携帯より編み物を

さっき、銀行で話した係りの人がこんなことを

「お母さんが銀行で用をたす間に小さい女の子がマフラーを編んで待っていたの。携帯をさわっていないのよ。すごくいいことよね。お母さん、よく育てているわ」と言っていました。

そういえば、小さい子友達も携帯やらタブレットを当たり前のように持ち、親、祖父母は「こんなに小さいのにもう携帯を扱えるのよ」とすごく誇らしげに話す姿の方が多いなか、携帯ではなく手に編み針を持つ子供というのはすごく珍しいことかもしれません。

「編み物」なんて「手慰みもの」とちょっと下に見る人は多くいます。しかし、よく考えてみると、編み物は手先の運動を必要とし、読解力もなくてはパターンを読みきれません。形を作っていくためには少しの図形の知識もなくてはならないし、何より計画性と根気がないと続きません。さらに、間違えたら、ワンクリックで元に戻れることなんてなくて場合によったら一目一目本当に時間をかけながら目をほどかなくてはなりません。自分がそれまでにした行動? 編み目が作品として残るわけですからね。いい加減な編み方をしたり、パターンの解釈をしたら完成したものは満足できるものではないかも。

携帯とかタブレットを使えることは当たり前のことになっているものの、さて、たとえタブレットを持っていたって使う目的がFacebookを見ること、メッセージを送ること、ゲームをすることくらいだったら、どれだけの知識を必要とするのでしょうか? 人がどこで何を食べているかを知ったところでそれが一体に何につながるのやら。そうやって考えると小さい子が携帯をさわっていることがそれほど大きなこととは思えなくなりません?

それに編み物なら何をしているか親はちゃんと見ていることができます。携帯でどんなサイトに行っているのやらと心配するくらいなら、

「あら、あのスカーフ、誰に編んでいるのかしら? もしかしたらボーイフレンド?」と勘ぐるくらいの方がかわいらしい。

それなら編み物に限らず、手先を使えて、根気、説明を理解する能力、計画性、創造性を持って作品の完成につながらせる何かをしていた方が時間は有効活用できているのではないか、と考えながら銀行から歩いて帰ってきたのでした。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

広告

携帯より編み物を」への2件のフィードバック

  1. こんにちは 電車に乗ってもほとんどの人が手に持ってやってますね。
    もうこれは社会問題、仕事中でも…うちの息子も中毒で(笑)そういう私もPCでどれだけ無駄に時間を費やしているのでしょう?!やめようと思いつつ始めると あっという間に1時間、2時間!
    来年の目標はオンラインゲームをやめる事(笑)、FACEBOOK,ブログも時間を決めて書き込む。寝る前にはやらない。とはいえ海外にいると日本の情報はインターネットから(>_<)お料理なんかもネットで検索、
    粗大ごみの日もネットで、役所に提出する書類に必要なものとかもすべてネットで確認。昔は電話とかモミュニケーッションがあったけど今はほとんどないです。
    今のお子様 お外で友達と遊ぶことも少なくなりましたね。

    • そうですよね。どこを向いても携帯とかタブレット。ふと、話しかけられたのかと思って見上げると、イヤホンを入れながら携帯で大声で話している人だ、ということありません? 空港では熊のように歩きながらこれをしている人たちが少なくなく、あちらこちらから大きな声が飛び交い、迷惑なんですよね。確かにネットは便利なのですが、こればかりに偏らないように気をつけないといけないかな、と思うのですよ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中