小さいお店が消えていきます

量販店をはじめとして、大型オンラインストアに押されて小さい街角のお店が姿を消していきます。人々は便利さ、安さを求めてオンラインストアを利用し得をした気分になっている反面、その影で店を占めることを余儀なくされた人たち、仕事を失い量販店で最低賃金で働かなくてはならなくなった人たちなどの数はどんどん増えていっています。

シカゴでよく行ったWindy Knittyという店も数ヶ月前に店を閉じました。人々が店に足を運んで定価で毛糸を購入するよりもオンラインストアで少しでも低価格で買うことを選択したのでしょう。でも、これも仕方がないことといえば仕方がありません。同じものが1500円で買えるのなら2000円払いたくないというのが人情ですものね。

ただ、ここで私たちはお金で買えないものを失っているのかもしれません。人と人との会話、知識、経験の受け渡しなど、そういうことはまた別のオンラインコミュニティに求め、対面のコミュニケーションはどんどん少なくなっていきます。また、それぞれの店が持つ個性も楽しむことができなくなるんですよね。

シアトルにあるWeaving Worksも店を閉じました。店で働いている人たちに適切な賃金を支払えないということが主な理由だったようです。

そして、同じくシアトルにあるMystery Book Storeも今月か来月に幕を下ろします。

個人経営の本屋さんでは作風が一味違う作者が紹介されていたり、全国レベルで展開している一辺倒のベストセラーとは違う本に出会えます。しかし、こういう本屋さんも実は経営が皆、苦しくなりつつあるようです。

旅行した時には地元の毛糸屋さん、本屋さんを訪れ毛糸1カセ、本1冊、と雀の涙でしょうが買うようにしています。お店の人とのおしゃべりで楽しいひと時が過ごせるのもこれもまた旅の楽しみですから。

今日も、本屋さんに行ってきました。マフィちゃんが外で待つ姿を見て

「入ってきていいのよ。うちは犬大歓迎なの」と声をかけてもらいい、マフィちゃんも中で一休みです。

IMG_5556

 

そして、これまた別の小さい本屋さんです。

 

IMG_5557

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中