チャリティの毛糸への考えの相違

新しい土地に住むと新しいことを学び、そういう考えもあったのかと気がつき、なるほどと納得するなどいろいろ刺激的な日を送ることができます。

今までではチャリティの帽子を編むとなると、出来るだけアクリルの毛糸を使うようにと言われました。それがどんなチャリティであってもです。なぜかというと、彼女たちの言葉ですよ、

「どうせ、洗濯機に投げ込むのだからウールで編んだら縮んでしまうでしょう? だからアクリルの毛糸で編むの」
「チャリティのために編むのだから高価な糸を使う必要はないと思うわ」 などなど。

さて、今日また新しい土地でチャリティの帽子を編む話が持ち上がりました(先日記事にしたものとは全く別のものです) 年に2回,ガンのために苦しんでいる人たちのために帽子を持っていくそうなのですよ。今までのことがあったので私は聞きました。

「毛糸はアクリルの方がいいのかしら?」 すると矢のような返事があちらこちらから帰ってきました。

「絶対アクリルなんてダメ。それでなくても苦しんでいる人たちにアクリルの帽子なんてかぶせられないわ」<ーなるほど
「アクリルの糸はごわごわして皮膚に優しくないの。だから、ウールで編んでくれる? そして心が明るくなる色ね」<ーもちろんです。

私としてはウールの糸の方が自分の手が楽なのでそれでチャリティのものを編めるのならば両手を挙げて喜んで編みます。今までそこがネックでなかなかチャリティのための編み物が進まなかったのですから。さらに、続くには

「たとえウールでも質が悪い糸は避けてね」<ーふ〜ん、そこまで言うか。

慌てて私は言いました。
「いや、今までのチャリティニッティングはアクリルで編むように言われたから」

私の言葉が皆の耳に入ったかどうかわかりません。ま、それはいいのですが、おもしろいですよね。意見が違うのを聞くと両方に「なるほどね」と言わせることもありますし、「え?」と思うこともないわけではありません。どちらが正しい、どちらが間違っているというのではなくて双方の意見を聞くという経験を持てているのは嬉しいことだと思います。

さらに、新しいことを一つ。

「抗がん剤治療で毛が抜けている患者さんがたくさんいるから、帽子は小さめに編んでね。私たちは気がつかないけれど毛がなくなると頭のサイズがずっと小さくなるのよ」 

これは考えもしませんでした。今までいくつものチャリティのために帽子を編みました。ガンの患者さんのためにも編みましたが、こういうことを言われたのは初めて。でも、納得です。これからは小さめの帽子を、そして見ているだけで嬉しくなるようなパターンを選ぼうと思います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

広告

こんなコットンの糸もあります

お台所でお皿を洗うウォッシュクロスが汚くなったので予備が入っている引き出しを開けたのに、予備が一つも入っていません。これはまずい。今使っているものはシンクを洗ってしまったのでお皿を洗うのに使うのには気が引けます。

仕方がない、これは超特急で作るしかない、と手作りのディスカウントストア、Jo-Ann に行ってきました。そこで買ったのがこれです。

IMG_2482

4ミリの針で24目作って大急ぎでガーター編みをしました。20目でもよかったかもしれません。

お皿洗いのスポンジなんてどこでも売っているし、お高いものではないですが、コットンの糸で作っておくといつでも洗えるし、また自分で作るので大きさも自分で調整できるのがいいんです。Sugar”n Cream というブランドの糸で普段は3ドル99セントなのですが、今日はバーゲンで2ドル49セントで手に入りました。約138メートルあるのでとりあえず2個だけ購入。

なかなかゴワゴワした糸なのでこれで着るものを作るのはちょっとためらいます。もっとも、ざっくりした夏用のトップなどなら悪くないかもしれません。手が痛くなりそうですが。。。

日本だとウォッシュクロスが作れるアクリルの糸を売っていますよね。こちらのアクリルではちょっとダメなようです。作って使ってみましたが、けばというのでしょうか、細い繊維が食器に残っていることがあったのでこれは引退してもらいました。

いま、帽子のボンボンを作ったのですが、左右の大きさが同じでないことに気がつき「う〜ん」と唸っています。これもご愛嬌かしら?

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

Churchmouseでもらった寄付のための糸、パターン

寄付のための帽子は自分の糸で、好きなパターンを選んで編んでいました。しかし、今回旅行先で見つけたのはなかなか面白い企画。場所はシアトルからフェリーで30分乗ったところにあるChurchmouse。とてもおしゃれな毛糸屋さんです。

IMG_2750

もっと早くこのサイン ” Knit, Purl, Give “に気がつけばよかったのに、なんと気がついたのは家に戻る前日。あらら、これじゃ編めない〜

IMG_2746

と思いながら気を取り直してもう一度Churchmouseへ。どういう企画なのかをよーく聞いてみると、

「編んでくれる人100人に毛糸1かせとパターンを無料で提供。それを編んで協賛している不動産屋さんに持って行ってもらえれば、寒い冬を家がなくて外で過ごす人たちのためにプレゼントするのよ」ということなので

IMG_1183

「期限はいつまでなのかしら? 郵送で送ってもいいの?」と質問すると最初は、

「この島の中にとどめておいきたいと思うのだけれど、ちょっと聞いてくるから」と奥に入って数秒して出てくると、

「郵送でもいいみたいよ。年末が期限なの。」

ということなので、糸、パターンをいただいて戻ってきました。Rowan のウール100%の糸です。一玉はきちんと私が購入し、2玉持って帰ってきたんです。いただくときに名前とメールアドレスを書きました。これで、本当に帽子を寄付したかどうかチェックするのですって。毛糸を一玉手に入れてそのままの人はそれほどいないと思いたいですね。糸は何色あるかの中から好きな色を選べます。それにしても我が家の周りでは寄付する帽子はアクリルという暗黙の了解があるのに、場所が変わるとこうも変わるのでしょうかね。おもしろいですね。

IMG_1174-1

11月7日にこれを始めるパーティーがあったようですが、私が名前を書いた藍は75番目。100人という数はそう簡単には集まらないのでしょうかね。あと1日あれば編んで、置いてこれたのですが。。。

パターンも決まっているのでちょっと緊張します。作り目やら指示が出てますからね。とても簡単なパターンですからすぐに編めると思うのですが、なんか、集めた後で目が揃っているかとか、ちゃんとブロックしてあるかとか、糸の始末とか細かく見られるような気がして気が抜けません。でも、さっさと編んで送ろうと思います。12月31日までと言われたけれど、気になりますからね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

あの人(?)にセーターを編みたいか?

チャリティーのためにワンコのセーターを編んでいます。我が家のお嬢様は「私はセーターなんていらない!」とサイズも測らせてくれません。大体、40キロありますから、あの人にフィットするセーターを編むのはなかなか時間がかかりそうなので、私も実はあまり編みたくない。

しかし、ペット用のセーターのパターンを見ていると、ペットの大きさというのは個人差が大きすぎるからか、首回りを測って、胸周りを測って、足の間を測ってとあちらこちらの数字が必要なんです。「ここは自分のペットのサイズに合わせて」と言われても困ります。

小さいペットが色とりどりのセーターを着込むと可愛いけれど、うちのくらいでかいワンコがセーターを着るとちょっと滑稽なような気がしてなりません。だいたい、毛がふさふさしているのにどうしてこの上、毛物を重ね着しなくてはならないのでしょうか? あせもができそう。

Ravelry のいろいろな人のサイズ、目数、長さを目安にして編んではいますが、これ、どれくらいのワンコにフィットするのだろうと心配になってしまっていけません。この間編んだセーターなんてマフィンの防寒用マスクになりそうな大きさでした。足が出るところから耳がでて。。。想像しただけでもおかしい。

毛糸の質も選びます。「アクリルでいいわよ。お洗濯も楽だし」という人もあれば、「可愛いワンコに石油系の糸を着せるなんて考えられない! 自然素材の糸にするべきよ」という人もあれば、「動物の毛はアレルギー症状を起こすこともあるらしいわよ」とウソか本当かわからないようなことを言う人もいます。とりあえずスーパーウォッシュのウール100%で編み続けることにいたしましょう。

そうそう、もしご自分のペットにセーターを編みたいと思われる方、Perfect Fit Dog & Cat Sweater (Pattern Generator, Top-Down) by c がとってもいいですよ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

高級ウールが大好きな猫

友人の家に糸紡ぎに行ってきました。紡いだのはRomney という羊の種類。まだ、数回しか紡いだことがないので、糸紡ぎ機を購入していません。それで、持っている友人の家で紡がせてもらっているんです。

IMG_0418

なかなか上手に紡げません。手と足、それに目と頭が同時に働かないといけない糸紡ぎは手強いんです。何かを作れる毛糸を紡げるまでにはとても時間がかかりそうですが、がんばります。

そこのお家にいる猫が、ウール好き。横にアクリルや他の毛糸が転がっていてもまったく見向きをしないのに、アルパカ、カシミアなどの高級な糸であればあるほどそれで遊びたがるんですって。匂い、手の感触でわかるのでしょうね。

IMG_0409

持っているだけのファイバーを持って行ったので、私が荷物を降ろすかおろさないかのうちに彼はやってきました。エルビーという名前です。しばらく遠巻きにしていたけれど、我慢ができなかったのでしょう。バッグの中に鼻を突っ込み始めました。糸を紡ぎだしたら糸をアタックせずにはいられずに友人に叱られていたんですよ。「フン」と行ってしまったエルビー

IMG_0415

ふわふわしているエルビーの毛も糸にしたらとっても気持ちが良さそう。

買ってきたセーターなどが本当にカシミアかどうか、彼にチェックしてもらうのっていいかもしれません。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

石巻に手編みの作品を送るという企画を教えていただきました

岐阜市にある、柳屋さんという手芸屋さんのメールで、石巻に手編みの作品を送る企画があるというお知らせをいただきました。最初の締め切りが12月15日、そして2回目の締め切りが1月15日となっています。

http://www.rakuten.ne.jp/gold/yanagiya/

手編みの物ならなんでも良いそうですが、やはり帽子、マフラーというのが性別、年齢もあまり選ばないので良いそうです。

そこで、さっそく、帽子を一つ編みました。

使った糸は大好きな野呂栄作さんのシルクガーデン。1玉、タンスの中で迷子になっていました。色は274番

使った糸は大好きな野呂栄作さんのシルクガーデン。1玉、タンスの中で迷子になっていました。色は274番

なんの模様もないシンプルな帽子にしました。使った針は4.5ミリで88目で編みました。帽子を編むのは好きなのですが、短い輪針を使うのがイヤ。16インチだと持つ部分も短くなるので手のひらが大きい私は手がつりそうになります。でも、がんばりました。4本針で編んでも良いのですが、アメリカで売っている4本針は短いものが多いんです。それだけ輪針がふきゅうしているということかもしれません。

photo 2

アメリカでは何かを寄付するときには手入れが簡単なものということでアクリルの毛糸を使うことを勧められます。日本ではどうなのでしょう。やはりお洗濯とかしやすい方がいいのでしょうね。。。それにはこのシルクガーデンは適さないかもしれません。でも、暖かさには太鼓判を押せます。お風呂で髪の毛を洗うときにちょちょっとシャンプーをつけて手洗いしてしまうだけなので、それほどの手間ではないかな、とも思います。セーターとなるとこれまた話が変わってきますけれど。

主人のソックスがちょうど編み終わったところなのですぐに編めました。よかった。

皆様も、もし、よろしかったらぜひ、参加なさってくださいね。

応援の一押し、ポチッとお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

毛糸交換の話

年に1度仲間内でランチを食べながら毛糸交換会をします。一応ショールが1枚編めるくらいの長さで素材は動物の毛のものと決まっています。なんでそういう取り決めになったかと言うと,始めたばっかりの頃に,持ち寄った毛糸の価格があまりに違ったからだそうです。例えば自分は3000円出して毛糸を買ったのに,まわってきた毛糸が980円だとやっぱりおもしろくない、ということでしょうか。また,アクリルの毛糸は編みたくないとかいう人もいますし。そういうことが数年続いた後に,今のようなシステムに落ち着いたらしいです。

人がたくさん集まるといろいろとめんどうくさいことがあるもの。

前回の交換会のときに,ある人がとっても細い毛糸を持ってきたんです。それが自分の手元にまわってきた一人の女性は今でも文句を言っています。

「どういうつもりでこんな細い毛糸を出したのかしら? 自分がいらない毛糸を持ってきたに違いないわ」と不満顔。あげくのはてに

「この毛糸,今年の交換会に出してしまおうかしら」 それは違うだろう,と思いましたが何も言いませんでした。

ただ,こうやって価格を決めてしまうと,その価格の毛糸に手を出したくない人たちは参加しづらくなるというのも事実。自分が気に入るかどうかもわからない毛糸のためにお金を出したくない人も中にはいると思うんです。

自分が好きなものを選べないように真っ白い紙に包んで中が見えないようにして持っていきます。名前は中に明記するそうです。自分の好みの色の毛糸を持っていってももらった人が気に入るかどうかわからないし,色の組み合わせとか,考えすぎるとどの毛糸を出すか決められないのでやめます。

今年の交換会はいったいどういうことになるのやら,楽しみです。私は緑というか青というかそんな色を選びました。はっきりした色を好む人が多いんです。どんな会になったかまた報告しますね。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ