糸にストレスをかけないために

日本では「かせ」であまり糸を見かけませんが、こちらではかえって「かせ」の糸を多く見るようです。「かせ」の糸はボールに巻くことから始めなくてはなりませんがここで幾つか注意があります。

スイフターとよばれる雨傘のような仕組みのものに糸をかけてボールワインダーでボールに巻きますが、この時にどうしても糸が引っ張られてしまうので、編み始める直前までボールにしないほうが良いようです。少し引っ張られてもワインダーからボールを外すと毛糸がリラックスするのを手で感じられます。でも、それも糸が少し伸びるのは避けられないみたい。

また、スイフターは雨傘のようなものがクルクルと回転してワインダーに糸を届けるわけですが、このスイフターがクルクル潤滑に回らないと、ボールワインダーに巻かれていく糸がスイフターの糸を引っ張るような感じになり、これまたストレスがかかってしまいます。糸は伸縮性があるので元に戻る力もあります。そうはいっても伸びきって細くなってしまった糸が元の柔らかさを取り戻すのはなかなか。。。

そして、ストレスとは少し違いますが、滑りやすい糸はスイフターを使わないで使う直前に手でボールに巻くことをおすすめします。滑りやすい糸をボールに巻くと使っている間に糸が滑ってこんぐらがってしまうんです。モヘアなど、こんぐらがると簡単にほどけなくて悲しくなるでしょう? 

友人に、糸は自分の手でしかボールにしないという頑固な人がいます。その気持ちもわからないではないですが、500メートル近くある糸を自分の手で巻くなんてちょっとムリ! それでも彼女はがんばります。他の友人はご主人がいつでも手伝ってくれるから私はスイフターもボールワインダーもいらないと豪語しています。

かくいう私はどうも糸が伸びきているような気がして気になって仕方がなかったんです。スイフターが木でできているので、木と木が触れるところの摩擦が強くて糸が引っ張られているのではないかという結論に達して新しいものを購入しました。まだ、様子見の段階です。

せっかく動物たちがくれた柔らかくて暖かい毛糸ですからそれを取り扱う私たちも心しなくてはいけませんよね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

10%が誤差のうちですって?

近所の毛糸屋さんで毛糸を1玉買ってきた友人が言います。

「(もう一人の人に向かって)あなたにいつも毛糸の玉、カセの重さを測るように言われているから私も測ってみたら、驚くことに、この毛糸92gしかなかったのよ。ラベルのは100gって書いてあるのに。」

毛糸の重さを測ることに命をかけている(?)友人は言います。

「そうでしょう? この間、私も同じようなことがあったから、どれくらいを誤差の範囲内と考えているか調べたのよ。そしたら驚くわよ。この業界では重さの10%派誤差の範囲内なんですって。だから、あなたの足りない8gは誤差のうち。」

でも、え〜?って感じですよね。100g、250メートルの毛糸として、25メートル足りなかったら225メートルしかない。だって、もし、セーター編もうとして1500gで十分だと思って買ったのに、実は1350gしかない可能性があるわけでしょう? 編んでいる途中で足りなくなったらそれは一大事。「一体どうしてくれるのよ〜」と叫びたくなるかもしれません。

そりゃね、糸を巻いているときに誤差が出るのは仕方がないと思いますよ。でも、せめて2%くらいに抑えられないものですかね。シャトルが打ち上がるこの時代にどうして毛糸の重さの誤差が10%もあるのか、不思議ですよ。

なんか、気になってミルクとか、コーヒー豆とか、ドッグフードとかなんでも重さを測ってしまかもしれません。手帳にメモしたりしてね(笑)

応援の一押し、ポチッとお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

毛糸が足りなくなりそうなので苦肉の策

とってもシンプルなセーターを編んでいるのですが,毛糸が足りるか足りないか微妙なところ。どれくらい足りないかわからないままに人かせ注文するのも悔しいので,いろいろ苦肉の策に出ています。ちょっとデパートや,手芸屋さんに行って買い足せればよいのですが,メールオーダーがほとんどのアメリカなので,1かせのために送料を払うのも悔しい。

編んでいるセーターはAmy Miller の James 使っている毛糸はKnitting NotionのClassic Merino Superwash Sport です。1かせ340ヤードあり,4かせ買ったので,1360ヤード。約1230メートル。これくらいあればセーター1枚編むのに十分に違いない,と思ったのですが,どうだろう?

James はトップダウン。まず最初の1かせで首回りから肩にかけて編みました。次のかせは重さを量り,半分の重さになるまで片袖を編みました。まだ,ちょっと短い。でも,まず長さは気にせずに残りの半分でもう片方の袖を編みます。

photo

次の1かせで胸の部分から裾に向けて編み続けます。そう,最後の1かせで首回り,袖丈、身丈の調整をしなくてはなりません。先に首回りを編むつもり。そこで残っている毛糸の重さ、編み終わった袖丈、身丈を測ります。袖、身丈をどれくらいあと編みたいかを計算し、もし,足りなさそうなら、在庫にあるスポーツウェイトの毛糸をあさろうと思います。でも、ないんですよ。スポーツウェイトが。となると,涙をのんで1かせ注文するか,もしくは,身丈をとにかく編んでしまい、残った毛糸の重さをまたここで量り,半分の重さまで片袖を編み,始末をして,残りの半分でもう一つの袖を編んで,それで終わりにするか... 

そんなことを考えながらこれからまだ編んでいない片袖を編みます。102gあったので51gずつに分けておいたんです。いつも着分より多く買うようにしているのですが,そうはいっても1かせが長いのでお値段も張ります。ついそこで悩んでしまうんですよ。もっとも中途半端でも残った方が,足りないよりずっといいんですけれどね。

最後になりましたが,この毛糸,なかなかいいですよ。編みやすいし,色もきれいだし。

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

母の日ショールKALのお誘い、そしてMalabrigo yarn

友人が足の薬指をイスの角にぶつけて骨折しました。彼女曰く、
「足の薬指が私たちの体重を支えているのに、どれくらい役に立っているかわかる?」
「わからない」と私
「痛いから、そこに体重をかけないように歩いているうちに、腰、ひざ、あちらこちらが痛くなってきたのよ。」

あって当たり前、いてくれて当たり前、と思っていたもの、人たちの大切さをもう一度考えなくては、と彼女は言いたそうでした。

そうなんですよ。年老いていく自分の両親を日本に残したままでよいのか、ひどく悩んでいます。

自分の生活が忙しなり、ついつい、足が遠くなっていません? 仕事、子供の学校など、いろいろな理由はあるんですよね。でも、「帰ってこない」という事実にはかわりがありません。
「いつも、お母さんのこと考えてるよ」という一言を添えたショール(手袋でもカードでも、もちろん難でもOKなのですが)、ぜひ、がんばって作りましょうよ。

なぜショールですか? 首のまわりを暖めておいたら風はひきにくい!と私は信じているからです(笑)

さて、今日は、malabrigo yarn の紹介です。まずは sock yarn。この毛糸は1かせ440ヤード。10センチ32目くらいですね。ソックスを編む時には細い編み針。でも、8号くらいを使ってふわっとショールを編む人、いろいろなので、「くらい」としか言えません。

1かせずつあります。送料混みで1かせ2300円です。

私がLavaletteを編んだ毛糸です。写真ではこの毛糸の藍色と茶系が持つ美しさを出し切れませんでした。ゴメンナサイ。

写真よりもう少し、深みがあります。

どちらの毛糸も、ソックスはもちろん、ショールも編めます。私が編んだLavalette 十分足りました。
よろしかったら、前の記事の写真、見てくださいね。

次は、Malabrigo lace yarn. 470ヤードあります。ただ、糸は細いですね。実は、私,この毛糸、前から使ってみたかったのですが、編んだことないんですよ。でも、Ravelry を見ると、かなり人気が高い。これは、編んでみるしかない、と思いました。(笑)

1かせずつあります。これ、お得なんです。これだけ長い毛糸なんですが、1かせ、送料混みで1200円です。

色はindigo でも、微妙に紫が入っていますね。

きれいなピンクです。やわらかいピンク。ベビーピンクではありません。もうちょっと深いです。

色はmariposa 萌葱色、薄い水色、ベージュ、と何とも言えない色の取り合わせ。これからの季節にピッタリ。

oceanos という名前の通り、いろいろなブルーの段染めです。これは、編んでみると、おもしろい毛糸ですね。

色はindigo でも、微妙に紫が入っていますね。

私の大切な友人の一人からアドバイスをもらいました。日本は「かせ」で売っていないのよ。なるほど。

ご希望の方はおっしゃっていただければ、ボールに巻いてお送りいたします。
ご連絡、お待ちしていますね。

そして、ぜひ、ショール、作り目を始めましょう!

Happy Knitting!

ポチッと、お願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村