uguisumochi について

いただいた縁を大切に。私がずっとやってきた編み物、そして英語、数学、日本語を教えることで学んだものをぜひ、みなさまにお伝えできたらと思っております。 ぜひ、ご一緒しませんか?

素材にこだわる

編み物をしながらいろいろな素材の毛糸に出会ってきました。羊毛であったり、アルパカ、カシミア、コットン、リネン、ナイロン、それぞれの目的にあった糸で編むために作られた糸たちです。

今、私たちのまわりにはものが有り余っていますが、立ち止まってみてください。いったい何の素材でできているのだろうかと。

もしかしたら石油が原料かも。それとも植物? 何が良くて何が悪いということではありません。でも、自分の肌に触るものの素材を知っておくことはとても大切だと思います。

肌に触れるだけではなくて素材によってどのように身体の線を出してくれるかを皆さんはご存知ですか?

街を歩いていると下着の線がくっきり出ている人。さらにはお尻の形がはっきりとわかってしまう人、少なくありません。薄いストレッチ素材だと身体にまとわりついて見事に下着の線を出してくれます。前から風が吹いてきて、お腹から下腹部までシルエットがはっきり出てしまうのは目に入ってしまう方も恥ずかしいです。

さらには、暑いですから透け感がある素材だと下着の色まで見えてしまいます。

もちろん、人に見えてもいいし、逆に見えて欲しいのあればそれでいいんです。でも、そんな気持ちもなくてたまたま見えてしまっていたらどうします?

前から見たらどんなにステキにお化粧して髪の毛をセットしていても後ろ姿がスケスケで下着、身体の線がくっきり出ていたらちょっと興醒め、いえ、それ以上にがっかりです。← これっておばさんだから?

少し、厳しい目でご自分の後ろ姿、気をつけてみませんか? 着ている物の素材を変えるだけで解消される問題かもしれませんし。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

撚っていない糸で編むソックスは?

よーく考えてみたら、今ソックスを編んでいる糸は撚っていないんです。いわゆるsingle ply。撚っていないということはそれだけ丈夫ではないということ。

よく売られているソックスの毛糸は(もちろん例外はあります)three ply, two play中には12playくらいのものもあるんです。このplyは撚っているということ。2 plyなら、二本の糸が撚られています。12plyなんて言ったらすごく細い糸が12本、撚られているということ。とても丈夫であることがわかります。

ソックスはどうしても爪先とかかかとが摩擦によって痛みがち。穴があくのもこの2カ所。親指の付け根のところが破ける人も少なくないのですが。

気に入っている糸だからと言ってこの糸でソックスを編んだのは危険だったかしら? いまさら言っても遅すぎ。だって、片方の爪先を編んでいるところだから。

大切に履こうとしても、靴と擦れるのを止めるわけにはいきませんよね。仕方がない。家の中用のソックスにしようかしら?

ここまで編んだら編み続けます。

そうそう、アメリカにいたときにこんなアドバイスをもらいました。だいたいソックス用の糸はナイロン棍棒ですよね。ウール100%の糸で編みたかったら、補強用のナイロンの糸をからげながら編むと安心してソックスを楽しめると。ただ、ナイロンの糸の色の種類がそれほどなかったのでそこが難点でした。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

暑いけれど。。。

今日の最高気温は32度らしい。

テレビのキャスターが「今日は暑いです」「暑くなります」と騒げば騒ぐほど暑苦しくてついついテレビをでしてしまう日が続いています。言われなくても暑いものは暑い。

そうは言ってもやはり編み物をせずにいられずに手を動かしています。でも、手にするものは小物たち。

今日もソックス。糸の色がしつこいので(好きなのですが)このパターンは正しくないかも、と思いながらもせっせと編み続けています。

IMG_7918

ソックスはマジックループで編んでも良いのですが、このパターンのように、模様が移動するときにはやはり三本針の方が簡単です。色が好きでこの毛糸を数年前に買って、けちくさく使えずにいたのですが、とっておいても仕方がないし、とこの糸でソックスを編むことに。

だって、仕舞い込んでおいたら毛糸がかわいそう。それに、自分が元気に編める間に使わなかったらきっと後悔するから。

そうそう、パターンの名前はと、Toivoharjuと言います。52 Weeks of Socksというとても美しい本に載っています。本を見ているだけで幸せになる、そんな本です。

このブログを始めていったい何年経ったのかしら、と思います。日本に戻り、書きたいことがいろいろあるので、ブログを分散することにしました。

英語を舐めてはいけない

日本各地の素晴らしさが見たくて。

英語のブログは少し前から始めていましたが、もう少し真面目に書こうかな、と反省。

そして、日本についてのブログは海外に住んでいたからこそ感じられるものもあるかもしれない、と書き始めました。宜しかったらぜひのぞいて応援してください。よろしくお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ソックスを編むのは楽しい!

さて、コロナの騒ぎが起きてから何足目だろう?

家にいる時間が長いし、かと言ってなんとなくショールとか大物を編む気にもなれないし、ソックスは楽しいし、と次から次へとソックスを編んでいます。

これは数週間前に編み終わったソックス。いったい糸は何だったんだろう? だいたい、ずっと前にカセからボールに巻いてあったものだから、一緒につけてあったはずのタグが行方不明。

これは困った、と言いながらもそれほど困ってもいない私はさっさと作り目を。

パターンはえーと写真を見て考えよう。

IMG_7790

もしかしたら、Cookie. AのTheloniousかも.

Jazz アーティストのThelonious Monk からこの名前は来ているに違いないと勝手に想像。

模様はこんな感じ。

 

IMG_7792

糸は柔らかく、とってもは着心地が良さそう。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

久しぶりに紡いだ糸でショールを編む

最近はソックスろか帽子とか小さいものばかり編んでいました。

日本ではあまり毛糸のショールはしないというのが理由。でも、なぜか急に久しぶりに編みたくなり、自分で紡いだ糸を取り出しました。

IMG_7829

アイスランドの羊の羊毛なので少しゴワゴワというかチクチクする糸になりましたがその触感がたまらなく好きなのです。

まだまだ編み続けないと出来上がらないのがショール。

でもできあがりはやはり楽しみです。

今は暑い夏ですが、必ず寒い冬はやってきますから。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

言葉

言葉の大切さを感じていますか?

ついつい言葉を短くしてみたり、英語を日本語として扱ったりと私たちは言葉に対して無神経になっている気がしてなりません。

日本語にないものをカタカナで日本語のようにするのは無理がないことですが、立派な日本語あるにもかかわらず英語、といっても発音は日本語ですから英語とはかけ離れたものですが、を当てる風潮がとても気になるんです。

そもそもなぜ、その言葉にその漢字が使われたのか表意文字の感じには理由があるはずです。それに比べて英語は表音文字ですから100%文字の使われ方が違います。

こんなことを考えるのは歳を取ったせいかなぁ? と思いつつ、でも、年齢を重ねているからこそ考えることを今のうちにもっと若い方達に伝えるのも仕事なのかも、と変な使命感に駆られました。

90695C5F-E154-4249-89B4-C59718F8741E_1_201_a

これは本当におすすめの一冊です。「作文教室」という題名ですが、日本語に対する作者の思い入れがひしひしと伝わってくるだけではなく、私たちが気にも留めない日本語の面白さを教えてくれます。

言葉への愛着を忘れてしまわないようにぜひ、この本を読んでみてください。

暑くて編み物は進んでいません、と言いたいところですが、しっかり帽子を編んでいます。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

旅そして人生

コロナに関する話題でどこもかしこもいっぱいです。もちろん、感染しないように、させないように生きていくのは大切と言うよりも私たちの責任。

しかし、メディアの伝え方を見ているとまるで、コロナにさえかから」なかったら人は死なないかのような錯覚に陥らせているのではないかと思ってしまいます。

たとえコロナにかからなくても他の疾患、事故、災害などいろいろな理由で人間は死んでいきます、と言うよりも一度生まれたら死んでいくのが人間なんですよね。それは誰も変えることができない事実であると言うことを忘れてしまうと言うか、忘れたいのが私たちなのかもしれません。

私が旅行が大好きです。旅行に行くまでのワクワク感。あちらこちらを旅しているときに感じる新鮮な刺激。そして帰る前日のちょっぴり寂しくつまらなく思う気持ちがあります。

今までにもよく喩えられてきましたが旅と人生は本当に似ています。旅に最終日があるように私たちの人生にも最終日があるんです。旅は前から予定を決められますから、どこに行って、何をして、何を食べてと計画できますが、人生はそうはいきません。どこで終わってしまうかわからないし、旅のように短くないからいつかは必ず終わると言う事実をつい忘れてしまいますよね。

コロナ感染が何人ということに一喜一憂する前に、自分の人生、あとどれくらいなのだろう? 今日をよかったのだろうか? 大切な人に自分の気持ちを伝えなかったり、きつく当たってしまわなかったかという反省をすることが大切なのではないかしらと思う今日この頃です。

大切な人に悲しい思いをさせたくないという気持ちが強くなれば自ずから外出を自粛したり賢明な行動を取るようになると思っています。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

井之頭公園の花たち

北風が少し寒かったですが日差しはなかなか春を思わせてくれた1日でした。気分転換に井之頭公園を散歩したら、花たちが出迎えてくれました。これからもっともっときれいになっていくと思います。

まずは梅。白梅というより少しピンクがかった色の花が咲いていました。気分はお花見です。

IMG_6643

そしてクロッカスかな?

IMG_6647 色が薄めなのできれいに写真に写りませんでしたが、たくさん咲いていました。

次は水仙

IMG_6645 これからどんどん咲いていきそうです。

IMG_6649 椿は冬の間もがんばって咲いていました。だから忘れてしまってはかわいそう。

IMG_6646 これこそクロッカス。お花の名前にあまり詳しくありません。

IMG_6653 沈丁花はもう良い香りを漂わせていました。

お花を見ているととてもきれいな気持ちにさせてくれますよね。気分もすっかりして家に帰ってくることができました。やはり歩いたり、身体を動かすのは脳に影響を与えるのでしょうかね? 行ってよかった。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

素晴らしきは友人かな

人間、年齢を重ねてくるとだんだん友人が減ってきます。

遠くに離れてしまったり(私の場合、アメリカに友人がたくさんいますがその人たちにこれから先に会える可能性はどんどん少なくなってきています)、病気になったりと先細り。

久しぶりに会う友人たちと別れる時には必ず

「お互い、体を大切にしようね」と言い合います。ふと考えます。人間、誰もが次の瞬間に何が起こるかわかりません。それは年が若い、若くないとは全く関係ないんですよね。誰でも体を大切にしなくてはいけないし、友人たちとの時間は貴重になってきます。

趣味を共有できたり、励ましあえたりする友人は何物にも変えられません。そしてたわいもないことで笑い転げることで普段のストレスとか緊張感が緩んでまた頑張れるようになれるように思います。

学生時代の友達である時もあるし、仕事上で知り合った友人もいます。また、たまたまご近所に住んだことで知り合う人もいるはず。出会いを大切に。一緒に成長できるような関係を築けたら素敵ですよね

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

あれ? これは何?

断捨離?ではないけれど、アメリカから持って帰ってきた箱の中をかき回していたら、何やら小袋に入ったものが。
「どれどれ?」と開けてみたら編みかけの何かが入っています。
「?」メモ書きでも入っていればいいのにそれもない! 
ちゃんと後ろ身頃ができあがっているんですよ。それなのにどのパターンを編んでいたかもわからない。
「これはこまった!」
しかし、いつまでも困っているわけにはいかないので、眺めているのをやめてほどきました。
同じ毛糸たちがその小袋に入っていたので毛糸の名前だけはわかりました。
Plucky Lodge fingering
この糸はリネンやらコットンやら入っているので初夏向けかな?

ということでRavelry をリサーチしていたところ、Tegna のパターンはすでに購入済みであり、しかもこの毛糸で作っている人が多いことを見つけて。「これだ!」
ということで編み始めました。
それぞれが選ぶ毛糸、手の癖などで出来上がるサイズがマチマチだから必ずゲージを取るように、という注意書きを無視して3号針で「それ〜」と始めました。まぁ、なんとかなるでしょう。
作り目は280もあるのに減らしていくのでさて、入るかしら? と自分の丸っとした胴の周りをしげしげと見つめ悩んでいます。

皆さん、何か編み始めたら必ずメモも一緒に入れておきましょう。さもないと私のようにほどかなくてはならないことになってしまいますよ。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村