帽子が必要。。。でも

今まで住んでいたところはどこに行くにも車。スーパーへ車で行って、そのまま郵便局、銀行も車、スタバに行くのも車。1日に何度乗り降りしたことか。だから、それほど傘も、帽子もレインコートも必要ではありませんでした。しかし、都会に引っ越して徒歩でいろいろなところに行けるとなるとどうしても雨具が必要となってきます。

少しくらいの雨なら傘より帽子の方がいいわ、と思い幾つか帽子を編みました。毛糸の太さも変えて。しかし、どうもしっくりこないんです。

もともと帽子が似合わないのは覚悟の上。でもね、ゴム編みの部分がなんとなーくゆるい気がしたり、深く編みすぎてトンガリ帽子になってしまったり、浅すぎて通学帽を頭の上にちょんと乗せてるちびまるこちゃんのお友達、永沢君みたいだったり。いくつ編んだら自分が納得する帽子が編めるのでしょうね。

サイズがどうも上手くない帽子はチャリティに行きます。ちゃんと質の良い毛糸で編んでいますし、頭のサイズは人それぞれだと信じてますから必ずどなたかの頭をこの冬、暖かくできるのではないかと期待の気持ちでいっぱいです。

さて、この自分の頭、どうしてくれよう。この間ね、毛糸屋さんで見た帽子が可愛くてかぶってみたら、なんとぴったり合うではないですか。「これほしい〜」と言ってはみたものの、「それはお店のディスプレーだからダメ!」とすげなく断られてしまいました。「あなた、編めるんだから自分で編みなさい」とパターンの名前は教えてくれましたが。

使う毛糸、針の号数、深さをどれくらいにするかなどで本当に感触が違ってくるのが帽子です。帽子を自分で作るのではなくてお店に買いに行ってもそういう経験ありませんか? 形はステキなのに、自分がかぶってみるとどうもね〜、もしくは、もう少し大きかったらよかったのに。とかね。ものが小さいだけに細かいところがきになるのか、それともやはり人の頭は形、サイズが千差万別なのでしょうかねぇ。

と、この間編んだ帽子を編んでこれを書いていたら頭痛がしてきました。「あれ?私って帽子かぶると頭痛くなるんだった。忘れてた」なんともまぁ、間抜けな話でした。

そうそう、私が編んだ帽子のパターンは Barley, Baa-bie-hat, Bankhead, Graham です。私が気に入った帽子はAviator hat. でも、耳のフラップはつけていませんでしたよ。それぞれフリーパターンです。ぜひご覧になってください。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中