黒いカウルはうーん。

カウルをプレゼントするのに、何色が好きか聞いたらグレー、黒が良いと言われました。たまたま黒のカウルを編み終えてそのまましまってあったのがあるのでそれにしようかしら、と思いつき、出してみたところ、黒いカウルというのは糸、パターンによってはお葬式を連想させてしまうことに気がつきました。

もっとも、私の考えすぎかもしれませんが、ためらいもあり、これはやめ。ということで別の糸を巻かなくてはならないんですよ。でも、巻く機械をつけられる机がなくてさぁ、どうしよう。横着せずに手で巻きますかねぇ。

と思い悩んでいたところ(?)でまた、思い出したのが別の辛子色のショール。これは編んで、ブロックしなくてはと思いながらもいつもの怠け癖が出てそのままになっているもの。辛子色は私好みの色とはいえ、その方が好きかどうかはわからない。。。 とても小柄な素敵な女性なので何色でも似合いそうなのですが、好みでないと逆に押し付けになりかねないし。。

いや、思い切って差し上げてみようかしら。明日ブロックしようっと。お天気も良いみたいだから寒いといはいえ乾くだろうし。

あ、ブロックするピン、どこに入っているだろう? やっぱり毛糸の箱はあけてちゃんとどこに何が入っているかを把握しないといけませんね。できたら、ショールの写真を明日、撮ります。

広告

腹巻が欲しいとな?

今日は母に付き添って病院でした。別にどこが悪いというわけでなく定期的な予約でした。先生とお話をして診察室を出てみると目の前の人が編み物をしているではないですか! 声をかけて何を編んでいるのか、毛糸は何を使っているのやらといろいろ伺ってみたかったのですよ。でも、母の栄養相談やら、血液検査やらがあったのでそこまでちゃんと迷わず母を連れて行かなくてはならなかったので断念しました。うーん、くやしい!

どれだけ待つかわからない病院の待合室は編み物するのにうってつけの場所。ただ、大きいものはいけません。小さいソックスとか帽子。それくらいが適切かと思います。まさか、大きいセーターを持ち込んで混んでいる席でお隣の人を編み針でつついては困りますからね。

また、難しいパターンはやめた方がいいです。名前を呼んでいる声や、番号が出るスクリーンに気を取られたら間違えてしまいます。あとで直すのもこれまた面倒。

今日は私は編み物を持っていませんでした。どうしてか? 朝、忙しくて忘れてしまったんです。母にあげようと思ったレッグウォーマーも持って行くの忘れました。今日のように寒い日はうってつけのプレゼントだったのに。

腰のまわりが寒いから腹巻が欲しいと母は宣います。しかもゴロゴロするのが嫌だから細い毛糸で。腹巻はむずかしい。サイズが大きすぎると落っこちてしまうし小さすぎるときつくて苦しいし。ゴム編みで編んでみるかな。サイズが合わなかったらカウルにしてもらおうなんてね。その前に、編まなくてはならないものをすませちゃおうっと。

首にしっかりまけます

私はカウルもスカーフも大好きです。

しかし、カウルは短すぎても長すぎても首に風があたって「うー、寒い」となるときがあります。

また、スカーフは風に飛ばされることもないわけではないし、これも何かのはずみに落としてしまったり、とどちらかというとこれらは母の意見なのですが。。。

そこで、前にプレゼントしたのが、こんな感じの首巻き(?) まだ、編み途中なのですが、

IMG_7443

真ん中の部分がゴム編みになっているのわかります? ここに逆側の端を通すんです。

持ち上げてみると、ほら、

IMG_7444

ほら、ここを通ります。もう片方の先っぽを入れてキュッとひっぱるとなかなか暖かい。

ただ、編むときには注意が必要で、首回りをどれくらいにするか悩まないとこれまた長すぎて首周りが寒かったり、短すぎて首がしまりそうになったり。編む私は気を使います。でも、ちょうどいい長さにできあがればとっても喜んでもらえるプレゼントになります。

プレーンなガーター編みでもいいですが、これはちょっとオシャレにレースっぽい編み方です。早々、パターンの名前を忘れずに書かなくては。

Loopy Lace Scarf by Katie Harris. フリーパターンです。

色を遊ぶ

前述しましたように、私には絵心というものがないようです。中高の美術の成績は惨憺たるものでそれ以来、私は絵を描くことが大嫌いになりました。でも、色を見るのは大好き。

太陽のあたり方で微妙に変わる海の青い色、そして雲の後ろに隠れた太陽が差し込み、雲の輪郭がオレンジ色になるときなど、「生きていてよかったぁ」などと大げさに(?)喜びます。誰も見ていないのだから色鉛筆とかクレヨンでスケッチしてみようかなと思いながらもどうも尻込みをするんですよね。これ、やっぱり高校時代のイヤな思い出を引きずっているのでしょう。

編み物も一緒です。暖かさが大切だと思いながらもきれいな色の糸を見るとフラフラっといってしまいます。そしてついつい買い込んでしまうんです。サァ、何を作るのかしら? というのはあとで考えます。

要するに色で遊んでいたいんでしょうね。折り紙とか千代紙も見るのは大好きです。

IMG_7046

この3カセを使ってまたThe Shift を編みます。Spincycle の糸は毛糸屋さんでも売っていますが、私はSpincycleに行って購入してきました。悩む私に色を選んでくれたのは染めを担当しているRachel。とにかく忙しいときに時間を取ってくれて本当に感謝。

いろいろな色を見ていると本当に心が和らぎます。

日本の色の名前ってすてきです。日本人が持っている感性をとても感じます。これは私たちが忘れてはいけないものの一つだと思うんです。独特の感性をぜひ大切にしていきましょう。

呪われた糸?

「また、間違えたわぁ〜」と大きい声がテーブルの向こうから聞こえてきました。

「またほどかなくちゃ。何回ほどいているのかしら? この糸、ぼろぼになりそう」 そういう毛糸ってあるんですよね。毛糸が悪いわけじゃありません。たまたまそういう運命の糸。

続けて彼女が言うには、

「息子の嫁にスカーフを編んであげると言ったら、首のまわりに巻くものはいらない、と言われたのよ。だから、じゃ、帽子でも、と言ったら、その色は好きじゃないですって」とプリプリ。 

なるほど、その糸だから余計にイライラして間違えるのかも、と

「その糸、きっと呪われているのよ」と私。

「確かにそうかも。嫁の呪いかしら? 私は負けないわよ〜」半分冗談だと思います。しかし、その呪われた糸をしっかり握って目を皿のようにしてほどいた目を拾って編み続ける彼女を見て、その覚悟が感じられました。出来上がったものはきっとすごく硬く編まれたものになるでしょう。これをもらった人、背筋がぞくっとするかも。

だから言ったんです。

「時間をかけて編んでしまった後に、いらない、と言われるよりいいんじゃない? 正直な人なのかもよ」

残念ながら私のこの言葉は彼女に届かなかったみたいです。

こんな話もありました。

自分が編んだものを身につけていたらお嫁さんが

「それ素敵ですね」というので、同じものをもっと高い毛糸で編んでプレゼントしたとか。でも、全然使っている様子がないので孫に聞くと(ここがミソ)

「ママ、全然使っていないよ。だって、クローゼットの奥の方にしまってあるもの」ですって。

「2度と嫁には編まない!」と息巻く彼女の気持ちもわかります。

こう考えると、最初のお嫁さんの方が罪がないかも。でも、言い方一つで受け取る方の気持ちは違います。やんわりと外交的に話していたらこういう「呪い」は起きなかったかも。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ

帽子とカウル

帽子をかぶっている人たち、増えましたね。毛糸の帽子あり、フェルト地のような帽子もありと見ていてとても楽しいんです。

女性の場合、髪の毛がつぶれて’hat hair’になるのが嫌でかぶらない方もたくさんいらっしゃると思います。

母もそうだったのですが、年を重ねるにつれてどうも頭が寒くなってきたらしく「帽子が欲しい」というので、たまたま持っていた糸で編みました。頭の大きさ、形はほんとうにさまざまで深さとかとても困ります。一番フィットするであろうと思われる2x2のゴム編みを選びました。少し長めに編んでおいたので、このように耳の部分を2重にしてカバーできます。

img_3953

とても暖かいようで、しかも近所にお買い物に行くとみなさまから「いい帽子ね」とか「似合っているわね」と声をかけられてそれもまた嬉しいらしい。。。

ついでに彼女が巻いているカウルについて一言。これはアルパカ100%の糸で編んだとても暖かい物です。カウルの形はしていますが、幅を広くしてあるので、少し広げて肩にかけると肩をすっぽり覆ってくれてとても暖かいんです。家にいるときはそうやって肩を暖め、そとにでるときはこのようにショールピンなどで首元をとめればオーケー。

img_3952

もう少し大きいショールピンがあるといいかも。ブローチなどないかしら、と探したけれど、髪留めはたくさんあってもブローチは最近する人が減っているのか見つけられませんでした。

img_3979

池袋のla droguerie で見つけたピン。つい材料を買い込んで作ってしまいました。さくらんぼが可愛いんです。そう、気に入ったものがなかったら作るしかありません。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

 

簡単なカウルのパターン、これ、有料?

Ravelry もかなり飽和状態ではないかと思うこの頃です。似たようなパターンがちらほらあちらこちらで見え隠れしています。こんなにどこでもあるようなカウルのパターンを有料にするなんて!と驚いたりね。

シンプルなパターンでも使う毛糸を変えるだけですごく目新しく見えることも少なくありません。

たとえばです。輪編みにするカウルを例にとりましょう。メリヤス編みを端に持ってくると丸まってしまいます。それが可愛いことももちろんあります。でも、それが好ましくない人はガーターで数段を始めたり、かのこ編みにしたりします。次に数段をメリヤス編み、また数段をガーター編み、この繰り返しをするのは別にパターンとして書くことなくしてもなんとなーく誰でもしてみようと思いますよね。

そこで、使う毛糸を2種類に変えてみる、たとえば一つをモヘアにしてもう一つを太めの糸にする、すると表情があるカウルが出来上がります。また、一つの糸を単色で、もう一つの糸を段染めの糸、もしくは、少しツィードっぽい糸を使うだけでほら、ものすごく見た目が変わります。

このようなパターンも、値段がつけられて売られているのを見ると「ふーん」という気になってしまうんです。

そりゃね、ゲージやら、どれくらいの長さにするから何目作り目するとか、ちょっとかわった伏せ目をするとか、付け足せることは幾つかあります。しかし、自分が使いたいゲージを測って、次に作りたいカウルの円周を決めれば自ずから作り目の数は決まります。数目の差は誤差の範囲でいいでしょう。

糸が足りなくなるかもしれないから、このパターンを使った人はどの糸をどれくらい使ったのかは確かに参考になりますね。途中で糸がなくなったときのドキドキ感はスリルがありすぎます。時として最後が急に目がきつくなっていたりして自分でも笑ってしまいます。ただ、それは他のフリーパターンを参考にすると大体の予測をつけることはできるんです。

それに、一つ編んでみて「これが絶対」という毛糸もサイズもありません。「あら、これもよかったわ」「この糸の太さならこの長さの方がいいかも」「私の身長に、このカウルは短すぎる」など、それぞれの好みに合わせて調整できるのがこれまた楽しいんですからね。

それにしても、「こんな単純なパターン、そして他のデザイナーさんのパターンに酷似しているパターンにお金を払うのはちょっと」と思ってしまうパターンが増えてきているかな、と思います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村