スワッチの大切さを目の当たりに。。。

知り合いの女性がとても素敵なプルオーバーを着ていたので「とてもステキ。似合っている」というと、苦笑して

「間違いだらけなのよ、これ。」という返事。別の女性が

「私はすごくいいと思うから、間違ったなんて言わなければいいのに」

そう、私の不振な顔に気がついたのか、

「実は、スワッチをしないで編み始めちゃったの。太い糸だしザクザク編めるから楽しくて編み始めたら、全然ゲージがあってなかったの。だから、ほら、だぶだぶ」

そのダブダブさが私はすごく好きなのに、と思いながら、「私はそのゆるさがステキだと思うな」と言ったのですが、彼女はさらに続けて

「ところがね、袖が長すぎて手が隠れちゃったの。どうしようと思って編み物の先生みたいなところに持って行ったらザクザクと袖を切ってね、そこから少し編み足して長さを調整したのよ」

「え〜」ザクザク切るなんて心臓に良くないですよ。

スワッチというものを一応ご説明しますね。例えば、ある糸を使ってセーターを編もうとするとします。パターンにはゲージが出てますよね。それに20目で10センチと書いてあったとします。指定された針の号数を使って編んでも必ずしも20目で10センチになるとは限りません。22目の人もいるだろうし、18目の人もいると思います。22目の人だと、例えば100目作り目してゲージでは50センチになるところ、22目では100➗22x10=45.4。ほら、45センチにしかなりません。18目の人だと55センチちょっとにもなってしまうでしょう? これでは出来上がりのサイズに狂いが生じます。これを防ぐために、20センチ四方くらいの四角を編むんです。最初の6段くらいガーターでそして両側にガーター編みを4目ずつくらいつけて後はメリヤス編み、そして最後の6段くらいもガーター編みにして編みます。編んだらぬるま湯につけて十分に水分が通ったらタオルで挟んで水を切り、干します。しっかり乾いてから10センチになん目あるか数えるんです。

22目編めてしまった人は針を1号太くしたり、18目の人は針を細くして調整したりします。

なかなか面倒臭いのでつい怠けがちな私ですが、今日の彼女の話を聞いていたら、やっぱりスワッチを甘くみてはいけないなぁと思ったのでした。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中