思い込みに注意

いろいろなものを編んでいると、パターンをあまりよく読まずに自分がそれまでに編んだ経験に基づいて判断してしまう傾向が私にあります。

いま、la droguerie のパターンでフィンガレスミットを編んでいるんですが、数段編んだところで「あれ〜?」 説明は「前段の目の通りに編む」わかるんですよ。表編みは表編みに、裏編みは裏編みに編めばいい。しかし、すべり目はどうするのだろう? ずっとすべり目したら編めないでしょう? おかしい。??? よーく悩んでいたら、発見、

どこにも、輪で編むなんて書いていない。平面に編んでいるから、さっきすべり目をした目は裏の目に見えているのだから裏目で編めばいいということかと。しかし、フィンガレスミットはやはり輪で編みたい。あとからはぐのは私は嫌い。ここでまた発見。輪で編んでいたら1目ゴムのはずなのに最後に表が2目になってしまったのはこれが理由ね。はぐから最後が表2目になっていたんだ。ま、それはいいわ。

さらに、親指の部分の増やし目。途中に (=親指)とあるけれど、どこまでが親指の目数のかが明記されていない。。。ねじりまし目をしたのは入るのかしら?

最後の方で「休めておいた24目」とあって、この24目はどこからきたのだろう?と読み返すと(他の目は休めておく)のこの(他の目)に相当するのかもしれない。なんだか、パズルを解きながらのパターンでした。自分の思い込み+難解な書き方で苦労しながら編んでいます。かなり自分で適当に手を加えてしまいましたが。

それにしてもこのパターン、とにかく正確に訳するとこうなるのでしょうかね。となるとフランス人の方はきっとアメリカ人とは異なる脳みそを持っているとしか考えられません。お国柄とでも言いましょうか。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中