サドルショルダーのセーター完成

クリスマスプレゼントになるはずだったサドルショルダーのセーター、バレンタインデーの日にはまだ乾かず、そのままマドロナにいってしまい、ちゃんと主人が身に付けられるのは今日になってしまいました。

img_4110

前身頃、後ろ身頃、それから袖と全て別々に編み、はぎ合わせた渾身の一枚です。

img_4111

何と言っても袖を見頃にはぎあわせるのが至難の技。脇の下なら少々ごまかせるものもドーンと前身頃にはいだ縫い目が出てしまうのですからね。これをするなら、トップダウンで輪に編んだ方がどんなに楽なことか。しかし、これだけの苦労を重ねたせいか、しっかりした形のセーターとなりました。

img_4112

使った毛糸はJamieson’s Shetland Heather 。シェットランドウール100%でスーパーウォッシャではないですし、あまりプロセスされていない糸なので編んでいるときはすべりもあまり良くなく手にはきつかった糸ですが、出来上がりはいいです。それに暖かい(と主人が言ってます) なんというか、ずっしり感があるといいましょうか、正統派のセーターかな? この糸を使ってまた編みたいですね。すべりが良くない分、時間がかかりました。

 

img_4117

最近、こういう糸が気に入っています。いかにも「毛糸」というか、自然な感じの糸が好きです。手入れはもちろん手洗い。ドライクリーニングもオーケーのようですが、これは自分で洗います。手間がかかるのは仕方がありません。良いものを大切にしたいと思ったら手をかけないと。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ

広告

サドルショルダーのセーター完成」への2件のフィードバック

  1. 素晴らしい~!渾身の一枚とおっしゃるだけあって、肩のあたりの仕上がりがとても綺麗!!サイズもピッタリ。
    これぞ正に一生もののセーターですね(^^)
    こんなに素敵なセーターを編んでもらえるなんて、ご主人さまは幸せですね。「君、こんなに素晴らしい物を作り出せるのなら、これからは心ゆくままに好きなだけ毛糸を買いなさい。」と、ご主人さまは言ったとか、言わないとか・・・。

    • そんなこと言ってくれると嬉しいんですけれどね。そういうタイプではまったくございません。(笑) いや、でも、この糸、本当に良かったです。手をかけるとそれだけのものができるということを身を以て体験しました。はい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中