色が増えるともっとステキ

この間から編んでいたサンプラーのカウル(スカーフになるかもしれませんが)の色がまた増えました。これがまた楽しい!

とっても気に入ってしまいました。まだまだ先は長いのですが。

とっても気に入ってしまいました。まだまだ先は長いのですが。

段染めなのでシンプルに表編みだけにしようと思っていたピンクの部分も、だんだんに飽きてきてしまい、模様を入れました。模様の名前はHorseshoe.

IMG_0358

そして、次は2段ごとのストライプ。同じような色なのであまり目立たないかもしれません。強いコントラストの2色でしようかと最初は思ったんです。でも、なんとなくこの2色になってしまいました。残りの長さもほとんど変わらなかったのでどちらもムダにしなくてよかったと思います。

単色のラベンダーは’Imagine When’を作った残り。もう一つの段染めはうーん、何を編んだのだったかしら? 覚えていません。

IMG_0359

そして、今編んでいるのがこれ。近所のアルパカ農場で買ってきた糸です。おそらく農場の人が紡いだと思えるような太さのバラバラが気にならないこともないんですが、それはそれでこの糸の面白さとも言えるでしょう。模様の名前はFir Cone いくつかカセを買ってきてあってボールに巻いてあったのを見つけたので使いました。

IMG_0360

この辺りでカウルにするかショールにするか決めなくてはいけません。今はカウルに傾いているんです。2重に巻けるくらいの長さがあるカウル。それなら1重で胸の前に垂らしてもこの色使いなら面白いと思いません? この次にどの色を持ってくるかも悩みどころ。いや、悩んじゃいけない。目をつむってバスケットの中に手を入れるんだった。そうはいっても、好みの色とか組み合わせが頭の中をかすめて100%チャレンジするというのはむずかしそうです。

レースのパターンの本を1冊持っているとこのように色々なパターンを組み合わせたり楽しめますよ。

応援の一押し、ポチッとお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広告

毛糸をください、アルパカさん

私はアルパカの毛糸はカシミアの毛糸に負けず劣らず大好きです。この糸が持つ柔らかさはさわっている私の心のトゲトゲを抜いてくれるような気がします。マフィンがにらんでいるのでちょっと訂正を入れます。マフィンをなでているときが一番心が安らぎます。

いろいろなブランドのアルパカがあるのですが、これはアルパカのところに行って日頃のお礼を行って毛をわけていただこうかなって。

いつもお世話してます

いつもお世話してます

アルパカの毛はなぜこんなに柔らかいのでしょう? 許されれば家でアルパカを飼いたい... もし,庭の雑草を食べてもらって更に毛まで配給してもらったらなんて幸せ! いや,待てよ.マフィちゃんと相性がどうかわからない。もし,あの長い首でマフィが押されたらきっとマフィンはしっぽを足の後ろに挟んで逃げてしまうだろうし...病気になったらかついで車に乗せられないからあきらめます。

とってもきれいなオフホワイトなんです

とってもきれいなオフホワイトなんです

この毛糸は400メートルくらいあるのできれいなショールを編みたいと思っています.まだ,パターンは決めていません。そう,Sonicという名前のアルパカの毛です。

Thunder の毛です。

Thunder の毛です。

私は黒が大好きです。しかし,マフィちゃんの毛がすぐつくので黒が着れない日が続いています。それに,目が悪くなっているので黒い毛糸を使って編むのがだんだんつらくなってきてます。「黒い毛糸で編もうかしら?」なんて言うとすぐにまわりから

「目が悪くなるからやめなさい!」といわれます。

Silver となのごとくきれいなグレーです。

Silver となのごとくきれいなグレーです。

どの毛糸も400メートルくらいあるので1色でショールにしてもいいし,2色を使ったカラーワークをしてもいいし考えるだけで楽しくなってきます。ダメダメ、Insouciantをちゃんとはいでからにします。

できたんですよ。Insouciant! きれいにはぎたいので,朝になって明るくなるのを待つことにします。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

もう、made in U.S.Aのセーターなんて見られないのかも

主人のセーターを見つけにモールに出かけました。行く店行く店,いろいろなセーターはあるのですが、made in U.S.A という表示がまったくありません。アメリカの製造業がすたれているのはわかっていたけれど,ここに来て,もう末期的な症状なのでは,と心配する日々が続いています。

安さを追求する消費者のために,企業は海外に工場を作りはじめ、そのまま。工場が海外に行ったものだから,失業者は増えて、ますます経済悪化。自分のまわりに安いものが溢れてしまい,質の高さを感じられない人々の目。時間と手間をかけて作っても,そのコストをカバーしようとして価格をつけたら高すぎてなかなか売れません。こんなふうにしてmade in U.S.A は消えていったような気がします。

世界は狭くなってグローバル化ということが叫ばれているけれど,とりあえず自分の国の中の製造業の力を失ってしまっては競争力がだって低下していくのに,と危惧している人は少なくないんですよね。でも,大企業は株主をハッピーにしなくてはならないから,コストダウンのために海外で製造をすることがやめられない。いったい,どこから手を付ければ良いのだろうと悩んでいる人たくさんいるはずなのに。

そういえば,編み針もmade in U.S.A はほとんどないですね。

なんだか,最近,何を買うにもタグをひっくり返してどこの産地かしら? と見る癖がついてしまいました。

そうそう、でもね、アメリカ政府はアルパカ農場に補助金を出しているそうです。だから,アルパカに興味はないけれど,補助金欲しさにアルパカ農場を始める人も少なくないそうです。なぜ,アルパカ農場に補助金を出すのか,その辺はひどく疑問ですが。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

アルパカの毛糸を買いました。

ナショナルアルパカデーに,お邪魔したのは、Odelia Alpaca Farm です。

ここでは,アルパカがいるだけではなくて,アルパカの毛糸,さらに,セーター、手袋,帽子など,機械編みされたものも含めて,いろいろなものも販売されています。この辺りに住む人たちにいわせると,いくつかあるアルパカ農場の中で,ここのアルパカの毛糸は質がよいそうですよ。Suri Alpacaというのは,アルパカの種類で,この糸は本当に柔らかく,暖かいんです。

とってもさわり心地が良くて、あたたかいんです。200ヤードで18ドルでした。

太い方が,今,フィッシャーマンセーターを編んでいるアルパカの毛糸。そして,細い方が今回購入したものです。

アルパカの毛は1頭あたり、1回、約2キロとれるんですって。1年に1回だけ,刈り取りします。今,手元にある,ベビーアルパカの毛糸は50gで10ドルしました。(今回の農場で買ったものではありません.どこでも市販されている毛糸です)単純計算します。途中の行程でかかるお金も無視します。50gの毛糸が40玉とれますよね、2キロから。40玉x10ドルでしょ.それってたったの400ドル。ここで,刈った糸から毛糸になるまでの行程を考えると,アルパカ農場の人に入るお金って,ほんの少しとしか考えられません。これなら,大手の毛糸会社から買うより,アルパカ農場まで出かけていって買った方がいいに違いない,という勝手に思い込んでしまったんですよ。

もっとも,使ってみて,どれくらいの質かどうかにもよりますけれど。それに,アルパカの毛糸は買った全部が全部毛糸になるわけではありません。背中の部分の毛糸は主に毛糸になりますが,それ以外はラグを編むのに使われたり,他には,詰め物としてつかわれることもあるそうですよ。

ちょっと,美人のアルパカさん

毛質が良い,若いアルパカたちがここに集められていました

この日は,農場を開放してくれただけではなくて,地ビールの飲み放題があったり,自由に編み物を持ち込んでゆっくり編むこともできました。

若い男の子が地ビールを作っています。いくつか種類のビールが試飲できました。あちらこちらのレストランに卸しているとか。すごいなぁ。

農場のデッキでのどかに編み物です。おしゃべりに花も咲き,とってもゆったりと時間が流れていきました

私もやってみたい糸つむぎ。小さいときに読んだ絵本,「眠れる森の美女」に出てきたような。。

ここでとれたアルパカの毛糸を使って機械編みをしたとってもステキなセーターがあったんです。色はグレー,そして,ところどころに黒いアルパカの毛糸が編み込まれていました。見ているだけでも,ため息が出ました。

アルパカ100%の毛糸は編んでみると暖かさがわかります。まずは小さいもので試されるのもいいかも。もし,ここの農場の毛糸がほしい!という方がいらっしゃったら,ぜひ,ご連絡くださいね。電話してみますから。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

今日は,ナショナルアルパカデー

いったい誰が作ったのか,今日は「ナショナルアルパカデー」でした。
だから,何をするか,と言われても私もよくわからなかったのですが、アルパカ農場が一般公開し(前もって電話をすれば見せてもらえるのですが)、地ビールの飲み放題,そしてバーベキュー(ホットドッグだけですが)にクッキー,チーズ、野菜などの軽い食事の食べ放題があるというので,主人と出かけてきました。

なんとかわいい、アルパカたちが走っているではありませんか。

待って〜。どうして,走っているのかしら?

アルパカたちは私たちの背丈くらいあるフェンスの中にいます。一番上には電気が通っているテープがはってあります。アルパカがフェンスを飛び越えることはほとんどないけれど,まったくの可能性がないわけでもないし,夜になると,コヨーテがアルパカを狙って出てくることもあるんですって。コヨーテがいるなんて,とっても人里離れたところのように聞こえますが、そうでもありません。もしかしたら,うちの近所にもコヨーテ、いるかしら? マフィちゃんが教われないようにしなくちゃ。なぁんて、まずないだろうな。

昼間は寝ているから怠け者に見えるけれど,夜は寝ずの番。アルパカたちをコヨーテからまもるのよ。

リンダと,夜働く,ピレネー犬のツーショット

フェンスの中にも入れてもらいました。アルパカたちはオス,メス,と別々の場所に入れられています。シーズンになると,いっしょの場所に移します。そうしないと,メスをめぐってオスたちがけんかをしたり,やはりちょっとした小競り合いがあるそうです。

お母さんといっしょ?

羊さんがくれるウールにはアレルギーがある人がかなりいるそうですが,アルパカさんがくれる毛糸へのアレルギーは少ないそうです。どうしてなのだろう? また,白いアルパカの方が毛糸が細く,光沢もあり,美しい毛糸がとれることが多いのだそうです。1年に1度,アルパカたちは毛を刈ってもらいます。1頭のアルパカから,約2キロの毛糸がとれます。

前の毛,切らないとちょっとうっとうしい。

集合写真よ〜.集まって〜.わいわい。

普段は会社員をしているというご主人がとても親切にいろいろと教えてくれました。

名前を忘れてしまった。でも,とってもていねいにいろいろアルパカについておしえてくれました。

アルパカは偶蹄目 らしい。爪が2本。

歯を見せたくないの〜。磨いていないのよ〜

黒いアルパカは珍しいんですって。とっても人なつこくって柔らかい毛並みをした2歳の女の子でした。彼女からとれた毛糸でセーターを編んだら,きっととても軽くて柔らかくて,暖かいセーターができるのだろうなぁと、よだれが出そうになりながら見つめていた私でした。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村