野呂クレヨンでフィンガレスミット

先日、仙台に行った時に毛糸屋さんを見つけました、というか数回行ったことがあってもきちんと場所を把握していないので行ける時といけない時があったのです。

野呂栄作さんのクレヨンで編んだフィンガレスミットが壁にかかっていて、可愛らしいので、ついついクレヨンを2玉買ってしまいました。

親指の部分を何も編まないのがちょっと不満ですが、ま、それはそれでなんとかしましょう。

毛糸を購入したので編み方もいただきました。

行くたびに棚に置いてある毛糸の数が少なくなっていくような気がします。仙台付近にお住いの編み物好きな方、どうぞ行ってみてください。お店の名前は「糸幸毛糸店」 三越の1階に入っていますと言っても三越の中ではありません。

前にも書きましたが大型店舗とか、大型の資本のお店ばかりになったら私達の暮らしは面白くないものに変わってしまいます。そして失ってしまったものを後悔してもそれを取り返すのはなかなかできません。目の前だけを見て「いいわ」と思うのではなくて長い目で見て「いいのかな?」とぜひ考えましょうよ。

IMG_6180

IMG_6181

できあがったら店に行く約束をしたので行かなくちゃ。でも、新幹線高いからなぁ、いつになるかしら?

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

大丈夫、大丈夫、大丈夫じゃない

最近とても気になる言葉「大丈夫」

どうしてここに「大丈夫」という言葉が出るのかわからないということありませんか?

今日、私は無料定期健康診断に行きました。

「朝ごはんは食べていませんね?」という受付の方の質問に対して、私の隣の人は

「大丈夫です」

おそらく、食べてきていないから大丈夫ということなのでしょうが、「食べてきていません」という代わりに「大丈夫」

流行り言葉なのかなぁ? 「ご飯食べる?」という質問に対して「大丈夫」という返事に困る、ということもあるようです。食べなくて大丈夫なのかしら?

この「大丈夫」の使い方には私は大丈夫ではない!

さて、気を取り直して昨日編んでいた帽子が編み上がりました。

IMG_6178 2

メインの色は一色の毛糸で、そしてコントラストに使った糸はいわゆるspeckled なのでいろいろな色が出ました。派手かもしれないけれど、クラっぽくなりがちな冬にはいいかな、と思っています。

 

IMG_6179 2

あっという間に出来上がりました。色を楽しめる編み物は大好きです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

毛糸のよりについて

日本ではほとんど毛糸は買わないのですが、地方でがんばっていらっしゃる手芸店などを見かけるとついつい入ってしまい、糸を少しだけですが買ってしまいます。そのたびに思うのが、日本の毛糸はよりが甘いなということ。

よりが甘いというのはまず、毛糸は数本の糸が回転をかけてよられているんです。その回転数の数というのかしら、によってよりの強さが決まります。よりが強ければ強いほどまるでロープのようなしっかりしたいとになり、逆の弱ければ弱いほどふんわりとした糸になります。

よりが強い糸だと編んだ時にどちらかというと平坦なものが出来上がり、よりが弱いととても柔らかくふわっとします。どちらが良いということはなく、好みと何を作るかという目的によって選べばいいんです。

毛糸のチクチク感が苦手な方はよりが強い方がふわふわしないから良いでしょうし、できあがりが空気を含んだようなほわっとした感触を楽しみたかったらよりが甘い方が良いと思います。

子供のものを編む時は私はよりが強いものを選びます。それは先ほども書いたようにあまりチクチクしない方がいいと思うから。でも、手袋とかはどちらかというとふんわりした方が暖かい気がしますよね。

今、帽子を編んでいるのですが、これは中くらいのよりかしら? もう遅いので写真は明日撮ります。

糸の撚りを見てみたかったら、毛糸を親指と人差し指の間につぶさないくらいにはさんで指を右と左にずらしてみるとよっている糸がばらけます。これを見ると何本の糸でよられているかもわかります。ぜひ、やってみてください。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

足首が寒い!

スパッツとストッキングをはいても「お、寒い」と感じるのが足首。そこで足首を暖かくできるものはないだろうかと考えたあげく、ずっと前に編んだブーツカフを思い出しました。

ブーツカフというのはブーツの下にはいて上に少しそのカフを見せるもの。

糸を少し細くして作り目を減らして細めのものを作りました。それがこの写真。

IMG_6119

左がブーツカフ、右が足首用。ブーツカフは数回はいているのでちょっと伸び気味。

冷えは禁物。ということで足首用、もう片足分を編まなくてはなりません。普段はゴム編みはあまり伸びるのが嫌なので1x1にしますが、足首を締め付けすぎるのも良くないので今回は2x2のゴム編みにしました。

使ったパターンはStockinette Cable Boot Cuff, Ravelry でフリーです。よろしかったらぜひご覧になってください。私が使った毛糸は確か、Malabrigo Mecha だったと思います。色が綺麗なので選びました。

小さくすることなどでご質問などありましたらいつでもどうぞ。

寒い日が続いているので体を冷やすことなく暖かいものを編んでこの冬を乗り切りましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

坊ちゃん石鹸

三戸に行く途中で仙台に寄りました。目的はこの坊ちゃん石鹸。添加物を使わずに作られています。アトピーの甥っ子も症状が良くなったと喜んでいるんです。

IMG_0112

これが坊ちゃん石鹸。真ん中の絵は社長さんかな? 他に球美の塩石鹸、そして純米酒粕石鹸の3種類があります。

お店の中には3種類の石鹸を試せます。

IMG_0116

嵐がパッケージにデザインされたり、ご当地、楽天イーグルス、おそ松くんが箱にプリントされたものもあります。

いけない! お店の名前を書かなくては。「畑惣商店」仙台市太白区長町3丁目9−1です。

とても綺麗な佇まいのお店です。ウェブサイトは 坊ちゃん石鹸

地元で頑張っていらっしゃる個人商店は応援しなくては、といつも思います。

どこに行っても同じようなお店しかない日本にはなってほしくありません。大型資本しかお店を持てないような社会はけっして消費者にとって良い社会ではないですよ。

話を前に戻しましょう。強い香料を使った石鹸よりも無添加の石鹸が好きなんです。私たちが使ったものが自然に帰っていくわけですからそこで自然を破壊することがないように気を使うのが子供達のためなんですよね。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
 

 

 

11ぴきのねこの町に行ってきました

最近の楽しみはもっぱら旅行です。いくつか目的を持って計画を立てます。

今回の旅行は青森県三戸町。そして見てきました。11匹のねこを書かれた馬場のぼるさんを紹介する11ぴきのねこの町並み。三戸駅は新幹線が止まらないので、八戸で新幹線を降り、青い森鉄道に乗り5つ目の駅です。

IMG_0164

私は期待に胸を躍らせて駅を降りました。しかし、なんの案内板もありません。さて、馬場のぼるさんの絵などが展示されているというアップルドームはどう行くか? 前もって一応位置関係は調べたものの不安。駅員さんに伺うと、バスに乗ってもいけるけれど待たなくてはいけないというので歩きました。約10分で到着。

街中にはこんな垂れ幕(?)がお店の中に張られていました。

IMG_0180

IMG_0178

その場所自体はちょっと期待はずれ。というのは町民の方々が使う体育館の一部に少しだけ馬場のぼるさんの絵本などが展示されているだけでした。

IMG_0187

しかし、子供達が遊ぶにはいいかも。絵本を読んで、その世界に入り込めます。


IMG_0188

なんか、ニャゴニャゴ言いながらねこたちが現れそうでしょ? ちょっとがっかりして出るときに係りの方が見せてくれたパンフレットに近くの道の駅に行くと絵本、グッズが買えるとか。慌てて外に出てタイミングよく来たタクシーに乗り込み、道の駅に行っていただきました。すると、いるではないですか。ほら、たい焼きをパクっ。

IMG_0209

道の駅さんのへです。さらにここのお店の方がこのようなねこたちがまちのあちらこちらにあるとか。ぜひ見たい!ということでここはまたタクシーの運転手さんにお願いして回っていただきました。その中の少しを紹介します。

IMG_0211

これは図書館の前。

IMG_0215

これは確か、町役場近く。なんと可愛い! ぜひ、見に行ってください。

タクシーの運転手さんに伺うと歩いて回る人、バスで回る人といろいろだそうです。私たちも歩いて回りたかったのですが、時間が2時間しかなかったのでタクシーをお願いしました。以外とあちらこちらに点在しているのですよ。

決して交通の便が良いところではないのでもちろん車が便利です。電車、バスを使う場合は前もって綿密に計画を立てないと長く電車を待たなくてはなりません。

そして、なぜ、三戸駅にもう少しこの11匹のねこの紹介がなかったか考えてみました。、三戸駅は南部町に位置しているそうです。そして、にゃごにゃごは三戸町にいます。だからかしら? でも、こんなに可愛いねこたちはもっとたくさんの子供たちに見てもらえたら嬉しいはずなのに。

たくさん写真を撮って道の駅でなんだかいろいろ買い込んでしまった楽しい数時間でした。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

猫の乳がんを防ぐために

動物たちのガンも増えているそうです。特に猫の乳がんは発見されたときにはすでにとき遅しで肺に転移していることが多いとか。飼い主の人たちがその事実を知って前もって知識を持って検診を受けさせるとかするのがとても大事という話を聞きました。

また、このようなリボンを広めることで飼い主たちの意識を高めようという運動も始まっています。

IMG_5883

この写真ではよく見えませんが、リボンの真ん中が猫の肉球になっています。そして一番下に

「乳がんは、お家で見つける病気です」と書かれています。

手遅れになる前に防げたらどんなに良いでしょう。かわいいペットたちが苦しむ姿を見るのは辛いです。しかも彼らは話せないのですから。

どこで買えるかというとですね、うーん、良い質問です。ウェブサイトはここ。このサイトに行くとご近所の獣医さんが探せると思います。

https://www.catribbon.jp

私も獣医さんで見つけて買いましたから。どうぞ、この運動にご賛同ください。

 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村