針を忘れて財布も忘れて!

編み物買いに出かけて、さて、編み始めようとしたら、「針がない!」

毛糸屋さんでも編み物買いですから、なかったら針を買えばいいのですが、今度は

「財布がない!」 オオボケの朝でした。まわりの友人たちは

「お金ならあるわよ。いくら?」
「いえば貸してくれるわよ」
「針の代金くらいつけにしてくれるわよ」

といろいろ言ってくれました。よっぽど主人に電話して財布を持ってきてもらおうと思ったときに思い出したのがポケットの中に入っている緊急用の20ドル札。そうだ、これがあった。針は10ドルくらいだから十分に足りる!

針のお金を払いながら

「前もってお金を貯めておける制度があるといいのに。財布持たずに来れるから。」すると、近くで毛糸を見ていたお客さんも

「それ、いい考えだわ。こっそり買いに来るときに便利かも。<ー奥さんの毛糸購入を後ろからしっかり確認しているご主人様方、少なくないんですよ。あれじゃ、奥さんも心行くまで買い物ができません。コントロールすることが大好きな男性、まだまだたくさんいます。

するとお店の人は

「ギフトカードをそのままストアクレジットにしておくことはできるわよ」

なるほど。これからいくらか自分で自分にギフトカードを買ってお店に自分の名前で保管しておいてもらおうかしら? 明日はバレンタインデーだから、もしかしたらこう書くと、主人がギフトカードをプレゼントしてくれるかも、という淡い期待を持ったのもつかの間。すぐに消えました。

プレゼントで思い出した。ある毛糸屋さんを訪れたご夫婦。ご主人が奥様に

「一度で終わるプレゼントなんておもしろくない。これから1年の間、好きなだけここの毛糸を買っていいから」ですって〜。いいなぁ、いいなぁ、いいなぁ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中