遠方から来た友人に帽子を

私は今、シアトル近辺に住んでいます。シアトルから多くのクルーズ船が出るのですが、前住んでいたセントルイスから友人が2人、アラスカクルーズにくるから、近くの毛糸屋さんで会いましょう、と連絡があったんです。

それほど親しかったわけではないけれど、とても印象に残っているのが彼女が編んでいたセーター。ご主人のために編んでいたセーター(それも初めてのセーター!)がとにかく大きくてまるでビヤ樽のような大きさだったんです。編みながら彼女が「重くて」と言っていたのを今でも覚えています。

その彼女は数ヶ月前に卵巣がんが発見されたんです。手術、化学療法を終えた彼女はすっかり髪の毛が抜け落ちていたもののとても元気な表情で現れました。「前向きにしていこうと思うの」という彼女は続けます。

「医者から悪いことを言われたり調子が悪い時には落ち込むこともあるけれど、そのままじゃいけない、って自分に言うの。せっかく生きているのだから下を向いていないで楽しいことを探して生きようとおもうの」

シアトルとセントルイスは飛行機で約4時間かかります。車で行こうとしたら4、5泊しないとまずは無理。もしかしたらもう会うことはないかもしれません。

そんな彼女に帽子を編みました。

IMG_5291

彼女の頭のサイズに合うといいのですが。。。昨日会った時に渡しました。

ついでと言ってはなんですが、水通しをする前とした後の写真も撮ってみました。2枚作れたので比較ができます。

IMG_5311

大きさが違うでしょう? 重ねてみるとこんな感じ

IMG_5312

同じ色なのでちょっと見にくいのが悔しい。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ

広告

パターンを本で買う時

オンラインでパターンなどを買うのが主流の今でも、本を買おうと思う時があります。それは、パターンが6ドル、本が24ドルとの価格差があるものの、本の中に編みたいパターンが3つあったら18ドル。差が6ドルに縮まります。それだけではなく、本の中には家でプリントアウトするパターンでは見られない写真、パターン一つ一つの中では触れられていないちょっとした編み方の工夫なども出ているんです。

写真を見ながらいろいろ思いをはせるのはこれまた楽しみの一つ。

さらに、最近では本を買うと、そこにパスコードが入っていてオンラインでパスコードを入れるとパターンをダウンロードできることも少なくないので旅行に行く時などコンパクトにパターンを持ち歩くこともこれで可能になります。

あとは、本屋さんとか毛糸屋さんで本を手に取ることで、オンラインではあまりわからなかったそれぞれのパターンの詳細の様子なども自分の目で確かめられますからこれも嬉しい。

IMG_4290

 

おとといの夜、実は編みたいパターンをオンラインで買うことを悩んでました。すると、eーbookで買えること、また、実際に本も出版されていることがわかったんです。これなら、次の日に、毛糸屋さんに行って本をパラパラ見てから一つパターンを買うか、本を買うか決めることができるから、今買うのはやめておこうって我慢しました。

次の日に毛糸屋さんで私が本を探しているとお店の人が

「何か、欲しい本がさてはあるわね」と来るので

「そう、Hannah Fettig の本が欲しいの」
「タイトルは?」
「うーん、見ればわかる」
「これ?
「違う」
「じゃ、これ」
「それも違う」
「これかな?」
「そうそう、それが欲しかったの。ちょっと見せて」
「いいわよ。あそこのテーブルでゆっくり見てちょうだい」

と、たわいない会話も楽しめます。近所のお店に貢献したいという気持ちだってもちろんあります。結局、その本を購入。パターンも素敵だけれど、やっぱり写真がきれい。眺めているだけで気持ちがほんわりしてきます。さて、写真ばかり見ていないで編み出さなくては。

 

IMG_4296

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ

在庫の話

編みたいパターンを見つけて、さて、何色にしようかな、と思った時に実際に自分の目で見てみたい、と思うのはごく自然のこと。オンラインで注文しても「え〜、これ期待していた色と違うじゃない」と返品する人もあとを絶えないようです。

「注文」ー>お金の支払いー>配送ー>不満ー>郵便局へー>配送ー>返金ー>在庫に戻す

すごーくムダなステップをたくさん踏むことになります。一つ一つのステップでかかる費用はさて、誰が払っているのでしょうね。

ま、それはともかく、友人がお店の人をつかまえて

「この糸、欲しかったのに、あまり在庫していないから、わざわざ車で2時間走ったお店まで行ったのよ。もう少しいろいろな色、そして個数も多めにストックしてくれないかしら?」

別の友人

「確かにそうね。編み込みをする時に色のカードを見たところで隣同士に色を並べられるわけじゃないし、それにオンラインで画面で見た色っていい加減だし。ここのお店に来る客が他のお店に足しげく通うのはあなたたちにとっても嬉しいことじゃないでしょう?」

おお、言ってくれますなぁ。

お店側もスペースには限度があるし、その時の売れ筋の糸を多めに在庫として持ちたいし、また、糸を仕入れる時に全額、前金で支払うことを要求する納入業者、手数料を支払わないと配送してくれない業者といろいろいるようです。まとまって現金で支払い、それが売れてやっとお店にはお金が流れてくるのですからね。それまでに流動性がある現金を持っておかないとお店も困ります。売れ残ったらどうするの? という不安だって付きまとうでしょう。こうやって考えると、お店でどういう糸をどれくらい仕入れるかというのはかなり神経を使う仕事なのでしょう。

私たち消費者側は「きれいね、この色」とか「触り心地がすごくいいわ」とお気楽なことだけ言っていればいい上に、「もっとこの色の在庫が欲しい!」なんて文句までいうのですからね。いや、これ文句というより希望かな。こうあって欲しいなぁいう期待。やっぱり欲しい糸がある店に自然と足はむきますものね。

客だからといってなんでも要求して良いということではなく、店側も、どういうサービスを客は望んでいるのか考えなくてはいけませんね。ただ、権利を主張する人が増えている今、お互いにベストな何かを得られる関係でいられるというのがだんだん難しくなってきているような気がします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ

捨てずに直しましょう

アメリカというと消費社会のようなイメージがあります。もちろんそういう一面も多く持っている国ではありますが、それとは別に物を大切にしようという動きも少しずつですがまた活発になってきています。

というわけでもないですが、マフィちゃんが噛んでしまったおもちゃをチクチク直してみました。生地が分厚いのでとてもやりにくく(と言い訳しています)糸目が見えてしまっていますが、とにかく丈夫にと縫いました。

img_3915

かわいそうに、ロバさんから綿が出てきてしまいました。綿だけではなく、押すとキューキューなるプラスチックの物も出てしまってそれを押し込むのは少し大変。チクチク縫ってほころびを直して完了。

img_3922

マフィちゃんのお気に入りのロバさんですからすぐに捨ててしまうのはかわいそう。

実はカンガルーさんもあったんですよ。

img_3913

やっとマフィンのおもちゃが二つ復活しました。近所にマフィンが大好きなペットショップがあります。マフィンが入っていくとクッキーをくれる優しいお姉さん。彼女も9歳のラブラドールがいるそうです。

img_3924

一緒にお昼寝

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

政治? 

ピンクの帽子をかぶった人たちのデモがあちらこちらでありました。

ふと思ったんです。同じ政治的な意識を持った人が個人の家などに集まってピンクの帽子を編むのはもちろんそれぞれの自由です。しかし、それが公然と毛糸屋さんなどで行われるとなると非常にその店が政治色を持つことになりますよね。どのような客が足を踏み込むかわからないショップで一つの意見を支持する話が盛り上がっていると、異なる意見を持つ人たちはどんな気持ちになるのでしょう。

自分の意見を主張することは大切ですし、そういう場所が与えられているのはとても素晴らしいことだと思います。政治、宗教は言葉の使い方、表現の方法によって誤解を招かねないし、「差別をなくす」デモの用意をしながら、政治的な意見が違う人を排除する可能性にもつながるのではと感じていました。

公の場所では政治、宗教については話さない、と決めているのでピンクの帽子を編むことに私は参加しませんでした。そんな私を見て「どうして?」と感じていた人も少なくなかったのはわかっていましたが、これは私は曲げられない部分でしたから押し通しました。その分、チャリテイのための帽子を編んだから、自分ではいいかな、と。

もし、住んでいる場所が異なったら私もこれまた違う経験をしたかもしれません。アメリカ広し。暮らしている場所によって政治色はまったく変わります。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

ゲージが違うとこんなに違う

チャリティーのために帽子を編みました。誰に贈るというわけでもなかったのでゲージも計りませんでした。一つの糸は1インチで5目、もう一つは1インチで6目。この写真をみてください。

img_3905

この二つの帽子、大きさはとっても異なります。しかし、左側の帽子は作り目を76目。そして、右側のピンクの帽子は72目の作り目なんです。針の大きさも糸の太さに合わせて微妙に変えています。

これを見るだけてゲージを知るためにスワッチをすることの大切さが身にしみます。

だって、同じくらいの数で編み始めても、スワッチが1インチ(約2.5センチ)で1目違うと10インチあめば10目分増えたり減ったりするのですからね。

糸がギリギリしかないな、と思う時、そして早く編み始めたいというワクワク感がスワッチをしなくてもいいかな、という気持ちにしがちですが、そうときでも頑張ってスワッチしてくださいね。

ギリギリっぽいときには、スワッチを編み終わったときに目を伏せても糸を切らずに、最後の目に編み物用に小さい安全ピンを付けてぬるま湯につけてあげれば、水分の中に入るのは編んだ部分だけ。そして、もし糸が最後の方がどうしても必要だったらスワッチした部分をほどいて使えばいいんですよ。それでも足りなかったら。。。さて、それは困りますね。だから私は多めに買うようにしています。

さて、ピンクの帽子は赤ちゃん用、ストライプの帽子は子供用かな? 来月にまたチャリティーのために編み物会があるので、それまで少し編みためます。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

 

 

主人のセーターがねらわれた?

私が毛糸屋さんで編み物を楽しんでいる最中、主人はすぐ近くのバーでビールを飲んでいました。主人の隣に座った若い男性が主人の方を見ると、

「そのセーターいいなぁ、ほしいなぁ、売ってくれない?」と冗談半分でクレジットカードを出してきたと言います。雨が降っていた今日は肌寒く、主人は私が編んだアイスランドセーターを着ていたんです。編み物を終えて主人の所に行くと、その彼が、

「そのセーターいいね。僕、ほしいよ」というので、

「(うちの主人が)もう少し喜んで来てくれるといいんだけれどね」と冗談を言ったあとで彼に尋ねました。

「このセーターは手間がかかるから、編んであげられないけれど、帽子なら編んであげるけれどどう?」

彼は「材料代、払うよ」とお財布を取り出します。もちろん

「いらない、いらない。私は編むのが楽しいのだから、お金なんていらない。家にはたくさん毛糸があるし」というとすごく嬉しそうな顔をするではありませんか。ますます嬉しくなりますよ。

「何色がいいの?」というと、

「グリーン。グリーンが入っているのがいいなぁ。それでね、耳の所が2重になっているのがいいんだ」

「わかった。たいてい週末に来るから編んで持ってくるね。主人のことをここで探して」と言ったものの、ちゃんと会えるかどうかわかりません。そこで彼の連絡先を聞いて私たちはバーを後にしました。

家に戻り、さっそく毛糸を探し出したのは良いものの、グリーンの毛糸はなかなか見当たりません。仕方がない、グリーンが入った段染め糸があったのでそれで編み始めました。アイスランドセーターを編んだ時の残り糸もあったはず。もう少し探してみようと思います。

それにしてもビールを飲みながらセーターの話で盛り上がるとは、驚きです。気を良くした私はもう1枚、主人にアイスランドセーターを編もうかしら何て思ってます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村