予習をすればよかった

英語に限らずでしょうが、教えていて嬉しいのは生徒が私が言いたいことをわかってくれたときですね。

今日、TOEICのクラスでいろいろ言葉を教えていたら一人の生徒が

「あ〜、予習してくればよかった。予習していないからわからないです」

と叫び声ではありませんが大きい声でため息まじりに言ったのです。

「予習がどんなに大切かわかった?」と聞くと

「はい。これから予習してきます」との返答。なんと嬉しい!

彼のこの気持ちが少しでも長く続きますようにと願わずにはいられませんでした。

クラスに行く前にはやはり予習をして、帰ったら復習をする。そういう習慣をつけておいて欲しいと仕事が忙しかったりしてなかなかそうはいきません。でも、できるときは必ずやる。もしくはできるだけ時間を作るようにするという努力ができる生徒はやはり力がついてきます。

予習してきたことで次の授業の内容がすらすら入ってきたら嬉しいですものね。もっとやる気につながります。やる気が出れば覚える量も増えるでしょうし。

今日のような日は教える仕事をしていて本当によかったと思えます。

 

広告