両面アランは疲れます

昨日、記事にしたマフラーをさっそく編み始めてみました。友人にメールを送らなくてはなりませんでしたし。

約20段くらいだんだところで断念。

必要なことはわかりました。編みかたも友人に説明してメールしました。彼女からの返答がこれまた振るっていて

「日本の編み物の本はチャートがあるし見やすい気がするけれど、でも、図がわかりずらくない?英語のパターンとか編んだあなたはどう思う?」 というのです。彼女はドイツ人。ひたすら編み物は上手です。この女の言う図というのは表記の方法なのでしょうかね。

2目ずつ場所を動かすところがあるので私は取り外しできる目数リングを使いました。友人はこれをたった1本のケーブル針でトライしたというのだからすごい。私には真似ができません。

IMG_7494

この2本を前後させます。私が選んだ、というか使った糸がこれまた少し細かったかもしれません。とりあえずやってみようと思ったので太さはあまり考えずに編み始めてしまいました。

20段少し前でこんな感じです。

IMG_7496

 

裏も同じように模様が出ています。時間がかかって目がしょぼしょぼした割に横幅が10センチ足らず。これは細すぎ。かといって模様をもっと増やす根性はありません。もう少し太い糸で編むと幅も出ますし、それと、次回もしこれに挑戦するとしたら、緩めに編みます。そうでないと糸が引っ張られてキツキツな感じになるんです。ふんわりとした質感を出すためにはゆるめに行かないとダメですね。

あ〜、疲れたからおみかんとクッキー食べようっと。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中