同じ帽子100個をチャリティに?

チャリティのために帽子を編むのなら、毛糸を無料で差し上げます、という紙が貼り出されていました。チャリティのために編むのは大賛成ですから、指定された日に毛糸屋さんに行ってきました。ちょっと知り合いの妙齢の女性がバスケットを抱えて待っていました。パターンは決められており、毛糸も指定されています。Cascade 220 という毛糸。色は自分で選べるのかと思うと既にバスケットの中に数色が入っておりさらには巻いてボールになっているものがあるではありませんか。そこでわざわざ毛糸を巻いてもらうのを待っているのも時間がもったいないし、「これどう?」と勧める彼女の姿にすでに巻かれていたこげ茶と紺色を持って帰ってきました。

2x2のゴム編みの帽子。編む人の手によって少々サイズに差がでるでしょうが、どうなのでしょうね。何も同じパターンにしなくてもいいのではないかしら? チャリティを主催している人達の意見ですから私には口を挟む権利など全くないけどどうも気になるからここで書いてしまおうって。

頭のサイズもいろいろですから、ゴム編みでなくてメリヤス編みの方がかぶった時に楽かもしれない頭の形だってあるだろうに。。。

ゲージを調べるのも大切とはいえ少し違うサイズの針でゲーチが違ったものを編み上げた方が大きさにばらつきが出るのに。。 といろいろ思うことはありました。

ただ、目的はホームレスの人達の頭を寒さから守ることですから帽子を完成させればいいんだ、と自分に言い聞かせ(駄々っ子のようになる時がありますから)二つ編み上げました。少し反抗したのは、針のサイズを変えたこと。(あはは) 一つは6号(4.25ミリ)もう一つは7号(4.5ミリ)で編んだんですよ。パターンは何段編む、というのではなく何センチ編む、というだけなので長さにはあまり差はでません。少し長めに編んでもいいかなぁとも思いましたが、パターンに沿って編まなくてはならないらしいという自分勝手な憶測で16.5センチの深さにしました。

隣同士に並べてみました。

img_3593

もっと違いがわかる色を選べばよかったですね。ほどんどサイズは変わりないと思いませんか?

img_3594

もっと見えにくい写真でごめんなさい。紺色の上にこげ茶を載せてみるとすごく微妙ですが紺色が幅が広いのわかります? この程度の違いなのですよね。特にゴム編みだから余計に差が出ないのかもしれません。残っている糸の重さを測ったらこげ茶が44g、紺が49グラムでした。最初の重さを計り忘れたのでどれだけ使ったかはごめんなさい、計算できませんでした。

100玉を企業か個人が寄付してその糸を毛糸屋さんに来る客たちが編んでそれを戻して100個の帽子をバスケットに入れてホームレスの人に配って歩く、と言っていました。同じ帽子をかぶったホームレスの人たちを街で見かけるのかしら? 私のだってわかるように何か目印になるものつけておこうかしら? なんて冗談です。

これから寒い冬に向かいます。理由はどうであれホームレスの人たちが少しでも暖かく時間を過ごせたらと思います。それにしても彼女が帽子を100個入ったバスケットを持ってダウンタウンを歩きながら帽子を配る姿は想像できないんですよ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中