ブラックフライデーと衝動編み

なぜ、日本でブラックフライデーが起きているのがとても不思議です。その前日(サンクスギビングデー)を家族で与えられているものに感謝しながら夕食を共に食べることもなく、ただ、消費社会の象徴のようなブラックフライデーだけを真似するという姿はあまり見たくありません。

それはともかく、ブラックフライデーと一口に言っても、場所によって人々の受け取り方はとても異なります。例えば普段1000ドルするものが99ドルという目玉商品として広告を打ち、それをめがけて人が押しかけたり、その日のバーゲンを心待ちにしてお店に向かう人たちがいたかと思えば、その雰囲気を楽しみたいという人たち、また、そういう混雑はイヤだからと、オンラインでブラックフライデーのセールを楽しむ人もいます。また、まったくその逆に消費社会に背を向けて海岸、森林、公園へと出かけて外で過ごそうという人たちすらいるアメリカです。

人々が消費をしないと経済が回っていかない仕組みになってしまっている現在ですから仕方がないのかもしれませんね。。。

かくいう私は近所の毛糸屋さんに足を向けました。1種類の毛糸だけ10%オフ、というメールは受け取っていましたが、とりあえずお店の飾り付けがサンクスギビングからクリスマスに変わっているのを見るのを楽しみに行きました。値段が下がっている糸はあまり興味が持てなかったのですが、別の糸が目に入ってしまい、衝動買い。糸の名前はPuyu by Amano Yarn. ベビーアルパカ70%、シルク30%というとても柔らかい糸です。かなり太い糸で、普段私が手を伸ばさないタイプの糸なんですね。しかし、手ざわりの良さについつい購入。たまたま25ドルオフになるメンバーズカードのようなものも持っていたので。。

家に持って帰ったものの糸が気になって気になって仕方がありませんでした。他に編んでいるものもあったのに、えいやっと衝動編みをしてしまいました。

img_3631

まだブロックしていないのでちょっと形がゆがんでいます。こういう糸はシンプルな編み目がいいと、Fisherman’s Ribという編み目でカウルを編みました。イギリスゴム編みに似ていますよね。似ているというよりか同じかな? でも、私がその昔にイギリスゴム編みをした時に裏編みをした記憶があまりありません。。。裏編みは表編みと同じように一つ下の段の目を拾って編むのですが、針をいつもの裏編みであるかのごとく後ろから入れるんです。1日で編みあがります。なかなかの衝動編みでした。

img_3632

ピンで留めてもとてもステキになりそうです。スクリーンの上では触れないのがとても残念。すごくやわらかいんですよ。きれいにブロックして形を整えようと思ってます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

広告

ブラックフライデーと衝動編み」への2件のフィードバック

  1. クリスマスもハロウィンもみんな欧米の物を取り入れているけど・・・???です。
    もっと日本独自に物を大事にして継承してもらいたいです。

    • 私もそう思います。日本が持っているものの素晴らしさをもっと自分たちが認められないとダメですよね。たくさんいいもの持っている国なのに、それが残念です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中