帽子のゴム編み部分はなかなかむずかしい

アメリカから持ってきた編み針を見つけてからすでに3つ帽子が編み上がりました。

帽子というと最初の部分はだいたいゴム編みですよね。2x2のゴム編みもあれば1x1のゴム編みもある。中には2x1というちょっと変則的なゴム編みもありますよね。

私が好きなのは1x1のゴム編み。そして、表編みはねじり表編みにします。こうすることでできあがりがかなりしっかりするんです。どうも2x2は心もとないゆるさがあります。伸びてしまうのは好ましくありません。もちろん本体部分を編む針より2号くらい細い糸でゴム編みは編みますよ。

簡単な帽子の編み方のおさらいです。作り目はそうですね、かぶる人の頭の大きさ、毛糸の太さによりますが、並太くらいなら100、110,120くらいかしら? もっと細いのであれば90とか96とか。できるだけ約数が多い数字を選んでくださいね。理由は頭のてっぺん部分で減らし目を均等にするためです。

例えば92なんて数字を選んでしまうと約数が2、4、23となります。これはあまり良くない数字達なのです。

もっとも、すごくとんがり帽子を作りたい場合はいいんですよ。そうではなくて一般的な形の帽子を編むのであれば、そうですね、例えば100目で例をあげましょう。

100目でお好きなメリヤスをそうですね7センチくらいにしておきましょうか。これも好みでもっと長くしたいとか、折り曲げたいとか好みがあります。私はだいたい7センチから8センチ。

ゴム編みが終わったら2号くらい太い糸に変えてメリヤス編み。これを最初の作り目からそうですね20センチくらい編みます。そして、減らし目に進みます。

100目だと10x10なので8目編んで次の2目で2目一度の減らし目をします。8+2で10目。10目のブロックが10個できました。1段で10目減らせます。次の段は増減なしで表編み。

その次の段は7目編んで次の2目で2目一度。さっきは10目のブロックでしたが、2目一度で1目減っているので9目しかありません。だから7+2

そんな感じで10目まで減らしてあとは糸を通してキュッと引っ張って終わり。ほら、簡単。

IMG_0937

これは、作り目110目。減らし方は少し違います。そうそう、パターンの名前を忘れてはいけません。これはBankhead 。Ravelryで無料でダウンロードできますよ。今度、この帽子の作り方の1日講習会でもしましょうか。いかがですか?

今回私が使った毛糸はYanagiyarnの恋する毛糸。とても使いやすい糸です。これ、お手頃ですし、いいですよ。糸は柔らかいし、よりもかたすぎず柔らかすぎず、私は好きです。

広告

中が見えないので、色

私より高齢の方にちょっと首のまわりにまけるマフラーを作ろうと思い、糸を手にしました。

段染めの糸を選んだのは良いのですが、段染めですからボールの中の方が見えなかったんです。外側の色を見ながら、おそらくこういう色だろうという検討をつけて買いました。そして編み上がったらこんな感じになり、最初は良かったのですが、途中で、「え〜!」

まずは最初の写真をごらんください

IMG_0933

いいでしょう? ほんわかとして高齢の方にも抵抗なく使っていただけるかな、という色たち。編み進むとこんな色たちが顔を出しました。

IMG_0934

嫌いな色たちではありませんが、急に明るい派手な色の出現に戸惑いながら、先に進みます。

IMG_0936

ま、アクセントカラーといえばアクセントカラーですが、そうはいっても両端の柔らかい色たちに比べると中央部の色はどちらかというとラインマーカーっぽい色。うーん、これってあり? という気持ちです。思っていた方にプレゼントしようかどうか悩みちゅう。

そうそう、編み方はすごく簡単ですよ。私は33目作り目しました。これは、どれくらいの幅にしたいかとか、糸の太さによって調整してください。

1段目は表編みでずっといきます。

2段目は表1目、裏1目を繰り返し、最後を表1目で終わります。

この2段の繰り返し。broken rib という言葉が確か使われています。ゴム編みほど柔らかくありませんが、メリヤスよりも立体感が出ます。帽子にも使える編み目ですから使ってみてくださいね。

今日は東京は寒いのでしっかり首回りを暖かくしないといけません。

突然ですが

おはようございます。

突然ですが来週の月曜日、12月10日に編み物会をしようかなと思い立ちました。帽子の編み方をお教えします。本当はもっと先の方が良いのですが、だんだんに年の瀬に近づくとなんだかんだと忙しくなりますでしょう?

時間は10時から12時くらい。場所は吉祥寺を考えております。そして、トピックは帽子。1)帽子はすぐ終わる

2)できあがりのサイズが考えていたものと少し違っていても、必ずそのサイズに合う頭があること。

3)手軽に持ち運べること

私の家はとても狭いので皆様に入っていただくわけにいきません。ということでまた場所を借りようと思います。ということで参加費は2000円と致します。お返事は早めにいただけたらありがたいです。また、ご自分のスタジオ、ショップなどを紹介する目的でのご参加はご遠慮お願いいたします。

毛糸の太さなどは問いませんが太めの方がはやくできあがります。しかし、太すぎるのはごつくなりすぎるのでオススメしません。

それでは奮ってのご参加お待ちしておりますね。

そうそう、書き忘れました。お部屋が借りれない場合にはキャンセルしなくてはならなくなります。ご了承くださいませ。もちろん参加できる方が集まりましたら即刻、予約を入れますね。

 

思い込みに注意

いろいろなものを編んでいると、パターンをあまりよく読まずに自分がそれまでに編んだ経験に基づいて判断してしまう傾向が私にあります。

いま、la droguerie のパターンでフィンガレスミットを編んでいるんですが、数段編んだところで「あれ〜?」 説明は「前段の目の通りに編む」わかるんですよ。表編みは表編みに、裏編みは裏編みに編めばいい。しかし、すべり目はどうするのだろう? ずっとすべり目したら編めないでしょう? おかしい。??? よーく悩んでいたら、発見、

どこにも、輪で編むなんて書いていない。平面に編んでいるから、さっきすべり目をした目は裏の目に見えているのだから裏目で編めばいいということかと。しかし、フィンガレスミットはやはり輪で編みたい。あとからはぐのは私は嫌い。ここでまた発見。輪で編んでいたら1目ゴムのはずなのに最後に表が2目になってしまったのはこれが理由ね。はぐから最後が表2目になっていたんだ。ま、それはいいわ。

さらに、親指の部分の増やし目。途中に (=親指)とあるけれど、どこまでが親指の目数のかが明記されていない。。。ねじりまし目をしたのは入るのかしら?

最後の方で「休めておいた24目」とあって、この24目はどこからきたのだろう?と読み返すと(他の目は休めておく)のこの(他の目)に相当するのかもしれない。なんだか、パズルを解きながらのパターンでした。自分の思い込み+難解な書き方で苦労しながら編んでいます。かなり自分で適当に手を加えてしまいましたが。

それにしてもこのパターン、とにかく正確に訳するとこうなるのでしょうかね。となるとフランス人の方はきっとアメリカ人とは異なる脳みそを持っているとしか考えられません。お国柄とでも言いましょうか。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

簡単なカウルのパターン、これ、有料?

Ravelry もかなり飽和状態ではないかと思うこの頃です。似たようなパターンがちらほらあちらこちらで見え隠れしています。こんなにどこでもあるようなカウルのパターンを有料にするなんて!と驚いたりね。

シンプルなパターンでも使う毛糸を変えるだけですごく目新しく見えることも少なくありません。

たとえばです。輪編みにするカウルを例にとりましょう。メリヤス編みを端に持ってくると丸まってしまいます。それが可愛いことももちろんあります。でも、それが好ましくない人はガーターで数段を始めたり、かのこ編みにしたりします。次に数段をメリヤス編み、また数段をガーター編み、この繰り返しをするのは別にパターンとして書くことなくしてもなんとなーく誰でもしてみようと思いますよね。

そこで、使う毛糸を2種類に変えてみる、たとえば一つをモヘアにしてもう一つを太めの糸にする、すると表情があるカウルが出来上がります。また、一つの糸を単色で、もう一つの糸を段染めの糸、もしくは、少しツィードっぽい糸を使うだけでほら、ものすごく見た目が変わります。

このようなパターンも、値段がつけられて売られているのを見ると「ふーん」という気になってしまうんです。

そりゃね、ゲージやら、どれくらいの長さにするから何目作り目するとか、ちょっとかわった伏せ目をするとか、付け足せることは幾つかあります。しかし、自分が使いたいゲージを測って、次に作りたいカウルの円周を決めれば自ずから作り目の数は決まります。数目の差は誤差の範囲でいいでしょう。

糸が足りなくなるかもしれないから、このパターンを使った人はどの糸をどれくらい使ったのかは確かに参考になりますね。途中で糸がなくなったときのドキドキ感はスリルがありすぎます。時として最後が急に目がきつくなっていたりして自分でも笑ってしまいます。ただ、それは他のフリーパターンを参考にすると大体の予測をつけることはできるんです。

それに、一つ編んでみて「これが絶対」という毛糸もサイズもありません。「あら、これもよかったわ」「この糸の太さならこの長さの方がいいかも」「私の身長に、このカウルは短すぎる」など、それぞれの好みに合わせて調整できるのがこれまた楽しいんですからね。

それにしても、「こんな単純なパターン、そして他のデザイナーさんのパターンに酷似しているパターンにお金を払うのはちょっと」と思ってしまうパターンが増えてきているかな、と思います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

なかなか終わらないpicot bind-off

暑くて手を止めていたMelanie Berg デザインのTamdouですが、少し空が秋めいてきたのを機会にまた針を進めることにしました。

暑いなぁと思いながらも来月はもう9月ですし、秋は必ずやってくると自分に言い聞かせながら編んでいたら、なんとか終わりました。残っているのはpicot bind-off。

「あれ? パターン通りに編んでいくとpicotにならんぞ。」ともう一度パターンとにらめっこ。正しく編んでいるはずなのにおかしいなぁ、ともう一度。それでもやっぱりどうも他の人たちの出来上がりと見た目が違います。

ええい、めんどうだわい!と自分が普段しているpicot bind-offをすることに。

たとえば、2目新たに作ってその目+2目とか、3目とか、自分で好きな数を伏せてまた、2目新たに作ってと進んで行きます。あ、別に2目でなくてもいいですよ。3目でもいいし、5目でもいいです。ただ、そうするとpicotが大きく目立つ可能性がありますよ。

伏せる目だってpicotとpicotの間隔をどれくらいの長さにしたいかで伏せる目の数を決められます。picot bind-offは目を新たに作りながら伏せるので時間がかかるんです。ただ、終わってみると「あ、やってよかった。かわいい」とひどく納得はします。

IMG_2979

糸が足りなくなるかもしれないんです。パターンには「できるだけ糸を使い切るようにデザインしたから、もし足りなくなりそうなら、最後の部分で調整してください。もしくは糸を余分に購入してください」と書かれていました。

ほんの少しだけ使うのに糸を買うのももったいない、と3色1カセずつしか買わなかったら、編み目がゆるい私です。やはり最後で微妙に足りなくなりました。だから、最後の部分だけちょっとパターンを変えて伏せ目に突入。イヤァ、足りるかどうか心配です。こんなスリル感を味わうのはたのしくありません。
4目伏せないで5目伏せればよかったとブツブツ。とりあえず最後まで編んでみて、ダメなら解いて、伏せ目を5目にします。足りない長さの感じでもしかしたら6目にしてしまうかも。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

それではカウルを編みましょう

Orchid Cowl の編み方です。糸の太さによって横幅、長さはそれぞれで調整してくださいね。デザイナーの方のゲージは4.5ミリの針で24目10センチです。6の倍数+両側につけたいガーター編みの目数です。

まずはレースのパターンをここに書いておきます。 (全部で8段です)

1段目:1目すべり目、表2目、目数リング、*かけ目1目、表1目、かけ目1目、左上2目一度、表1目、左上2目一度*これを繰り返し、最後の3目の前に目数リングをおいて、3目表編み。

2段目: 1目すべり目、表2目、ずっと裏編み、表3目。

3段目:1目すべり目、表2目、*かけ目1目、表3目、かけ目1目、右上3目一度*これを繰り返し、3目表編み。

4段目: 1目すべり目、表2目、ずっと裏編み、表3目。

5段目: 1目すべり目、表2目、*左上2目一度、表1目、左上2目一度、かけ目1目、表1目,かけ目1目*これも繰り返し、最後の3目を表編み。

6段目: 1目すべり目、表2目、ずっと裏編み、表3目。

7段目: 1目すべり目、表2目、*左上3目一度、かけ目1目、表3目、かけ目1目、* これを繰り返し、最後の3目を表編み

8段目: 1目すべり目、表2目、ずっと裏編み、表3目。

ここからが作り方です。 かぎ針で作る作り目で48目。(右、左、両側に3目ずつのガーター編みが含まれています)

レースのパターン8段を9回繰り返します。

メリヤス編みを11段。(最初の1目はすべり目にしてください)

ガーター編みを5段。(最初の1目はすべり目、そして最後の3目は表編み

メリヤス編みを11段。(最初の1目はすべり目にしてください)

ガーター編みを5段。(最初の1目はすべり目、そして最後の3目は表編み

メリヤス編みを11段。(最初の1目はすべり目にしてください)

ガーター編みを5段。(最初の1目はすべり目、そして最後の3目は表編み

メリヤス編みを10段。

レースのパターン、8段を5回繰り返します。

メリヤス編みを11段。(最初の1目はすべり目にしてください)

ガーター編みを5段。(最初の1目はすべり目、そして最後の3目は表編み

メリヤス編みを11段。(最初の1目はすべり目にしてください)

ガーター編みを5段。(最初の1目はすべり目、そして最後の3目は表編み

メリヤス編みを11段。(最初の1目はすべり目にしてください)

ガーター編みを5段。(最初の1目はすべり目、そして最後の3目は表編み

メリヤス編みを10段。

レースのパターン、8段を3回繰り返します。

メリヤス編みを11段。(最初の1目はすべり目にしてください)

ガーター編みを5段。(最初の1目はすべり目、そして最後の3目は表編み

メリヤス編みを11段。(最初の1目はすべり目にしてください)

ガーター編みを5段。(最初の1目はすべり目、そして最後の3目は表編み

メリヤス編みを11段。(最初の1目はすべり目にしてください)

ガーター編みを5段。(最初の1目はすべり目、そして最後の3目は表編み

メリヤス編みを10段。

糸は切らずに目を他の糸に通して、ブロックします。かわいたら、他の目に通した目と、かぎ針で作った作り目を針に戻して、はいでください。

ガーター編みの部分で最後の3目は表編み、という部分が余分な気がするのですが、とりあえずパターンにそう書いてあるのでここにも入れてあります。

逆にメリヤス編みの部分ですが、裏編みをするときには最初の3目、最後の3目を表編みにしました。そうすることで両側のガーター編みが保たれますからね。目数リングの外は常にガーター編み、と覚えておくといいかもしれません。

昨日も書きましたが、このパターンはレース編み8段をどれだけ繰り返すか、また、メリヤス編み、ガーター編みをどれだけ入れるかで全く表情が変わります。好みに合わせて作るのがよいのではないでしょうか。私は旅先で編み始めたので、かぎ針での作り目ができませんでした。はぐときにつれないように気をつけました。

私はそろそろMultnomah が終わります。何を考えていたのか表編みで編まなくてはいけないのに裏編みを編んでみたり、その逆をしてみたりと思っていた以上に時間がかかっています。あと2段、間違えないように編んで終わります。そう、模様を10回繰り返すのはやめました。サイズが大きくなり過ぎてしまいますので。大きいショールは好きなのですが、3角形のショールのあまり大きいのは好きではないんです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村