丸っこいのかしら?

模様はまだはっきり決めていませんが、シンプルなものにします。複雑な模様にしても糸の色で模様がはっきり浮かび出ないであろうと思われます。

そして、今回は初めて toe-up で爪先から編み始めました。ずっとやってみたかったのになぜか手を出せずにいましたが、ここで急に勇気が出て挑戦しています。いったいどういうことになるのやら。新しいことにチャレンジしないといけませんものね。

いろいろメモしておかないともう一方を編む時に困るので、鉛筆とノートを手放せません。やっぱり自分の手で書かないと、私ダメなんです。携帯に入れたりすることもしますが、手で書くのが好きなのは年代のせいでしょうかね。がんばるぞ〜。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

秋に向けた3色使いのショール

夏も来ていないのに、秋に向けるのも何かなぁと思いましたが、あまり気にせずにお願いいたします。

1ヶ月ちょっと前にグリーンとオレンジの糸の記事を書きました。この2色を一緒に使ってなんとかショールを編もうと努力したのですが(本当です)どうもダメで、ほどくこと3回。それなら別に使いましょうと、別の糸と合わせて編み始めたのがこれです。

IMG_2468

単色のグリーンはエストニアの毛糸。手触りがザラザラしている糸です。一応、DKと名をうっていますがフィンガリングと一緒に編んでも太さに差を感じません。ウールとしか書いていないので、どういう羊さんからの糸かはわかりません。

残りの二つはmadelinetosh merino lightで, malaと dustbowl。malaは薄いグリーンのベースに少しオフホワイト、ブルーが混ざりなんとも言えないきれいな色を出してくれています。

IMG_2469

単色のグリーンと同系色なのでストライプが目立たないかなとも心配していましたが、杞憂に終わりました。ショールの写真を見ていて、広げるとどんな形なのだろうと思うことってありません? だからというわけではありませんが、

IMG_2471

面白い形に伸びていきます。あ、パターンの名前、書き忘れてました。Melanie Berg のQuicksilverです。Melanie Bergのショールをこれで立て続けに3枚目です。こんなことあまりないのですけれどね。でも、どれも気に入ってます。白いシャツを引き立ててくれるショールたちです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

Bluefaced Leicester という羊の糸

羊にもいろいろな種類があります。今、Bluefaced Leicester という羊の糸を紡いでいるのですが、とても光沢があり、柔らかで紡ぎやすい糸です。

ちなみに、毛糸のタグなどにはBFLと省略されていることが多いです。Leicester には Long haired Leicester, Border Leicester, Bluefaced Leicester と3種類あり、どれもファイバーが長くてショールなどを作るととても身体になじみます。今、私が紡いでいる糸を提供してくれるBluefaced Leicester はこんな顔をしています。

一般にウール、ウールと呼んでいるのは羊の毛のこと。羊と一口に言っても驚くほどの種類があり、それぞれの毛には特徴があるんです。ファイバーの長さはもちろん、硬さ、まっすぐなのかカールしているかなど比べてみるとおもしろいんですよ。羊毛はもちろん、顔、姿、角など、それぞれ特徴があり写真を見ていると飽きません。

何かを編もうと思って毛糸を手に取る時にどうしてもどういう羊の毛だろうと気になって仕方がありません。メリノウールが一般代名詞のように使われていますが、何もメリノウールだけが羊毛ではないのですから、いろいろ試してみない手はありませんよね。ちなみに私のブログのヘッドにうつっている羊はRomney 種の羊です。

100%ウールという言葉だけを信じず、どの羊の羊毛なのだろうと思って調べてみるといろいろ面白いことが見えてきます。

Bluefaced Leicester の毛糸、いいですよぉ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

毛糸が水に落っこっちゃいました。

気がついたら、編み途中のカウルが入っているプロジェクトバッグがマフィンの水バチに転落しているではありませんか! すぐに引き上げたのに、バッグはぐっしょり、でも、ウールは水をはじくのでそれほど水を吸収する前に救出することができました。そうはいっても、毛糸の外側半分くらいは糸が水気を含んでいます。このまま編むのはムリがありそう、と太陽が差し込む窓のサンのところに広げておいて乾くのを待つことに。夜になる前にどけないと気温差が激しすぎて糸の質に変化がないか心配でした。大丈夫だろうとは思いながらも、やっぱりそこからとって部屋の真ん中に持ってきました。

マフィちゃんは「水を替えてよ」という表情で私を見ているではありませんか。仕方がない。水に糸の繊維が浮いていたらおいしくないだろうし。。。

今、抱えているプロジェクトは全部で5つ。カーディガン、プルオーバー、もう一枚カーディガン、水に落ちたカウル、それからもう一つがClincher。三角形のストールというか、カウルというか、ちょっと面白いのでよろしかったらチェックしてくださいね。

これは友人がどこかの毛糸屋さんで見つけて大急ぎで編み上げたもの。見せてもらった私たちの数人はもうすでにこれを編み終えました。他にも早く編み終えたいものがある私は手を出さずにいたのですが、先日、編み物会に持っていくシンプルなプロジェクトを考えていた時に思い出して編み始めたんです。糸は家にあったものを使っています。ずっと前にボールに巻いてあったものなので、わざわざ寒い部屋に入って巻くことがなくてよかった。

IMG_1617

退屈しそうなパターンに見えます。でも、形が出来上がった後に、はしにループをいくつか作り、そこをショールのはしを通すというそこまで行くとなかなか面白そうなパターンです。作っている人はそれぞれ自分の好みの段染めの糸を選んだり、買ったもののきっと使わないだろうなぁと長い間クローゼットの奥底で眠っていた糸を使う人もいます。また、ループの部分はそれほどの長さを必要としませんから、残っている糸を使えますから、いいですよ。

段染めの糸は模様がどう出てくるか編んでみないとわからないので面白いですね。

IMG_1618

ポチッと一押しお願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村