帽子とカウル

帽子をかぶっている人たち、増えましたね。毛糸の帽子あり、フェルト地のような帽子もありと見ていてとても楽しいんです。

女性の場合、髪の毛がつぶれて’hat hair’になるのが嫌でかぶらない方もたくさんいらっしゃると思います。

母もそうだったのですが、年を重ねるにつれてどうも頭が寒くなってきたらしく「帽子が欲しい」というので、たまたま持っていた糸で編みました。頭の大きさ、形はほんとうにさまざまで深さとかとても困ります。一番フィットするであろうと思われる2x2のゴム編みを選びました。少し長めに編んでおいたので、このように耳の部分を2重にしてカバーできます。

img_3953

とても暖かいようで、しかも近所にお買い物に行くとみなさまから「いい帽子ね」とか「似合っているわね」と声をかけられてそれもまた嬉しいらしい。。。

ついでに彼女が巻いているカウルについて一言。これはアルパカ100%の糸で編んだとても暖かい物です。カウルの形はしていますが、幅を広くしてあるので、少し広げて肩にかけると肩をすっぽり覆ってくれてとても暖かいんです。家にいるときはそうやって肩を暖め、そとにでるときはこのようにショールピンなどで首元をとめればオーケー。

img_3952

もう少し大きいショールピンがあるといいかも。ブローチなどないかしら、と探したけれど、髪留めはたくさんあってもブローチは最近する人が減っているのか見つけられませんでした。

img_3979

池袋のla droguerie で見つけたピン。つい材料を買い込んで作ってしまいました。さくらんぼが可愛いんです。そう、気に入ったものがなかったら作るしかありません。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

 

広告

急にソックスが編みたくて

ときどき「ソックスが編みたい!」と突然にソックス熱がムクムクと出てきます。なぜなのでしょう?

ソックスを編む糸は本当にたくさんあります。いろいろな色が混ざっているもの、編んでいるうちに不思議、不思議、ストライプが出てくるもの、色の混ざり方が少しかたよっているものだから、編んでいるうちに一つの色の塊がドーンと出てしまうものなど、本当にいろいろです。また、素材も様々なものがあります。やはりソックスですから摩擦にも強い素材がいいですよね。それでナイロン混紡などが多く見られます。また、ソックス用の糸で大切なのは洗濯機で回せること。頻繁に洗いたいソックスなのでそのたびに手洗いは避けたいかも。それにぜひ暖かく足を包んでくれる糸がやはり嬉しい。となるとウール? アルパカ? カシミア混紡? 考えているだけで楽しくなります

今回私は昔買った Madelinetosh sock yarn を引っ張り出しました。この糸でソックスを編むと私の手がゆるいのか、ずるずるしたソックスになってしまうのでちょっと敬遠していました。でも、経験を積んできたので(?)少しはこのズルズル感がないソックスを作れるのではないかという淡い期待とともに作り目を始めました。

他のソックスの糸に比べると微妙に太いような気がするんです。それとも糸が丸っこいのかしら?

模様はまだはっきり決めていませんが、シンプルなものにします。複雑な模様にしても糸の色で模様がはっきり浮かび出ないであろうと思われます。

そして、今回は初めて toe-up で爪先から編み始めました。ずっとやってみたかったのになぜか手を出せずにいましたが、ここで急に勇気が出て挑戦しています。いったいどういうことになるのやら。新しいことにチャレンジしないといけませんものね。

いろいろメモしておかないともう一方を編む時に困るので、鉛筆とノートを手放せません。やっぱり自分の手で書かないと、私ダメなんです。携帯に入れたりすることもしますが、手で書くのが好きなのは年代のせいでしょうかね。がんばるぞ〜。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

毛糸とパターンの相性

あるパターンがこちらでいうフィンガリングの太さの糸を使うことを勧めているとします。そうか、フィンガリングか、とゴソゴソとクローゼットを探し、気に入った色を見つけ、さて、編み出したものの、「あれ? 何か違う」と思われたこと、ありません? 思っているような張りが出なかった、もしくはその逆で、体を包んで欲しいのに、ひどく自己主張が強い毛糸だったりとか、そうなると、そのまま編み続けるかどうか悩みます。

昨日記事にした、糸なのですが、レースの太さなんですね。レースにありがちなのです亜g、柔らかすぎてふにゃふにゃしてしまうんです。編み時が柔らかいのは肌触りも良くて大好きです。しかし、カーディガンとなると、私は少し張りがあって形を保てるとまでは言わないにしても、いわゆるボディーがあるものであってほしんです。そこで、数時間を費やしたものの、すぐにほどきました。

この糸は、ショールにするのが一番! 柔らかくて、ドレープして、暖かくて。そう、カーディガンではなくてショールに変身です。

太さもさることながら、その糸に何が含まれているかというのもここでは重要です。それから「捻り」です。カシミアなどはどちらかというと直線的な伸びを感じます。柔らかいアルパカは体を包んでくれますが、柔軟性には欠けています。コットンはウールのような伸縮性はほとんど感じられませんよね。リネンは張りが出ます。その分、編むときに手が辛い時もあります。

ソックスはナイロンなどを含むと強さ、伸縮性が出ます。モヘアもだいたいナイロンが含まれますが、その割合によって触り心地が全く違うものになるんですよ。’

「捻り」は3ply、2plyというplyの部分ですね。2plyは、2本の糸を縒ってあります。そのより方が強いか弱いかで編みあがりの感触も全く変わります。

昨日選んだパターンをもしレースの太さで編むなら撚りが強い糸を選んだ方が型崩れがしないのでしょう。

色がきれいでついつい手を選んでしまう毛糸たちですが、彼らにもそれぞれ個性、主張があるので、その辺と上手く付き合いながら素敵なものを編みましょうね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

今日は基本のガーター編みについてちょっと

ガーター編みというのは表も裏もどちらでもとにかく表編みを編むことを言います。

表編みだけですから楽チンなんです。私、裏編みは表編みに比べてスピードが落ちるので表編みだけって大好き、と言いたいとこですが…

しかし、どうも私はガーター編みが得意ではないようです。というのは、目があまりそろわないんですよ。メリヤス編みに比べてどうも、「楽チン」であることが逆効果を引き起こすようです。緊張感もなく、ただタラタラ編んでいると手の感覚も鈍くなるというか、頭も働いていないのでしょうね。よく見るとところどころでやけに目が大きくなっていることに気がつきげんなりします。

これはいけない、と編むときの強さを一定にする(私はボールからの糸を左手に絡ませます。そのときに小指に一巻きしてゆるくならないようにするなどように気をつけています。そのせいか、少しは良くなっているようですが、気をぬくとまた、ドーンとゆるい目があらわれます。

ガーター編みってさわるとプクプクして気持ちがいいですよね。

たとえばガーター編みで10段、それからメリヤス編みで10段編んでその長さを比べますね。するとガーター編みの方が(伸ばさない限り)短いんです。だから、同じ幅で50センチのものを作るとガーター編みの方がメリヤス編みに比べてより多くの毛糸が必要となり、重くもなってしまいます。丈が出ない分、厚みが出てプクプクするんですね。このあたりを考えて自分が作ろうとしているものにガーター編みがふさわしいかどうかを考えるのも大切だと思います。

せっかく編んだセーターが重すぎて肩がこる、なんてことになったらイヤですから。
また、伸縮性にかける糸はフワフワ感が出にくいかもしれません。たとえば、アルパカ、カシミア、それからコットンなどは。しかし、これも好みですからね。

太い糸でふんわりとガーター編みをしたスカーフなどは逆にいいかもしれませんね。モヘアとかで。フワフワ感がたっぷりになりそう。

ガーター編み、表編みだね、というのに侮れません。

ポチッと一押しお願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

赤いプルオーバーの途中です

プルオーバーのすそのゴム編みが終わりました。これからは両方の袖を編むところです。

今日は1月なのにとてもお天気がよくて外で編み物ができました。そこで赤いプルオーバーも外に持ち出して写真を撮りました。これが前身頃です。

IMG_1733

2本模様編みが入っているでしょう? これは一枚では切れません。中にTシャツ、もしくはキャミソールを着ないとダメですね。後ろも似たような模様が入ります。

IMG_1734

サイズを決めるのに悩みました。7、8センチくらい余裕を持ったサイズを選ぶように書いてありましたので胸回り40インチ(1メートルくらい)のサイズを選んで編みました。トップダウンなので試着もできます。しかし此の期に及んで試着して合わないからといってほどく気にはなりませんから、胸の前には当ててみましたが試着はしていません。本当は袖周りがきつすぎないか着てみた方がいいんですよね〜。

ここまで編めばあとは袖だけ、といっても二つ同じサイズにするために段数、増やし目をどこにしたかなどをメモして編んでいくので、手間といっちゃ手間ですが。

袖を編もうと思いつつも4本針を取りに2階まで行くのが面倒くさくて手元にあった別のカウルを編み上げてしまおうと取り上げました。前にも編んだBurburry Inspired Cowlが途中になっていたんですよ。糸を残すのはこれまたあとで使うのに困るので全部使い切ろうと、長くすることにしました。首に2重に巻ける長さはちょっとムリかなぁ。残りの糸の2本どりで編んでいます。アルパカとモヘアです。編んでいてとっても気持ちが良いから一旦取り上げると早く進みます。その辺の奥の方にしまって忘れるとなかなか手がつかず季節を逃してもらいかねません。見えるところに置いておこうと思うからテーブルの上がいつも編み物途中でいっぱいなんですよ。

IMG_1739

ポチッと一押しお願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

太い糸、それほど暖かくない?

ソックスを編むのが好きな友人がいます。いえ、好きだったと書かなくてはいけません。ソックスを編みすぎて引き出しの中がソックスだらけになり今は、編むことを止めているからです。

この間、とても暖かそうなソックスをはいていた彼女に、

「あら、暖かそう。いつもと違う?」 と聞いたら

「少し太い糸で編んでみたのよ。太い糸の方が暖かいかしらと思って。でもね、細い糸と比べて思ったより暖かくないのよね。糸が太いから早く編めたのだけどね」

そんなものなのでしょうかね。モコモコした方が暖かそうには見えるから私太い糸で編んだもの好きなんですよ。それからモヘアも入っていてフワフワしていたらもう最高。今も、ちょっと太めの糸とモヘアの2本どりでセーターを編んでいますが、膝の上がとても暖かくて。出来上がるのが楽しみ。と言いながら太めの糸で編んだセーターの中に太めの体が入るとどうなるのだろうとかなり不安。サンクスギビングの前に旅行をしていたのでそのときから食べ始め、今だに食べ続けているものですからどんどん健康優良児のように成長しています。困った。クリスマスに突っ込む前に超ダイエットをしなくてはならないかも。

話がずれました。太い糸、細い糸と一言で言って暖かさは語れません。糸の素材が大切。アルパカ、カシミアなどの糸は触っているだけでほんわかと温かみが伝わってくるから細い糸でも保温性が高いのでしょうね。そうはいってもカシミアならどれでも暖かいというのでしょうかねぇ。こちらで売っているカシミア100%のセーターとかって日にかざすと向こう側が透き通って見えますからね、あれじゃ、暖かいとはどうも考えられません。それとどれだけ目を細かく編むかというのも関係します。ふわっと大きい針で編むと柔らかくて素敵ですが風通しが良すぎるのは困ります。ショールなら2重に巻いたりすれば保温性がアップするでしょうがセーターでは寒いかも。

あと、思うのですが動物たちのどこの部分の毛なのかということも影響するのではないかなぁと。

今編んでいるセーターはまるで真夏の太陽のような色。(笑) 写真を撮りましたが、輪針で編んでいるせいか丸いだけでよく見えないのでここにはのせません。その代わりというわけではありませんが、シカゴのクリスマスの様子の写真をのせますね。

IMG_1297

IMG_1293

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

ぬめり感?それってどんな感じ?

昨日書きました、フィンガレスミットができました。糸はおそらくアルパカだと思うのですが、アルパカの感触って「ぬめり感がある」とか言われますよね。ぬめり感? ぬめり感といって私が想像するのは両生類。ヌルッとしていてツルッとしている、そんな感じ。糸を説明するのに当てはまる表現とは思えないような...

Googleしてみたら、皮革用語辞典というところにこういう一節がありました。

「革の表面を手で触ったとき、なめらかで、柔らかさを伴ったしなやかな感覚で、油っぽく、しっとりとした手にすいつくような感じを指す。」

なるほど。いいえて妙とはこのことです。表面はやわらかく、しなやかで、しかし、編んでいるときにはボールの中から糸はスルスル出てこないでなんだか糸同士が吸い付いているようなイメージ。私のぬめり感の印象を変えなくてはならないようです。

FullSizeRender

写真では触った感じなんてわかりませんね。でも、柔らかくて皮膚にぴったりする感じ。いいですよ。腰がないという表現も使えるかも。

そして、今度は少し違った糸でフィンガレスミットを編んでみることにしました。同じような数を作り目して同じようなパターンで編んでみたにしては見た目が違います。当たり前か。

FullSizeRender_1

少しラメが入っているのでキラキラ感があるし、モヘアが絡んでいる糸ですからこれまたはめてみると暖かい。わんこの散歩に不可欠なフィンガレスミットですから、次から次へと量産してしまうんです。指先が自由でないとマフィちゃんの落し物を拾いにくい。あっという間に編めるからそれが余計に楽しさを増しているのかもしれません。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村