自分の創造性

糸が足りなくなったので、引き出しをひっくり返してみましたが、やはりどうしても同じような色のものは見つかりません。似てはいるけれど実際に編んでみるとダメ。さて、どうしよう?

そうだ、色を変えてしまおう! 何もパターン通りにその色を使うこともないわ。と、1段半をほどいてその部分を別の色で2段編むことにしたんです。こうなると色のチョイスはたくさん出てきます。残り物の毛糸で十分なんですもの。tosh merino lightであれば太さだってよりの数だって同じですからね。

IMG_2762

気分的にこの色を選びました。理由はありません。きれいな色なのでこれで数段編んでしまおうかと思ったのもつかの間、そうだ、目数が増えることでグリーンの糸が足りなくなってもイヤかも、とやめました。これでやっと編み続けられます。あと、20段くらいで終わりなのですが、1段の目数が250目くらいあるので1段編むのに数分かかってまだまだ終わりそうにありません。

もう少しこのショールにめどがついたらMulthomah に取りかかります。

パターン通りにしっかり編めるのも大切なことですが、融通性を持つことだってとても大切です。自分の作品なのですから、何もデザイン、パターンをそっくりそのまま従う必要なんてないですよね。もし、そこで思っていたような作品ができなかったらその時にまた考えればいいんです。そういうことの積み重ねで自分の創造性ができていくのではないでしょうか?

逆に、糸が足りないのではなくあまり過ぎたらそこでもまた段数を足したり目を増やしてみたりいろいろと遊べます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中