Jacob の糸は少しチクチクします

Jacobというのは羊の種類です。クルッと巻いている角が生えている羊です。昔からいる種類の羊でアメリカに渡ってきたのは1900年前半と言います。

Jacobの毛はとても暖かいのですがちょっと肌触りがチクチクするのが難点。帽子にする方が良かったかもしれません。ただ、1カセの長さがそれほどなかったため、帽子を作るには2カセ必要でした。帽子に2カセ使うのはチトもったいないとケチったためにカウルとなりました。自分が帽子をあまりかぶらないのでよけいにそう思ったのでしょう。

でもね、このカウル、なかなかステキにできたので喜んでます。

img_3583

暖かいように高めに編みました。そしてチクチクした時のためにと輪に編まないでボタンを付けました。そうすると一番上のボタンを外して首に巻くこともできますからね。

img_3584

ちょっと折ってみました。おそらくこの糸は染められていない糸だと思います。Jacob はもう少し薄いグレー、オフホワイト、そしてこの濃いめのグレーの糸がほとんどです。この糸は友人の友達の農場で育てられている羊さんの毛からいただきました。2カセあります。1カセ使って、もう1カセはJacobの糸が好きな友人へのプレゼントにしようと思ってます。長さが200メートルないのが残念。せめて220メートルあると帽子もあめたんですけれどね。

そうそう、パターンの名前を忘れてはいけません。Chestnut Cowlといいます。デザイナーは Maia Perezさん。フリーパターンですからもしよろしかったら編んでくださいね。

これに勢い込んで、自分で紡いだJacobの糸で大きめのカウルを編むことにしました。これ、乾かすの大変だろうなぁ。かなり前に紡いだので糸が太いんですよ。かといって使わないのはもったいないですものね。また、ご報告しますね。いろいろな羊さんの毛を拝借するのは楽しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中